【男女別】転職の面接時に着ていく服装は?靴や小物にも注意

ビジネス スーツ_154803098
転職の時のスーツって、リクルートスーツを着て行ってもいいんですか?
リクルートスーツは転職時には不向きですね。
そうなんですか!スーツやシャツの色は何でもいいんですか?
転職時にに着ていくスーツには、第一印象を良くするためのポイントがいくつかあるんですよ。男性・女性別に詳しく解説しますね。

転職面接時にはどういうスーツを着るのが良いのでしょうか。リクルートスーツはあり?ストライプなどの柄物は?など、色々な疑問がありますよね。

これは性別はもちろん、自分の年齢や面接する企業によって変わってきます。今回は、転職活動におけるスーツの着こなしのマナーと選び方を、男女別に詳しくご紹介します。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

転職の面接で着るべき服装(スーツ)基本

まずは転職の面接で着るべきスーツの基本から簡単に確認してみましょう。

リクルートスーツとビジネススーツの違い

リクルート
スーツ
学生や新卒者が就職活動を行う際に着るスーツのことを指す。

主にブラックやネイビーといったカラーが多く、
柄は無地中に着るシャツは白なのが一般的。

ビジネススーツリクルートスーツとは違い、ブラックやネイビー以外に
グレーやブラウンなど豊富なカラーに加えて、
ストライプなどの柄もあるファッション性のあるスーツ

 

転職者はビジネススーツを着たほうが良い

リクルートスーツは「学生や新卒者が着るもの」というイメージが面接官の方には強く、転職者がリクルートスーツを着ていると学生っぽい未熟さを感じて、面接での採用率を落としてしまう可能性があります

20代の転職者であればまだリクルートスーツでも問題ないという風潮がありますが、30代以降の転職者の場合は「ビジネスシーンで年相応の格好ができない人」という印象を面接官に与えてしまいかねません

ですので転職者、特に30代以降の方は、ビジネススーツで転職活動を行うようにしましょう

【男性編】転職の面接でおすすめの服装(スーツ)

まずは男性が面接に向かう際のおすすめスーツスタイルをご紹介します。

スーツのカラーはネイビーかグレーが良い

ブラックは、リクルートスーツを連想しやすいため、転職活動における面接では着ない方が無難です。

ビジネススーツとして使われることが多いのが、ネイビーやグレーのスーツなので、どの色のスーツを着るか迷ったらネイビーもしくはグレーのスーツを着るようにしましょう

またスーツの柄も、リクルートスーツをイメージさせる無地ではなく、ストライプやチェックといった柄が入っていた方がより面接官に良い印象を与えるとされています。

ジャケットのサイズはお尻が隠れるくらいがベター

スーツのジャケットはお尻が隠れるくらいの丈がベターです。

長すぎるとリクルートスーツや、制服のような印象を受けます

お尻が隠れるくらいの丈だとジャケットの切り込みのベントの部分も綺麗に見えます。

ジャケットのボタンは一番下は留めない

スーツのジャケットのボタンは2つボタンでも3つボタンでも一番下のボタンは留めません。

3つボタンの場合は、真ん中のみを留めます。

シャツは濃すぎない色のものがおすすめ

一般的にベターとされているのは薄い青のワイシャツです。

スーツの中のシャツも、白色だとリクルートスーツを思いうかべる方がいるため、できれば色がついているものを着用するのが良いとされています。

ネクタイは自分が与えたいイメージで色を決める

ネクタイの色は、「青」なら真面目や誠実なイメージ「赤」なら積極的・行動的「黄色」なら社交的で明るい性格など、色によって与える印象が大きく変わります。

ワンポイントのようで面接官の目に必ず入るため、ネクタイの色を適当に決めるということはしないようにしましょう。

ネクタイの柄にも注意する

また、ネクタイの柄は「レジメンタル」と呼ばれるタイに向かって見て右上がり(ノの字)のストライプの柄が一般的で、スマートで知的な印象を与えてくれます。

この他、水玉やチェックといった柄も柔らかで親しみやすい印象を相手に与えるので、面接時につけても問題ありません。

無地のネクタイも転職の面接でつけるのに問題はありませんが、柄が無い分色の主張が強くなるため、チョイスした色の印象がより強くなるということを頭に入れておいてください。

ワンポイントのコーディネートは色を統一する

ベルト、靴下などのワンポイントは、なるべく色の系統を統一して、スーツスタイル全体に統一感を持たせるようにしましょう。

例えば、スーツの色が青っぽいのであれば、ワンポイントも青に近い色にコーディネートするのが良いでしょう。

ワンポイントは目立たないように見えて、案外人の目に留まっているものです。

ワンポイントのコーディネートがめちゃくちゃだと面接官にもあまり良い印象を与えることができません。

ベルト・靴下などもカジュアルすぎないように

ベルトは靴に合わせて黒などの色をチョイスするようにしましょう。

ベルトはバックルが派手すぎるものはもちろん、白いベルトもカジュアルさが強くビジネスシーンにはあまり向いていません

靴下も無地で色の濃いものが靴やスーツと合わせやすく、汎用性が高いのでおすすめです。

靴下は面接時に座った際、裾からかなり見えるのでカジュアルなものを着用すると非常に目立ちます

鞄は黒に近い色の、ブリーフケースなどが良い

面接時に持っていくかばんも黒やこげ茶など合わせやすい色にするのがベストです。

また、底にマチがあって面接時に床においても倒れない鞄を選んだ方が、見た目も良く面接官に良い印象を与えます。

種類はビジネス用の手提げかばんやブリーフケースなどが良いでしょう。

リュックやトートバッグなどはカジュアル感が強いので面接では持っていかないようにしてください

【女性編】転職の面接でおすすめの服装(スーツ)

次は女性が面接に向かう際のおすすめスーツスタイルをご紹介します。

色や柄は男性と同じく派手過ぎないものを

色は男性のスーツスタイルと同じで、ネイビー・ブラック・グレーなど派手で目立ちすぎないものを着用するのがビジネスシーンに合っていてベストです。

柄も太いストライプなどで柄が目立つものでなければ問題ありません。

できるだけ明るすぎないスーツスタイルを心掛けるようにしましょう

面接を受ける業種によってパンツかスカートかを選ぶ


スカートは、華やかな印象を相手に与えて、企業の看板となって多くの人の目に触れる受付や事務作業のようなデスクワークなどの業種に合っています。

対してパンツは、動きやすく活発的なイメージを与えて、営業職のような外仕事の面接を受ける際におすすめです。

もちろんカジュアルすぎないのであれば、パンツでもスカートでも構わないのですが、業種によって大きく印象が変わるので自分が受ける面接の業種によって服装を変えてみてはいかがでしょうか。

女性は白のインナーがグッド

男性は白シャツを着るとリクルートスーツを強く感じさせるのでおすすめできませんが、女性の場合は逆に白いインナーを着ると面接官の印象が良くなりやすいと言われています。

白は着ている人に清楚な印象を与えますが、女性の場合はその印象がより強くなり、ビジネスなスタイルでありながら清楚で華やかな印象を面接官に与えます

インナーの種類はシャツでもカットソーでも問題ありません。

シャツはビジネス間のあるシャープな印象を、カットソーは女性らしさをアピールできるので、これも業種によって着分けるのが良いでしょう。

小物も女性らしさを演出する大事なアイテム

男性と同様、女性もワンポイントや小物によって女性らしさをアピールすることでより採用率を高くすることもできるとされています。

ストッキング

まず、ストッキングは肌色の物を着用するのがおすすめです。

黒などの色がついたストッキングやタイツはカジュアル感が増すので面接には向いていません。

アクセサリー

アクセサリーもできるだけ少なく、着けるとしても結婚指輪や控えめなネックレスなどに留めるのが無難です。

派手すぎるものを付けてしまわないように気を付けましょう。

靴はシンプルな黒のパンプスがどのスーツにも合いやすいのでおすすめです。

ヒールは自分の脚が疲れない程度に高いものを履くのが美脚効果もあって良いでしょう。

また転職活動の最中は徒歩で移動することも多く、長い時間パンプスを履いて歩かなくてはならない場合もあります

ですので歩きやすい太めのヒールがついたパンプスを履いてみてはいかがでしょうか。

バッグは書類が入れられるくらい大きめのものを

女性ならバッグで女性らしさをアピールしたい方も多いと思います。

ビジネススタイルに合わせやすいのはやはりブラックのバッグです。

素材は基本的に何でもよいですが、履歴書など必要書類が入るものを用意し、床においても倒れない鞄を持っていくのがベストです。

もちろん、男性と同じようにトートバッグやリュックなどはカジュアル感が増して面接には不向きなので持っていかないようにしましょう。

30代、40代の女性はスーツを新調すると採用されやすくなる場合も

30代、40代で転職活動をしている女性も多いかと思いますが、20代の就活生や転職者に比べると自分のスーツが古臭く見えたことがあるという方も居るのではないのでしょうか。

そういった方は思い切ってスーツを新調するのも手です。

スーツも似ているように見えて現在の主流になっているデザインやスタイルなどがあるため、それだけでも若い転職者と遜色なく面接に臨むことができます

また、転職に成功して働き始めた場合に新しいスーツがあると便利で重宝するので、そういった意味でもスーツを新調することをおすすめします。

さらに、子供がいる方の場合、子供の入学式など正装で出席しなければならない場面でも着まわすことができます

面接官が見ている転職者が見落としがちな服装のポイント4つ

面接官は転職者が気づかないような細かい所を良く見ています。

一時間程度の短い面接で採用の可否を決定するのですから志望動機や、経歴などの面接時の受け答えだけではなく、服装についてどれだけ細かい所に気を配れているかでもあなたという人を評価します。

面接官がチェックする次の服装の4つのポイントについて紹介します。

ポイント
  • サイズ
  • 襟元
  • 袖口
  • 後ろ髪

①サイズ

転職時の面接で、スーツやシャツのサイズが合っているかはその人の印象を大きく左右します。

プライベートでは好みもありますが、ビジネスの場で合わないサイズのものを身に着けているとだらしない印象を与えます

なんとなく無難な服装であればそれで良しとする手抜きの印象を与えないため、スーツやワイシャツのサイズにはこだわりましょう

②襟元

襟元は見られていないようで意外と目に付く部分です。

襟元の高さが不自然だったり、閉まり過ぎていると窮屈な印象を受けます

人は会話をする時に顔を見て話をしますが、面接なら、なお更です。

襟元も視界に入る部分のため、手を抜かずにサイズ選びをしましょう。

襟元の高さはワイシャツの種類によっても異なりますが、ビジネスで一番ポピュラーなレギュラーカラーで3センチから4センチが標準です。

標準サイズが合わないと感じる人はオーダーメイドのワイシャツも検討してみましょう。

③袖口

袖口から出るワイシャツの長さがアンバランスだと、幼く、頼りなく見えてしまいます

スーツ姿の時に袖口からワイシャツが1センチ出る位の長さがベターです。

④後ろ姿

特に気をつけたいのはスーツのジャケットのサイズです。

タイトなスーツを好む人もいますが転職時の服装では、ある程度ゆとりを持ちましょう

スーツのジャケットの切り込みは「ベント」と呼ばれていますが、自分に似合わないサイズのジャケットを着ているとベントの部分が広がったり、だぶついたりと見た目が美しくありません

自分では気づきにくいですが、他の人の目につきやすい部分のため、ジャケット選びはベントが綺麗に見えるかを意識すると良いでしょう。

よくある転職面接時の服装Q&A

ここでは、服装に関してよくあるQ&Aをご紹介します。

Q. 面接の服装は自由と言われたら何を着るべき?

一番無難なのはスーツで行くことです。

スーツで行けばビジネスマナーの観点から見ても問題ありませんし、本当に服装自由な面接だったとしてもカジュアルさを出すことで対応することができます

もちろんカジュアルすぎるのは問題ですが、男性ならジャケットにチノパン女性ならジャケットにカットソーやスカートなどのスタイルはビジネスカジュアルとして仕事場に着ていっても浮かない格好として認識されています。

「服装自由」という言葉に悩まされたときは迷わずスーツを選び、転職先の企業の情報を集めながらビジネス寄りの服装にするのかカジュアル寄りの服装にするのか選ぶようにしてください。

Q. 夏は転職の面接にスーツを着ていくべき?

基本的にはスーツを着ていくのがベターです。

もちろん、企業へ向かう最中からスーツを着ていては熱中症で倒れてしまう危険性があるので、企業に到着するまではジャケットを脱いで涼しい格好をしても構いません

ですが、実際に面接を受ける時には、ジャケットを着て、きちんと着るようにしましょう。

クールビズOKの企業もある

企業の中には面接時にクールビズOKという企業も存在しています。

面接の日程を設定した際に事前にその旨を教えてもらっている場合は、それに素直に従ってクールビズの格好で面接に臨むようにしましょう。

面接前には通達されなかったものの、面接中にジャケットを脱いでも良いと言う風にクールビズで面接を行うように面接官が促してくれる場合もあります。

この場合、頑なに断っていると面接官の印象を悪くする恐れがありますので、素直に面接官の指示に従ってクールビズな格好で面接を行うようにしましょう

面接時はどこまでクールビズして良いのか

一般的にクールビズといったら、ノージャケット、ノーネクタイ、半袖シャツというスタイルである場合がほとんどです。

企業によってはチノパンやスニーカーを履く所まで涼しい格好をして良い場合もありますが、まだ一般には浸透していないため、面接前に明言されない限りは、上記に挙げた3つだけを行うのが無難です。

男性

男性の場合はノージャケット、スーツパンツに半袖か長袖の白いワイシャツが良いでしょう。

ただ通常のワイシャツをそのままノーネクタイにするとだらしない印象が強くなりがちですので、ワイシャツ単体で生えるデザインのものを着ていくのがおすすめです。

またクールビズをする際は、ワイシャツの下から肌が見えると不格好ですので、必ず中にシャツを着るようにしましょう

長袖のワイシャツを着る場合は腕まくりは不格好ですので、より涼しい格好をしたいなら半袖のワイシャツを着てください。

女性

女性の場合も、基本は白いワイシャツにスカートもしくはパンツを履くのが最も無難なクールビズスタイルです。

シャツの袖の長さは5分袖もしくは7分袖の方が、スタイリッシュかつ露出も控えめで、面接官からの印象も良いものになります

また下着が透けないようにインナーを着用し、そのインナーは派手すぎる色や透けて分かりやすい色のものを着ないようにしましょう

クールビズの注意点

男女ともに共通して言えることは、クールビズでありながらもラフすぎず清潔感のある格好をするという点です。

ジャケットを着ない以上、いつも以上にワイシャツのしわや暑い時期に起こりやすい汗ジミなどが目立ってしまいがちです。

ワイシャツはしっかりとアイロンなどでしわを伸ばしておき、汗をよくかくという方は汗を吸いやすい服をインナーとして着るなど汗ジミ対策を心掛けるようにしましょう。

女性の場合は、露出が多すぎるとTPOをわきまえていないと判断され、面接官からの印象が悪くなることもあります

涼しい格好でありながらも面接という場にふさわしい服装をすることを念頭に置いて面接に臨む服装を決めるようにしてください。

スーツを着こなして転職の面接を突破しよう

まとめ
  • 転職での面接では「ビジネススーツ」を着ていこう
  • 転職先の業種や与えたい印象に応じて、色や柄を選ぼう
  • 夏場でも、はっきりとした明言がない限り、きちんとしたスーツで行こう

面接は転職活動の中でも大きな壁となりがちです。

しっかりとした事前準備とスーツスタイルで面接を乗り越え、清々しい気分で転職できるようにしましょう。