スタートアップへの転職はハイリスク?メリットや転職のポイントを徹底解説

スタートアップに転職したいのですが、やはりハイリスクでしょうか?
スタートアップへの転職には、デメリットもありますが、大企業や一般のベンチャー企業にはないメリットもあります。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!どうすれば転職できますか?
スタートアップへの転職方法は、この記事で解説していますよ。利用すべき転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている人の中には、「ベンチャーやスタートアップに転職したいけど、本当に転職しても大丈夫なのかな」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

特に、スタートアップはまだ聞きなれない人も多く、転職に不安を感じる人もいることでしょう。確かに、スタートアップへの転職はデメリットもありますが、大企業や一般のベンチャー企業にはないメリットも存在します

ここでは、そんなスタートアップのメリット・デメリットや、転職を成功させるポイントについて解説します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

スタートアップに転職するメリット・デメリット

そもそも、スタートアップとは、「新しいビジネスを生み出し、短期間で成長を遂げて株式上場や売却を狙う人々の集合体」のことで、創業して日の浅い中小企業を広く指すベンチャー企業とも異なります。

では、そんなスタートアップに転職するメリットやデメリットは、どのような点なのでしょうか。

スタートアップに転職するメリット

スタートアップに転職するメリットは、一般的な大企業では得られないものが多くあります。その中から、特に評価すべき点を紹介します。

幅広い業務を自分の裁量で行える

スタートアップの社員は少数精鋭のことが多いため、一人に与えられる業務の幅が広くなります。そのため、幅広くさまざまな仕事を受け持つことができ、豊富な経験から多くのスキルを身につけることができます

また、上司から支持を仰いで仕事をするのではなく、自分で考えて主体的に動くことが求められるので、仕事を自分の裁量で行うことができます。

自分の能力を生かして仕事をしたい人や、将来的に起業したい人にとって、スタートアップで働くことは大きな糧となることでしょう。

昇進のスピードが早い

通常の企業であれば、勤務年数によって昇進が決まるのが一般的です。しかし、スタートアップでは実力主義を採用していることが多く、実力があれば一気に昇進することも可能です。

スタートアップでは、急成長を遂げるために実力のある人材を積極的に登用していく傾向が強いため、実力次第で昇進のスピードを上げることができるのです。自分のスキルに合った地位を得たい人にはおすすめです。

経営者との距離が近く、意見が述べやすい

スタートアップは規模が小さいため、社員数も少ないことがほとんどです。また、社内の風通しも良く、経営者との距離も大企業に比べて近いと言えます。そのため、経営者にも自分の意見を述べやすい環境であることが多いです。

大企業の場合、経営者と直接話をできる機会はほとんどありませんが、スタートアップでは経営者の考えを直に聞くことのできる機会も多くあります。経営者の思想に触れ、経営に関わることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

ストックオプションで一攫千金を狙える

ストックオプションとは、自社の株をあらかじめ決められた価格で購入できる権利のことです。福利厚生が整備されていないスタートアップでは、福利厚生の一環として社員にストックオプションを与えることがあります。

ストックオプションで自社の株を安く購入し、株価が上昇したときに売却すれば、一攫千金も夢ではありません。確実に儲かるものではありませんが、自分の頑張りが一攫千金に繋がるというモチベーションにもなります。

スタートアップに転職するデメリット

さまざまなメリットのあるスタートアップへの転職ですが、そこにはデメリットも存在します。スタートアップへの転職のデメリットを紹介します。

会社の成長次第では年収が下がる

スタートアップでの収入は、会社の成長に大きく左右されます。会社が思うように成長できなければ年収も下がってしまいますし、事業が上手くいかなくなれば事業撤退や解散で職を失うリスクもあります。

スタートアップは、大企業とは異なり経営基盤が安定していないため、倒産のリスクも高いと言えます。収入が安定しないという点は、大きなデメリットです。

仕事の責任が大きく、プレッシャーが重い

一人ひとりの仕事量が多く、個人の裁量に任されるスタートアップでは、当然個人の責任も大きくなります。事業の成長のために大きな成果を期待されるため、プレッシャーも重いと言えます。

特に、少数精鋭のスタートアップは人材が不足していることが多く、自分の技量以上の仕事を任されることもあります。そのうえ、研修などの指導体制も充実していないことがほとんどです。

若いうちから重要なポジションで働きたい人には絶好の職場ですが、過剰なストレスやプレッシャーがかかる可能性が高いため、ストレス耐性に自信のない人にはスタートアップは向いていないと言えるでしょう。

福利厚生が整備されていないことが多い

スタートアップは組織が作られてから日が浅いため、通常の企業のように福利厚生の制度が整っていることが少ないと言えます。中には、そもそも福利厚生の制度すらないこともあります。

自分たちで必要な福利厚生を考えられるというメリットはありますが、福利厚生の充実した職場で働きたい人にはスタートアップは不向きと言えます。

労働時間が長くなりがち

幅広い仕事を任せてもらえるスタートアップですが、その反面、一人あたりの担当する業務量が多くなるため、労働時間が長くなりがちだというデメリットがあります。

特に、立ち上げ直後など業務が軌道に乗っていない時期には、膨大な量の業務を一人でこなさなければならず、肉体的・精神的にも大きな負担がかかります。

仕事に没頭したい人には向いているかもしれませんが、プライベートを充実させたいと考えている人にとっては、スタートアップへの転職は向いていないと言えるでしょう。

スタートアップへの転職を成功させるポイント

スタートアップのメリット・デメリットは表裏一体で、メリットになることが見方を変えればデメリットになりますし、その逆もあります。では、そんなスタートアップに転職するには、どのようにすればいいのでしょうか。

ここでは、スタートアップへの転職を成功させるポイントを紹介します。

自分のスキルを見直す

スタートアップでは、一般の企業よりも実力と成果が求められます。一人で幅広い仕事をこなさなければなりませんし、入社後に丁寧に研修をしてもらえるわけでもありません。

そのため、スタートアップに転職しようと思ったら、まずはスタートアップで働いていけるほどのスキルを持っているかどうかを考え直すことが必要です。

スタートアップで評価されるのは、自分自身のスキルです。大企業の営業職として、企業のネームバリューを生かして契約を取れていたとしても、自分自身の営業スキルがなければ評価してもらうことはできません。

スタートアップへの転職を考える際には、自分のスキルを見直すことが必要です。一人で見つめなおすのが難しい場合は、転職エージェントを利用してもいいでしょう。詳しくは後ほど紹介します。

思い立ったら早めに行動する

スタートアップの求人の中には、未経験者歓迎のものもあります。しかし、実力主義のスタートアップでは、より優秀な人材を求める傾向が強いため、未経験からの転職では、一般の企業よりも年齢の上限が低いと言えます。

したがって、未経験からスタートアップに転職する際には、思い立ったらすぐに情報収集を始めることが重要です。もちろん、経験者であっても早めに行動することは欠かせません。スピード感を持って行動することを心がけましょう。

収入がなくなっても生活できるだけの貯金をしておく

スタートアップでは、事業が軌道に乗るまでは、社員に満足のいく給料が払えないことも少なくありません。そのため、もし収入がなくなったとしても生活できるだけの貯金をしておくのがおすすめです。

毎月安定した収入を貰えることを見込み、生活費の貯金をせずにスタートアップに転職することは、とてもリスクが高いと言えます。万一のことを考え、ある程度の貯金を作っておくことをおすすめします。

ビジネスモデルに将来性があるかを見極める

スタートアップへの転職は、将来性がある企業を見極める必要があります。前述のとおり、スタートアップは経営基盤が不安定なため、事業撤退や倒産などのリスクが大きいからです。

そこで、企業の将来性を見極めるためには、ビジネスモデルに将来性があるかどうかを見極めることが求められます。このためには、さまざまなビジネスモデルを見て、「見極める目」を養う必要があります。

したがって、スタートアップへの転職では、転職先を見極めるための情報収集が必要不可欠です。さらに、スピード感を持って転職活動を行うためにも、効率的な情報収集が欠かせないと言えます。

スタートアップに強い転職エージェントを利用する

ベンチャーやスタートアップは転職サイトやエージェントなどに情報提供をせず、自社のWebサイトなどに求人情報を掲載している例も多いです。しかし、自分で求人を探すのは手間がかかり、非効率的です。

そこでおすすめしたいのが、スタートアップの転職に強いエージェントを利用することです。転職エージェントの中には、スタートアップの求人を多く扱っているものもあります。

スタートアップへの転職では、企業の将来性を見極めることが欠かせません。転職エージェントを利用すれば、求人を出している企業のさまざまな情報を教えてもらえるので、ビジネスモデルの将来性を見極める目を養うことができます

また、自分で求人を探す必要もないため、スピード感を持って転職活動を進めることができます。スタートアップへの転職にとって、転職エージェントは強い味方となることでしょう。

次の章で、スタートアップへの転職に強い、おすすめの転職エージェントを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

スタートアップへの転職に強い、おすすめの転職エージェント5選

日本に数多くある転職エージェントの中でも、特にスタートアップへの転職に強いエージェントを、当サイトが独自に集めた利用者の口コミとともに紹介します。

なお、スタートアップは複数のエージェントに求人を出せるほどの金銭的余裕がないことが多いため、求人数を確保するためにも、複数の転職エージェントに登録することがおすすめです。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

スタートアップへの転職 | まとめ

スタートアップへの転職はスピード感が欠かせませんが、それよりも重要なのは、適切な情報収集を行い、ビジネスの将来性を見極めることです。

転職エージェントを活用し、効率的な情報収集を行うことで、スタートアップへの転職を成功させてください。