転職エージェントは放置してもいいの?放置された場合の対処法は?

転職エージェントからの連絡は放置しても大丈夫ですか?
基本的に放置するといった行為はNGです。転職エージェントからの信頼を失ってしまいますし、今後のサービス利用が難しくなってしまうでしょう。

キャリアコンサルタント

転職活動のサポートサービスを受けられる転職エージェントですが、現在転職を考えている方の中には、サービスを利用している方は多いでしょう。

そんな利用経験者の中には、転職エージェントから受けた連絡を放置している方はいませんか?または、その逆で「転職エージェントから放置されている…」という転職者の方も多いようです。

今回は、転職エージェントを放置せずに上手く断る方法をはじめ、放置された場合の対策法などについてご紹介していきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

放置はNG!連絡を無視してはいけない理由とは?

転職エージェントを利用している方からの質問には、「転職エージェントを放置してもいいの?」というものがありますが、基本的に放置するのはNGです!

放置すると当然ですが転職サービスは受けられませんし、転職エージェント側からの信頼を失ってしまうことになります。ここでは、転職エージェントからの連絡を無視してはいけない理由についてご紹介していきます。

今後の転職活動にも影響する可能性が高くなるので、転職エージェントを利用されている方はもちろん、サービスの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

登録時に連絡が取れないと面談を受けられない

転職エージェントでサービスを受けられる流れですが、まずネット上で会員登録を行い、数日後に担当アドバイザーから電話にて面談の日程を決める連絡が来るようになっています。

面談ではあなたが希望する転職条件やこれまでの経歴などをヒアリングして、条件に合った求人情報を紹介してくれるシステムとなっています。

しかし、転職エージェントを放置する方の中には、会員登録後の電話を無視してしまう方が多く、転職サービスを受けられないというケースがあるようです。

この場合、多くの方が「電話に出られなかった」という理由が多く、折り返しの電話を待っていたという意見が多かったです。ですが、転職エージェントは数多くの転職者にサービスの提供を行っているため、何度も連絡をすることができない場合もあります。

ですので、転職サービスを受けるのであれば、自分から折り返しの連絡を入れてみましょう!

放置すると必要なときに求人を紹介してもらえない

転職エージェントを放置していると、いざ求人情報を紹介してもらおうと思っていても紹介してもらえない場合があります。

というのも、連絡が取れないことで転職エージェントからの信頼が失われてしまうため、「この人には紹介できない」と判断されてしまいます。

転職エージェントは求人を依頼する企業との信頼で成り立っているため、信頼性のない転職者への紹介は難しいようです。また、転職エージェントは転職活動にやる気のある方を優先的にサポートする傾向があります。

そのため、転職エージェントを放置していると、本当に必要なときであっても転職先を紹介してもらえなくなるので注意が必要です。ちなみに、転職エージェントによっては放置していても求人を紹介してもらえる場合があります。

ですが、信頼性がないことから優良求人を紹介してもらうことができないので、自分が納得できる転職先を見つけるのは難しくなるでしょう。

本気で転職を考えているのであれば、必ず転職エージェントからの電話やメールに対応することが大切ですよ!

求人の紹介を放置せずに上手く断る方法って?

転職エージェントを放置する方の中には、「断ってもいいのかな?」と不安に思っている方の多が」多いようです。しかし、自分に合わない求人を無理に受ける必要はないため、紹介された求人を断ることは可能です!

ですが、紹介してもらう求人はあなたの希望条件を元に担当アドバイザーが探しているので、断り方には注意が必要です。ここでは、転職エージェントから紹介された求人を放置せず、上手に断る方法についてご紹介していきます。

自分に合わない求人は素直に伝える

転職エージェントから紹介を受けた求人が自分に合わなかった場合は、放置するのではなく素直に自分の意見を伝えることが大切です。

というのも、担当アドバイザーはできるだけ希望条件に沿った求人を探し、見つかった場合に紹介するといったシステムとなっています。つまり、紹介してもらう求人情報のすべてがあなたの希望条件にマッチしているとは限らないのです。

どの求人情報に応募するのかはサービス利用者が決めることなので、「この求人は自分には合わないかな」と感じたときは素直に伝えてみましょう。

その際に、何が自分に合わなかったのかを伝えておくと、担当アドバイザーもより納得できる求人情報を探してくれますよ!

求人を断った後は希望条件を見直してみる

転職エージェントから紹介してもらった求人を断った後は、もう一度自分が希望する転職の条件を見直してみましょう。

納得できる転職先が見つからない方の多くは、希望条件が多いことで希望条件に合った求人を見つけられないというのが主な理由だといわれています。

そのような状態で転職エージェントを利用していても、納得できる転職先を見つけるのは難しいでしょう。また、希望条件を見なおすことで不要な条件が見つかるかもしれないので、希望条件に合った転職先を見つけやすくなります。

さらに、希望条件を見直すことで早く転職先が見つかる可能性が高くなるので、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

応募後に断る場合は明確な理由をきちんと伝える

希望条件に合った求人情報を紹介してもらい、すでに応募してしまった後の場合は、明確な理由をきちんと伝えることで断ることができます。

転職を考えていた方の中には、「やっぱり現職を続けたい!」「今の仕事が忙しくて転職できなくなった」など、さまざまな理由で転職を考えなおす方もいるでしょう。

また、転職エージェントを複数利用していて、第一希望の転職先に内定が決まれば、その他を断る必要があります。このようなケースはよくあることですので、転職エージェント側も理解しています。

ですが、明確な理由がなければ断ることで信頼を失ってしまうので、担当アドバイザーにきちんと理由を伝えましょう。

また、断ると決めた場合はできるだけ早めに連絡することをおすすめします。先延ばしにすると断りづらくなりますし、入社承諾書を提出した後では転職先に多大な迷惑をかけることになるので注意しましょう。

転職エージェントから放置される理由と対策法

「転職エージェント 放置」で検索すると、サービス利用者が放置するのではなく、転職エージェントから放置されているというものがありました。

転職を考えて登録したのに連絡が来ないとなると、利用者側は不安に感じてしまうのは当然のこと!

そこで、ここでは転職エージェントから放置される理由と対策法についてご紹介していきます。

現在転職エージェントを利用されている方で「もしかして放置されてる?」と感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

登録後に放置される3つの理由

まずは登録後に放置されてしまう理由についてご紹介していきます。「登録したのに連絡が来ない…」という場合は、大きく分けて3つの理由があるようです。それでは、それぞれの理由について一つひとつ見ていきましょう!

会員登録ができていない

「登録したにも関わらず連絡が来ない…」この場合で最も多いのは、そもそも会員登録ができていないというのが理由となっています。

転職エージェントの会員登録はインターネット上で簡単に行えるのですが、自分では登録したつもりでも、実際は登録手続きが完了していないケースが多いようです。

ちなみに、登録手続きが完了すると「登録完了メール」が送られてきます。もし、会員登録をしたのに連絡が来ないという方は、一度メールが届いているのかを確認してみてください。

担当アドバイザーが連絡を忘れている

会員登録が完了すると、数日後に担当のアドバイザーから連絡が来るシステムとなっています。ですが、登録完了メールが届いているのに連絡が来ないという場合は、担当のアドバイザーが連絡することを忘れている可能性があります。

このような場合は登録して転職エージェントにお問い合わせをして、「登録が完了しているのに連絡が来ない」と連絡をしてみましょう。または、信頼できる他の転職エージェントを利用して、転職サービスを受けることをおすすめします。

質の悪い転職エージェントに登録している

転職エージェントに登録すると、登録内容から希望条件などを確認しています。しかし、条件によっては紹介できる案件がない場合もあるため、そのような場合は「紹介できる求人がない」という連絡が来るようになっています。

ですが、質の悪い転職エージェントに登録してしまうと、登録内容の希望条件を確認した時点で紹介できる求人がないと判断した場合は、そのまま放置してしまうことがあるようです。

そのため、このような場合は登録を解除して、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

面談を受けたのに放置される6つの理由

次に、面談を受けたにも関わらず放置されてしまう理由についてご紹介していきます。「いつになった紹介してもらえるのかな?」という場合は、大きく分けて6つの理由があるようです。

それでは、それぞれの理由について一つひとつ見ていきましょう!

希望条件に合った求人情報がない

面談後に連絡が来ない場合は、あなたの希望条件に合った求人情報がないというのが1つの理由となっています。

転職の希望条件は人それぞれですが、あまりにも条件が多い場合は転職エージェント側から「紹介できる案件がない」と判断されてしまい、連絡が来ないというケースが多いようです。

ちなみに、転職エージェントによっては面談の時点で「ご紹介できる求人はありません」とキッパリ伝えられる場合もあれば、「紹介できる求人があればご連絡します」と伝えられる場合があります。

もし、面談でこのようなことを伝えられた場合は、求人を紹介してもらえないと考えてよいでしょう。

希望条件を見直す、または他の転職エージェントを利用して、転職活動を行ってみてください。

転職する意欲が感じられない

上の章でもお伝えしたように、転職エージェントは転職にやる気のある方を優先してサポートを行っています。

そのため、面談で「この人は転職する意欲が感じられない」と担当アドバイザーが感じた場合は、求人情報紹介を後回しにされてしまいます。

後回しなので放置ではないものの、状況としては放置しているのと何ら変わりないので、転職する意欲があるのであればこまめに連絡を取ることをおすすめします。

社会人としてのマナーがなっていない

担当アドバイザーとの面談を当日になって断る、または連絡もなく面談に遅刻するなど、このような方は社会人としてのマナーがなっていないと判断されてしまいます。

そして、転職エージェントではマナーのない人は企業に紹介できないと考えているため、約束や時間を守れない方には、面談後に連絡をしないケースが多いようです。

というのも、転職先を紹介して転職者が面接に遅刻したとなっては、企業側からの転職エージェントに対する信頼が失われてしまうからです。

この場合は転職エージェントを利用する転職者が注意すべきことですので、転職を成功させるのであれば、社会人としてのマナーをきちんと身に着けておきましょう!

必要書類を提出していない

転職エージェントでは、転職先の紹介から応募までのサービスを行っていますが、応募に必要となる書類が未提出の場合は連絡が来なくなる場合があります。

この場合は早急に担当アドバイザーに連絡を入れて、必要書類を郵送やデータ入力にて提出しましょう。

具体的な提出方法は利用する転職エージェントによって異なる場合があるので、わからない場合はきちんと確認しておくことをおすすめします。

担当アドバイザーが忙しい

転職エージェントを利用している方には1人のアドバイザーが付いていますが、アドバイザーには複数の転職者を担当しています。

そのため、担当アドバイザーが忙しいという理由から、連絡が遅れてしまう場合があります。

この場合は放置しているわけではありませんが、転職者側にはわからない状況ですので、連絡が遅いと感じた場合は自分から連絡を入れてみると良いでしょう!

担当アドバイザーが退職している

転職エージェントから放置されている理由の中には、担当アドバイザーが退職していて、きちんと引き継ぎが行われていないというケースがあるようです。

また、退職ではなく急な移動になった場合も連絡が来ないことがあります。あまりにも連絡が来ないようでしたら、自ら連絡をして新しい担当アドバイザーに転職をサポートしてもらいましょう!

大手転職エージェントなら放置される心配がない!

転職エージェントから放置されない方法として、大手転職エージェントの利用がおすすめされています。

質の高いサービスを受けることができるので、紹介できる求人がない場合は必ず連絡をもらえますし、転職者の気持ちにもしっかりと配慮してくれます。

また、大手転職エージェントの多くは転職者を第一に考えているため、転職者が正しく転職エージェントを利用していれば、放置されることはないでしょう。

ちなみに、おすすめの転職エージェントには以下のようなものがあります。

サービスを利用する転職者側にも注意すべき点はありますが、まずは信頼できる大手転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか?