ママ薬剤師が無理なく働くには?保育園に入れずに復帰した私の体験談

小さい子供を持つ薬剤師です。まだ一緒に過ごす時間が欲しいので、フルタイムで働きたくはないのですが、ブランクが心配です。
私は、幼稚園の子供を持つママ薬剤師です!今は週に1~2回だけ現場に復帰し、無理なく働けています。

どうやって職場を見つけたんですか?仕事内容は?詳しく教えてください!

私は幼稚園の子供をもつママ薬剤師です。

朝から夜まで見てもらう保育園に入れることはせず、幼稚園時間の間だけ仕事に復帰をすることにしました。子供と離れる時間を出来るだけ少なくしたかったからです。

復帰するまでの道のりと、現在の働き方について詳しく紹介します!

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

ブランク5年!薬剤師として復帰するまでにしていたこと

増えていく新薬やジェネリック薬品、情報が日々更新していくのが医療業界です。そのため、出産前後などの仕事をしていない時でも薬の勉強をしていようと考えていました。

しかし現実はそんな環境とは程遠く、出産間際まで体調はつらく、ひどい眠気悪阻もあり、出産後の連日の夜泣きにぐったりの日々。手の空いた時間に薬の勉強!なんてまったくできませんでした。

それまでは業務の傍、常に入ってくる当たり前な情報も現場から離れていると全くなくなり、子供と向き合っている日々となりました。

私は仕事を辞めてからのブランクが5年近くあり、仕事復帰にはかなり不安がありました。しかし、すぐに仕事復帰はしないとしても、いい条件の職場はないか相場はどれくらいなのかなど、こまめに募集内容を気にするようにしていました。

子供を寝かしつけてからのちょっとした時間に探すとなると、携帯から調べられる転職サイトを使いました。最寄駅から路線で検索できたり、「ママ薬剤師」「ブランクok」など項目検索ができたりと、短時間で分かりやすく書かれているものがとても助かりました。

私の場合は知り合いに紹介してもらう機会があったので再就職となりましたが、転職サイトで見ていた分、契約や仕事時間などの条件提示をスムーズにすることができました。

子供のペースを考えて、仕事再開したプロセス

仕事を始めようという気持ちや先方の希望がまずは優先なのですが、子供のペースも必ず考えていました。

再開するのにもまだ始めなくていいかなとガツガツした募集探しはしませんでしたが、幼稚園入学をきっかけに子供のいない時間を有効に使おうと思いました。

私の場合2~3月には仕事の話は決まっていましたが、4月の幼稚園入園後すぐではなくGW明けから始めることになりました。

それまでは週1~2回ほどプレ登園していましたが、幼稚園入園となり年少さんとして毎日通うことになります。先生もクラスのお友達も変わり、初めてのことがたくさん。

多くの子供たちと同じように、我が子も環境の違う場所に慣れるまでにやはり時間がかかりました。

また私自身もペースを掴むまで大変でした。毎日のお弁当作りやお着替え、泣きながら嫌がる子供を園のバス停まで抱きかかえて連れて行ったりと 朝の時間も想像していた以上にバタバタな状況でした。

私の場合は先方のご配慮もあり開始時期を提案していただきました。もちろん希望が出せない会社も多くあると思いますが、子供のことを第一に考えて開始時期を選べたり相談できるということは、復帰するにあたりとても気持ちの負担が少ないなと感じました。

現在は週1日、4時間勤務

現在はパートさんとして週に1日4時間のお仕事。

朝、子供を園バスで送り出してから、ギリギリですが朝礼に間に合うように薬局へ向かいます。そして幼稚園バスの帰りが戻ってくるまでに帰宅し、運良ければお昼ご飯を頬張りお迎えに行く感じです。

1週間にたった4時間とはいえ、大変でした。

仕事の日は自身もぐったり疲れていても、家事をしつつ空腹や眠気にグズる子供を相手します。現役で正社員をやっていた頃に比べて、子育てをしながら仕事をすることの大変さをとても感じました。

5年のブランクというのは薬の知識だけでなく、体力的なところにも現れるんだなと痛感しました。

5年ぶりの仕事

始めの頃は、薬局個々の決まり事や何種類もある分包機、電子薬歴の使い方など覚えることがたくさんありました。就職先の薬局は薬の数が莫大な薬局で、今まで見たこと聞いたことない薬が山のようにありました。

さらに外来調剤だけでなく、施設の患者さんの調剤、混注業務、在宅も携わっており、スタッフの人数も多く、以前の職場とは環境が全く違いました。

絶対にミスは許されないので、分からないことや忘れてしまったことなど、恥ずかしがらずどんどん質問して覚えました。何回か出勤していくうちに感覚を取り戻せたこともあり、どの業務も皆さんの足を引っ張らないよう、毎回4時間を必死で取り組んでいます。

幼稚園の行事、子供の発熱などの急なお休みや早退は、同じような子供を持つスタッフも多く、とても理解があり助かりました。お互いに助け合い、私も都合つく時は延長するなど、臨機応変に調整させてもらっています。

はじめてから1年たった今、週2回にふやせるかもと思えるまでになりました。

少しずつの職場復帰、おすすめです!

再就職には、家族の協力や理解はとても重要でした。時には任せたり手抜きさせてもらったり。

そんな中でも、朝子供を送り出した後、家にこもって家事ばかりはもったいない。

収入を得られるということもありますが、職場の方と接する時間、患者さんと会話する瞬間、頭の回転や刺激で毎回パワーをもらうことが出来ます。幼稚園に行っている間の数時間ですが、私は仕事復帰してよかったなと思っています。

キャリアコンサルタント

ママ薬剤師の体験談はいかがでしたか?保育園に預けなくても、充分復帰が可能なのは、国家資格ならではの強みですよね。

ブランクが不安な方や、ママでも働きやすい環境を探している方は、この記事のママ薬剤師さんのように、転職サイトで「ママOK」「ブランクOK」の案件を探してみてください。

ブランクが不安な方は、以下の記事も参考にしてください。

薬剤師が再就職で失敗しない全知識|未経験・ブランクありなら必見