看護師の転職時期はいつがベスト?転職の開始時期と合わせて確認

看護師です。今の職場が嫌すぎて、今すぐにでも転職したいです。
焦ってはいけませんよ。看護師さんには、転職が有利になる時期があるんです

え、そうなんですか!ぜひ教えてください!
今日は、看護師さんの転職におすすめな時期や、年代別に転職を成功させるポイントを解説していきますね。

「今の職場を辞めて転職したい…」そんな気持ちを抱えている看護師さんにとって転職時期は非常に大きなポイントです。

時期によっては求人数が少なかったり、今の職場とトラブルになることもありますので、転職するうえで時期選びを慎重に行うことはとても大切だといえるでしょう。

この記事では、看護師におすすめの転職時期や退職のタイミング、年齢別の転職事情などについて詳しく解説していきます。

  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

看護師の転職におすすめの時期は?求人が増える月に転職しよう

2月〜3月

2月〜3月は、4月の入職者を増やすために、全国の病院がこぞって求人を増やす時期です。

4月は、看護学生が就職する時期でもあるので、同じく転職者の採用枠が増えます。

1年の中で、2月〜3月が最も求人が多い時期であり、4月が最も入職者が多い時期であると言えるでしょう。

一番きれいな形としては、1月半ばくらい転職活動を始めて、3月中旬には新たな病院への転職を確定させ、4月から出勤するというものでしょう。

7月〜8月

7月〜8月は、ボーナスが出る時期なので、それを貰って転職する人をターゲットに、求人数が増えます

2月〜3月を逃したのであれば、ボーナスが出る7月〜8月まで待って、転職するのが良いでしょう。

12月

12月も、ボーナスが出る時期なので、7月〜8月と同様の理由で、求人数が増えます

12月に入って、ボーナスを受け取ってから、転職活動を始めると、1年の中でも最も求人数が増える2月〜3月にベストな選択ができるでしょう。

転職を避けた方が良い時期

4〜6月は、看護学校を卒業した新人の看護師さんや、転職をした看護師さんでいっぱいになります。

「新しい人を雇うより、今働いている看護師を指導したい」と考える病院が多く、求人数は減る傾向にあるので、転職は避けたほうが良いと言えます。

また、この時期に転職しても中途採用者向けの研修を十分行ってもらえないケースが多く、特にキャリアアップをめざして転職する方が不満を抱きやすい時期と言えるでしょう。

求人数以外の理由で看護師の転職におすすめの時期

前章では、ざっくり1年の中で最も求人数が増える時期を「看護師のベストな転職時期」と仮定してご紹介しました。

ですが、看護師さんの中には、求人数が増える時期以外で転職を考えることもあるでしょう。

この章では、求人数が増える時期以外で考えられるベストな転職時期についてご紹介したいと思います。

例えば、次のような時期が考えられます(※クリックすると詳細に飛びます)。

①キャリアアップを考えているとき

キャリアップのために転職する看護師さんはたくさんいます。

しかし「今の職場で働き続けた方がキャリアアップにつながるのでは…?」と悩んでしまう、転職に踏み切れないという方もいるでしょう。

しかしある程度看護師としての経験を積んでいれば転職を機に、さらに好待遇な職場で働ける可能性も高まります。

また、今後の仕事を考えるうえで「専門性の高い病院に行って自分の知識を深めたい」「未経験分野で仕事がしてみたい」という希望を持っているのであれば転職を前向きに検討してもよいでしょう。

現在の職場で配置転換をしてもらえる可能性があるのならそちらで相談をしつつ、転職活動を同時進行で行うことで自分の希望するキャリアについて改めて考えてみることをおすすめします。

②ライフスタイルが変わるとき

結婚や出産、介護などライフスタイルが変わるのを機に転職に踏み切る看護師さんは多くいます。

ライフスタイルが変わることで勤務時間に制限が生まれ、転職するというのは非常に多いケースですので、転職の申し出もスムーズに受け入れてもらえる可能性が高いです。

また、子育てなどが終わったのを機に「再び正社員として働きたい」と考えている方も多いでしょう。

看護師は常に人手不足の状態ですので、40代、50代でも転職活動次第では正規雇用の看護師として働ける可能性もあります。

ライフスタイルが変わる時は今後の生活や自分の希望について考え、より良い転職先を検討していきましょう。

③今の職場に不満があるとき

「今の職場の労働時間が長すぎて辛い」「職場の人間関係が上手くいかない」など、今の職場に不満を抱えている方も多いでしょう。

「たとえつらくても同じ職場を3年は続けるべき」と言われることもありますが、長い時間働いたうえ給与の低い職場であれば、辞めて転職した方が今後のキャリアアップにつながる可能性が高いと言えます。

また、セクハラ・パワハラが横行している職場の場合、あなたの心のためにも転職を検討した方がよいでしょう。

「不満があるくらいで今の職場を辞めるなんて…」と思う方もいるかもしれませんが、どんな理由でも「今の職場ではこれ以上働けない」と感じるのであれば転職を考えることをおすすめします。

④転職活動に時間を取れるとき

多くのエリアで看護師不足の状態が続いている現在、「看護師の転職は簡単」と言われることもあります。

しかし自分の希望に合った転職先を探し、そこから面接対策などを始めることを考えれば転職活動には案外長い時間がかかります。

もちろん転職エージェントなどによっては「スピード転職」を提案してくれるところもありますが、やはり希望条件が増えればその分転職に時間がかかる可能性も高いでしょう。

そのため、看護師が転職を始めるなら時間をたくさん確保できる時期がおすすめです。

転職に時間をかけることで

  • 綿密な情報収集ができる
  • 求人をたくさんチェックできる
  • 自分の希望に合った職場をとことん探せる

などのメリットを得ることもできますので、最低3カ月くらいの時間は確保しておいた方がよいでしょう。

⑤引っ越しなど生活エリアが変わるとき

様々な都合で引っ越しをしなければならないシーンは案外あります。

もちろん今の職場に到底通えない、遠くの場所に引っ越しをするなら転職するしかありません。

しかし「引っ越しはするけど今の職場には通える」という場合、このタイミングで転職するかどうか迷ってしまうケースもあるでしょう。

そんな時はひとまず転職エージェントなどに相談し、今後の自分のキャリアについて考えてみるとよいかもしれません。

多くの転職エージェントではキャリア相談も行っていますので、今の職場で働き続けて大丈夫なのか、不安に思うところがあればまず相談してみるとよいでしょう。

この記事では「看護師転職におすすめの転職エージェント」についてもご紹介していますので気になる方はそちらをチェックしてみてくださいね。

また、引っ越しにより通勤時間が大きく変わるという場合、「どうしても今の職場で働き続けたい」という気持ちがない限りは転職を検討してもよいかもしれません。

勤務体制によっては帰り時間が非常に遅くなる看護師のお仕事。

通勤のことを考えればなるべく職場に行きやすいエリアに住んだ方がよいでしょう。

看護師は何年目の時期に転職するのがベスト?勤務年数ごとの転職時期を解説

どの時期に転職するのが良いのか分かっても、看護師の経歴が「1年目」なのか、「3年目」なのか、はたまた「20年以上」なのかによって、転職するか迷うところです。

この章では、「何年目に転職するのが良いのか?」という、看護師さんの経歴を基準にしたベストな転職時期について考えてみたいと思います。

勤務年数転職の可能性
1年目
2〜3年目、4年目
5年目以降
20年目以降

【新人看護師】1年目の時期でも転職して良い?

新人看護師の場合、まだ他の職場で生かせるようなキャリアを積めていない場合がほとんどですので、転職は難しいと言えます。

一般に、看護師が一人前になるのは「5年目から」と言われています。

1年目で転職をしてしまうと、転職先に「またすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われてしまいます。

それでも、どうしても転職したい場合は、中途採用としてではなく第二新卒としての転職を狙いましょう。

新人看護師は「第二新卒」が狙い目

第二新卒を募集しているところは「経験が少ない分、教育に力をいれたい」と考えている場合が多いです。

今の職場に大きな不満があるのであれば、転職を検討するのも良いかもしれません。

しかし、どの職場においても仕事に慣れない中、まだ親しくなっていない先輩たちと一緒に働くのは大変です。

転職したはいいもののあまり状況が変わらなかった…というケースもありますので、転職については慎重に考えるようにしましょう。

【経験の浅い看護師】2~4年目の時期なら転職しても大丈夫?

実は、2〜4年目の看護師さんの転職が最も難しいと言われています。

理由は、2~4年目だと、第二新卒での転職は少し難しくなりますし、かといって中途採用で大きくキャリアアップできるほど豊富な経験があるとも言えないからです。

しかし、看護師業界が人手不足であることを考えれば、転職先が全くないということはまずないと言って良いでしょう。

今以上に待遇の良い職場に行くのは難しいかもしれませんが、良い時期に転職活動を開始すれば希望に合った職場が見つかる可能性もあるでしょう。

【一人前の看護師】5年目以降の時期での転職はどう?

看護師として5年以上の経験を積んだ方は「一人前の看護師」として多くの職場で頼りにされる存在となります。

看護師としての経験も十分ある上、特に若い方であれば新しい職場に溶け込む柔軟性があると考えられますので、5年目以降の看護師を積極的に採用する職場は非常に多いと言えます。

また、今の職場に慣れたこの5年目以降時期、今後のキャリアについて考え始める人も増えるでしょう。

転職に対してネガティブなイメージを持つ方もいるかと思いますが、「今以上に専門性を深めたい」「新しい分野のことを勉強したい」という理由での転職はどの職場でも歓迎されます。

今の職場で働き続けるのも一つの選択肢ですが、転職が有利になる今の時期にキャリアアップについて考えておくことをおすすめします。

【ベテラン看護師】20年目以降の時期での転職はどう?

40代、50代になると「本当にこの年齢で転職できる?」と不安に思ってしまう方も多いと思います。

ですが、看護師は資格職なので、たとえ何歳であっても看護師として働くことは可能です。

むしろ40代、50代看護師の方の豊富な経験を求めている職場は多く、「即戦力」として積極的に採用してくれるところもたくさんあります。

後輩への指導役として重宝されるケースも多く、「転職先が見つからない」という状況にはなりにくいと言えるでしょう。

また、40代、50代の方であれば管理職ポジションでの転職も可能な場合があります。

そのため、年齢を理由にキャリアアップをあきらめず、まずは自分が今後どんな働き方をしたいのか、考えることが大切です。

「自分のスキルや経験でどんなところに転職できるか分からない」という方は転職エージェントなどに相談し、新しい活躍の場を探していきましょう。

看護師の転職準備はいつから?ベストな開始スケジュール

転職活動に有利な時期については分かったものの、「有利な時期に転職するためにいつから動き始めればいいの?」といった疑問をお持ちの方もいるでしょう。

この章では、看護師の転職活動のベストな開始時期についてご紹介します。

看護師の転職期間は「1ヶ月前後」

看護師の転職活動の流れは主に

  1. 情報収集
  2. 履歴書等の作成
  3. 応募(書類審査)
  4. 面接
  5. 内定

と言った5ステップに分けられます。

一般企業への転職の場合、おおよそこの事前準備~内定までの期間は約3か月だと言われますが、看護師の場合はおよそ1か月程度で内定を得ることができます

その理由は大きく2つあり、

  • 一度しか面接をしない職場が多いから
  • 書類審査、面接の結果が早く出るから

です。

転職エージェントなどの力を借り、さらに急げば数週間での転職も可能かもしれません。

ですが、余裕を持って始めるに越したことはありません。

1〜2ヶ月くらいを見て、転職活動を行うのが良いでしょう。

看護師は「最低2ヶ月前」には転職活動を始めよう

看護師の場合情報収集~内定までの期間はおよそ1か月ですが、前職を退職するまでに

  • 退職する時期の調整
  • 仕事の引継ぎ
  • 転職先との待遇交渉

を行わなければならないことを考えると、最低でも転職したい時期の2カ月前に転職活動を開始しておく必要があると言えるでしょう

「もっと余裕をもって情報収集をしたい」という方は、転職目標時期の3カ月前に転職活動を始めておくことをおすすめします。

転職開始時期を決める際は自分の仕事の都合なども考えながら、自分に合った時期を選びましょう。

看護師が転職するなら必ず利用すべき転職エージェント3選

一人で転職活動を行うのは、かなり大変です。

転職のプロである「転職エージェント」の力を存分に使って、転職を行いましょう。

さらに、転職エージェントは「完全無料」で利用できるので、使わない手はないです。

以下では、転職のプロが厳選した転職エージェントを3つご紹介します。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます。

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

看護師のベストな転職時期まとめ

看護師のベストな転職時期
  • 2月〜3月
  • 7月〜8月
  • 12月
自分にとってベストな転職時期を選ぶ時のポイント
  • 自分自身に転職したいという気持ちがあるとき
  • 転職したい月の3か月前くらいの時期
  • 退職を申し出やすい時期
退職を申し出やすいタイミング
  • 職場に看護師が足りているとき
  • 自分に任された仕事が終わったとき
  • 上司の機嫌がいいとき

いかがだったでしょうか?

看護師の転職では、ベストな転職時期を考えるだけでも、転職成功率を上げることができます。

ぜひこの記事を参考に、ベストな看護師転職を考えてみてください。