男性でも訪問看護師に転職できる?現役の私が実情を詳しく紹介

訪問看護師に転職したいと考えているのですが、男性だと難しいのでしょうか。
訪問看護師をやっています。訪問看護師として働く男性も増えてきています。私の体験談を紹介します。

10年ほど前は、訪問看護というと女性しか働いていない、男性は働けないという印象がありました。

現在は、男性だからといって拒まれることは少なく、むしろ男性看護師がほしいところや男性看護師が所長を務めているところもあり、男性看護師の需要が増えてきています。

今回の記事では、訪問看護師として働いている私の経験を活かして、訪問看護の魅力や男性看護師だからこそのメリットやデメリット、転職する方へのアドバイスを紹介します。

少しでも訪問看護師へ転職する助けになればと思います。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: マイナビ看護師、2位: ナース人材バンク、3位: ナースではたらこ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較

訪問看護師の需要は拡大!男性需要も大きい

看護の業界、どこの病院、施設も慢性的な人手不足が続いていますが、中でも訪問看護の分野は、深刻な人手不足が続いています。

高齢化社会が進んでいく中で、国としては病院ではなく、自宅で療養して暮らしていくことを強く勧めています。

そのためか訪問看護の需要は増え続けており、病院だけではなく、今では個人の企業でも訪問看護ステーションを立ち上げる所が急増しています。

訪問看護師の仕事とは?

まずは、簡単に訪問看護についての仕事内容を説明すると、目的は、自宅で利用者の生活をサポートすることです。

訪問看護を受ける利用者は、病気を抱えていることはもちろんのこと、独居で暮らしている、子供や親族などと離れて暮らしている、疎遠となってしまっているなどの理由から生活の援助が受けられない、などの家庭環境の問題を抱えていることも少なくありません。

そんな利用者が自宅でどのように生活していきたいか、どうすれば入院せずに暮らしていけるのかを知ってサポートしていくことが訪問看護師の重要な役割となります。

やってみて感じた、訪問看護師の魅力

患者=利用者にケアを行うことは、病院でも訪問看護でも変わりありませんが、病院では、対医療従事者となってしまいがちで、どうしても患者や家族は置き去りになってしまう傾向が強いです。

一方、訪問看護は、病院に比べてよりサービス性が強く、利用者や家族との関係をうまく築きあげないとよりよいサービスが提供できません。

こう言ってしまうと病院より大変なイメージがありますが、そうではありません。時間をかけて丁寧にケアしたり、コミュニケーションを取ることで、きちんと結果として反映されてきます。

看護をしてよかった、というやりがいにも繋がりやすい職業でもあります。

褥瘡患者さんのケア一つとっても、喜びが大きい

例として挙げると、褥瘡がある利用者がいたとします。病院では、シフト制や担当制のためか毎回受け持つ患者さんが違って、自分がケアしていなくてもいつの間にか治ってしまっているなんてことも多々あります。

訪問看護では、自分が行ったケアがそのまま反映されていくので、褥瘡が治った時の喜びも病院とはまたちがった喜びがあります。

人とじっくり向き合って看護がしたい、時間に追われずにケアを行いたいと思っている方には、是非とも訪問看護をお勧めしたいです。

男性看護師が訪問看護をやるメリット・デメリットは?

私自身が働いていて感じるメリットとデメリットをここで紹介していきたいと思います。

メリット①力仕事で重宝される

まず1つ目は、力仕事が任せられるというところです。

訪問看護で働いているスタッフは病院と比べると年齢層も高いため、脳血管障害があり麻痺がある方や難病を抱えていて寝たきりの方を1人でケアをするには「大変だ」という声をよく聞きます。

体位変換や移乗などを1人で行なえるのは男性ならではでしょう。とても重宝されると思います。

メリット②男性のほうが受け入れやすい患者さんもいる

続いて、女性だと受け入れてくれないけども、男性だと受け入れてくれる利用者さんもいるということです。

女性の生活指導や服薬指導などはまったく受け付けてくれなかったけども、男性が訪問するとすんなり受け入れてくれたという例もありました。

男性にしか持っていない何かがあるのでしょうね。

デメリット:女性患者のおむつ交換などを拒否されることも

デメリットは、男性看護師を受け入れてくれない、特に女性の利用者には多いと思います。

病院では当たり前のようにおむつ交換や陰部洗浄、浣腸などを女性の患者さんに行っていましたが、自宅では拒否される、又は家族がケアを拒否するケースが多く見られます。

昼間であれば、代わりのスタッフが行けばそれで済むことですが、夜間の当番の時に「尿漏れしてしまってオムツを替えてほしい」なんていう相談があると困ってしまいます。

訪問看護に転職しようかどうか迷っている方へのアドバイス2つ

最後に、私から転職するにあたってのアドバイスを2つほど紹介したいと思います。

①ステーションの環境をしっかり見極めること

1つめは、「自分がキャリアアップできる環境が整っているステーションなのか」をしっかり見極めることが大切、ということです。

ほとんどの方がスタートは病院から訪問看護に移行する方だと思います。しっかりと教育体制が整っているステーションを選んでください。

傾向としては、個人で経営しているステーションよりも病院系列のステーションの方が教育体制はしっかりしているように思えます。

②勤務体制についてしっかり調べること

2つめは「体力的にも精神的にも余裕を持って働けるかどうか」です。

男性は、家族を養っている方も多いので、どうしても待遇や給料に目が行きがちです。特に高待遇の所には多い傾向ですが、朝から夜ぎりぎりまで訪問させる訪問看護ステーションもあります。

そうなると、時間的にも余裕がなくなり、利用者さんのケアがおろそかになるどころか、車移動もするので、事故を起こす危険性も高まります。

訪問した後に事務的な作業が加わってくると、残業の可能性もありますし、予定ではない利用者を緊急で訪問しなければいけない場合にはものすごく忙しくなってしまいます。

おすすめは、1日に4件ほどの訪問で納まっているところを選ぶことです。そのぐらいの件数ならば、時間的な余裕は生まれると思います。

迷っているなら一度訪問看護に挑戦を!

最後に私が思うことですが、訪問看護に興味があるのならば、一度飛び込んでみるのも悪くないと思います。合わなければ病院や施設に戻ればいいのですから。

この記事が少しでも転職の助けになればと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

キャリアコンサルタント

現役訪問看護師の男性の体験談はいかがでしたか?転職を成功させるには、訪問看護ステーションの内情について転職前にしっかり調べておくことが必須です。

転職エージェントであれば、内情に精通している場合もあります。転職前に相談しておくべきエージェントは、以下の記事で詳しく紹介しているので、是非参考にしてください。

【2019年最新】看護師必見!転職エージェントランキング