ベンチャー企業の転職で失敗しないための全知識|おすすめ求人情報も

ベンチャー企業で自分の実力を試したい!って思っているのですが、転職は可能でしょうか?
もちろん、転職は可能です。ただし、ベンチャー企業とはどういうところなのかリアルな情報を得ることも大切ですよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。どこで調べれば良いのでしょうか?
転職エージェントがおすすめです。

キャリアコンサルタント

この記事では、ベンチャー企業への転職方法について解説していますが、合わせて利用したい転職エージェントもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

いつか自分のこれまでの経験を活かしてベンチャー企業で働いてみたいと夢を描いている人は案外多いのではないでしょうか。

転職するならベンチャー企業にと思っている人のために、ベンチャー企業とはどういう企業なのかというリアルな情報と、自分の働く姿勢やスキルにマッチするベンチャー企業の選び方などについて説明していきたいと思います。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

ベンチャー企業の転職で失敗しないために知っておくべきこと

ベンチャー企業へ転職したい!そういう気持ちを持ちつつ、今一歩踏ん切りがつかなくてという人もいれば、ベンチャー企業への転職は、それ相応の実力や経験がないと難しいだろうと思って躊躇している人もいるのではないでしょうか。

そのような人のためにベンチャー企業とはどういう企業なのか、転職についての情報を紹介していきます。

ベンチャー企業の定義は意外と奥深い。業態によって3分類できる

ベンチャー企業とひとことで言っても、会社の現在の状態によっていくつかの種類があり、それぞれベンチャー企業、スタートアップ企業、メガベンチャーという風に呼ばれています。

ベンチャー企業

すでに市場にあるビジネスモデルを参考に世の中で問題となっている課題の解決に取り組む企業のことを言います。ベンチャー企業では、中長期的な視点でビジネス展開を考えている中小企業となっています。

スタートアップ企業

創業したばかりの企業のことや、これまでにないビジネスを展開、急成長している企業のことを言います。

メガベンチャー企業

ベンチャー企業やスタートアップ企業が業績を重ねていくことで大企業へと成長した企業のことをメガベンチャー企業と呼んでいます。

有名なメガベンチャー企業といえば、楽天やサイバーエージェント、DeNAなどがあり誰もが知っている企業もベンチャー企業やスタートアップ企業からスタートした企業です。

ベンチャー企業から求められる人材とは?

ベンチャー企業で働いてみたい。転職したいと思っていても、一般企業とベンチャー企業とでは企業の体質にも違いがあるため、向いている人とそうではない人とにハッキリ分かれるものです。

そしてベンチャー企業に求められる人材というのにも特徴があるようです。ベンチャー企業から求められる人材について説明していきます。

仕事に対してやる気があり、粘り強く最後までやり遂げたいという意思のある人

仕事に対してのやる気や粘り強さのある人材をベンチャー企業では好まれる傾向が強いです。

一般的な企業とは違い、ベンチャー企業では新たなビジネススタイルを構築していくという部分があるため、経験や知識以上に仕事に対するやる気や粘り強さが求められる場面が多くあります。

仕事に対して強い意思を持って取り組むことのできる人材はベンチャー企業に転職しても失敗したと思うことなく意欲的に仕事に取り組むことができると思います。

新しいことにすぐに適応することができ、変化を楽しむことができる人

ベンチャー企業では、常に同じような流れで同じ業務を行うというのではなく、新しいことに積極的に挑戦していく機会があったり、変化が常についてまわるものです。

そのため、新しいことや変化に対して楽しむことができる、興味関心を持つことができる人は、ベンチャー企業が求める人材と言えます。逆に、新しいことや変化に対して不安や疑問を持ちやすいという人は、ベンチャー企業には向いていないと言えます。

自分の役割(職種)以外の業務も行うことができる人

ベンチャー企業は一般的な企業とは違い、組織としての規模が小さい分、自分の意見が会社の業務や経営に影響を与えることが多いという特徴があります。

自分の得意分野の仕事を任せてもらえる一方で、自分の役割(職種)以外の業務を行う機会もあるため、柔軟に対応することができる人が求められます。

また、指示されることを待っている姿勢の人ではなく、積極的に仕事にどんどん関わっていきたいという人がベンチャー企業で求める人材です。

ベンチャー企業への転職は、未経験でも大丈夫?

ベンチャー企業への転職は、専門知識が必要となるエンジニア系の職種で未経験というのは難しいですが、専門知識がそれほど必要ではない職種なら未経験でも十分可能です。

ベンチャー企業への転職を果たしてから、その企業でどのように働いて行きたいのかという積極性みたいなものをアピールすることで未経験という部分をカバーすることができます。

ベンチャー企業への転職は、40代でも大丈夫?

40代でベンチャー企業への転職をしよう!と決意するということは、仕事としてやりたいことなどのビジョンがあり、あえてベンチャー企業を転職先として選ぶということになると思います。

そういう点では、ベンチャー企業を営む社長と仕事に対する考え方などがあえば十分可能です。20代、30代前半という年齢の転職ではない分、40代からのベンチャー企業の転職は、即戦力としての活躍を求められることとなります。

ベンチャーへの転職は、女性でも大丈夫?

女性だからと言ってベンチャー企業への転職が不利に働くことはありません。

性別を問わず仕事に対する情熱ややる気のある人、ベンチャー企業の戦力となって働くことのできる人材を求めているため、女性だからという区別をするベンチャー企業は基本的には少ないものと思って間違いないと思います。

ベンチャー企業の転職は、第二新卒でも大丈夫?

第二新卒からのベンチャー企業への転職は、即戦力という訳にはいきませんので、元気があってなんでも吸収してやっていこう!という強い意思と積極性があれば、十分可能です。

ベンチャー企業は社員数も少なく、教育制度も充実していないため、手とり足取りで学ばなければ覚えていけないという人には向いていません。

実践の中で失敗しながらも仕事を覚えていきたい。向上心を持って取り組みたいという人をベンチャー企業では求めています。

ベンチャー企業の優良求人例

リクナビNEXTから出ているベンチャー企業の求人をいくつか紹介します。魅力的だなと感じるベンチャー企業は多くあるので、自分の希望やスキルにマッチした求人を選んでいくつか応募してみるといいですね。

◎VALUENEX 株式会社

・募集要項
企業や各種団体が市場の動向を把握したり
事業戦略、方針を決定するための解析ツールの提供や
コンサルティングを行う当社。誰もが知る大手の製造業を中心に、
190を超える企業・団体に当社のサービスは採用されています。
昨年マザーズに上場し、ますますグローバルに事業が拡大していく中、
経理・財務部門を強化して、確かな事業基盤を作り上げていきます。

・仕事の内容
自社および、海外グループ会社の経理・財務業務全般に携わっていただきます。
【具体的には】
◆経験に応じた業務からはじめていただけます。
当社単体だけではなく、海外にあるグループ会社の経理・会計や連結決算に携われるなど
意欲次第で、より高いレベルの業務に携わることも可能です。

≪業務内容≫
・伝票起票
・会計ソフト入力
・経費精算
・請求書管理
・取引先への支払い管理
・決算業務(月次・四半期・年度決算)
・税理士事務所対応

★最初はアシスタントとして経理サポートから!
スキルに応じて、広く・専門的な業務を徐々に任せていきます。

・求めている人材
大卒以上/経理経験者 ★経験の浅い方も歓迎!業界未経験者歓迎! ◎入力程度の経験があればOK!

【具体的には】
※学びたい、キャリアアップをしたいという意欲的な方を求めています。
広く・深く関われる当社で成長してください!

勤務地
丸の内線『茗荷谷駅』徒歩4分
◆東京都文京区小日向4-5-16ツインヒルズ茗荷谷

給与
月給23万円以上
※経験・年齢を考慮
※固定残業代を含む(月20時間、3万3060円分/超過分別途支給)
※試用期間3ヶ月/条件同等

【年収例】
650万円/36歳/月給50万円
370万円/29歳/月給26万円
勤務時間
9:00~17:30
※残業は繁忙期以外は10時間程度

休日・休暇
完全週休2日制(土・日)
祝日
夏季休暇
年末年始
有給休暇
慶弔休暇
特別休暇

★年間休日126日

待遇・福利厚生
昇給年1回
賞与年2回/業績による
各種社会保険完備
交通費支給/月5万円迄
選択型確定拠出年金
ベネフィット・ワン
従業員持株会
図書購入
401K制度
エステサービス補助(社内にエステルーム完備)

◎株式会社ソフトギア

・募集要項
卓越したネットワーク技術や3D技術などを核に、
業界でも絶大な信頼を得ているソフトギア。
近年では、ゲーム開発だけにとどまらず、ライブラリ事業も本格化し、
ヤマハ向けのプロジェクト支援など
事業フィールドをゲームから他産業へ拡大しています。
設立以来、黒字収支を継続し、
強固な事業基盤を築きながら、着実な成長を遂げています。
2019年はさらに大きな飛躍も見込んでおり、
その成長にあわせて管理部門も強化していきたいと考えています。

・仕事の内容
伝票入力、勘定科目の仕訳、決算業務などの経理財務業務全般 ◆年間休日130日以上 ◆残業月20h以内

【具体的には】
■月次決算~年次決算
■CF管理
■与信管理・債権管理
■原価管理
■B/S、P/L作成
■報告書作成
■税務関連業務(税理士対応を含む)
■予算管理
■監査法人対応
■金融機関との折衝

◆成長企業だから、経理スキルを磨けます!
IPOも視野に入れた体制強化を進めている最中なので、
ゆくゆくはIPO関連業務や、管理会計・財務会計など、
レベルの高い経理スキルも磨いていくことができます。

様々な提案も大歓迎!
業務改善の提案など喜んで聞きたいと思いますので遠慮はいりません。

◆ステップアップに最適です!
経理業務が中心となりますが、
仕事の幅を狭く限定するつもりはありません。
総務や広報など幅を広げてチャレンジしたい方には仕事を任せていく方針です。
管理部門のプロへとひとつずつステップアップしていけます。

求めている人材
大卒以上◆経理(勘定科目の仕訳や伝票入力)の実務経験が3年以上ある方歓迎

【具体的には】
<以下のような方は歓迎します>
□「経理」としてステップアップしたい方
□ベンチャー企業や成長企業など、スピード感のある組織で働きたい方
□さまざまな業務にチャレンジして、自身のキャパを広げたい方 など

※業界未経験者歓迎

勤務地
本社/東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル7F

【交通手段】
新宿御苑前駅徒歩3分
新宿三丁目駅徒歩8分

給与
年俸制450~600万円
※固定残業手当(月4万8000円~10万円 ※30時間分)含む。超過分は別途支給。
※経験・スキルを考慮の上、当社規定により決定

【年収例】
750万円/月給50万円/経験18年目
650万円/月給45万円/経験13年目
380万円/月給27万円/経験3年目

勤務時間
9:00~18:00(休憩1時間/実働8時間)
※時差出勤制度あり(9:00~11:00の間に出勤可)

休日・休暇
★年間休日130日以上

完全週休2日制(土・日)
祝日
夏期休暇
年末年始休暇
有給休暇(就業開始より3ヶ月以上の継続勤務者が対象)
慶弔休暇
育児休暇
特別休暇
誕生日休暇

待遇・福利厚生
昇給年1回(1月)
会社業績により半期毎に決算賞与
交通費全額支給
社会保険完備
残業手当
役職手当
家族手当
住宅手当(家賃の30%を会社負担)
引越運送費(入社に伴う他の都道府県から東京への家財運送費は全額会社負担)

ベンチャー企業への転職でよくある不安と対処法3つ

一般企業への転職とは違い、ベンチャー企業へ転職する場合の注意点は、大きく2つあります。革新的で勢いのあるイメージの強いベンチャー企業ではありますが、注意点をしっかり抑えたうえで転職を希望するかどうかを判断するようにしましょう。

ベンチャー企業の不安①倒産のリスクがある

ベンチャー企業といえば、設立からの期間がまだまだ短いため、事業の内容や事業展開に将来性はあるものの、資金力の部分で低迷し、残念ながら倒産に至ってしまうところも多くあります。

これは、ベンチャー企業ならではとも言えることで、ベンチャー企業へ転職する場合や転職しようと考えている場合、「倒産のリスク」は常に意識しておくことが大切です。

ベンチャー企業の不安②独特の社風がある

ベンチャー企業は一般的な企業と比べて、企業を運営している社長や経営陣の考え方などが強く出るのが一般的です。そのためベンチャー企業独特の社風があると思っておいた方が間違いありません。

この社風にマッチすれば、やりがいのある働きやすい職場となりますが、逆を言えば社風や社長をはじめとする経営陣と合わなければ苦痛でしかなく、長く勤めるのは困難となってしまいますので、事前のリサーチはしっかり行うことが大切です。

ベンチャー企業の不安③結果にはシビア

ベンチャー企業では、そもそも社員として働く人数も少ないことが多いため、転職後は即戦力として活躍することを求められることが多く、結果を求められることになると思っておいた方が間違いありません。

ベンチャー企業が求める結果とは、その企業によって違いはありますが、シビアに求められることもあるので意識して仕事に取り組むことが大切です。

ベンチャー企業への転職で失敗しない方法3つ

ベンチャー企業への転職を成功させるためのコツについて説明していきたいと思います。ベンチャー企業への転職は、ただ何となくという気持ちで行っていてもなかなか思い通りにいかないことも多いです。

また、スムーズにベンチャー企業への転職が決まった場合でも、実際に働いてみたら思っていたような環境ではなかったなど失敗したと思うことも少なくありません。

そこで、ベンチャー企業への転職を成功させるコツについてお伝えしていきます。

転職エージェントをフル利用する

転職エージェントをフルに利用してベンチャー企業への転職を行うことをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリットは、高条件の求人の提供を受けるというだけではなく、どのようなベンチャー企業が向いているのか、履歴書や職務経歴書の添削や面接指導など、転職先の選定から応募、採用までのトータル的なサポートを受けることができます。

応募したいベンチャー企業の情報をしっかり調査する

ベンチャー企業は、規模が小さいことが多いため会社を運営している社長の個性がとても強く出ることと、まだまだ成長過渡期である企業ということもあり将来性があるかどうかを見極めることが重要となります。

応募したいベンチャー企業を見つけたら、その企業の内情を少しでも多く仕入れることが大切です。とは言っても企業の内情を調べるのは難しいですよね。

そこで活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを利用することで求人情報が出ている企業の内情を知ることも可能です。

今までの働く環境・働き方にこだわりを持たない

ベンチャー企業での働き方や環境は、おそらくこれまで働いてきた環境や働き方とは全く別物となる場合がほとんどです。

ベンチャー企業を転職先に選ぶという場合は、そのような環境や働き方を求めての決断という人も多いとは思いますが、その一方で、ただ条件が良いからという理由だけで選ぶと失敗したと思う可能性が高いです。

「前の会社はこうだった。」「こんな仕事までしなくちゃいけないの?」と思ってしまっては、ベンチャー企業では通用しませんので、これまでの働く環境や働き方にこだわりを持たずに初めて仕事に就く感覚を大切にしていきましょう。

ベンチャー企業への転職におすすめの転職エージェントとは?

ベンチャー企業への転職を希望する場合は、転職エージェントを利用してベンチャー企業に関する情報を得ながら転職活動をすることをおすすめします。

利用する転職エージェントは、1つに絞るのではなく複数社利用すると相性の良い担当エージェントと出会う可能性も高くなり、希望に限りなく近い転職を成功させることも可能となります。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ベンチャー企業への転職、年収は?面接対策は?気になる疑問を一挙解決

ベンチャー企業で自分の力を試してみたい。もっと自分らしく働いてみたいと思っているものの、ベンチャー企業へ転職しても本当に大丈夫なのだろうか。と不安や疑問を抱いている人も少なくないと思います。

そこで、多くの人が抱くベンチャー企業の気になる疑問点についていくつか説明していきたいと思います。

ベンチャー企業の転職での面接は?どう対策する?

ベンチャー企業の転職での面接だからと言って、一般企業の転職の面接と違うことはありませんが、ベンチャー企業ならではの好まれる人材というものはあります。

ベンチャー企業では入社後、がむしゃらに働くことのできる人材かどうかを面接の席で重要視して見られることがほとんどです。

そのため面接では、ベンチャー企業への転職をなぜ希望するのかという部分と仕事に対する情熱ややる気を前面に出すことができるようにすることが大切です。

ベンチャー企業での仕事はきつい?

ベンチャー企業での仕事は、これまでの一般企業での仕事よりもキツイものと思っておいた方が間違いありません。

ただし、仕事のキツさを辛いと感じるのか、それともキツイけれど楽しい、もっと頑張ろうと感じるのかは、その人個人の考え方や仕事との相性もあります。

そのため、仕事がキツイからベンチャー企業は大変とも言い切れません。

ベンチャー企業への転職で得られる年収はどれくらい?

ベンチャー企業へ転職した場合、エンジニアやデザイナーなどの専門的な知識とスキルがある場合は、一般的な企業へ転職するよりも年収が高くなるなることがあります。

しかし、一般的にはベンチャー企業への転職は、これまでの年収と同等程度か、もしくは下がる可能性が高いと思っておいて間違いありません。

ベンチャー企業への転職での平均的な年収は、300万円~600万円前後となっており、企業によってはストックオプションを利用することができることがメリットとなっている場合もあります。

ベンチャー企業は、今後の企業の成長度合いに合わせて年収も増減する傾向が強いので、企業の経営状態と将来性、自分の活躍できる可能性を考えた転職を検討することが大切です。

ベンチャー企業転職のメリット!ストックオプションって何?

ベンチャー企業への転職について調べてみると「ストック・オプション」という言葉を目にすると思います。

ストック・オプションとは、ベンチャー企業が保有する株を社員として購入することのできる制度で、実際にベンチャー企業に入社して株を保有する人も少なくありません。

もしも、ベンチャー企業への転職を希望する場合、ストック・オプション制度があるかどうかも転職先として選ぶ基準に入れておくのもいいかもしれません。

ベンチャー企業への転職失敗談

ベンチャー企業に転職できたところまでは良かったけれど、実際に働いてみたら思っていたものと全く違っていて失敗したと思う人も少なくありません。

ベンチャー企業への転職に失敗したと思う理由として多いのは、

  • 想像以上の激務だった
  • 社長を含めた経営陣が個性的すぎて自分には合わなかった
  • 結果をすぐに求められて大変だった

というように、ベンチャー企業に対する理想と現実とのギャップに違和感を感じ失敗したと思う人が圧倒的に多いです。

ベンチャー企業は、社長や経営陣と仕事に対する考え方や働き方をマッチさせて、一緒に会社を繁栄させていこうという意識のものに仕事を行うことができなければ、ベンチャー企業への転職に失敗したと思ってしまうかもしれません。

ベンチャー企業に向いている人・向いていない人

ベンチャー企業は、既存の一般企業とはその特徴や働き方に違いがあります。そのため、ベンチャー企業で働くことに向いている人と向いていない人が色濃く出てしまうのが特徴でもあります。

ベンチャー企業に向いている人と向いていない人の特徴について簡単に説明していきますね。

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業に向いている人は、

  • とにかく仕事が好きで楽しむことができる
  • 自分で考え行動できる
  • どんな業務も抵抗なくどんどん行うことができる
  • ツラくて苦しいと感じる仕事にも意欲的に取り組むことができる

など仕事に対して常に前向きで、なおかつどんどん自分で仕事をしていこうという人は、やりがいを強く感じ、生き生きと働くことができると思います。

ベンチャー企業に向いていない人

ベンチャー企業に向いていない人は、

  • 指示を受けないとどんな業務もこなすことができない
  • 失敗を恐れてしまいつい守りに入ってしまう
  • 仕事中心の生活はしたくない
  • 安定した仕事に就きたい

というように、一般企業で働くうえでは当たり前のことがベンチャー企業では残念ながら当たり前のことではなく通用しないことが多いです。

一般企業での働き方を求めたいという人はベンチャー企業への転職は向いていないのと、仕事はあくまでも生活のための報酬をもらうことと捉えている人にとっては向いていないと思います。

ベンチャー企業への転職は正しい情報収集を行うことが重要!

ベンチャー企業へ転職して「経営者と肩を並べてバリバリ働きたい!」という人や、「自分の可能性を仕事を通じて確かめてみたい」という人にとってベンチャー企業への転職は、ワクワクするような転職となるかもしれません。

その一方で、思い描いていたイメージとベンチャー企業のイメージが違い「こんなはずじゃなかった。」という人も少なくありません。

ベンチャー企業への転職は、転職先となる企業の正しい情報を収集することが何よりも重要となり、その情報収集を的確に行うために転職エージェントを有効活用することがとても大切です。