未経験からWebデザイナーへの転職は難しい?難易度・年収を徹底解説

Webデザイナーに転職したいです。ただ、専門スキルが必要ということもあって、転職は厳しいのではないかと思っているのですが…。
クリエイターやデザイナーは転職市場での価値が高まっています。特に、最近では「未経験可」の求人も増えてきているため、転職のハードルはかなり下がっていると言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですか!ちょっぴり安心しました。
この記事では、Webデザイナーへの転職方法について詳しくまとめています。おすすめの転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

現代社会において、インターネットはもはや切っても切り離せない存在となり、それに伴い専門的なスキルや知識を必要とする、Webデザイナーの需要も年々高まっています。

ここでは、Webデザイナーの転職市場の情報や、未経験でもWebデザイナーへの転職は可能なのかなどを検証し、Webデザイナーの転職方法や、Webデザイナーの転職活動におすすめの転職エージェントやサイトを紹介していきます。

IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

1位: レバテックキャリア、2位: マイナビIT、3位: レバテックエキスパート

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【2019年最新】おすすめのIT転職サイトを目的別に厳選!

Webデザイナーの転職は厳しい?市場や年収をチェック

どの業界においても、充実した転職活動を行うためには、まずはその業界の市場の状況を、情報として取り入れる必要があります。ここではまず、Webデザイナーの転職市場の現在の状況から見ていきましょう。

クリエイターやデザイナーは転職市場で価値が高い

クリエイターやデザイナーという職種は、専門知識やスキルや必要となるため転職市場においての需要が高く、また、Webデザイナーに限らず、デザイナーの経験を持つ求職者の数が少ないため、クリエイターやデザイナーは転職市場で価値が高いとされています。

さらに近年では、IT関連の企業が増え、それら企業が人材確保に苦戦していることから、クリエイターやデザイナーなどの転職市場での価値はさらに高くなっていると言えます。

デザイナー職の中でもWebデザイナーは特に人気がある

デザイナーにはさまざまな業種がありますが、その中でも特にWebデザイナーという職種は人気があります。

ネット通販による市場は年々上昇傾向にあり、それに関連する専門サイトや広告サイトなどでは、消費者の購買意欲を高めることを目的としたネットデザインが、商品の売り上げを大きく左右します。

そのためネットデザインを行えるWebデザイナーの需要が高く、好条件の求人案件も多いことから、Webデザイナーを目指す方も増えていることが、人気の背景としてあります。

また、Webデザイナーとしての経験と実績を積んでおけば、将来的に独立も視野に入れて活動できるため、これもWebデザイナーに人気がある要因の一つかもしれません。

未経験からでもWebデザイナーになれる?

少し前であれば、Webデザイナーになるためには、「スキル・専門知識必須」「実務経験必須」などが、最低限の応募条件としてあり、「スキルや知識はあっても実務経験がないため応募ができない」など、ハードルの高い職種でしたが、近年では少々事情が異なってきています。

スキルや専門知識は必要になりますが、最近では実経験不問や未経験可などの求人も増えてきているため、以前よりかはハードルが下がった印象で、これはITビジネスの普及速度と、人材確保が比例していないことが要因として考えられます。

スキルや専門知識がない場合は?

以前よりハードルが下がったWebデザイナーの転職事情ですが、依然としてスキルや専門知識が必要なことには変わりなく、Webデザイナーを目指しているけど、スキルや専門知識がない方にとっては、まだまだ高いハードルと言えます。

Webデザイナーになるためには、スキルと知識を習得必要がありますが、専門学校に一から通うには、長い時間と大きな費用が必要となります。

しかし以下の方法を利用すれば、専門学校に通わずともWebデザイナーのスキルや知識を習得することができます。

職業訓練を利用する

職業訓練とは、ハローワークに申し込むことによって、就職に必要な技能や知識の能力向上を図れる職業訓練を受けることができる制度で、職業訓練のカテゴリーにはWebデザイナーもあります。

職業訓練では、性別、年齢問わず、その職業に必要な技能や知識を取り入れる訓練を受けることができ、しかも受講料が無料のため、多くの求職者が利用されている制度です。

期間はコースによって異なりますが、無料でスキルや専門知識を取り入れ、そのまま転職活動を行えるため、学校に通うよりも効率よく転職活動を行うことができます。

しかし人気がある分、競争率が高く、制度を受けるには審査が必要となるため、その審査をクリアしなければ職業訓練を利用することはできません。

審査の内容は都道府県によって異なる場合もありますが、基本的には「簡単な筆記試験」と「面接」、この2つをクリアする必要があります。

動画で学ぶ

一般的には、上記で紹介した職業訓練や、専門学校などで、Webデザインのスキルや知識を学ぶのですが、最近では専門のサイトや動画配信などでもWebデザイナーのスキルや知識を学ぶことができます。独学で学びたい方にはおすすめの方法と言えます。

Webデザイナーの転職活動で知っておきたいポイント

ここからは、Webデザイナーの転職活動を行う際に、知っておきたいポイントを、項目別に紹介していきます。

ポートフォリオを準備する

ポートフォリオは、WebデザイナーやWebクリエイターが、実績をアピールするための作品集であり、この完成度がWebデザイナーへの転職成功を大きく左右すると言えます。

作れることをアピール

ポートフォリオの役割は「自分がこの企業に入社したら、このようなものが作れる」などのアピールに使うことができる、いわばWeb業界においての職務経歴書のようなものです。

しかし、ポートフォリオはただ単に作ればいいというものではなく、製作の経緯を相手に伝える必要があるので、ポートフォリオを準備する場合は、開発の経緯を説明しやすく、企業にとってプラスになるようなものを作りましょう。

強みを表現する

完成したポートフォリオをどのように見せるのかも、重要なアピールポイントと言えます。

ビジョンを明確にする

自分自身のキャリアプランや、この企業でどのように自分は成長し、どのような立場で仕事をしたいかなどの、ビジョンを明確に持って、それを相手にアピールすることが大事です。

自分自身のビジョンをしっかりと持つためには、自分の強みや個性、長所や短所など、自分自身をしっかりと見直して、自己分析をすることが最も重要になります。

Webデザイナーが転職で成功確率を上げるコツ

募集条件をクリアすればいよいよ転職活動に入るのですが、Webデザイナーを目指した転職活動には、Web関連の求人を専門的に取り扱う、無料で利用できる転職エージェントを活用すれば、転職活動を効率よく行え、転職成功率も上がります。

一般的に専門職に限らず、転職活動を行う際は、「転職サイトからエントリーする」「企業の採用情報から直接エントリーをする」などの方法がありますが、これらは求人検索から応募、面接の日程調整などを、全て個人で行う必要があります。

これらの方法で転職活動を行った際は、転職活動を効率よく効果的に行うために、転職に関するノウハウが必要になります。

転職に慣れている方や、人事経験のある方であれば、無理なくこなすこともできますが、そうでない方にとっては困難であり、それによって転職成功率が落ちてしまったりなど、多くのデメリットが生じてしまいます。

しかし、転職エージェントを利用すれば、これらのデメリットを解消することができ、転職成功率を上げることもできます。

転職エージェントの特徴

転職エージェントの特徴は、非公開求人を取り扱っている、キャリアアドバイザーが担当者として登録者担当する、などといった特徴があり、これらが転職サイトとの決定的な違いです。

非公開求人

非公開求人とは、転職サイトや求人サイトなどに公開されている一般公開求人とは異なり、転職エージェントに登録された方のみ応募することができる求人案件です。

非公開求人は、企業側の「応募殺到の防止」「即戦力の確保」「人材の選定」など、企業側が効率の良い採用を行うことを目的とした求人情報です。

企業側にとって多くのメリットが生じる求人ですが、非公開求人は、「高待遇」「高給料」などの好条件案件や、大企業の求人案件などといった、質の高い求人情報も多くあるため、企業側だけではなく、求職者にもメリットの多い求人情報と言えます。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、転職エージェントに登録した求職者に対して、さまざまな転職サポートを行ってくれる、転職活動のパートナーのような存在です。

求職者の職歴や経歴に合った非公開求人の紹介や、応募に必要となる履歴書や職務経歴書などの選考書類の作成サポート、面接の日程や採用後の調整などの代行業務など、転職に関するありとあらゆるサポートを行ってくれます。

Web関連の転職エージェントもあるの?

近年Web業界の市場が活発化し、上記にもあったようにWebデザイナーの需要が高まっていることもあってか、Web業界を専門的に取り扱った転職エージェントも多く存在します。

在籍しているキャリアアドバイザーも、Web業界に精通した人材ばかりなので、経験者の方も、未経験者の方でも、安心して転職活動を行えます。

Webデザイナーの転職におすすめの転職エージェント

ここからは、Webデザイナーの転職におすすめの転職エージェントについて、基本情報や特徴、利用者の口コミ情報などを紹介していきます。

ワークポート

WORKPORT

ワークポートは、IT・Web業界を中心とするさまざまなジャンルの求人を取り扱う転職エージェントです。

「専門性の高い転職支援サービスを提供する」をコンセプトに、現在IT・Web関連の転職業界でも注目されている転職エージェントの一つです。

担当者となるキャリアアドバイザーの専門知識が高いため、履歴書や職務経歴書の作成アドバイスや、面接対策など、必要となるサポートを適確に行ってくれます。

ワークポートの口コミ情報

  • 量より質を重視している感じで求人の質が高い
  • 書類の添削を丁寧にしてくれるのでわかりやすくて助かる
  • IT関連の求人を中心に自分では探せないような求人も紹介してくれた

このように、求人情報の質の高さや充実したサポートなど、好印象な口コミが多数ありました。

求人情報やサポートの質の高さから、他社の転職エージェントと併用して利用すれば、バランスよく活用できるでしょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、エンジニアとクリエイターなど、ITに特化した転職エージェントで、レバテック独自のサポート体制で、求職者の転職活動を支援してくれます。

レバテックキャリアの最大の特徴は、企業に足を運んで現場のプロジェクトマネージャーなどと、ヒアリングを実施したことによって得た豊富な情報量です。

この豊富な情報を武器にした独自の転職サポートで、求職者の転職成功率を上げてくれます。

他社にはない独自情報を事前に入手し、それを転職活動に活かせることは、転職活動を行う上で、大きな利点となります。

レバテックキャリアの口コミ情報

  • IT業界の求人案件が多い
  • 丁寧に面談を行ってくれ面接対策も徹底している
  • キャリアアドバイザーの質が高くサポートも適確

口コミからもわかるように、IT業界の求人案件を豊富に所有していることが、レバテックキャリアの大きな強みと言えます。

また、キャリアアドバイザーの質も高いため、書類添削や面接対策なども丁寧に的確に行ってくれます。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント×ITは、大手人材サービス企業のマイナビ転職が運営する、IT業界に特化した転職エージェントサービスです。

マイナビが運営している特化型転職エージェントということもあり、求人案件は豊富で、特に若手世代や、ミドル世代の転職に強いとされています。

もともとマイナビは、IT・Web業界とのつながりが深い企業なので、IT業界に特化した転職エージェントサービスは、ある意味マイナビの得意分野とも言えます。

マイナビエージェント×ITの口コミ情報

  • 未経験者案件が多い
  • サポートが充実している
  • 大手だけありサービスが安定している

専門的な転職エージェントでありながら、未経験者案件が多いことがマイナビエージェント×ITの強みの一つと言えます。

これほど多くの未経験案件を取り扱えるとうことは、サービスが安定しており、サポートが充実していることが、大きな要因と言えます。

求人数、サポート内容が安定している転職エージェントなので、ここをベースとして他社と併用して使えば、バランスの良い転職活動を行えるでしょう。

転職エージェントは無料登録して併用して使うのがポイント

ここで紹介した3社のように、転職エージェントにはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。

転職活動を充実させるためのポイントは、これら転職エージェントの特徴やメリット・デメリットを十分に把握して、自分の転職活動に適した組み合わせで利用するのが大きなポイントです。

転職エージェントのほとんどが無料で利用できるので、自分の転職活動に適した転職エージェントを複数登録し、併用して上手に活用しましょう。