看護師が年収1000万円を叶える方法まとめ|給料高い病院は?

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収はおよそ480万円です(男女計・平均39.3歳・賞与含む)。

平均年収から考えると、看護師が年収1000万円を叶えるのは容易ではありません。ただし、看護師が年収1000万円を実現する方法は全くないわけではありません。

この記事では、看護師として賢く年収1000万円を達成するための具体的な方法を解説していきます。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

看護師が年収1000万円を超えるには?

看護師が年収1000万円を超えるには「看護部長になる」「美容外科の看護師になる」などの方法があります。

ここでは、2chや知恵袋など各SNSに掲載された生の声も参考に、看護師が年収1000万円を超える具体的な方法と実態をまとめていきます。

看護師長は年収1000万円超える?

看護師長が年収1000万円を超えるのは難しいです。

公益社団法人日本看護協会が全国8,633病院と会員1万人に調査した「2012年の病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書」 によると、看護師長の基本月給額の分布は以下の通りです。

  • 30~35万円未満:17.1%
  • 35~40万円未満:29.6%
  • 40~45万円未満:21.1%

つまり、看護師長の67.8%が基本月給額30~45万円に収まっています。

この調査では、看護師長相当職の基本月給額で高かったのは「70~75万円未満」と「85~90万円未満」で、それぞれわずか2人しかいませんでした。

基本給が月額70万円でボーナスが2ヶ月分以上出るとすれば、年収1000万円に届く計算です。ただし、この調査では年収1000万円超の「中間管理職相当の看護師」はいませんでした。

美容外科の看護師は年収1000万円超える?

美容外科に務める看護師の給与水準は一般的な病院より高く、美容外科の看護師は年収1000万円を超える可能性があります。

美容外科の看護師の給料が高いのは、仕事の実績を加味した歩合制を採用するクリニックが多いのが理由です。

例えば、美容外科の看護師としてクリニックで化粧品や施術を患者におすすめし、患者がそれを購入すれば、売上実績に応じて収入が上がる仕組みです。

Yahoo!知恵袋にも「一流どころの美容整形の看護師になれば、年収1000万円超えを狙える」との口コミがあります。

(実際の声:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14173534174)

美容外科のある場所や規模、取り扱う施術や商品の内容に歩合の金額は左右されるものの、美容外科の看護師は営業実績を上げれば、年収1000万円を超える可能性が高いです。

企業に転職すれば年収1000万円超える?

看護師資格保有者が優遇される企業に転職すれば、年収1000万円を超える可能性は高まります。

具体的には製薬会社や、CROと呼ばれる医薬品開発の臨床試験業務を受託している企業で、臨床開発モニターとして働くことが挙げられます。

臨床開発モニターとは、治験が適切に行われるように支援する仕事です。臨床開発モニターで管理職になれば年収1000万円を超えることもあります。

この職種には看護師の経験・知識に加え、コミュニケーションスキル、基本的なITスキル、英語力が求められます。

医療機器メーカーで医師トレーナーとして勤務するのも年収1000万円超を狙う方法の一つです。医師トレーナーとは、病院医師に対して医療機器の使い方を教える担当者です。

実際、総合病院に8年間勤務後、医療機器メーカーに転職して年収1000万円を超えた人もいます。「今年のボーナスは500万円、以前のように病院に戻る気がしない」との口コミもありました。

(実際の声:https://www.kango-roo.com/km/posts/detail/7426)

臨床開発モニターや医師トレーナーのように、看護師資格と病院勤務の経験を活かせる企業に転職すると、年収1000万円を超えることは夢ではないようです。

開業看護師は年収1000万円超える?

開業看護師は年収1000万円を超える可能性があります。看護師資格に加えて助産師・保健師などの資格を取得し、助産院や開業保健師として独立する人もいます。

開業看護師の道で多いのは、訪問看護ステーションを開設して管理者になることです。在宅医療の普及とともに訪問看護の需要も増加しており、順調に事業展開できれば高年収を狙えます。

訪問看護ステーション管理者として独立するには、施設開設後に最寄りの役所に届け出る必要があり、その際に看護師資格が必要になります。

ほかにも、看護師経験を活かしてエステサロンや老人ホーム、デイサービスを開業する選択肢もあります。これらの方法でも年収1000万円を目指せます。

開業看護師が年収1000万円を目指せる事業は様々なものが考えられますが、開業には資金調達が必要です。開業後はスタッフの確保や経営管理など、看護以外の業務もこなさなければなりません。

看護師が独立して年収1000万円を実現するには、相応のリスクを背負い、多忙になる覚悟をしなければなりません。

特に、経営や人事・労務など看護師の業務以外にも勉強しなければならない分野が増え、相当な向上心がないと務まりません。

開業看護師を目指すなら、順を追って準備を進め、ゆっくり考えましょう。

助産師・保健師で年収1000万円超える人っている?

助産師・保健師で年収1000万円超える人は稀です。SNSなどでは「助産師・保健師として年収1000万円を超えた」とのの口コミは見つかりませんでした。

助産師・保健師ともに年収は500万円~600万円と言われます。看護師より上位の資格である分、看護師の平均年収480万円に比べて高いものの、1000万円には届きません。

特に保健師は、勤め先が保健所や学校などの自治体のため、公務員技術職の年収相場を超えることはほとんどありません。

ただし、助産師・保健師ともに開業やフリーランスとして年収1000万円を超える人が稀にいます。開業して高年収を目指す選択肢と注意点は、看護師と変わりません。

助産師なら助産院を開業するのが一般的で、保健師は資格を活かしてセラピストになる人がいます。保健師は災害時に被災者の心身のケアに当たるので、今後フリーランスの需要が高まることも予想されます。

年収1000万円を超える求人例は?

看護師で年収1000万円を超える求人例を紹介します。

「産婦人科クリニックでの看護業務」の求人概要は以下の通りです。

企業名非公開(「レディースクリニック」のグループ本院)
勤務地東京都新宿区
診療科目・業種産婦人科・麻酔科、クリニック
仕事内容オペ室業務、外来業務など
雇用形態・給与正社員、月給 35万円~
待遇社会保険完備、昇給、賞与、交通費支給

求人紹介文には「医師もナースも頑張ってくれた人には平等に還元したい、が院長のモットーで、3年目で年収600万円、5年目主任ナースで年収1000万円を達成する人もいる」とあります。

保険外診察がほとんどの産婦人科は報酬を自由に決められるため、看護師の年収も高くなる傾向があります。

ただし、産婦人科でも年収1000万円を超えるのは、この求人ように都心に立地する人気のクリニックなど限定的です。

都心でも外来患者数の少ないクリニックや、地方の立地条件が悪いクリニックでは、看護師の年収1000万円は難しいでしょう。

看護師で年収1000万円を超える求人は確かにありますが、希望する仕事内容・勤務地などの条件まで満たす求人を絞り込むのは困難です。

効率よく希望の年収と勤務条件を満たす求人を探すなら、自力ではなく転職エージェントを活用するのがおすすめです。

看護師が年収を上げる方法|求人の選び方から小遣い稼ぎの方法まで

ここまで、看護師が年収1000万円を実現するのがいかに難しいかを開設しました。では、看護師がを上げる方法にはどんなものがあるのでしょうか?

ここからは、看護師が年収アップを図る具体的な方法を、SNSの口コミを交えながら紹介します。転職だけでなく、副業や小遣い稼ぎの方法も解説します。

年収600万クラスを狙う方法・実際にもらっている人の体験談

看護師として年収600万円を狙うなら、以下の条件を満たす病院への転職を検討しましょう。

  • 初任給が高い地域にある
  • 病床数が多い

日本看護協会の「病院看護実態調査」(2017年)によると、新卒看護師の平均初任給(月額)は最高の大阪府と最低の宮崎県では26,600円ほどの開きがありました。

初任給が低い地域では昇給にも限界があり、高い年収は見込めません。病床数が多いほど患者数と業務量も増え、看護師の給料も高くなる傾向にあります。

その上で、年収600万円を実現するには夜勤や残業を積極的にこなし、各種手当をもらえるように努力する必要があります。特に認定看護師・特定看護師などの資格に手当をつける病院が狙い目です。

「めちゃくちゃハードだけど、これだけもらえれば、仕方ない。」「これだけの当直・待機でこの金額は割に合わない。皆でも文句を言っている。」との口コミがあり、年収に比例して多忙になるようです。

(実際の声:https://www.kango-roo.com/km/ranking/full/page:13)

人の時間と体力には限界があります。年収600万円を狙ってがむしゃらに夜勤や残業をするのも選択肢の一つですが、日常生活とのバランスも意識しましょう。

年収800万クラスを狙う方法・実際にもらっている人の体験談

看護師として800万円を狙うなら、看護部長・看護師長などの役職を目指しましょう。役職に就けば残業代は出なくなるものの、相応の役職手当が支給されます。

先述の「2012年の病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書」では、「基本給90~100万円未満」と回答した看護部長がごくわずかながら存在します。

基本給90万円ならボーナス無しでも年収800万円を超え1000万円に近づきます。

ただし、看護師で年収800万円以上を得ている人の中には「数字だけ見るとお金はもらっているが、現場はかなりやさぐれている」「仕事がきつく、全く休みがない。人間関係も大変で早く辞めたい」などの声もありました。

(実際の声:https://www.kango-roo.com/km/ranking/full)

看護部長などの管理職になれば、看護師として年収800万円クラスを実現できますが、仕事がかなりきつい職場もあるようです。

職場ごとの雰囲気や忙しさ、業務量を知りたいときは、自力で調査しても多くの情報は手に入りません。内部情報に詳しい転職エージェントを活用するのが賢い方法です。

看護師におすすめの小遣い稼ぎの方法は?

看護師におすすめの副業・小遣い稼ぎの方法には、イベントナースや医療系ライターなどがあります。これらの利点は休日に働けることと、時給が高いことです。

イベントナースは、コンサートや祭りなどで救護待機をする仕事です。日頃仕事で接する人以外の人と働け、気分転換になることから人気の副業です。

医療系ライターは、主にクラウドソーシングサービスに登録して医療系記事を執筆します。文字単価は1円以上と一般的な単価より高く、すき間時間で取り組めます。

ただ、イベントナースや医療系ライターは小遣い稼ぎにはなるものの、それなりの時間を割く必要があり、看護師の本業が忙しい中では至難の技です。

看護師の本業を疎かにせず稼ぎたいなら、副業や小遣い稼ぎに励むより、転職して年収を上げる方が効率的・現実的です。

看護師が求人を選ぶ際に絶対見るべきポイント

高年収の看護師求人を選ぶ際は、「各種手当の内容」を吟味するのがポイントです。具体的には以下の手当の金額を比較して求人を選びましょう。

  • 残業手当(サービス残業がないか、残業時間の上限はあるか)
  • 夜勤手当
  • 住宅手当
  • 資格手当(認定看護師など)

次に、「将来役職に就ける可能性のある求人なのか」も重要です。

看護師として年収800万円以上を狙う方は、看護部長などの役職に就くのが現実的です。応募しようとしている求人が、昇進可能なのか確認しましょう。

ほかにも見るべきポイントは、「職場の雰囲気」「人間関係」「立地」「診療科」など多岐にわたります。これら全てを自力で確認するのは困難です。

そんな時に便利なのが、転職エージェントです。常に求人先の施設から最新情報を仕入れているため職場の内情に詳しく、応募する前にリアルな情報を教えてくれます。

看護師の仕事が忙しく、転職活動をする時間がない人も、転職エージェントを利用すると効率的な転職を実現できます。

看護ルー(看護roo!)

看護ルー

看護ルーは、利用者満足度96.2%の看護師におすすめの転職エージェントです。東証一部上場の会社が運営しているため安心で、業界最大級の病院登録件数を誇ります。

看護師求人は常時37,000件以上で、1年の延べ利用者数は2万人です。&キャリアが独自に集めた口コミよると、

33歳 女性 正看護師

電話でも面談を行ってくれて、条件に合う求人を複数紹介してくれました。転職希望先との交渉も全て請け負ってくれて、とても心強かったです。

28歳 女性 助産師

小論文などの添削もしてくれて、とてもありがたかったです。履歴書に関するこちらの質問にも素早く答えてくれて、対応が早かったです。

と、特に手厚いサポートが好評でした。

利用者満足度が非常に高く、専任コンサルタントの手厚いサポートを受けたい方は看護ルーがおすすめです。

看護ルーの【年収600万円以上の求人例】

看護ルーでは、明確に年収600万円以上をうたう公開求人はありません。しかし、看護ルーは非公開求人を大量に保有しているため、登録すれば条件の良い求人を紹介してもらえます。

非公開求人は条件が良いため、一般に公開すると応募者が殺到する恐れがある案件が多く、施設側は信頼できる転職エージェントにしか求人を提供しません。

看護ルーは施設側からの信頼が厚く、好条件の求人を持っています。

登録する(無料)

看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は、全国12万件以上の事業所情報を持ち、主要な医療機関をほぼ網羅する転職エージェントです。

自分では直接確認しにくい離職率や職場の雰囲気など、職場の内部情報に詳しいコンサルタントが転職サポートを行っています。

&キャリアの独自のアンケートでは、

29歳 女性 正看護師

企業の交渉の場面ではとても細かく要望を通してくれたと感じました。条件交渉などにはとても強いのではと思いました。

28歳 女性 助産師

電話で親身になって話を聞いてくれ、退職サポートもしてくれました。利用して良かったです。

などの声があります。

看護のお仕事は、豊富な情報量ときめ細やかなサポートを両立したバランスの良い転職エージェントです。

看護のお仕事の【年収600万円以上の求人例】

看護のお仕事は正看護師の求人数が46,148件あります(2020年5月現在)。年収の高い求人が集中する都心のクリニックの求人も多く取り扱っています。

公開求人で明確に「年収600万円以上」とうたう案件はないものの、公開求人の中に「年俸制で月収37万円~54万円(手当含む)」との求人があります。

この求人なら、54×12ヶ月=648万円で、年収600万円以上を達成できます。

登録する(無料)

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師は日本最大級の看護師の求人・転職サイトとして知られ、3年連続認知度No.1を獲得している転職エージェントです。

月給40万円からの看護師求人を多く公開しており、寮・託児所完備など、福利厚生も充実した求人も紹介しています。

&キャリアが行った独自アンケートでは、

30歳 女性 正看護師

担当のコンサルタントは、とても親切で自分の希望に合った職場を紹介してくれました。求人の質も高く、面接の対策もしてくれたのでとても助かりました。

32歳 女性 正看護師

大手なので求人数が多いと感じました。面接同行もしてくれて、他社よりもサポートが手厚いと思いました。

などの声がありました。

業界大手のマイナビグループは、担当者の交渉力が高いと評判です。手厚いサポートを受けつつ、確実に好条件の転職を実現したいなら、マイナビ看護師をおすすめします。

マイナビ看護師の【年収600万円以上の求人例】

マイナビ看護師の正看護師の求人は38,520件存在します(2020年5月現在)。

公開求人では「年収600万円以上」と明記した案件は見つかりませんが、「年収408万円~562万円程度(諸手当込)」とする求人もあり、600万円に近い年収の求人は多いです。

マイナビ看護師はさらに非公開求人を豊富に保有しています。条件の良い求人を見つけたい場合は、登録して年収と勤務条件の希望を伝えましょう。

キャリアコンサルタントは交渉力が優れているので、微妙に年収600万円に届かない求人があれば、求人元と交渉してもらうのも手です。

登録する(無料)

看護師が年収600万~1000万円を狙う方法まとめ

ここまで、看護師の平均年収や高年収を実現する方法、おすすめの転職エージェントについて解説してきました。

看護師として年収600万~1000万円を狙うには、以下の方法が考えられます。

  • 美容外科など自由診療で報酬を自由に設定している医療機関に転職する
  • 都市部の大病院に転職して看護部長などの管理職を目指す
  • 開業する
  • 副業・小遣い稼ぎをする

この中で、開業には高いリスクが伴い、副業や小遣い稼ぎは本業を疎かにする恐れがあります。

看護師として着実に年収アップを実現するには、給料の高い施設に転職するのが最も確実です。

ただ、看護師の仕事の傍ら、好条件の求人を探すのは容易ではありません。年収600万~1000万円を狙うなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

経験豊富なコンサルタントが面接日程の調整などを代行してくれるので時間を短縮でき、転職先の職場の内情も教えてくれるので、面倒な手続きや情報収集の労力を節約できます。

年収の交渉もコンサルタントがやってくれるので、好条件で転職したいならぜひ転職エージェントを利用しましょう。

その際は、この記事で紹介した転職エージェントがおすすめです。どれも豊富な求人数を誇り、交渉力も高いと評判です。ぜひ複数に登録してスムーズに転職活動を進めてください。