一人薬剤師はつらい?一人薬剤師のメリット・デメリット徹底調査!

一人薬剤師なのですが、転職しようか悩んでいます。
職場環境にストレスを抱える一人薬剤師の方は多くいらっしゃいますね。

キャリアコンサルタント

この記事では、一人薬剤師さんの転職方法について解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

一人薬剤師として働くことに疲れてしまったり、つらいと感じる方も多いのではないでしょうか?

一人薬剤師はその名の通り、一人で業務を行う薬剤師ですので、複数の薬剤師で働くよりも責任が重くのしかかります。

休憩時間がなかなか取れなかったり、残業が増えてしまったりしがちです。

今回はそんな一人薬剤師として働くことのメリット・デメリットや、転職を考えている方におすすめの転職サイトのご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

一人薬剤師のメリットやデメリットを解説

一人薬剤師とはどのような業務を行っているのでしょうか。

まずは、実際に一人薬剤師として勤務する方の口コミを調査し、日常の業務内容、働くメリットやデメリットについてまとめました。

一人薬剤師として勤務するメリット

一人薬剤師で働くメリットにはどのようなものがあるでしょうか。実際に働く人たちの口コミを調査してみました。

口コミを見てみると、

  • 人間関係のストレスがない
  • お客さんが来ない時間は自由
  • 給料が良い

という声が多く見られました。

職場の悩みとしてあげられることが多い「人間関係」ですが、そこにストレスを感じないのは一人薬剤師で働く大きなメリットといえそうです。

また、勤務時間帯でもお客さんが来ない時間は自分ひとりのため、対応に集中した後に周囲に気兼ねなく息抜きがしたい方であれば、環境として働きやすさを感じるでしょう。

一人薬剤師は通常の薬剤師と比較すると給与も高い傾向にありますし、対応をすることで薬剤師としてだけでなく、対面接客のスキルもみがかれますので、スキルアップを望む方にもメリットが感じられるでしょう。

忙しいという口コミも多い一人薬剤師ですが、忙しさは処方せんの枚数によって大きく変わりますので、正しく情報を収集するようにしましょう。

一人薬剤師として勤務するデメリット

さて、次に一人薬剤師で勤務する際のデメリットについてまとめてみました。

口コミを調査すると

  • 自分しかいないため細かなミスが怖い
  • 休みが取りにくい
  • 患者を待たせてしまってもヘルプを頼めない

という声があげられていました。

一人薬剤師での勤務は、調剤から患者の対応まですべて一人で行う必要があるため、思わぬミスが起きてしまうこともあるようです。

また、休みは取りにくく突発的なお休みはほとんど取るのが難しいこともあげられます

当然ながら体調管理などもしっかりと気をつける必要があります。

また、患者さんに合わせて残業が発生したり、患者さんの待ち人数が多くても一人で対応しなくてはならなかったり、とストレスを感じることもあるでしょう。

どれくらい忙しいかは1日あたりに対応する処方せんの枚数に着目しましょう。

あまりに対応枚数が多いところは注意が必要です。

一人薬剤師が転職を考える理由

一人薬剤師として楽しく働いている方もいる一方で、一人薬剤師として向いていないと感じる場合や、激務が続いている場合は転職を考えても良いのではないでしょうか。

平均処方せん枚数と実態は違う?

法律では処方せん枚数が1日平均40枚につき、一人の薬剤師を置くようにしなければならないと定めています。

処方せん枚数が1日平均41枚以上になると二名の設置、81枚以上となると三名の設置が必要です。

これは実際に薬剤師が、受付から服薬指導(受け渡し)の時間を調査したうえで、定められた法律です。

薬剤師がすべての業務を行った場合の時間を計った調査によると、早いもので約10分、調薬に時間がかかるもので約15分でした。

これらを平均すると一人の患者の対して約12分の時間が必要となり、約12分×40枚すると、約480分(勤務時間8時間)となるため、一人の薬剤師に対して1日平均40枚が処方せんの限界枚数としました。

しかし、実際には処方せんによってかかる時間はまちまちです。

薬局の種類によっては扱う薬の種類も多く、上記の調査時間のように対応できないケースもあります。

また、平均枚数というのは1年の処理枚数をならしたものですので、平均枚数40枚とうたっている薬局でも40枚を超える枚数を処理する日もあります。

その意味で一人薬剤師として勤務する場合には、処方せん枚数が40枚といっても、あくまでも平均の枚数ですので注意が必要です。

実際に、一人薬剤師が1日にどのくらいの枚数であれば落ち着いて業務ができるのか、口コミなどを調査した結果、一人薬剤師の場合、1日平均枚数25枚ほどが落ち着いて患者と受け渡しができる枚数であることがわかりました。

もちろん、一年を通した業務の中ではピークや閑散期で枚数に変動がありますが、今の職場で慌ただしく業務を行ってミスが増えてしまうようであれば転職を考えることをおすすめします。

※注意※

もしも職場に事務員がいたとしても、調剤や監査をしてもらうことは「違法」なので頼むことはできません。

職場の上司に相談しても流されてしまう

激務が続き有給休暇もなかなか取れず上司に相談したところ、その場では対処すると言われたが、実行してくれなかったり、フォローしてくれないなどの口コミもありました。

一人薬剤師としての勤務は、現場を管轄する上司が働きやすさを決めることも多いようです。

一人薬剤師といっても、有給休暇を認めてくれないような職場は違法です。

現場では働きやすさを感じていても、困った時にフォローを行ってくれない場合は、転職を考えてみるべきです。

特に一人薬剤師の場合、悩みやストレスを一人で抱えてしまうことが多いようですので早めに見切りをつけることをおすすめします。

一人薬剤師でももっと良い環境があるかもしれませんし、スタッフが多く在籍していてお互いにフォローを行える職場を探して充実した仕事ができる場所を探してみると良いでしょう。

一人薬剤師から転職するには?

それでは一人薬剤師から転職するにはどうしたら良いのでしょうか。

多くの方は、転職サイトを利用して転職活動を行っているようです。

より転職をスムーズに進めるために転職サイトと合わせて、転職サイトを活用するのがおすすめです。

転職サイトを活用する理由とポイント

転職サイトとは、転職についてプロのキャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれるサービスです。

無料で利用できるサービスがたくさんありますので、ぜひ登録してみましょう。

転職サイトを使う理由は、

  • 履歴書や職務経歴書の添削を受けることができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 自分では収集できない職場の情報を知ることができる

などがあげられます。

転職のプロのアドバイスをもらって、自身のキャリアやスキルをしっかりと履歴書や職務経歴書に反映させたり、そこでしか扱っていない非公開求人を紹介してもらえるのは転職サイトを利用する大きなメリットです。

ポイントは複数の転職サイトに登録する

転職サイトは扱う非公開求人がそれぞれ異なることもあります。

そこで、複数の登録をおすすめします。

転職サイトは何社登録しても全く問題ありませんし、大体のサービスは完全無料で利用できます。

それぞれの転職サイトによって特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をするようにしましょう。

一人薬剤師にならないためには

一人薬剤師を経験して、一人薬剤師にはもうなりたくないと考えているのであれば、大手を選ぶことをおすすめします。

小規模の調剤薬局やドラッグストアですと、人件費削減などの理由によって一人薬剤師になってしまう可能性もあります。

さらに転職サイトを活用し、なぜ一人薬剤師にはなりたくないのかを詳しく伝えることで余裕のある職場を紹介してもらえるでしょう。

一人薬剤師からの転職におすすめの転職サイト4選

一人薬剤師から転職を考えている人におすすめの転職サイトをご紹介いたします。

どの転職サイトも評判が良く、利用者が多いことで知られています。

無料で利用できるものばかりですので、安心してご覧ください。

スピーディーな転職には薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは薬剤師の転職を専門に扱っている転職サイトです。

薬局や病院への転職を中心に、薬だけではなく医療関係の企業への求人も扱っています。

さらに薬キャリエージェントは企業や病院とのつながりが密であり、急募の求人も取り扱っているという特徴があります。

短期間での転職にはリスクもありますが、豊富な情報をもつ薬キャリエージェントを利用することで効率的な転職が可能です。

転職までの期間が短いことは利用者側にはメリットです。

薬局以外の選択肢も含めて年収を上げたいのであれば、薬キャリエージェントにも登録しておくことをおすすめします。

当社が独自で調査した口コミをご紹介します。

良かった口コミ

44歳 女性

希望条件に合致した求人をスピーディーに案内していただけました。

添削、面接時の同席はありませんでしたが、初めての転職活動の不安な気持ちに寄り添う担当者の存在がありがたかったです。

61歳 男性

自分で希望を持って転職先を見つけるよりも、エージェントはそれ以上の選択肢を持っていると思います。

なのでエージェントからの提案にネット上での自分の認識よりもたくさんの選択肢が見つかる場合が多いです。

また、断る際には自分で断りの連絡を入れる必要なく、代行でやっていただけます。

口コミからわかったメリット

上記以外にもさまざまな口コミを見たところ

  • レスポンスが早い
  • 書類の添削など丁寧に行ってくれる
  • 求人数が多い

などといった声が多くありました。

登録してから転職までがスピーディーですので、早く転職したい方は薬キャリエージェントの利用をおすすめします。

交渉力に優れているファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは大手調剤薬局チェーン、日本調剤が運営する薬剤師向けの転職サイトです。

特に調剤薬局の求人に強く「調剤薬局の求人なら業界最大級」ともいわれています。

ファルマスタッフはサポート面の評価も高く、求職者の希望に合った職場を提案してくれると評判です。

また、ファルマスタッフでは職員が職場訪問を直接行い、詳しい仕事内容や雰囲気についてヒアリングをしています。

そのため求人票から確認しづらい情報もファルマスタッフに登録すれば教えてもらえますので、「たくさんの情報をもとに転職先を決めたい」という方は登録しておくとよいでしょう。

当社が独自で調査した口コミをご紹介します。

良かった口コミ

男性 31歳

多い条件の下で検索してもらい、病院の案内をしていただいた。

一度転職先を誤った後の案内であったため、入職直後は慎重に連絡をいただいた。

女性 30歳

自分のレベル、条件に合った就職先を提案してくださり、特に勤務時間や休日、給料の面での交渉を一手に引き受けてくださったので非常に助かりました。

口コミからわかったメリット

上記以外にもさまざまな口コミを見たところ

  • 全国に拠点があるため転勤などでも便利
  • 交渉力がある
  • 希望にあった求人を紹介してくれる

などの声がありました。

特に交渉力についての口コミが多く、給与や待遇などを優先的に考えている方はファルマスタッフを利用して、アドバイザーに交渉してもらうことをおすすめします。

対応の早さが評判のリクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手人材会社、リクルートが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

有名な会社が運営する転職サイトということもあり認知度は高く、求人数も多いためエージェント選びに迷っている方もひとまず登録しておくとよいでしょう。

リクナビ薬剤師では転職サポートとして勤務先の情報を事前調査してくれます。

もし転職の際気になる点があれば専任のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

また、転職活動に割ける時間が少ないという方のためにリクナビ薬剤師では、勤務先への条件交渉や代理での応募、日程調整など転職活動をさまざまな角度からサポートしてくれます。

急いで転職活動を行いミスマッチが起きてしまわないよう、「転職活動をする時間がない」という方はリクナビ薬剤師にサポートをお願いしましょう。

当社が独自で調査した口コミをご紹介します。

良かった口コミ

38歳 男性

まず第一のメリットとして、とても対応が早いということ、そしてこちらの求めていることを即座に理解してくださった所に大変感謝しております。

面接相手も何社か用意していただき、その中でもお勧めの転職先を用意してくださいました。大手なので求人の量も多く満足できました。

33歳 女性

妊娠中の転職という難しい条件にもかかわらず、転職先を見つけてくれたことに感謝しています。親身になって話を聞いてくださいました。

口コミからわかったメリット

上記以外にもさまざまな口コミを見たところ

  • 求人の情報が多い
  • レスポンスが早い
  • アドバイザーが親身に相談に乗ってくれる

などの口コミがありました。

リクナビ薬剤師は認知度No. 1の転職サイトですので、安心感を求めたい方には特におすすすめです。

相談だけでもしたい方はマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は大手人材会社マイナビグループが運営する薬剤師向けの転職サイトです。

マイナビ薬剤師は5年連続で「薬剤師転職支援サービスNo.1」に輝いたエージェントで(楽天リサーチ調べ)、特に求職者との面談に力を入れています。

マイナビ薬剤師は遠方の人や都合のつかない人を除き、基本的に対面で面談を行うとしています。

直接転職について相談することで自分の希望を伝えやすくなり、より求職者の希望に合った転職先を見つけることができます。

また、自分の中で転職先に求める条件がまとまっていないという方でも、キャリアアドバイザーと相談することで自分の希望がはっきりと見えてくるかもしれません。

当社で独自に調査した口コミをご紹介します。

良かった口コミ

31歳 女性

履歴書および職務経歴書の添削、また面接対策だと思います。

職務経歴書では、なかなか自分自身のアピールをすることや内容を充実させることが難しく、面接では自分の気がつかなかった癖などを指摘してくださり、とても助かりました。

また、複数のアポイントを取るだけでなく、限られた日程の中でスケジュールを組んでいただけたのはとても驚かされた。

37歳 男性

求人の量が多いので知らない企業も見ることができた。

新規開拓できることが1番のメリット。

また、勤務時間等特徴がピックアップされているので見つけやすい。

口コミからわかったメリット

上記以外にもさまざまな口コミを見たところ、

  • 求人数が多い
  • 書類の添削・面接対策が充実している
  • レスポンスが早い

などの声がありました。

マイナビ薬剤師は転職の相談だけでも利用できる転職サイトです。

今後のキャリアについて考えていきたいという方には特におすすめです。

転職サイトを活用し、自分に合った職場を見つけましょう

一人薬剤師で勤務することにはメリット・デメリットがそれぞれにあります。一人薬剤師から転職を考えている方は、しっかりと事前に情報収集をして転職するように気をつけましょう。

転職の際に活用したいのが転職サイトなどの転職サービスです。履歴書添削や面接対策を行ってくれるところもありますので、転職の成功に役立つでしょう。

転職サイトや転職サイトの利用は複数のサービスを活用すると効果的な転職活動が行えます。

複数のエージェントに登録することによって優良求人に出会える可能性も増えますし、知っておきたい職場の情報を詳しく教えてもらえるかもしれません。

転職サイトによって得意分野が異なりますので、うまく活用しながら充実した転職活動をしていきましょう。