サンドラッグの求人はおすすめ?口コミから待遇・職場環境を徹底調査!

サンドラッグ

サンドラッグは、直営店とグループ会社、フランチャイズ店を合わせて1,100店以上を展開するドラッグストアの大手企業です。

サンドラッグの多くの店舗では、正社員やパート・アルバイト、薬剤師や接客スタッフ、店舗スタッフなど、様々な勤務形態や職種で従業員を募集しています。

この記事では、サンドラッグへの転職を検討している方のために、サンドラッグで実際に働く方の口コミや職場環境、年収などの待遇を紹介します。

  1. マイナビ薬剤師 ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. 薬キャリエージェント ロゴ
薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

サンドラッグの求人・職種別まとめ【2020年6月最新】

サンドラッグでは、2020年6月時点で薬剤師の正社員、パート・アルバイト、登録販売者の正社員の求人を公開しています。

それぞれの勤務形態と職種について、業務内容や待遇、未経験応募の可否などを詳しく解説します。

サンドラッグとは

株式会社サンドラッグは、東京都府中市に本社を置くドラッグストアチェーンで、全国にドラッグストア・調剤薬局を展開しています。

郊外では広い駐車場を備えた店舗を、都心では生活に密着した店舗を展開するなど、地域のニーズに即した店舗運営が特徴です。

1957年に多田幸正氏が創業し、現在は貞方宏司氏が代表取締役社長を務めています。

1965年にチェーン展開を開始し、現在は約660の直営店を展開するまでに成長を遂げています。

サンドラッグの子会社には、ドラッグストアを展開する株式会社星光堂薬局、株式会社サンドラッグプラス、ディスカウントストアを展開ダイレックス株式会社があります。

他にもドラッグストアを展開するフランチャイズが2社あり、グループ全体で44都道府県に1,100を超える店舗を展開しています。

店舗数とともに売上・従業員数ともに増加傾向にあり、2019年3月末時点の売上はグループ連結で約5,880億円、従業員数は約13,000人です。

サンドラッググループのブランドは?

サンドラッググループが展開するブランドを表にまとめました。それぞれの特徴と併せて参考にしてください。

ブランド(店舗名)運営会社名業種地域特徴
サンドラッグ株式会社サンドラッグ

株式会社サンドラッグプラス

・ドラッグストア

・調剤薬局

38都道府県・販売ライン(販売・接客職)と運営ライン(商品・売場管理)の1店舗2ライン制を導入

・直営663店舗

・サンドラッグストア(フランチャイズ)は北海道で55店舗を展開

ドラッグトップス株式会社星光堂薬局・ドラッグストア

・調剤薬局

新潟県、福島県・66店舗を展開

・地域密着型

ダイレックスダイレックス株式会社ディスカウントストア九州、中国・四国地方・広大な駐車場、売場面積300~500坪のロードサイド型店舗

・292店舗

mac株式会社大屋・ドラッグストア

・エステサロン

・フィットネスクラブ

四国地方・一部店舗でエステサロンやフィットネスクラブを併設

・58店舗

いちやまマート株式会社いちやまマート・食品スーパー山梨県、長野県・合成着色料不使用の食品のみ販売

・食品添加物が最小限のオリジナル商品を開発

・15店舗

サンドラッグの直営店が最も多い一方、他のブランドは強い独自色を出してグループ内の競合を避けています。

サンドラッグの求人【薬剤師・正社員】

サンドラッグでは薬剤師資格を持つ正社員として、以下の2職種で中途採用をしています。

  • カウンセリング販売スタッフ:OTC医薬品や健康関連商品に関するカウンセリングと販売
  • 調剤スタッフ:サンドラッグの調剤薬局やドラッグストア併設の調剤コーナーで調剤を担当

カウンセリング販売スタッフは、きめ細かい研修制度が整えられているので、実務経験がなくても応募できます。調剤スタッフは、実務経験がある方が対象です。

薬剤師手当を含むサンドラッグ正社員の月収328,600円以上、調剤業務のみに従事する調剤専任正社員は月収308,600円以上です。

サンドラッグは札幌、東京、神奈川、さいたま、大阪など主要都市をはじめ、全国に店舗がありますが、採用後は自宅から通勤可能な店舗に配属されます。

サンドラッグの求人【薬剤師・パート】

サンドラッググループでは、パート・アルバイト専用の採用サイトを開設しており、全国の店舗の求人を確認できます。

薬剤師のパートスタッフも、カウンセリング販売スタッフと調剤スタッフに分かれ、128店舗でカウンセリング販売スタッフを、8店舗で調剤スタッフを募集しています

カウンセリング販売スタッフは、来店者に最適なOTC医薬品や健康関連商品を紹介する仕事で、カウンセリング販売未経験でも応募できます。

主にメールでのカウンセリングで薬剤の専門知識を生かせるECサイト専門のカウンセリング販売スタッフも募集しています。

調剤スタッフは、薬の調剤や服薬指導に携わります。

カウンセリング販売スタッフ、調剤スタッフともに、最低時給2,000円で経験によって優遇される可能性があります。

サンドラッグの求人【登録販売者・正社員】

サンドラッグでは札幌、東京、神奈川、さいたま、大阪などの主要都市をはじめ、全国500以上の店舗で登録販売者の資格を有する正社員の求人を公開しています。

資格保有者なら実務未経験でも応募できます。主な業務は、解熱鎮痛剤や風邪薬などの医薬品販売で、登録販売者資格に加えて、接客・サービス業の経験を活かせます。

登録販売販売者の仕事や接客・サービス業を未経験でも、入社後のOJTを中心に教育やフォローの機会が充実しているため安心です。

最低月収は182,850円と記載がありますが、年齢給や職能給、地域手当などを含むため、年齢や職務経験、働く地域によってはより良い待遇が期待できます。

入社後は店舗の異動もあり、配属先は自宅から通える範囲になるように考慮されます。福利厚生も充実し、育児期間中の時短勤務ができるなどワークライフバランスも尊重されています。

サンドラッグの求人【登録販売者・パート】

登録販売者のパート・アルバイトの求人もサンドラッググループのパート・アルバイト専用の採用サイトから確認できますが、現在募集はありません。

随時募集されるのでサンドラッグで登録販売者としてパート・アルバイトをしたい場合、定期的に求人情報を確認しましょう

商品の品出しや来店客対応、レジ担当のパート・アルバイトは積極的に募集されています。いずれも未経験でも応募可能で、店舗ごとの募集のため異動や転勤はありません。

登録販売者は正社員の求人であれば数多くあるため、資格を活かして正社員にチャレンジしてみるのもおすすめです。

サンドラッグの求人に応募すべき?口コミから良い点・悪い点をまとめ

サンドラッグの求人に応募する前に、実際にサンドラッグで働く方の口コミは確認しておきたいところです。

良い点にはキャリアアップ支援が手厚い点や、接客のやりがいを感じられるとの口コミがある一方、気になる点として労働時間への言及もあります。

サンドラッグの求人に応募する前に、実態を確認しておきましょう。

サンドラッグに関する良い口コミ

サンドラッグは、社員の教育研修制度や資格取得の支援を整えており、従業員のキャリアアップ支援に積極的だとの口コミがあります。

実際にサンドラッグで働く方の口コミを一部を紹介します。

  • 研修制度が整っており、積極的に学ぶ姿勢を持つ人には良い環境(20代・男性)
  • 月に2回ほど研修の機会がある。医薬品など、普段扱う商品についての研修が多く、実際の接客に役立つ(30代・男性)
  • 他社とは比較にならないほど、教育研修の機会が体系的に整備されている(30代・男性)
  • 研修制度は業界トップクラスといっても良いほど整っており、未経験から始めても十分にスキル・知識を身に付けて活躍できる(20代・男性)

未経験でも着実に知識が身につき、キャリアアップの実感が持てる点や、身についた知識を活かしてすぐに接客に役に立てられる点が魅力です。

サンドラッグに関する悪い口コミ

サンドラッグで実際に働く方が多く口にしている不満は、人手不足と労働時間についてです。口コミを紹介します。

  • 忙しすぎて昼休憩を十分に取れる日はほとんどない(30代・男性)
  • 薬剤師や登録販売者が不足し、代わりもいないため、1人当たりの業務量や労働時間が多い(20代・女性)
  • 有資格者にしか対応できない業務があるが、有資格者の人数が足りず、開店から閉店までずっと店舗にいなければならない(30代・男性)
  • 固定残業時間分があらかじめシフトに組み込まれているため、1日あたりの労働時間が長い(20代・男性)
  • 1日あたりの拘束時間は12時間程度ととても長い(20代・男性)
  • 休日に研修があるが出勤扱いにならず、給与や手当がもらえないことが気になる(20代・女性)

サンドラッグへの転職を検討するのであれば、ある程度の忙しさや残業を考えておきましょう。

サンドラッグ「辞めたい」人の口コミは?

サンドラッグでは、労働環境や仕事のやりがいに疑問を抱いて「辞めたい」と思う方が多いです。ここでは、実際に退職した方が「辞めたい」と思ったきっかけを紹介します。

  • 人件費削減に注力しており、1人の業務量が多くなり限界を感じて辞めようと思った
  • 1日あたりの労働時間・拘束時間が長く、ワークライフバランスを保てず退職を決めた
  • 家族と過ごす時間を確保できる職場に転職しようと考えた
  • 店長以上のポストが少なく、SV(スーパーバイザー)などの役職に上がれる社員は限られているため、キャリアアップは難しいと思い退職を検討した
  • マニュアル通りの業務を忙しくこなす日々にやりがいを感じなくなったときに辞めようと思った

悪い口コミと同じく、忙しさや労働時間を巡る不満が「辞めたい」と思うきっかけのようです。

サンドラッグの待遇はウエルシアやスギ薬局と比較してどう?

薬剤師の月収水準はウェルシアが他の2社よりも高いものの、全体で比較をするとサンドラッグとスギ薬局、ウェルシアの年収水準はほぼ同じです

以下の比較表に3社の情報をまとめました。

サンドラッグウェルシアスギ薬局
薬剤師(初任給)約30万円/月約35万円/月約30万円/月
総合職(初任給)約21万円/月約21万円/月約21万円/月
薬剤師(中途・経験者)約32万円~/月約35.5万円~/月約30万円~/月
登録販売者(中途)約18万円~/月約21.5万円~/月約21万円~/月
平均年収約535万円/年約540万円/年約621万円/年
平均年齢約33歳約35歳約43歳

3社の初任給では、薬剤師はウェルシアが最も高く、総合職は3社とも同じです。

中途入社の待遇は年齢や経験にも左右されますが、薬剤師の最低月収もウェルシアが最も高く、登録販売者はサンドラッグよりウェルシアやスギ薬局の方が高めです。

全年代・職種の平均年収は、サンドラッグとウェルシアが540万円前後、スギ薬局は約621万円と、一見大きな差があります。

ただし、サンドラッグとウェルシアは平均年齢がスギ薬局より10歳程度若い点に注意が必要です。同年齢・同職種・同程度の経験で比較すると、待遇は同程度でしょう。

サンドラッグやその他ドラッグストアへの転職を成功させる方法

サンドラッグを含むドラッグストアへの転職を検討する際には、転職エージェントへの登録が必須です。

サンドラッグなどの大手ドラッグストアでは、中途採用専用の求人サイトで求人募集していることが多いです。公式サイトで広く募集している求人は倍率が高くなり、転職難易度は高いです。

このため、応募する際は転職エージェントを活用し、面接対策などのサポートを受けて転職活動をする方が有利です。

転職エージェントでは、企業の求人サイト以上に詳細な情報を持っていることが多く、非公開の求人を保有していることもあります。

雇用条件の交渉や面接の日程調整なども行ってくれるため、同時に複数の求人に応募する場合も手間や時間をかけずに効率よく転職活動を進められます。

以下でおすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、求人広告大手の株式会社マイナビが展開する薬剤師専門の転職支援サービスです。

マイナビ薬剤師は全国60,000件以上の薬剤師の求人を取り扱い、このうち約50,000件がドラッグストア・調剤薬局の求人です。

サンドラッグの薬剤師の求人も、正社員、パート・アルバイトを含めて800件近くと圧倒的な数を保有しています。

給料に加えて地域や働き方など、多様な選択肢の中から求人を選べるのは魅力です。

マイナビ薬剤師では、薬剤師の転職に精通した専門のキャリアアドバイザーが、これまでの経験や希望条件に合った求人を紹介します。

応募先企業の詳細な情報を把握しているため、職場の雰囲気や面接の傾向など、求人に書かれていない情報もあらかじめ把握できます。

登録する(無料)

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師に特化した転職支援サービスとして20年の実績を誇っています。

東証一部上場の日本調剤グループ傘下の転職支援サービスで、業界の実態や薬剤師のニーズに即した支援で、薬剤師に選ばれる転職サイトナンバーワンに輝いています。

全国の薬剤師求人を約60,000件取り揃え、ドラッグストアの求人は約8,000件あります。

ファルマスタッフは北海道から九州まで全国12カ所に拠点を展開し、求職者・求人元のどちらに対しても地域密着型のサービスを展開している点が魅力です。

求人元の企業に直接訪問して密接なやり取りをしているため、職場の雰囲気や忙しさなど求人情報だけでは分からない情報も得られます。

登録する(無料)

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、薬剤師の登録者数トップを誇る薬剤師に特化した転職支援サービスです。

薬キャリエージェントの保有求人数は約50,000件で、ドラッグストア・調剤薬局の求人は約13,000件です。

薬キャリエージェントのキャリアコンサルタントは、レスポンスが早く相談に熱心に対応してくれるため、スピーディーに転職活動を進められます。

育児中の「ママ薬剤師」に特化した支援サービスが手厚い点は、他の薬剤師専門の転職支援サービスにはない強みです。

「薬キャリエージェントmama」にて、出産・育児を理由に一度現場を離れた薬剤師の復帰をサポートするサービスを展開しています。

薬剤師向け転職支援サービスでは珍しく、LINE@でも情報発信しているため、隙間時間に手軽に情報をチェックできるのも魅力です。

登録販売者ならこちらにも登録!

登録販売者としてドラッグストアへの転職を考えている人は、転職支援サービスランキング上位のパソナキャリア・リクルートエージェント・ランスタッドにも登録すべきです。

薬剤師専門の転職支援サービスでも、登録販売者の求人を扱っているものの、薬剤師の求人が中心で、十分な選択肢がないためです。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で2年連続でナンバーワンに輝いており、信頼と実績の厚い転職支援サービスです。

保有する約30,000件の求人のうち、ドラッグストアの求人は約300件、登録販売者の求人は約30件です。

パソナキャリアは特定の業界・職種に特化せず、幅広い求人を扱う総合型転職支援サービスで、全業種・職種に精通したキャリアコンサルタントが揃っています。

自ら求人を検索するほかに、経験豊富な専任のキャリアコンサルタントが経験や希望条件に合う求人を的確に紹介してくれるため、選択肢を広げられます。

応募する求人が決まった後は、応募先企業の選考の特徴に合った対策を無料で受けられます。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは豊富な求人数が強みで、10万件以上と圧倒的な数の求人を保有しています。

サンドラッグを含む登録販売者の求人も400件以上保有しています。

毎年多数の転職成功者を輩出しているリクルートエージェントは、各業種・職種に詳しく、業界に精通したキャリアコンサルタントからサポートを受けられます。

非公開求人も数多く保有し、サイトで検索できる求人以外にも、希望条件に合った非公開求人をキャリアコンサルタントに紹介してもらえます。

直接問合せにくい詳細な情報確認や、条件交渉なども、キャリアコンサルタントが代行してくれるため、ストレスや手間をかけずに効率よく転職活動を進められます。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは外資系転職エージェントで、グローバルに事業を展開する企業や大手企業の求人を多数扱っています。

ランスタッドはハイクラス求人を扱っているイメージが強いものの、正社員向けのキャリアアップ転職やパート・アルバイト求人、派遣社員の求人も扱っています。

多様な雇用形態の求人があるので、出産・育児で離職した後、派遣社員やアルバイトの登録販売者として復帰を目指す方におすすめのサービスです。

キャリアアップ転職は20代・30代をメインターゲットに転職支援を展開しています。他のドラッグストアからサンドラッグに転職したい方や、異業種からキャリアチェンジを狙う方におすすめです。

登録する(無料)

サンドラッグなどドラッグストア・薬局求人は転職エージェント経由がおすすめ

この記事ではサンドラッグの求人の詳細と年収、実際に働く方の口コミ、ドラッグストアに転職する方法などを紹介してきました。

サンドラッグをはじめ、全国展開するドラッグストア・薬局の求人は、公式サイトで公開されていることが多いものの、転職エージェント経由で応募するのがおすすめです。

公式採用サイトは、多くの求職者が目にするため倍率が高くなってしまううえに、求人情報は最低限の内容しか記載されておらず、詳細が分からないことが多いです。

転職エージェントを活用すれば、求人の詳細な情報を教えてもらえるだけでなく、自身の経験や希望条件に合った求人を紹介し、コンサルタントが待遇面の交渉も担ってくれます。

薬剤師専門の転職エージェントや、転職支援サービスランキング上位のパソナキャリア、リクルートエージェント、ランスタッドに登録して、効率よく転職活動を進めましょう。