ブラック企業への転職を回避する方法

転職を考えているのですが、ブラック企業だけはなんとか避けたいです。どうすれば回避することができますか?
回避する方法の一つに「転職エージェントを活用する」というのがあります。エージェントの担当者は”転職のプロ”ですから、安心して利用してみてください。

キャリアコンサルタント

分かりました。具体的に、どの転職エージェントを利用したほうが良いなどはありますか?
この記事でご紹介していますよ。この記事では、ブラック企業を避けて転職するための手順についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職の際に気をつけなくてはならないことはブラック企業に転職をしないことです。ブラック企業に転職をしてしまうと 、転職をしてもその後の生活が思ったようなものにはなりません。

転職したいと考えているのであれば、自分で意識してブラック企業を避けることが大切です。ブラック企業へと転職しないためにも知っておくべきことをご説明します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

ブラック企業に転職しないための3つの注意点

誰しも転職を考えると転職活動を始めていきます。この転職活動を始めた段階から、ブラック企業を選択しないために自己防衛をすることが大切です。

それではブラック企業を選択しないために、どのようなことを知っていれば良いのでしょうか。ブラック企業を見抜くために必要な3つのことをご説明します。

①「3つ」のポイントからブラック企業を事前に判断する

まずは簡単にブラック企業の定義についてご説明していきます。ここで紹介するような定義に当てはまる企業に転職しないように気をつけなければなりません。

ブラック企業の定義や特徴は人によって少しずつ異なっています。ここでは筆者の観点から特徴を順にご説明していきます。

残業代や休日出勤手当などが出ない

まずはブラック企業のイメージで持たれている人も多い、残業代や休日出勤手当てなどの賃金未払いが発生する会社です。これは一発でブラック企業だと判断できるかもしれません。

法律では働いた時間相当 賃金を支払うことが定められています。例外もありますが、基本的には働ければそれだけ賃金をもらえるのが日本のホワイト企業です。

企業側も従業員が残業すれば残業代を支払う必要がありますし、休日に出勤すれば休日手当を支払うなどの対応をしなければなりません。

しかし皆さんもご存知の通り、これらの賃金や手当てを全く支払っていない企業も存在しています。これらの企業は一般的にブラック企業と呼ばれています。

これらの企業に転職してしまうと、働いてもそれに見合った賃金を得ることができません。長時間労働はあくまでも対価があることによって耐えられるものです。

休日が少ない・労働時間が長い

労働者の勤務時間は法律で定められています。この法律を守ってない企業は、ブラック企業であると考えられます。

労働時間が長くなると仕事の効率も悪くなってしまいます。また、効率が悪くなることでさらに労働時間が長くなってしまう可能性があります。

そこから、プライベートの時間が削られて生活の満足度も下がるなどの影響が出てしまいます。つまり、仕事の時間が長くなりすぎるとどんどんと悪循環が発生します。

この悪循環を発生させる企業はブラック企業であると定義できます。特に年間休日数が少ない場合にはプライベートに大きな支障が出てしまいます。

ただ、転職の際にそのような求人が出ているわけではありません。法律に触れるような求人を転職サイトなども受け付けてはいないのです。

実態では休日が非常に少ないような企業がありますので、実はブラック企業ではないか確認してみることも転職では求められています。

説明会などで精神論を展開する

ブラック企業の特徴とも言われているのが、仕事に対して精神論を強調する企業です。特に会社説明などで精神論を強調する企業は危ないと言われています。

精神論とは例えば以下のものです。

  • 忙しいもののやりがいがあるため満足できる職場である
  • やる気があれば結果が付いてくる職場である
  • お金よりも大切なものがこの職場では見つかる

これらは一例ですが、筆者の経験からしてブラック企業である可能性が高いです。言っていることは確かに間違いではありません。

ただ、企業の説明会でこれらのことを強調するのは間違っています。企業であれば人を成長させることも大切ですが、賃金を支払うことも大切なのです。

精神論を強調している企業は、ブラック企業の可能性があると慎重になりながら転職をすすめるべきです。

②求人に応募する際にはなるべく一人で判断しない

自分一人で転職活動をしていると、どうしてもブラック企業の求人が目に止まってしまうことがあります。これは事実が隠された求人も掲載されていることがありやむを得ません。

ただ、その場ですぐに応募するのではなく求人の内容を精査したり誰かに相談してから応募しましょう。転職経験者などが身近に居るとアドバイスがもらえる可能性があります。

もし相談できる人が居ないのであれば、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職のプロですので様々なアドバイスがもらえます。

また、求人を探す段階から転職エージェントを利用することでブラック企業の求人を避けやすくなります。エージェントと相談しながら転職も進みますのでまず登録すると良いでしょう。

孤独な状況で転職活動を進めると、ブラック企業の甘い誘惑に騙されてしまうこともあります。これは転職が失敗する大きな原因でもあります。

ブラック企業へ転職しないために、転職エージェントに登録する・利用することで一人で転職を進めないようにすることが大切です。

③ネットの口コミなどを確認する

転職エージェントの利用と合わせてもらいたいものがネットで口コミを確認することです。ネットには様々な企業ではたらく人の口コミが掲載されています。

例えば口コミを探すためのサイトにキャリコネがあります。このサイトでは企業で実際に働いていた人などの口コミを確認することが可能です。

口コミを探すことで、転職エージェントでも分からないことが知れる可能性があります。転職エージェントも完璧では無いのでこれはやむを得ません。

口コミから分かることは、現場目線から見てブラック企業であるかどうかということです。口コミは主観的なものが大半です。そのため、丸々信じられない部分もあります。

ただ、口コミのような感じ方をした人がいるというのも事実です。過剰な表現が含まれている可能性はありますが、ブラック企業かどうかの判断材料には十分です。

キャリコネへの登録はこちらから↓

 ブラック企業以外に確実に転職する5つのSTEP

ブラック企業の特徴や問題についてご説明しました。説明した通り、ブラック企業に転職することは人生を大きく左右する可能性があります。

これを避けるためにはブラック企業に転職しないように自分で防御することが大切です。ブラック企業の求人には応募しないようにしなければなりません。

具体的にどのようにして自分でブラック企業を避けた転職するべきか、その流れをご説明します。

ステップ1:転職エージェントに登録する

まずは転職エージェントに登録することから始めましょう。登録は難しいものではありません。数分で完了しますので登録作業を済ませてください。

登録先が分からなければ、おすすめの転職エージェントであるリクルートエージェントマイナビエージェントに登録しましょう。保有している求人数が多くおすすめです。

転職エージェントに登録すると、転職エージェント側から連絡が来ます。メールでの連絡と電話でのヒアリングが一般的です。

ここで、どのような企業に転職したいかやどのような条件で転職したいのかを問われます。ブラック企業を避けるためにも休日数や残業時間などの条件はしっかり伝えましょう。

ステップ2:求人が紹介されるのを待ち口コミを調べてみる

転職エージェントは条件にあった求人を向こうから紹介してもらうサービスです。一定の条件を伝えておけば後は転職エージェント任せの部分もあります。

ただ、転職エージェントに任せておくだけでは心配もあります。紹介された求人について、口コミも確認しておきましょう。

基本的に全ての口コミが良い企業は存在していません。どのような企業も何かしらブラック企業では無いかと思われる口コミは存在しています。

ブラック企業だと思うような口コミをどの程度受け止めるかは人それぞれです。一つでもあればブラック企業だと感じる人もいますし、この程度ならブラック企業ではないと感じる人も居ます。

重要なことは明らかなブラック企業ではないかを口コミから自分の目で確認しておくことです。

ステップ3:気になる求人があれば質問をしてみる

転職エージェントから紹介される求人は、転職エージェントを通じて質問をすることが可能です。気になることがあれば質問しておくと良いでしょう。

また、転職エージェントが既に保有している回答があればそれを元に回答してもらうこともできます。勤務時間や残業代の支給、休日出勤の有無などは確認しておきましょう。

加えて社風なども転職エージェントを通じて確認することをおすすめします。ブラック企業には精神論で仕事をさせようとするところも存在しています。

そのような企業は社風も精神論が強いことがあります。断言はできませんが、気になることは転職エージェントを通じてなんでも質問しブラック企業ではないか判断をしてみましょう。

ステップ4:求人に応募する

ブラック企業ではなさそうな求人であることが判断できれば、後は転職エージェントに応募する旨を伝えておきましょう。

そうすると面接の日程や追加で提出が必要なものがあれば、それらの準備をお願いされます。担当者と共に面接の準備を進めていきましょう。

ここまで来るとあとは一般的な転職と同様です。面接で内定が出れば転職へと進みますし、人の相性ですので転職できないこともありえます。

転職エージェントは転職できそうな候補を紹介しています。仮にブラック企業ではなくとも、企業との相性が悪いと転職に至らない可能性はありますので注意が必要です。

ステップ5:退職の手続きと転職先の入社日程を調節する

転職先への入社日程の調節は転職エージェントに依頼しておくとある程度は進めてもらえます。現職の退職日に合わせて入社日を決めてもらいましょう。

基本的には退社は1ヶ月前には伝えなければなりません。就業規則に記載されていることもありますし、引き継ぎなどの時間も考えるとこれぐらいは必要です。

中には、退職の意思を伝えても受領しないような企業があります。これも一種のブラック企業に分類されるような企業です。退職のトラブルが発生した場合も転職エージェントに連絡しましょう。

基本的に退職の手続きは自分で済ませる必要があります。ただ、トラブルが発生してしまった場合には転職エージェントからアドバイスを貰いましょう。

番外編:異業種への転職でブラック企業を避ける方法も

業界、業種によってはブラック企業が多数存在していることもありえます。そうなるとなかなか転職先を見つけることができません。

その場合には思い切って異業種への転職も考えてみると良いでしょう。異なった世界へ転職することでブラック企業から離れられる場合もあります。

その場合でも、利用するべきは転職エージェントです。異なった業界・業種へと転職したいことを伝えると対応してもらうことが可能です。

もちろん、未経験で転職するのはハードルが高いです。基本的には今までの経験を何かしら活かせられる企業に転職するのが良いでしょう。

また、このような転職をする場合には若いほど有利です。ブラック企業から逃げ出すことも含めて、若いうちに転職を決断するのは悪いことではありません。

ブラック企業から転職して人生を豊かにする方法

ここまででブラック企業の判別法やブラック企業を避けた転職をご説明しました。ここまで説明すると、自分はブラック企業で働いているのではと感じた人もいるかもしれません。

もしブラック企業で働いていると感じたのであれば、すぐに転職を検討しましょう。ブラック企業で働いても自分のキャリアは伸びず時間だけが過ぎてしまいます。

ブラック企業から転職するのは難しいことではありません。転職エージェントを利用すれば転職を実現することが可能です。ブラック企業から転職する際は、「転職理由を次の会社にどう説明すべきか」などのアドバイスを受けておくことも有効です。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

最後に

転職エージェントは皆さんが思っているよりも多くのサポートをしてくれます。今では転職に必要不可欠と言っても過言ではありません。

そのため、転職エージェントを利用することでブラック企業を避けた転職も簡単に実現できるようになっています。

ただ、それと同時に自分が知識を身につけることも大切です。全ての転職エージェントに任せず自分もブラック企業を選択しないように知識を持ちましょう。