転職成功する人の共通点は?年代別の体験談から徹底検証!

「年収をあげたい」「労働環境を良くしたい」「家庭と仕事を両立したい」など、様々な理由から転職を考えている人は多いのではないでしょうか。

一方、転職することで「今よりも状況が悪化するのでは?」と不安を抱く人も多くいます。希望どおりの職場が見つかるのか、不安もあるでしょう。

実際に転職を成功させた人には、どのような共通点があるのでしょうか。本記事では、転職に成功した人の体験談を年代別に紹介し、転職成功の秘訣を徹底検証していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

転職成功談・年代別まとめ!成功する人の特徴とは?

ここでは、2chやSNSに投稿された体験談を年代別(20代・30代・40代)に紹介し、転職に成功する人の特徴について検証します。

実際に投稿された成功談・失敗談をもとに転職成功のコツ・秘訣も解説するので、是非参考にしてください。

転職に成功した人の体験談①20代

社会人経験が浅いことは転職に不利と思う人も多くいますが、20代(特に20代前半)の転職は将来性を期待した採用(ポテンシャル採用)もあるため、一概に不利とは言えません。

入社1~3年目の第二新卒を積極的に採用する企業や、業界未経験者を受けいれる企業も多いため、新たな領域にチャレンジしやすいタイミングといえるでしょう。

20代後半は、20代前半に比べるとスキルや経験が重視される傾向が強まりますが、20代の転職で大幅な年収アップを実現した人も多くいます。

下記は、20代で転職に成功した人の体験談です。

https://twitter.com/uchustein/status/1340652756512620544?s=20

上記の体験談より、20代の転職に成功する人の特徴として、自己分析と情報収集を徹底していることが挙げられます。

20代の転職は、他の年代に比べて新しいことに挑戦しやすく、選択の幅も広いため、「転職をして何を実現したいのか」を明確にすることも大切です。

転職に成功した人の体験談②30代

「年齢が高くなるほど、転職は難しい」と考えている人も多いのではないしょうか。当然ながら、30代の転職は20代と異なり、ポテンシャル採用で内定を勝ち取ることは極めて稀です。

社会人経験が相応にある30代が求められるのは、即戦力としての活躍です。30代後半ともなると、管理職やチームリーダーなどのマネジメント能力も求められるでしょう。

下記は、30代で転職を成功した人の体験談です。

30代の転職に成功する人の特徴は、積み重ねてきたスキルや経験を活かした転職をしていることです。

一般的に、30代からは未経験の業界や職種への転職が難しいと言われています。ただし、前職で身につけたスキルや経験が認められ、未経験業種への転職に成功した体験談もあります。

業界知識や実務経験だけでなく、30代はマネジメント能力も重要視されます。前職でどのような役割を担っていたかも重要な要素です。

転職に成功した人の体験談③40代

40代の場合、企業側は、転職者が「入社後どのような貢献ができるか」「今までの実績が自社にどのように活かされるか」に焦点をあてて採用します。

このため、40代の転職では豊富な実務経験や高いスキルに加え、具体的な成果や功績も求められます。

40代で転職を考えている人の中には、管理職やエグジクティブポジションへのハイクラス転職を目指している人も多くいます。

ハイクラス人材向けの求人は、転職者に求められるスキルや経験のハードルも高く、募集人数も限られているため競争倍率は高いです。

では、40代の転職を成功した人にはどのような特徴があるのでしょうか。

40歳の転職に成功した人の特徴として、転職目的を明確にし、譲れない条件や諦めてもよい条件など、優先順位をつけていることが挙げられます。

「今より激務でも年収をあげたい」「年収は減ってもやりたい仕事につきたい」など、実現したい目標を決め、条件ばかりに固執しないことが40代の転職成功のポイントのようです。

さらに、自己研鑽や情報収集などの事前準備を怠らず、今まで築き上げてきた人脈やネットワークをフル活用して成功したなどの体験談もみられました。

ちなみに転職に失敗した体験談は?

ここまで、年代別の転職成功談を紹介しました。では、転職に失敗する人にはどのような特徴があるのでしょうか。下記は、転職に失敗した人の体験談です。

https://twitter.com/pekotomo4g/status/1161566979456507904?s=20

https://twitter.com/licaroxxxxx/status/1362227048626802688?s=20

上記の体験談より、転職に失敗する人には下記の特徴があると考えられます。

  • 転職の目的が曖昧
  • 企業リサーチや情報収集などの事前準備が足りない
  • 労働条件のみをみて転職先を決めている

転職をする際は「今の環境をどう変えたいのか」「どのような仕事にチャレンジしたいのか」など、具体的な目標を決めることが大切です。

年収や給与などの条件のみで転職先を決めてしまうことも、転職失敗に繋がる可能性があるため、おすすめしません。

希望する労働条件の企業に転職したとしても、転職後に「思っていた仕事内容と違った」「企業風土や雰囲気があわない」などのミスマッチに苦しむ人は多くいます。

企業リサーチや情報収集などを入念にに行っておくことは、転職後のミスマッチを少しでも無くすことに役立ちます。

成功談・失敗談からわかる転職成功のコツ・秘訣

ここまで、転職した人の成功談と失敗談を紹介し、それぞれ特徴を明らかにしました。では、転職を成功させるためのコツ・秘訣はあるのでしょうか。

転職を成功させるコツ・秘訣を説明する前に、そもそも転職成功の「基準」は何でしょうか。転職成功の「基準」として一般的に考えられるのは、下記の4点です。

  • 収入(年収):「年収があがった」「実績が報酬や役職として評価された」
  • 仕事内容:「スキルアップできる」「経験やスキルを活かせる業務ができる」
  • 職場環境:「パワハラやセクハラがない」「風通しの良い職場がある」
  • ライフワークバランス:「定時に帰れる」「有給休暇がとりやすい」

このほか、人によっては「年収が減っても新しいスキルを身につけたい」「残業が増えても年収をあげたい」など、転職成功の「基準」は様々です。

自分にとっての転職成功の「基準」を明確にし、その実現に向けた転職活動を進めていくことが重要です。

紹介した成功談のように、転職の目的や譲れない条件が明確な人は転職に成功しています。言い換えれば、自分にとっての転職成功の「基準」が明確だったということです。

ただし、転職成功の「基準」がすぐに決められる人もいれば、決めきれず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

転職に不安はつきものです。特に20代や第二新卒など、初めて転職を経験する人は、どのように転職活動を進めてよいのかわからない人も多くいます。

「スキルが活かせる仕事がなかなか見つからない」「今までの経験やスキルをどうアピールすればよいかわからない」などの不安を抱えている人もいます。

転職を成功へと導くコツ・秘訣は、些細なことも相談でき、的確なアドバイスをしてくれる転職のプロのサポートを受けることです。

転職成功には徹底した情報収集や企業リサーチが必要ですが、一人で集められる情報の量と質に限界があります。

転職エージェントに登録すれば、各業界に精通したプロフェッショナルより、自分では知り得ない転職動向や企業の内情など、多くの情報を収集できます。

一般には出回っていない非公開求人の紹介も受けられます。有益な情報を効率的に入手可能なため、時間がない人や忙しい人でも納得のゆく転職活動が進められるでしょう。

【全ての人におすすめ】転職成功率を高める転職エージェント3選

信頼できる転職エージェントを見つけることは、転職を成功へと導く重要な鍵を握ります。ただし、数ある転職エージェントの中から、どこに登録するか悩む人もいます。

ここからは、転職成功率を高める転職エージェントを3社紹介します。全ての人におすすめの転職エージェントを厳選しました。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナが運営する転職エージェントで、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で3年連続1位の実績を誇ります(2019年~2021年)。

パソナキャリアの強みは、非公開求人の多さとキャリアアドバイザーのサポート力です。

2021年2月時点の公開求人数は28,907件で、保有求人の約80%を非公開求人が占めています。非公開求人も含めると、保有求人数は50,000件以上に上ります。

さらに、パソナキャリアを利用した人のうち、67.1%もの人が年収アップを実現しています。

サポート力に定評のあるパソナキャリアでは、面接対策や書類添削、企業との年収交渉など、キャリアアドバイザーによる徹底したサポートも期待できます。

実際に、パソナキャリアのサポートを評価するツイートが多数見られました。

ほかにも、「キャリアアドバイザーが優秀で頼りになった」「的確なアドバイスのおかげでキャリアアップできた」など、満足の声が多くみられました。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントで、業界最大手のリクルートグループが運営しています。

リクルートエージェントの強みは、圧倒的な求人保有数です。2021年2月時点の公開求人は104,923件、非公開求人は140,715件です。

Twitterでは、リクルートエージェントを評価する口コミが数多く見られます。

ほかにも「紹介される件数が多いだけではなく、内容も素晴らしかった」「優良求人を多く紹介してもらい、自信がついた」と、満足する声がみられました。

圧倒的な求人数を抱え、求人の質も高いリクルートエージェントであれば、希望する企業や職種の求人にも出会える可能性が高まるでしょう。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界38の国と地域で事業展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

ランスタッドが保有する求人は、20代の若手を対象とした求人から、ミドル・ハイクラス向けの求人まで、各年代のあらゆるニーズに対応しています。

グループのネットワークを活かし、グローバル企業や外資系企業のハイクラス求人を数多く保有していることも強みです

2021年2月時点の公開求人数は8,179件で、登録後はランスタッド独自の非公開求人の紹介も受けられます。

実際に利用した人の口コミでは、下記のツイートがありました。

https://twitter.com/mitsusoukoku/status/1023763146383581187?s=20

https://twitter.com/mmrock_easy/status/966615139645452288?s=20

ほかにも「サポートが手厚い」「コンサルタントのレベルが高い」など、コンサルタントを高く評価する口コミが多くみられました。

ランスタッドでは、各業界に精通したプロフェッショナルがコンサルタントとして付きます。質の高いサポートが受けられるだけでなく、マッチング率や内定確率も高まるでしょう。

ランスタッドの公式サイト

【第二新卒におすすめ】転職成功率を高める転職エージェント3選

「次こそは自分に合う企業を選びたい」「もう失敗したくない」と考える第二新卒の人は、第二新卒に特化した転職エージェントも併用しましょう。

新卒の就活と同じ感覚で転職活動をすると、同じ間違いを繰り返していしまう可能性があるため、転職エージェント選びは慎重に行いましょう。

ここからは、第二新卒におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は新卒の株式会社DYMが運営する転職エージェントで、就職成功者5,000人、就職率96%の高い実績を誇ります。

2020年2月時点の保有求人数は非公開で、一部上場企業やトップベンチャー企業など、優良企業求人2,000社の中から求人紹介を受けられます。

20代・第二新卒の求人を数多く取り揃えているのが特徴です。書類選考なしで面接をセッティングしてくれることも、大きな強みです。

実際にDYM就職を利用した人の口コミには、下記のツイートがみられました。

ほかにも「半年で仕事をやめた私でも大丈夫だった」「書類選考はないかわりに、面接対策がしっかりしていた」などの口コミがありました。

DYM就職は、社会人経験が浅い人にも徹底したサポートがあり、スピード感を持った転職ができると高く評価されています。

登録する(無料)

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、DYM就職と同様に、20代のフリーター・既卒・第二新卒の就職に特化した転職エージェントで、カウンセリング実績60,000人、内定率80.4%の実績を誇ります。。

未経験からの正社員就職に強く、利用者の3人に2人が正社員経験がない未経験で内定を得ています。

保有求人数は非公開ですが、、求職者の経歴を問わない未経験可の求人を数多く保有しており、常時1,000件以上ある非公開求人の紹介を受けることも可能です。

ハタラクティブの評判を調査したところ、下記のツイートがありました。

https://twitter.com/monro_119/status/1362795921692454916?s=20

ほかにも「書類作成や面接対策など、全て一緒ににつくってくれた」「経歴やスキルに不安があったが、就職可能な会社をしっかり選んでくれた」などの声もありました。

未経験者の就職・転職に強いハタラクティブを利用すれば、社会人経験の浅い第二新卒でも、希望する業界や職種への転職に成功する確率が高まるでしょう。

登録する(無料)

リクらく

リクらくは、2015年に設立された株式会社リクルートネットが運営する転職エージェントで、既卒や第二新卒の転職に特化しています。

保有求人数は非公開で、学歴不問や未経験者歓迎の求人を数多く取り揃えている特徴があります。登録後は非公開求人の紹介も受けられます。

20代の転職を得意とするプロのサポートを受けられます。書類添削や面接練習などの徹底したサポートにより、内定率は90%以上にのぼります。

リクらくの独自調査より、利用者の95%が「友達におすすめしたい就活サービス」と回答しているため、満足度の高いサービスが期待できるでしょう。

実際、リクらくを利用した人の口コミには下記のようなものがありました。

  • キャリアに自信はありませんでしたが、希望条件などを丁寧にヒアリングしてくれて、可能な限り希望に沿った求人を紹介してもらえました(20代・男性)
  • 初めての転職で不安でしたが、担当のキャリアアドバイザーは希望に適した求人を紹介してくれるだけでなく、書類作成や面接練習など徹底的にサポートしてくれました(20代・女性)

高い内定率だけではなく、キャリアアドバイザーのサポート内容にも定評があるリクらくを利用すれば、転職成功率を高められるでしょう。

転職を成功に導く方法まとめ

本記事では、実際に転職を体験した人の成功談と失敗談を紹介し、転職に成功するコツ・秘訣について説明しました。

年代によって転職に成功する人の特徴は異なりますが、全年代の共通点は「自分にとっての転職成功の【基準】を持っていること」です。

「年収をあげたい」「スキルを活かしたい」「家族との時間を増やしたい」など、転職目的を明確にし、目的に沿った情報収集とリサーチを行っていることが成功する人の特徴です。

ただし、限られた時間の中で納得いく転職活動を進めていくことは非常に難しく、一人の力では限界があります。

転職を成功に導くためには、信頼と実績のあるエージェントに登録し、転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

パソナキャリアやリクルートエージェントなど、本記事で紹介した転職成功率を高められる転職エージェントに登録し、転職を成功させましょう。