転職面接時の自己紹介で必要な5つの要素を紹介!自己紹介で担当者の心を掴む

転職活動時には、必ず面接が行われます。この面接が、「苦手だな」と感じている人も多いのではないでしょうか。本番となると、緊張で本来の自分を出せずにいる人も多いでしょう。

そんな人は、転職活動前に事前準備をしておくことが大切。

しっかりと準備ができていれば、緊張せず、自信を持って答えることができます。

緊張するということは、「何を聞かれるのだろう?」「どう答えたら良いのだろう?」という不安があるからこそ。この不安を解消することができれば、自信をもって挑むことができるでしょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

そもそも、なぜ面接で自己紹介を求められるのか?

転職活動時には、あなたの履歴書や職務経歴書などを確認しながら進められます。そのため、「どうして、自己紹介の必要があるのだろう?」と不思議に思う人もいるでしょう。「履歴書を見れば、どんな経歴か分かるだろう」「職務経歴書で、どんな経験をしてきたか分かるだろう」と思う人も少なくありません。

しかし、自己紹介には大きな役割があります。

自己紹介は、転職前の詳しい経歴などを話す必要はありませんが、単的に「私は、こんな人間です」と伝えることで、スムーズに進める効果があります。

自己紹介をすることで担当者と信頼関係をつくることができ、あなた自身も緊張がほぐれ、落ち着いて挑むことができるでしょう。

くれぐれも、自己紹介は簡潔に伝えることを忘れてはいけません。

面接時の自己紹介に必要な5つの要素

転職活動中の面接時、「自己紹介をどうぞ」と言われると、焦ってしまい「何を答えたら良いのか分からない」「簡単に済ませよう」と理想的な自己紹介が出来なくなってしまう人もいます。

確かに、自己紹介はあくまでも冒頭ですから、詳しい内容を伝える必要はありません。しかし、しっかりと伝えなければいけないことがあります。

では、転職活動時の自己紹介では、どういった要素を盛り込んだら良いのか、ご紹介しましょう。

1.まずは挨拶から

自己紹介をはじめる際、突然自分の名前から伝えようとしがちですが、社会人としてはまずは挨拶を忘れてはいけません。

まずは、「本日は貴重な時間を頂き、ありがとうございます」といった挨拶からはじめるようにしましょう。

この挨拶があるかないかだけでも、あなたの印象は大きく変わるはずです。

2.氏名と経歴を簡単に

挨拶が終わったら、次はあなたの名前と経歴などを簡単に伝えましょう。

「山田 太郎です。株式会社○○○○にて、4年営業の仕事を経験してきました。」といったように、自己紹介では氏名と今までの経歴などを簡単に伝えるだけでOK。仕事内容やどんな経験をしてきたかなどは、面接が進んだ際に伝えるようにしましょう。

3.仕事へのこだわりや過去の成果について

氏名と経歴を簡単に伝えることができたら、次は過去の成果なども簡単に伝えると良いでしょう。

例えば、「営業では、新規開拓に力を注ぎ、3年で目標数を達成することができました。」といったように、過去にどういった成果を出してきたのか、簡単に伝えます。こういった成果を伝えることで、担当者にあなたという人材に興味を持たせることができるでしょう。

4.意欲を伝える

過去の成果などを伝えたら、その次は今後どういった仕事をしていきたいのかを伝えることが大切。どれだけ意欲を持っているのかを伝えることは、採用を大きく左右します。

「採用の際には、今までの経験を生かし、御社でも頼れる営業として活躍したいと考えております。」といったように意欲を伝えることで、あなたという人材の価値を見出すことができるでしょう。

ただし、ここは自己紹介の場ですから、細かな内容を伝える必要はありません。意欲を伝えながらも、簡潔な内容であることがポイントです。

5.結びの言葉

最後は、結びの言葉で締めるようにしましょう。

自分自身のアピール、これから進められる面接に対し、「どうぞ宜しくお願いします」と挨拶します。この挨拶があることで、担当者も「自己紹介が終わったんだな」とすぐに判断することができ、スムーズに面接に進めることができるでしょう。

参考にしたい、自己紹介の例文

転職活動時の自己紹介で緊張してしまう人は、事前に自己紹介の文面を考えておくことがおすすめ。転職活動を行う前に準備できていれば、いざという時に焦らずに答えることができるでしょう。

では、転職活動時には、どのような自己紹介をすれば良いのか、自己紹介の例文をご紹介します。

<例文>

本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂きありがとうございます。 (挨拶)

山田太郎と申します。株式会社○○○○で6年、営業の仕事をしてきました。 (氏名と経歴)

最近では、Web関連の仕事が多く、多くのコラボ企画を担当してきました。(過去の成果)

この経験を御社でも生かし、活躍したいと思っております。 (意欲)

どうぞ宜しくお願い致します。(結びの言葉)

このように5つの要素を盛り込んで自己紹介することができれば、短時間であなたがどんな人間なのか、人材なのかを伝えることができ、担当者に興味を抱くきっかけを作ることができます。自己紹介の段階で興味を抱かせることができれば、面接はもっとアピールしやすくなり、本来の力を発揮することができるでしょう。

自己紹介で、より思いを伝えるには?

転職活動中の自己紹介では、あなたがどんな人間なのか、どれだけ意欲をもっているかを伝えるためには、棒読みで無表情な状態では伝えることができません。緊張してしまい、なかなか普段通りの自分を発揮出せない人もいると思いますが、これではあなたの印象は悪くなってしまいます。

転職活動時の面接冒頭、自己紹介は第一印象をつくる場。いかに、プラスの印象を与えるかが重要です。

では、転職活動時の自己紹介はどのように伝えたら良いのか、ご紹介しましょう。

話し方や表情を工夫する

自己紹介は、面接の冒頭に行われるもの。そのため、自己紹介をどのように行うかで、あなたの印象は大きく変わることになります。

そのため、話し方や表情、姿勢などにも注意が必要。姿勢をただし、できるだけ明るい表情を心がけて話しをするようにしましょう。緊張して、顔がこわばってしまうのも分かりますが、ここは採用を掴むかどうかの分かれ道。意識するだけで、表情は大きく変わるはずですから、にこやかな表情を意識しましょう。

また、緊張してしまうと早口になってしまう傾向にあるため、ゆっくりと話すよう心がけることも必要です。

一緒に働いてみたいと思わせる魅力をつくる

自己紹介では、過去の職業や成果なども簡単に伝えることになります。しかし、単に伝えるだけではあなたという人材に興味を持ってもらうことができません。

そのため、過去の成果などを伝える際には、「こんな人と一緒に仕事をしてみたい」「どんな仕事をするのだろう?」と興味を持たせるような内容にすることが大切。しかし、内容に興味を持っても、話し方が暗いと「一緒に働きたい」と思わせることはできません。

どんな人と一緒に働いてみたいかを考えれば、自然と話し方や内容なども見えてくるのではないでしょうか。

企業との接点ある内容でアピール

転職活動時の自己紹介は短時間ではありますが、あなたという人材にどれだけ興味を抱かせることができるか、重要な時間となります。興味を持たせるためには、やはり企業との接点をアピールすることが大切。

例えば、過去の仕事、成果などが、企業と接点あるのであれば、それらをしっかりとアピールする必要があります。仕事や成果などで接点が見つからなかった場合には、企業のホームページなどをしっかりとチェックし、自分との共通点を探してみましょう。

自己紹介でその共通点をアピールすることができれば、大きな魅力に繋がるはずです。

30秒から1分程度で単的にまとめる

面接がスタートすると、誰だって「自分をアピールしよう」と思うものです。どれだけアピールできたかたが、採用の鍵となるでしょう。

しかし、自己紹介はあくまでも冒頭ですから、ダラダラと話すのは禁句。あなたの強みや志望動機などは、会話が進められれば必ず聞かれることですから、その際答えることが亡くなってしまわないように注意しましょう。

自己紹介目安は、30秒から1分程度。この短時間の中で、どれだけ担当者の興味を惹かせることができるかが鍵。

企業によっては、自己紹介の時間に長い時間を求めるところもありますから、短い自己紹介、少し長めの自己紹介と二つのバージョンを事前に準備できていれば、焦らずに自身を持って答えることができるでしょう。

自己紹介と自己PRを間違えないようにしよう!

転職時の面接では、自己紹介や自己PRが欠かせません。しかし、中には「自己紹介と自己PRって、どう違うの?」と思っている人も少なくありません。「自己紹介と自己PRは同じでは?」と思っている人もいるでしょう。

しかし、実際には自己紹介と自己PRは異なります。どう異なるかと言うと、自己紹介は担当者に自分のことを知ってもらう為に伝えるもの。それに対し、自己PRは魅力を伝えるものです。

そのため、自己紹介は、どんな会社のどんな部署で、どんな仕事を携わってきたのかを答え、自己PRでは長所や短所、スキルなどを伝えることになります。

自己紹介と自己PRを同じものと思っていると、担当者からの質問に違った答えをすることになりますから、注意が必要です。

転職エージェントを利用すれば、面接もバックアップしてもらえる?

転職時、面接が苦手な人も多いはず。どんなに事前準備をしても、「採用を掴めない」と言う人もいます。

そんな人は、転職のプロとなる転職エージェントを利用してみませんか。

転職エージェントは求人を紹介してもらえる場所と思っている人も多いですが、実際には紹介だけでなく、様々な転職サポートを行っています。その中には、転職時の面接に関するサポートも。それぞれの企業に応じた転職対策を行ってくれ、事前準備をしっかりと行うことができます。

模擬面接などを行い、練習をしてくれるだけでなく、転職エージェントによっては同行し、バックアップしてくれるところもあるため、転職活動も自信を持って挑むことができるでしょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

登録する(無料)

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

自己紹介から心を掴んで、採用を勝ち取ろう

転職時の面接は、多くの人が緊張するでしょう。緊張のせいで、うまく言葉が出てこなかったり、顔がこわばってしまうこともあります。

しかし、これをうまく乗り越えるためには、事前の準備が欠かせません。

特に、自己紹介は冒頭に求められるものですから、ここでどれだけ担当者の心を掴むかが重要。自己紹介では何を話すか、どのような表情やしぐさで伝えるか、事前に準備しておけば落ち着いていつも通りの自分を出すことができるでしょう。そうなれば、担当者の心も掴めるはず。

「なかなかうまくいかない」「何度も失敗している」という人は、転職のプロとなる転職エージェントの力を借りてみるのも一つの方法。普段、あなたがどのように対応しているのかをチェックしてもらうことができれば、あなたの弱みが分かるはず。

自分の弱みが分かれば、それを強みへと変えれば良いだけ。強みになれば、自信を持って挑むことができるようになれば、採用を勝ち取ることができるでしょう。