看護師が転職に失敗しない方法まとめ|人気病院に採用される秘訣も!

急性期の病院看護師やクリニック看護師など、希望する看護師職種を目指すため、あるいは今より年収をアップさせたいなどの動機で、転職を考える看護師は多くいます。

職場の雰囲気や人間関係に馴染めず、環境を変えるために転職を決める看護師もいますが、必ずしも自分の希望通りに転職できるわけではありません。

転職して逆に今より年収が下がったり、仕事内容が自分に合わなかったりと、転職に失敗するケースもよく見られ、看護師の転職にはコツが必要です。

本記事では、看護師が転職に失敗しない方法を検証します。人気病院に採用される秘訣も記事の中で紹介します。ぜひ参考にして、転職活動を成功させてください。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

看護師だけど転職失敗ばかり…。今度こそ成功する方法は?

転職に失敗してばかりで思い悩む看護師は多いです。どうすれば転職失敗せず、うまく転職できるでしょうか?

ここでは、看護師が転職に失敗する理由を分析した上で、転職失敗ばかりの看護師が転職に成功するための正しい方法を紹介します。

看護師で転職に不安を抱える人は多い

看護師が転職に際して不安を抱えるのは、一般的な転職活動と同じです。

特に、初めて転職活動する看護師にとって、転職失敗しないかどうかは非常に気になるところです。転職に不安を抱える看護師の声をTwitterのつぶやきから紹介します。

新人看護師の場合、仕事内容や職場の環境に慣れることができず、転職を考えるケースが多く見られます。

ただ、実際に転職を考えたとき、「同じことの繰り返しになるのでは」「十分な経験を積む前に転職すると今後のキャリアに繫がらないのでは」などと、不安を感じる人が多いです。

そのうえ、初めて転職する場合は転職活動の進め方自体が分からず、漠然と不安を感じる人もいます。

看護師が転職に失敗ばかりする理由は?ケース別に紹介!

看護師が転職で失敗を繰り返す理由は、いくつかの類型に分類できます。

ここでは、看護師が転職失敗する理由について、Twitterに掲載された体験談を基にケース別に紹介します。転職を成功させるためにも、転職の失敗事例を参考にしてください。

看護師が転職失敗する理由①転職サイトの選び方を間違った

看護師が転職失敗する理由の1番目に紹介するのは、転職サイトの選び方を間違えたケースです。

実際に、転職サイトの選択ミスで転職に失敗した人の声を、Twitterからいくつか紹介します。

転職サイト選びの失敗談でよく聞かれるのは、担当に付いたコンサルタントにやる気や熱意が感じられず、案件を満足に紹介してもらえないケースです。

他にも、営業成績などコンサルタントの都合を押し付けられ、自分の希望とは全く合わない求人を紹介されるケースもよく聞かれます。

紹介した事例のように、転職サイト選びを誤ると面接もうまくいかず、貴重な時間を無駄にします。結果として、他の転職サイトに切り替えるケースが大半です。

看護師が転職失敗する理由②転職相談する相手を間違った

次に紹介する転職失敗の理由は、転職を相談する相手を間違ったケースです。看護師が転職する場合、誰に相談したことで転職失敗したケースが多いのでしょうか?

Twitterのつぶやきから、実際に転職失敗したケースを検証します。

失敗事例でよくある相談相手が、師長などの上司です。特に師長は人材流出を防ぐ立場のため、転職相談をしても、的確なアドバイスや支援をもらえるケースは少ないです。

Twitterの事例のように、自己を否定されるような厳しいことを言われ、前向きに転職活動を行えなくなるケースも多いです。

ほかには、形成外科勤務など、特定職種の看護師に偏見を持つ人に相談したせいで、折角の転職機会や自分の適性に合った転職先を逃してしまうケースも見受けられます。

看護師が転職失敗する理由③事前に聞いていた話とギャップがあった

看護師の転職失敗理由では、勤務条件などが事前に聞いていた話とギャップがあったケースも多いです。

転職を考える上では、仕事内容や職場の雰囲気は重要な要素です。どちらも求人情報や面接でも確認できますが、必ずしもそこで得た情報が正しいとは限りません。

具体的な失敗事例を、Twitterに掲載されたつぶやきからいくつか紹介します。

https://twitter.com/ROCO713028328/status/1191664885186220034

紹介したTwitterのつぶやきにあるように、求人に掲載されている仕事内容や職場環境の情報が、実は見栄え良く書かれていただけだったケースはよくあります。

面接で聞いた年収などの待遇が、実際に入職してみると違っていたケースもあり、確かな情報収集ができていないと、ギャップが生じやすくなります

他にも、実際に下調べをせず、イメージだけで職場を選んだせいで、想像していた仕事内容とギャップを感じて辞めてしまうケースなどがあります。

看護師が転職失敗する理由④転職時期を間違った

看護師が転職失敗する理由の一つに、転職時期を間違ったことによる失敗が挙げられます。

看護師の求人が多く出るタイミングは一般的に、夏と冬のボーナス支給後や、年度末と言われます。このタイミングで退職する看護師が増えるためです。

それ以外の時期に転職活動をしても、求人数が少なく、好条件の求人が見つからない場合があります。

これに加え、夏や冬のボーナス支給前に転職すると、次の職場に移ってもボーナスの支給はすぐには受けられないため、年収に大きく影響します。

このほか、ボーナス支給日時点に勤務継続の意思があることが、支給の前提となっている職場もあります。

ボーナスを貰ってから辞めるにしても、退職の意思を伝えるタイミングをどうするか、職務規定を事前に確認しておくことをおすすめします。

新人看護師が転職失敗した事例

新人看護師が病棟の仕事についていけず、入職後数ヶ月で退職するケースは多々あります。

看護師には多くの職種と職場があり、向き不向きや、職場の雰囲気に合わないこともあるので、転職すること自体は問題ではありません。

新人看護師はスキル不足で経験が浅く、急性期病棟や小規模クリニックなど主に即戦力が求められる職場に転職した場合に、転職に失敗するケースがあります。

転職しても経験不足で即戦力になれず、仕事ができなくて居づらくなり、何度も転職を繰り返してしまう人もいます。

新人看護師が転職する場合、即戦力が求められる職種・職場は、おすすめできません

最低限の看護技術や知識、経験が得られるまでは、同じ仕事内容でも、あくまで自分に合った雰囲気の職場に転職することをおすすめします。

20代の中堅看護師が転職失敗した事例

20代の中堅看護師が転職の際に陥りやすい失敗は、転職を繰り返して逆に年収が下がるケースです。

夜勤業務が多い看護師は、賞与も含めると、年収は比較的高いイメージを持たれています。ただし、年収が高い看護師は、同じ職場である程度長く働いている点で共通しています。

20代で転職経験がある看護師でも、多くの年収を貰っている人は、特定分野での経験が長かったり、知識が豊富で看護スキルが高い場合が多いです。

20代のうちに闇雲に転職を繰り返しても、看護師としての年数が長いだけで、スキルや経験が足りないと判断されると、希望する年収は得られなくなります

他に気を付けたいケースは、転職先に20代の若手や中堅がいない職場です。

それなりの経験を積んで転職しても、若手が全くいないために新人扱いされ、雑用などを押し付けられるケースもあります。

訪問看護師が転職失敗した事例

急性期病院のような多くの患者を受け持つのではなく、一人ひとりの患者と向き合って仕事したいと考える看護師は、訪問看護師へ転職することが多いです。

訪問看護師の仕事は、患者をより身近に感じられる点で充実感を得られます。ただ、看護の仕事よりも、職場の人間関係のせいで転職失敗した事例が多くあります。

訪問看護ステーションはほとんどが小規模事業所で、職場内のコミュニティが狭くなりがちです。そこで人間関係がこじれると、仕事が長続きしません。

患者や家族とのコミュニケーションは良好で、訪問看護師の仕事にやりがいを感じ、訪問看護の仕事を長く続けたいと思う看護師は多くいます。

その反面、職場の人間関係がうまくいかないために、快適な職場を探して、何度も転職を繰り返すケースも多く見られます。

クリニック看護師が転職失敗した事例

病棟看護師の仕事は自分に向いてないと感じ、クリニックに転職を希望する看護師もいます。

専門分野に特化したいと考えて転職する人もいますが、大半の人はクリニックのほうが仕事が楽と考えているようです。

実際には、クリニックは看護師一人が受け持つ仕事量が多いため、即戦力が求められます。

クリニックでの仕事内容を正確に理解していないために、転職先で仕事ができず、結局クリニックを辞めることになる転職失敗ケースはよく見られます。

https://twitter.com/h_hwww5/status/1222449797694492673

ほかにも、クリニックの閉鎖的な職場環境や人間関係に悩み、転職を繰り返す人もいます。

クリニックは院長のワンマン経営が多く、院長との相性が悪いとクリニック看護師の仕事は長続きしません。

職場の人数も少ないため、院長以外のスタッフとも良好な関係を築けないと、転職を繰り返す悪循環に陥ります。

看護師が転職に絶対失敗しないたった一つの方法

ここまで、看護師が転職失敗する理由をケース別に紹介しました。転職先や自分のキャリアをよく考えず転職すると、失敗に至ることが多くの類型で共通していました。

看護師が転職で失敗しないためには、信頼できる転職エージェントを選んで十分に準備して転職活動に臨むことが必要です。

ここからは、転職を成功させるための転職エージェント選びについて、重要なポイントを解説します。

「優良な」看護師専門転職エージェントに相談する

看護師が転職失敗する理由で「転職サイト選びの失敗」を紹介しましたが、看護師が転職をする場合、転職エージェントへの相談は必須です。

看護師は日常業務が非常に忙しく、病棟看護師は夜勤業務もあるため、転職活動にまとまった時間を割くのは困難です。

特に、新人看護師や初めて転職をする看護師であれば、転職のノウハウは一切ありません。自分一人の力で情報収集して、条件の良い求人を見つけるのは至難の業です。

看護師が転職を成功させるには、まず転職エージェントに相談することが一番の近道です。

ただし、看護師は専門職のため、医療や看護業界に詳しい転職エージェントを選ばないと、条件の良い求人には出会えません。

看護師の転職エージェントの選び方にはコツがあります。以下でその詳細を紹介します。

本当に優れた看護師転職エージェント(転職サイト)の選び方は?

本当に優れた看護師専門の転職エージェント(転職サイト)の正しい選び方を紹介します。

看護師の転職が専門のサービスは数多くありますが、どこでも良いわけではありません。優れた転職エージェントを選ぶ際は、下記のポイントを重視してください。

  • 公開求人に加え、非公開求人の取り扱いも多い
  • コンサルタントの対応など、転職成功者の満足度が高い
  • 公式サイトの情報だけでなく、口コミの評価も確認する

本当に条件の良い求人は、公開求人ではなく、非公開求人のケースがほとんどです。非公開求人を数多く扱っているかは、非常に重要なポイントです。

本記事で紹介した転職失敗事例にもあったように、コンサルタントの対応力とサポート力は、転職成功の鍵を握ります。

コンサルタントが親身に相談に乗ってくれる転職エージェントは、利用者の満足度も高い傾向にあります。公式サイトだけでなく、口コミの評価も必ず確認してください。

おすすめ転職エージェント①看護ルー

看護ルー

看護ルーは、看護師の転職に特化した代表的な転職エージェントの一つです。人材サービス事業を展開する株式会社クイックが運営しています。

看護ルーの強みは、扱う求人数の多さにあります。公開求人は常に50,000件以上が掲載され、看護ルーだけが持つ、独自の非公開求人も多数抱えています。

コンサルタントの親身で丁寧なサポート力も評判で、Twitterでもコンサルタントの対応の丁寧さを評価するつぶやきが多く見られます。

仕事の悩み相談から、的確な求人紹介、面接日時の調整、面接対策、給与などの条件交渉、転職後のフォローなど、きめ細かなサービスを行っています。

転職支援サービス以外にも、サイトには看護に関する知識や看護技術の紹介動画など、看護師の仕事をする上で、非常に役立つ情報が網羅されています。

「看護ルー」の人気病院・高待遇病院の求人例

看護ルーには、人気病院・高待遇病院求人も数多く出ています。ここでは年収400万円以上の大学病院の求人例を紹介します。(2020年8月7日現在)

病院名エリア担当業務想定年収
獨協医科大学埼玉医療センター埼玉病棟4,300,000円~
東京医科歯科大学医学部附属病院東京病棟5,048,345円(経験5年)
日本大学医学部附属板橋病院東京病棟4,300,000円~
東京女子医科大学東医療センター東京病棟4,206,982円~
聖マリアンナ医科大学病院神奈川病棟4,400,000円~
三重大学医学部附属病院三重病棟4,100,000円~
東京女子医科大学八千代医療センター千葉病棟4,336,485円~
東邦大学医療センター大森病院東京病棟4,711,710円~

いずれも夜勤のある病棟看護師の求人です。経験年数によっては年収600万円を超える高待遇求人も揃っています

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント②看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は、看護師転職に特化した転職エージェントの一つです。レバレジーズメディカルケア株式会社が運営しています。

看護のお仕事の大きな特徴は、看護師専門転職エージェントの中でトップクラスの求人数を誇る点です。

公開求人数は15万件以上掲載され、登録施設数も12万件以上です。首都圏の求人だけでなく、地方の求人にも強いのが特徴です。

もう一つの特徴は、専任のキャリアアドバイザーの徹底した情報収集です。

キャリアアドバイザーが直接求人先に足を運び、職場環境のリサーチや、実際に看護のお仕事を利用して転職した人の声を細かくヒアリングしています。

看護のお仕事のキャリアアドバイザーは、とても対応が丁寧だと、Twitterでも多くの声がつぶやかれています。

https://twitter.com/sonpeee/status/1031861709936320512

転職相談や面接対策、書類の添削、面接への同行、給与の交渉などのサポートの手厚さから、「友だちに勧めたいランキングNo.1」の転職エージェントにも選出されています。

「看護のお仕事」の人気病院・高待遇病院の求人例

看護のお仕事に掲載されている人気病院・高待遇病院の求人例を、民間病院を中心に紹介します。(2020年8月7日現在)

病院名エリア担業務当想定年収(月収×12ヶ月)
和光病院埼玉病棟4,240,800円~5,001,600円
羽生総合病院埼玉病棟4,080,000円~
いわき病院香川病棟4,020,000円~5,940,000円
千葉脳神経外科病院千葉病棟4,248,000円~
苑田第二病院東京病棟4,320,000円~
埼玉県央病院埼玉病棟4,494,000円~
麻見江ホスピタル埼玉病棟4,620,000円~
摂南総合病院大阪病棟4,470,000円~

いずれも、諸手当を含む月収のみで計算した年収です。実際にはこの金額に賞与が加算されるため、かなり高待遇条件の求人です。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント③マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、国内最大級の看護師専門の転職エージェントです。転職サイト大手のマイナビが運営します。

マイナビ看護師の強みは、業界トップクラスの求人数にあります。40,000件以上の公開求人に加え、マイナビ看護師独自の非公開求人も多数あります。

転職希望の看護師からの認知度は高く、転職エージェントの認知度ランキングで4年連続1位に選ばれています。

マイナビ看護師は、専任のキャリアアドバイザーによるサポート力にも定評があります。Twitterでもキャリアアドバイザーを評価する声が、多数つぶやかれています。

紹介する求人の職場環境は、足を使って徹底リサーチしています。応募前に働くイメージを掴めると評判で、転職のミスマッチの少ないのが特徴です。

希望に沿った求人紹介の他に、面接日時の調整や面接対策アドバイス、提出書類の添削、面接への同行、年収交渉まで、きめ細かなサポートを行っています。

「マイナビ看護師」の人気病院・高待遇病院の求人例

マイナビ看護師で出ている人気病院や高待遇病院の主な求人例を紹介します。(2020年8月7日時点)

病院名エリア担業務当想定年収
相模原協同病院神奈川病棟・手術室480万円~600万円程度
国際親善総合病院神奈川病棟他500万円~
秀和総合病院埼玉病棟他470万円~500万円程度
大和市立病院神奈川病棟・手術室440万円~程度
長良医療センター岐阜病棟460万円~ ※賞与別
飯塚病院福岡病棟460万円~程度
小嶋病院愛知病棟500万円~600万円程度
りんくう総合医療センター大阪病棟他416万円~651万円程度

いずれの病院も、賞与を含む想定年収です。公立・民間病院ともに、年収400万円以上の人気病院です。中には600万円を超える高待遇病院の求人も出ています

登録する(無料)

看護師の転職方法・注意点まとめ

この記事では、看護師が転職に失敗する事例を類型別に紹介し、転職に失敗しない方法を解説してきました。

看護師が転職に失敗しないためには、転職エージェントに相談することが必要です。特に、本当に優れた看護師専門の転職エージェントを選ぶことが、転職を成功させる唯一の方法です。

優良な転職エージェントの選び方・注意点をまとめます。

  • 非公開求人も含め、求人の取り扱い件数が圧倒的に多い
  • コンサルタントの対応が優れており、ユーザー満足度が高い
  • Twitterなどの口コミで、実際に利用した看護師の評価が高い

特に本記事で紹介した「看護ルー」「看護のお仕事」「マイナビ看護師」は、上記3点をすべて満たす看護師転職専門の優良転職エージェントです。

3社とも人気病院や高待遇病院の求人が多く、希望する人気病院に採用されることも夢ではありません。

紹介した看護師転職の失敗事例に気を付けつつ、この記事おすすめの転職エージェントを上手に利用して、転職を成功させてください。