転職エージェントは選び方が大切!押さえるべき5つのポイントを解説

転職エージェントを利用すると、さまざまな転職支援を受けられます。効率的に転職活動ができる上、内定を獲得する可能性が高くなります。

とはいえ、転職エージェントであればどこでもいいわけではありません。保有求人数やキャリアアドバイザーの質などは、転職エージェントによって大きな差があります。

転職に成功するためには転職エージェント選びが大切です。そこで、ここでは転職エージェントを選ぶ際に注意すべきポイントについて解説します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

転職エージェントの選び方が大切な理由とは

転職エージェントは非常に数が多く、選ぶ際は迷いますが、適当に選べばいいものではありません。

転職エージェント選びでは、選び方のポイントを押さえることが大切です。ここでは、選び方が大切な理由を解説します。

転職エージェントの質が転職活動の成功を左右する

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当について転職活動をサポートを行い、二人三脚で転職活動を進めていきます。

主なサポート内容は、キャリアカウンセリング、求人の紹介や応募代行、志望企業に合わせた選考対策、面接後のフィードバック、内定後の条件交渉などです。

このため、転職エージェントのスタンスやアドバイザーの質が、転職活動の成否を分けます。

質の良い求人が多い転職エージェントで優秀なアドバイザーが支援してくれれば、良い職場に転職できる可能性は高いでしょう。

低質な求人が多い転職エージェントでアドバイザーもいい加減なようでは、成功は望めません。転職エージェントは慎重に選ぶ必要があるのです。

優秀な転職エージェント・キャリアアドバイザーとは?

転職を成功させるためには、優秀なエージェントやキャリアアドバイザーを選ばなければなりません。それでは、どのようなキャリアアドバイザーが優秀なのでしょうか。

ここでは、見極めのポイントを解説します。

親身に相談にのりアドバイスしてくれる

転職エージェントに登録すると、最初にキャリアカウンセリングが行われます。良いキャリアアドバイザーは、求職者を知るため、さまざまな角度からヒアリングを行います。

たとえば、これまでの経歴やキャリアビジョン、転職したい理由、転職先に対する希望条件などです。こういった情報を踏まえてはじめて、適切な求人の提案が可能となるのです。

仮に転職するか迷っている場合も、親身に相談にのり、真摯にアドバイスしてくれるでしょう。場合によっては転職しないほうがいいとアドバイスしてくれることもあります。

志望業界や職種についてよく知っている

優秀なキャリアアドバイザーは、業界や職種の情報収集を欠かしません。業界や職種についてよく勉強して事情に精通し、求められる人材像も把握しています。

こうした日々の努力があってこそ、求職者に的確なアドバイスができます。業界や職種に関する知識が豊富なため、求職者のスキルと希望にマッチした案件を見つけ、提案することも可能です。

自分に合った求人を紹介してもらえ、ミスマッチのリスクが低いです。

保有する案件が良質

転職エージェントが保有する求人の質も重要なポイントです。いくら求人を豊富に所有し、たくさん紹介してもらえても、条件の良くない求人ばかりでは意味がありません。

良い転職エージェントは求人を出す企業ともよく話をし、ブラック企業の案件は扱わないようにするなど努力しているものです。

キャリアカウンセリングを受けると、最後に複数の求人を紹介されます。企業名や仕事内容だけでなく、給与や賞与、休日、福利厚生なども十分に確かめることが大切です。

あてにならない転職エージェント・キャリアアドバイザーとは?

転職エージェントで働くプロのキャリアアドバイザーと聞くと、頼りになる存在との印象を抱く人も多いでしょう。

ところが、実際には経歴が浅くあまり業界知識もないキャリアアドバイザーが担当につくことも稀ではありません。

ここでは、あてにならないキャリアアドバイザーの見極め方を解説します。

カウンセリングをほとんどせず手持ちの求人を押し付ける

適切な求人を紹介するためには、求職者について十分に知る必要があります。通常は、キャリアカウンセリングの際に経歴やスキル、仕事に対する考え方などをじっくりと話を聞きます。

ところが、なかには求職者に対してろくにヒアリングをせず、手持ちの求人から適当に選んで紹介するキャリアアドバイザーもいます。

当然、希望に合う求人ではないことが多いです。希望と違うからと断ろうとしても、強引にすすめてくることも少なくありません。

志望業界や職種についての知識が浅い

業界や職種に対する知識が浅いキャリアアドバイザーも、あまり質が良いとはいえません

相談をしても見当違いなアドバイスをされたり、面接対策をしても効果的な表現を教えてもらえなかったりします。

業界に関する知識が多少なりともあるかどうかは、少し話すとわかります。キャリアカウンセリングのときに仕事について具体的に話せば、判断できるでしょう。

対応が遅い

転職活動中は、興味のある案件について質問したり面接の結果を確認したりと、何かとキャリアアドバイザーに連絡をとる機会が多いです。

キャリアアドバイザーはひとりで多くの求職者を担当しているため、連絡してすぐに返事がないこともあります。

とはいえ、何度電話しても出ない、折り返してもこない、メールの返信もないなど、全般的に対応が鈍いキャリアアドバイザーもいます。

このようなキャリアアドバイザーでは、転職活動がスムーズに進まず、ストレスも溜まってしまうでしょう。

釣り案件を掲載している

転職エージェントのなかには、実際には募集していない好条件の求人を公式サイトに掲載しているケースもあります。

興味をもって連絡してきた求職者に「すでに決まってしまった」と伝え、ほかの案件を紹介する、いわゆる「釣り案件」です。

ほかの求人と比べてやたら好条件で、掲載されてすぐに問い合わせても決まってしまったなどといって断られる場合は、釣り案件の可能性があります。

釣り案件を掲載するのは、そうしないとなかなか優秀な求職者を集められないからでしょう。誠実な態度とはいえず、あまりおすすめできません。

転職エージェントの選び方のポイント5つを紹介

転職エージェントは無料で利用できるため、気になったところに片っ端から登録して使いながら良いところを探す方法でも、金銭的に損をすることはありません。

とはいえ、あまりに質の悪いところに登録すると面談を受ける時間などが無駄になってしまいます。そこで、ここでは押さえておきたい選び方のポイントを5つ紹介します。

ポイント① 転職エージェントの種類を確認

転職エージェントは、大きく「総合型」と「特化型」の2つに分類できます。どちらが良い・悪いではなく、自分の希望する方向性に合わせて登録先を選ぶことが大切です。

ここでは、総合型と特化型の違いや、どのような人に向いているのかを解説します。

種類① 総合型

総合型は、多様な業界・職種を扱う転職エージェントです。多くの業界の求人が集まっているため、保有求人数が豊富な傾向にあります。

大手の総合型転職エージェントでは、業界ごとに精通するキャリアアドバイザーをおいていることが多いです。

現職とは異なる業界・職種に挑戦したい人、希望する業界や仕事の方向性がはっきり決まっていない人などに向いています。

幅広い選択肢のなかから自分の適性に合った求人を提案してもらえるでしょう。

種類② 特化型

特化型は、対象をアパレルや医療など特定の分野に絞って求人を紹介する転職エージェントです。

ハイキャリア向けや第二新卒・既卒向けなど、業界ではなくターゲット層を絞っているケースもあります。

対象が絞られるだけに、適切で専門的なサポートが期待できるのが大きな特徴です。

転職を希望する業界がすでに決まっている人、対象層に当てはまる人などは、総合型にも1~2社登録したうえで特化型も併用すると良いでしょう。

ポイント② 保有求人数がどのくらいあるか

転職活動を成功させるためには、できるだけたくさんの求人情報を集めることが不可欠です。選択肢が多いほど、希望条件を満たす職場に出会える可能性が高くなります。

転職エージェントに登録しても、希望する職種の求人がほとんどなければ、転職活動を進めることはできません。このため、保有求人数がの多さは非常に重要な要素です。

ただし、総合型はあらゆる業界・職種の求人が集まっているため保有求人数は多くなりますが、希望する職種の求人がたくさんあるとは限りません。

ニッチな仕事であれば、一見数が少ないように見える特化型の転職エージェントのほうがたくさんの求人を保有しているケースもあります。

ポイント③ サポートは充実しているか

転職エージェントに登録する大きなメリットの1つに、転職活動に関するサポートが受けられる点があります。

たとえば、応募書類を添削したり、面接で注意すべき点をアドバイスしてくれたりします。

面接に落ちたときも、何が悪かったのかなどを丁寧にフィードバックしてもらえるため、次に活かすことができるのです。

結果として、ひとりで活動する場合に比べて内定獲得の可能性が上がります。ただし、すべての転職エージェントが手厚くサポートしてくれるわけではありません。

初めての転職活動でどうしていいかわからない、すぐにでも転職先を決めたいなどの事情があるときは、なるべくサポートが充実していて評判の良い転職エージェントを選びましょう

ポイント④ キャリアアドバイザーとの相性はいいか

キャリアアドバイザーとの相性も、非常に重要なポイントです。相性が悪ければ、たとえ優秀なキャリアアドバイザーの助言でも素直に聞くのは難しいです。

悩みごとがあっても、なかなか相談しようという気持ちにもなれないでしょう。

一方、相性が良い相手であれば、多少厳しい指摘でも素直に耳を傾けられます。相談もしやすく、結果として転職活動に良い影響を与えます。

担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いと思ったら、変更してもらうのがおすすめです。転職エージェントの総合窓口などで相談してみましょう。

変更できないようであれば、その転職エージェントを無理に使う必要はありません。

ポイント⑤ 利用者の評判や満足度はどうか

実際にその転職エージェントを利用した求職者からの評判や満足度の高さも、選ぶ際に確かめておきたいポイントです。

インターネット上の口コミサイトやランキングサイトのほか、求職者が自ら発信しているSNSも参考になるでしょう。

特に、SNSは実際に利用したリアルな感想を知れます。

ただし、どれだけ優れた転職エージェントでも、求職者自身の経歴やスキル、活動のタイミングによっては転職活動がスムーズに進まないこともあります。

キャリアアドバイザーとの相性の良し悪しもあるでしょう。そのため、悪い評判ばかりをうのみにしてはいけません。

評判や満足度はチェックするポイントの1つとし、冷静に判断しましょう。

転職エージェントを有効活用するための重要ポイント5つ

転職エージェントに登録しても、連絡を待っているだけの受動的な態度ではうまく活用できているとはいえません。効率的な転職活動は難しいでしょう。

ここでは、有効に活用するために押さえておきたい5つのポイントを解説します。

ポイント① 希望は明確に伝える

転職活動を成功させるためには、自分が転職先に求めること明確にすることが不可欠です。

「海外で活躍したい」「プロジェクトマネージャーになりたい」などの明確なキャリアビジョンを実現するために転職する人もいれば、人間関係を改善したい、休日が十分とれるところがいいという人もいるでしょう。

どうしてもゆずれない条件を明確にしたうえで、担当のキャリアアドバイザーに伝えておくことが大切です。そうすれば、精度の高い案件を紹介してもらえるようになるでしょう。

「なんとなく今の職場がおもしろくない」「働けたらどこでもいい」のようなあいまいな理由で転職活動をしていると、職探しの軸が定まりません。

どの案件を紹介されてもしっくりこないでしょう。

ポイント② ウソの内容は伝えない

基本中の基本として、これまでの経歴や年収、退職理由などで虚偽の内容を伝えてはいけません。

登録者の状況を正確に理解しなければ、キャリアアドバイザーも適切なアドバイスやサポートができません。応募企業をだましてしまうことでもあります。

ウソをついてもやがてバレます。すると、「信頼できない人間だ」「業務でミスしてもウソをついてごまかすのではないか」などと疑われ、信頼を損ねてしまうでしょう。

面接の段階などでウソがわかれば、ほぼ確実に落とされます。入社してからバレたら、最悪の場合採用を取り消されるでしょう。その転職エージェントも2度と使えなくなります。

ウソはつかず、正直に誠実に活動するようにしましょう。

ポイント③ キャリアアドバイザーはシビアな目で判断する

転職エージェントには、たくさんのキャリアアドバイザーが在籍しています。ベテランもいれば経験が浅い若手もおり、あまり腕の良くないキャリアアドバイザーもいるのが実情です。

あまり優秀ではないキャリアアドバイザーは、当たり障りのないことしかいわない、有益なアドバイスをしてくれないなど、支援が十分ではありません。

アドバイザーとしての質は高くなくても、丁寧に対応してもらったり落ち込んだときに親身に励ましてもらったりしたら、情が移ってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、先にも述べたように、転職活動の成否はキャリアアドバイザーの質が大きく関わっています。

下手に情をもたず、キャリアアドバイザーの質は冷静な目で判断し、必要であれば変更してもらうことも大切です。

ポイント④ 希望に合わない案件をごり押しされても流されない

転職エージェントは、紹介した求職者が企業に採用されたときに報酬を受け取ります。報酬は、企業がその人材に支払う年収の3~4割程度と言われています。

いくら求職者をサポートしても、企業から内定がでなければ報酬は入りません。そのため、とにかく受かりやすそうな案件ばかり紹介してくるキャリアアドバイザーもいます。

希望に合っていれば問題ありませんが、合わない、興味がないと断っても「とにかく受けるだけ受けてみて」などと、ごり押ししてくることも少なくありません。

気の弱い人なら流されてしまいそうですが、希望に沿わない案件であれば無理に受けなくて構いません。毅然とお断りしましょう

内定が出てからでは余計に断りづらく、断り切れずに入社してしまうと「やっぱり合わないから辞める」などの事態になりかねません。

ポイント⑤ とりあえず6社程度に登録して良いところに絞る

評判の良い転職エージェントでも、利用してみたら自分には合わないこともあります。反対に、知名度は低いものの、利用したら親身でとても合っているケースもあるでしょう。

評判をチェックしていても、実際に利用してみなければ自分に合うかどうかはわからないものです。

そこで、とりあえず複数の転職エージェントに登録して実際に面談し、信頼できそうなところ、キャリアアドバイザーとの相性が良いところを2~3社に絞ると良いでしょう。

1社に絞らず2~3社にするのは、転職エージェントによって保有している求人の内容が異なるからです。複数を併用するほど多くの求人情報が手に入り、選択肢が広がります。

転職エージェントはどこがいい?おすすめを紹介!

転職エージェントは全国に2万件以上あります。あまりに多く、どこに登録すれば良いかわからず悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、以下にタイプ別におすすめの転職エージェントを紹介します。転職エージェント選びの参考にしてください。

総合型

特定の業界や職種を志望している人でも、総合型転職エージェントを1つか2つは押さえておくと良いでしょう。幅広い業界・職種を扱っていて選択の幅が広がるためです。

自分では思いつかなかった、希望条件にフィットする案件を提案してもらえるケースもあります。

総合型① リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の総合型転職エージェントです。保有求人数が非常に多く、公開・非公開併せて20万件を超えます。

幅広い業界・職種の案件を扱い、全国各地をカバーし、地方の求人もたくさん保有しているのが大きな強みです。

キャリアアドバイザーが優秀な点も高い評価を得ています。業界に精通した各アドバイザーから、丁寧で充実したサポートが受けられると評判です。

書類添削や面接練習なども手厚く、事前に十分な対策を採れるため、多くの求職者が希望の職場の内定を手にしています。

志望職種の方向性が明確に決まっていない人をはじめ、転職を希望するすべての人におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの公式サイト

総合型② マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の総合型転職エージェントです。

リクルートエージェントにはやや劣るものの、保有求人数は公開・非公開合わせて約10万件と豊富に所有し、あらゆる業界・職種に対応しています。

キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制で、各担当業界の動向や転職情報を熟知しており、適切な提案を受けられます

企業担当アドバイザーからも、志望企業の雰囲気や職務内容など、求人票からは読み取れないリアルな様子を詳しく聞ける点も大きな魅力です。

ITや営業、MRなど業界別のセミナーも随時開催しているため、気になる人は積極的に参加すると、転職に役立つ知識や情報が得られるでしょう。

登録する(無料)

ハイキャリア向け

これまでに実績や経験があり、キャリアアップを目的として転職したい人におすすめなのがハイキャリア・ハイクラスに特化した転職エージェントです。

高収入の案件をたくさん保有しています。求められるスキルなどの水準が高くなるため、キャリアアドバイザーのアドバイスを真摯に受け止め、十分に対策しましょう。

ハイキャリア① キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーパーは、リクルートグループが運営するハイクラス特化の転職サービスです。ハイキャリアに絞った特化型ながら、6万904件(2021年2月28日)もの求人があります。

一般的な転職エージェントとは異なり、経歴を登録しておくと興味を持ったヘッドハンターからスカウトが来る仕組みです。

1000人以上のコンサルタントの経歴を確認し、求職者側が担当者を指名することもできます。

スカウトを待つだけでなく、求人検索も可能です。年収1000万円以上のハイクラス求人が多く、高い水準のスキルや経歴が求められます。

十分な経歴や実績がある転職希望者は、登録しておくと良いでしょう。

ハイキャリア② ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチも、ハイキャリア向けの転職エージェントです。登録すると、経歴を見たヘッドハンターからスカウトが届きます。

保有案件数は5万450件と多く、高年収の案件が多数を占めます。収入やキャリアアップを目指して転職を検討している人におすすめです。

ただし、ビズリーチは無料で使える機能が限られています。フル活用したければ有料会員にならなければなりません。

まずは登録して無料会員としてスタンダードな機能を試し、良いと思えばプレミアムプランに加入すると良いでしょう。

無料会員でもスカウトメールへの応募や公開求人の閲覧、応募が可能です。

プレミアムプランには、年収750万円未満の人向けのタレント会員(3278円(税込)/30日間)と年収750万円以上のハイクラス会員(5478円(税込)/30日間)の2種類があります。

登録する(無料)

第二新卒向け

第二新卒とは、新卒で入社後、1~3年程度で転職する求職者のことを指します。

キャリアが浅いために、一般的な転職エージェントでは紹介できる求人がないといわれることも珍しくありません。

第二新卒に特化したところであればそのような心配はなく、適切なアドバイスも受けられます。

第二新卒向け① ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒や既卒、ニートなどを対象とする20代の求職者に特化した転職エージェントです。

人柄重視で若手の採用に意欲的な企業の案件を数多くそろえているのが、大きな特徴です。未経験歓迎の求人も多く、経験が浅いとの理由で求人の紹介を断られる心配はありません。

フリーターをしていたなど、社会人経験がない人でも利用可能です。実際、ハタラクティブを利用した3人に1人が、正社員経験のない状態から就職に成功しています。

キャリアアドバイザーは、第二新卒や既卒だからこその不安や悩みに寄りそって親身に相談にのってくれると評判です。

サポートが手厚く、初めて転職する人も安心して活動を進められます。

登録する(無料)

第二新卒向け② DYM就職

DYM就職

DYM就職も、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの支援に特化した転職エージェントです。

第二新卒やフリーターなどは、アピールできる経歴が少なく、書類選考で落とされることも珍しくありません。

DYM就職の強みは、書類選考なしで企業との面接が可能な点です。DYM就職に求人を出している企業は、経歴や実績ではなく人柄やポテンシャルを見て採用を判断します。

やる気はあるのに書類選考で落ちてしまい、転職活動が進まなかった人でも、DYM就職であればチャンスが得られます。面接では十分に意欲をアピールしましょう。

事前にキャリアアドバイザーからどのような点に注意して受け答えすれば良いかもアドバイスしてもらえるため、内定を得る確率が高くなります。

登録する(無料)

転職エージェントは選び方が大切!自分に合ったところを活用しよう

転職エージェントは非常に数多く、それぞれ特徴が異なります。得意とする分野や強みも異なるため、慎重に選ぶことが大切です。

転職活動をスムーズに進めるためには転職エージェントの活用が欠かせません。とはいえ、自分に合ったところを選ばなければ逆に失敗してしまう恐れもあります。

転職エージェントを選ぶ際は、以下の5点に注意しましょう。

  • 転職エージェントの種類(総合型か特化型か)
  • 保有求人数がどのくらいあるか
  • サポートは充実しているか
  • キャリアアドバイザーとの相性はいいか
  • 利用者の評判や満足度はどうか

複数に登録して面談を受け、上記のポイントを押させつつ、信頼できるところを選びましょう。良い転職エージェントを見つけ、希望に合った職場を見つけてください。