日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収は?年代・職種・役職・学歴別に徹底調査!激務の噂も検証

日本製鉄

2019年4月に新日鉄住金から名称変更した日本製鉄は、国内最大手の鉄鋼メーカーです。主力の製鉄事業のほかに、3つの事業を有する事業持株会社でもあります。

世界でも有数の鉄鋼メーカーで、2020年3月期の売上高は5兆9,215億円にも上る日本製鉄(旧新日鉄住金)では、どれくらいの年収を得られるのでしょうか?

今回は、日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収事情をカテゴリー別に徹底調査するほか、激務と噂される職場環境についても検証します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

日本製鉄の年収は?年代・職種・役職・学歴別まとめ

大手鉄鋼メーカーへの転職を考える際に、真っ先に名前が上がる日本製鉄(旧新日鉄住金)では、どれくらいの年収が得られるのでしょうか。

ここでは、日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収について、実際に働く社員の口コミを基に、年代・職種・役職・学歴のカテゴリー別にまとめました。

日本製鉄の平均年収・平均年齢推移

まず、日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収と平均年齢の推移を調査します。

下記の表は、日本製鉄(旧新日鉄住金)の有価証券報告書から抜粋した、過去5年間の平均年収と平均年齢の推移です。

決算期平均年収平均年齢
2020年3月期年収613万円37.2歳
2019年3月期年収613万円37.2歳
2018年3月期年収597万円37.4歳
2017年3月期年収596万円37.9歳
2016年3月期年収625万円38.7歳

2016年3月期から2017年3月期に約30万円年収が下がったものの、その後は微増し、直近2年間は600万円台に戻っています。

平均年齢は、ほぼ横ばいで推移していますが、この5年間で少しずつ下がっています。

国税庁が毎年発表している「民間給与実態統計調査」では、2019年度における民間企業の平均年収は436万円です。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収は特に高水準とは言えませんが、民間企業の平均年収と比較すると、177万円も高い水準にあります。

日本製鉄の年収・年代別

次に日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収を、年代別に検証します。

下記は、日本製鉄(旧新日鉄住金)社員の口コミを基に、20代~50代の年収事例をまとめた表です。

年代年収事例
20代
  • 年収400万円(男性・オペレーター)
  • 年収450万円(男性・オペレーター)
  • 年収600万円(男性・技術系総合職:技術)
  • 年収700万円(男性・技術系総合職:操業技術)
30代
  • 年収620万円(男性・設備メンテナンス)
  • 年収800万円(男性・技術系総合職:生産技術)
  • 年収900万円(男性・技術系総合職:研究)
  • 年収1,020万円(男性・技術系総合職:技術)
40代
  • 年収900万円(男性・事務系総合職:経理財務)
  • 年収1,000万円(男性・事務系総合職:営業)
  • 年収1,100万円(男性・技術系総合職:管理)
  • 年収1,150万円(男性・技術系総合職:技術)
50代
  • 年収700万円~800万円(男性・オペレーター)
  • 年収1,200万円(男性・技術系総合職:技術)
  • 年収1,400万円(男性・技術系総合職:技術)

後ほど職種別年収でも触れますが、日本製鉄(旧新日鉄住金)では、総合職採用とオペレーター・設備メンテナンス業務採用、エリアグループ事務職採用を行っています。

中でもオペレーター・設備メンテナンス業務は、従業員数の大半を占める製鉄所の現場業務で、総合職とは給与体系が異なり、総合職よりも年収は低くなります。

例えば同じ20代でも、総合職とオペレーターでは、年収200万円~300万円ほどの差が生じます。

総合職は30代で年収800万円台に到達し、概ね800万円~900万円台で推移します。40代以降は管理職に昇格する人も増えるため、年収は1,000万円を超えるケースが増えてきます

日本製鉄の年収・職種別

先ほど、日本製鉄(旧新日鉄住金)の職種について触れましたが、職種別の年収はどのような差があるでしょうか?

下記は、新卒で入社後、5~10年勤務している日本製鉄社員の口コミを基に、各職種の年収事例をまとめた表です。

区分職種年収事例
総合職/事務系営業
  • 年収700万円(女性)
  • 年収800万円(男性)
工程管理
  • 年収700万円(男性)
  • 年収1,000万円(男性)
経理・財務
  • 年収700万円(男性)
  • 年収800万円(女性)
総合職/技術系研究
  • 年収800万円(男性)
  • 年収900万円(男性)
生産技術
  • 年収700万円(男性)
  • 年収800万円(男性)
操業技術
  • 年収830万円(男性)
  • 年収850万円(男性)
その他エンジニア
  • 年収798万円(男性)
  • 年収830万円(男性)
設備設計
  • 年収800万円(男性)
  • 年収820万円(男性)
品質管理
  • 年収700万円(男性)
  • 年収800万円(男性)
オペレーター
  • 年収450万円(男性)
  • 年収450万円(男性)
設備メンテナンス
  • 年収620万円(男性)
  • 年収680万円(男性)
エリアグループ事務職
  • 年収380万円(女性)
  • 年収400万円(女性)

既に紹介しましたが、日本製鉄(旧新日鉄住金)では総合職採用、オペレーター・設備メンテナンス業務採用、エリアグループ事務職採用に分かれています。

総合職の場合、勤務地は国内だけでなく海外事業所も対象で、転勤や出張もあります。採用は主に大卒・院卒が中心で、給与体系も他の区分より高く設定されています。

オペレーター・設備メンテナンスは各製鉄所の現場勤務で、三交代制で勤務します。エリアグループ事務職は、各エリアでの一般事務職採用です。

総合職は、30歳頃を目安に準管理職への昇格があります。管理職の手前までは比較的一律に昇格する傾向があり、30代のうちはそれほど年収に差はつきません

日本製鉄の年収:役職別

続いて、役職別に日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収を検証します。口コミサイトの社員の口コミを基に、役職別年収事例をまとめました。

役職年収事例
準管理職主査

(係長級)

  • 年収750万円~800万円(30代男性・技術系総合職)
  • 年収820万円(30代男性・技術系総合職:設備)
  • 年収830万円(30代男性・技術家総合職:技術)
管理職主幹

(課長級)

  • 年収1,000万円(30代男性・事務系総合職:人事労務)
  • 年収1,000万円(30代男性・技術系総合職:生産技術)
  • 年収1,020万円(30代男性・技術系総合職:技術)
上級主幹

(部長級)

  • 年収1,100万円~1300万円(40代男性)
  • 年収1,300万円(40代男性・技術系総合職)
  • 年収1,400万円(50代男性・技術系総合職)
役員監査役
  • 年収2,333万円(役員一人あたり平均)
取締役
  • 年収4,678万円(役員一人あたり平均)
代表取締役
  • 年収1億5,129万円(橋本 英二)
取締役会長
  • 年収1億5,129万円(進藤 孝生)

上記の表は、総合職で入社した社員の役職別年収事例です。日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収は613万円であるものの、総合職は主査の時点で年収700万円を超えます

総合職は2年に1回のペースで昇格試験があり、主査までは比較的一律に昇格していきます。

主査以降は昇格のペースに差が出始め、年収にも開きが出てきます。主査で年収は700万円~800万円台、課長級の主幹に上がると年収は1,000万円台に到達します。

部長級の上級主幹まで昇格すると、年収は1,300万円~1,400万円まで上がります。

日本製鉄のエリートコースは?

上級主幹で年収1,300万円以上にもなる日本製鉄(旧新日鉄住金)には、俗に言うエリートコースはあるのでしょうか?

社員の口コミには、下記のような声がありました。

  • 総合職と一般職・技能職では、給与体系が異なる
  • 総合職は初めから高水準の給与で、技能職は基本給が安い
  • 主査の手前までは横並びで昇格していく
  • マネジメント層への昇格は、これまでの評価によってタイミングに差が出てくる
  • 誰もが優秀だと認めている人は、順調に出世していく
  • 一定の年次までは横並びの昇進だが、その裏では実力に基づいた評価が下されている

口コミにもあるように、総合職と製鉄所の現場勤務では給与体系が異なり、より高年収を得るには総合職で採用される必要があります

入社後、主査の手前か主査までは比較的年功序列で昇格していくものの、その間も実力や成果に応じて評価が下され、30代以降から昇格スピードや年収に差がつきます。

順調にストレートで昇格していく人であれば、30代半ばには主幹に上がり、年収1,000万円台に到達します。

日本製鉄(旧新日鉄住金)では、これといったエリートコースがあるわけではなく、あくまでも実力に基づいて評価され、スピード昇格する人がエリートコースと言えます。

日本製鉄の年収:学歴別初任給

カテゴリー別年収調査の最後に、初任給を基にした学歴別年収事例を検証します。

オペレーター・設備メンテナンス業務採用、エリアグループ事務職採用で初任給の記載が無かったため、総合職採用時の初任給を下記にまとめました。

博士了修士了大卒高専卒
初任給(月給)302,500円238,000円213,000円190,000円
昇給年1回年1回年1回年1回
賞与年2回年2回年2回年2回
想定年収5,445,000円4,284,000円3,834,000円3,420,000円

※賞与は業績連動のため、在職3年未満の社員の実績から6ヶ月分で想定。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の総合職は、院卒・大卒・高専卒から募集をかけており、高卒の募集はありません。院卒は博士了と修士了に分けて募集しています。

厚生労働省が毎年調査している「賃金構造基本統計調査(初任給)」では、2019年度の学歴別初任給平均として下記の調査結果が公表されています。

  • 修士了の初任給:238,900円
  • 大学卒の初任給:210,200円
  • 高専卒の初任給:183,900円

30代で年収が1,000万円を超える総合職であっても、初任給の金額は全国平均とさほど変わりません。

ただし、社員の口コミによると賞与は約6ヶ月分も出ています。想定年収で見ると、修士了の院卒の年収が、民間企業の全国平均年収とほぼ変わらない水準です。

同じ院卒でも博士了の場合、初任給は30万円を超える高水準です。想定年収は約550万円で、大卒とは約160万円、高専卒とは約200万円の差がついています。

日本製鉄年収:グループ会社

日本製鉄は2019年4月に新日鉄住金から社名変更しましたが、元々は2012年に新日本製鉄と住友金属が統合して誕生した会社です。

国内を代表する大手鉄鋼メーカー同士が統合しただけあって、日本製鉄(旧新日鉄住金)のグループ会社は、全世界で539社あります。

ここでは、グループ会社の年収状況について、いくつかの事例を検証します。

企業名年収事例
日鉄ケミカル&マテリアル
  • 年収468万円(20代男性)
  • 年収680万円(30代男性)
  • 年収750万円(30代男性)
日鉄ステンレス
  • 年収700万円(20代男性)
  • 年収700万円(20代男性)
  • 年収800万円~900万円(30代男性)
日鉄建材
  • 年収430万円(20代男性)
  • 年収550万円(30代男性)
  • 年収720万円(40代男性)
日鉄エンジニアリング
  • 年収600万円(20代男性)
  • 年収720万円(30代男性)
  • 年収1,000万円(30代男性)
日鉄ソリューションズ
  • 年収650万円(20代男性)
  • 年収800万円(30代男性)
  • 年収850万円(30代男性)

基本的には日本製鉄(旧新日鉄住金)の給与体系に準じるところが多く、20代で年収600万円~700万円台、30代で800万円台に乗るケースが多く見られます。

ボーナスが年収に占める割合が多いのも、日本製鉄(旧新日鉄住金)と同様のため、今回のようなコロナ禍で業績が下がり、ボーナスカットになると、年収にも大きく影響します。

日本製鉄のボーナス金額・支給日は?

日本製鉄(旧新日鉄住金)のボーナス支給日は、毎年6月と12月の年2回です。

学歴別初任給の年収事例でも紹介しましたが、日本製鉄(旧新日鉄住金)のボーナス支給額は、4~6ヶ月分/年との口コミがあります。

実際の賞与額について、総合職社員のボーナス支給額の事例をまとめました。在籍年数別に過去3年間のボーナス支給事例をまとめた表を掲載します。

在籍年数ボーナス支給額(年)
3年未満
  • 130万円(男性・事務系総合職:工程、基本給20万円)
  • 160万円(男性、基本給26万円)
3年~5年
  • 160万円(男性・事務系総合職:工程管理、基本給25万円)
  • 160万円(男性・技術系総合職:開発、基本給27万円)
  • 180万円(男性・技術系総合職:設備、基本給32万円)
  • 200万円(男性・技術系総合職:操業技術、基本給29万円)
5年~10年
  • 200万円(男性・技術系総合職:生産技術、基本給35万円)
  • 200万円(男性・事務系総合職:営業、基本給35万円)
  • 270万円(男性・技術系総合職:操業技術、基本給35万円)
  • 280万円(男性・技術系総合職:研究、基本給45万円)
10年~15年
  • 250万円(男性・事務系総合職:営業、基本給50万円)
  • 300万円(男性・技術系総合職:生産管理、基本給40万円)
  • 340万円(男性・技術系総合職:生産技術、基本給55万円)
  • 360万円(男性・技術系総合職:技術、基本給55万円)
20年以上
  • 300万円(男性・事務系総合職:経理、基本給50万円)

日本製鉄(旧新日鉄住金)のボーナス支給実績は5.0ヶ月~7.7ヶ月分で、平均6.3ヶ月分です。

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」では、従業員数500名以上規模の企業平均が、2019年夏で1.49ヶ月分、2019年冬で1.50ヶ月分です。

日本製鉄(旧新日鉄住金)のボーナス金額は、上記の平均支給割合よりも倍以上多く、非常に高い水準のボーナスが支給されています。

日本製鉄の福利厚生・退職金は?

日本製鉄(旧新日鉄住金)への転職を考えるなら、年収だけでなく福利厚生や退職金制度も気になるところです。

日本製鉄(旧新日鉄住金)公式サイトの採用情報には、福利厚生について下記の内容が掲載されています。

年次休暇制度と福祉休暇年次有給休暇(年20日)
福祉休暇
出産・育児期間中に利用できる制度母性保護(出産前後の社員サポート)
出産時休暇制度(産前6週間以内、産後8週間以内)
育児休業(1歳6ヶ月まで)
育児のための勤務時間措置(時短・フレックス等)
在宅勤務(3歳まで)
子の看護休暇(小学校就学前まで)
家族の介護に利用できる制度介護休暇
介護のための勤務時間措置(時短・フレックス等)
介護休業
その他の制度結婚休暇(連続5日間)
リフレッシュ休暇
ライフプラン支援制度
ワークライフサポート制度(一年度につき3万円)
配偶者海外転勤同行休暇(最大3年間)

年次有給休暇のほか、産休・育休、介護休暇、リフレッシュ休暇など、休暇制度は非常に充実しています。

ほかにも、社宅や独身寮が各事業所に完備され、国内の複数拠点に24時間対応の保育所も設置されています。

退職金制度について調査すると、日本製鉄(旧新日鉄住金)の公式サイトにも記載はなく、詳細は不明であるものの、社員の口コミでは退職金制度があることが分かります。

ただ、2021年度より65歳定年制を導入するにあたり、日本製鉄(新日鉄住金)は新しい退職金制度が導入する予定です。

これから日本製鉄(旧新日鉄住金)に転職する人は、新しい退職金制度を確認する必要があります。

日本製鉄の年収は高い?低い?ランキングを調査!

日本製鉄(旧新日鉄住金)は、総合職なら20代で年収700万円台に到達するものの、現場業務や一般事務職を含めると、全体の平均年収は613万円です。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収は、他の企業と比べると高い水準でしょうか?それとも低い水準でしょうか?

ダイヤモンド社の「年収が高い会社ランキング2020(2020年)」から、日本製鉄(旧新日鉄住金)のランキングを調査します。

順位企業名平均年収平均年齢
1位イー・ギャランティ2,413万円32.5歳
2位キーエンス1,839万円35.6歳
3位ヒューリック1,761万円39.9歳
4位三菱商事1,631万円42.6歳
5位東京放送HD1,622万円50.0歳
1,000位エイジス649万円43.5歳

上記の表は、上位5社と最下位の1,000位を抜粋したものです。残念ながら日本製鉄(旧新日鉄住金)はランキング外で、他社と比較するとかなり低い水準です。

一方、東洋経済の「総合職の平均年収が高い会社ランキング300」(2019年)では、下記の結果が出ています。

順位企業名平均年収平均年齢
1位キーエンス2,088万円35.9歳
2位三菱商事1,541万円42.6歳
3位ヒューリック1,530万円39.8歳
4位朝日放送テレビ1,479万円43.6歳
5位伊藤忠商事1,461万円40.9歳
46位新日鐵住金(日本製鉄)1,020万円37.5歳

総合職に限定すると、日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収は1,000万円を超える高い水準であることが分かります。

日本製鉄(旧新日鉄住金)への転職を考えるのであれば、総合職での転職をおすすめします

日本製鉄へ高年収で転職する方法

日本製鉄(旧新日鉄住金)の平均年収は、全体では613万円と、決して高い水準ではないものの、総合職に限定すれば平均年収1,000万円を超える高い水準にあります。

日本製鉄(旧新日鉄住金)に高年収で転職するには、総合職での採用が必須であるものの、総合職の採用枠には応募が殺到し、高倍率になることが予想されます。

ここでは、日本製鉄(旧新日鉄住金)に高年収で転職する方法を検証します。

日本製鉄の中途採用情報は?

まず、日本製鉄(旧新日鉄住金)の中途採用情報に応募する方法を紹介します。

残念ながら、日本製鉄(旧新日鉄住金)は、事務系・技術系ともに総合職の中途採用は行っていません。新卒採用時に、卒業後3年以内の未就業者が応募できるのみです。

中途採用は、オペレーターと設備メンテナンス業務で、各エリアの製鉄所が個別に採用を行っています。

転職サイトの公開求人にも、2020年10月時点で日本製鉄(旧新日鉄住金)の採用情報は特に公開されていません。

とはいえ、必ずしも日本製鉄(旧新日鉄住金)の求人が無いわけではありません。

即戦力を求めて確実に有能な人材を確保したいと考える企業側は、求人を非公開にして転職エージェントに依頼するケースが数多くあります。

その場合、転職エージェントに登録しないと求人を確認できません。日本製鉄(旧新日鉄住金)の求人を確認するには、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

日本製鉄の転職難易度は?

日本製鉄(旧新日鉄住金)は鉄鋼業界で世界でもトップを争う大企業です。

各製鉄所の現場業務であれば転職はそれほど難しくはないものの、平均年収1,000万円を超える総合職の人気は非常に高く、転職難易度もかなり高めです。

下記は、東洋経済の「入社するのが難しい有名企業」トップ200社(2020年2月)からの抜粋です。

順位企業名2018年順位2017年順位
1位三菱地所3位2位
2位三菱商事1位5位
3位東急不動産29位24位
4位日本経済新聞社5位6位
5位伊藤忠商事4位7位
145位日本製鉄(旧新日鉄住金)125位125位

上位に大手デベロッパーや商社、マスコミが並ぶ中、日本製鉄(旧新日鉄住金)は145位にランクインしており、3年連続で200位以内に入っています。

特に、企画や営業などの事務系総合職は、技術職と比べて採用人数が少なく、応募時はかなりの高倍率となる狭き門です。

日本製鉄への転職成功率を高める方法

日本製鉄(旧新日鉄住金)総合職の転職難易度は非常に高くなるため、公開求人が出た際は、かなりの応募倍率を覚悟する必要があります。

書類選考に通過するのも相当ハードルが高く、自分一人の力だけでは面接まで辿り着く前に選考に落ちる可能性が高いです。

日本製鉄(旧新日鉄住金)に、高年収で転職したいのであれば、まずは実績とノウハウに長けた転職エージェントへ登録することをおすすめします。

転職エージェントを上手に利用すると、下記の様々なメリットを得られます。

  • 一般に公開されていない、独自の非公開求人に応募できる
  • 求人の応募から面接の日程調整まで、全て代行してくれる
  • 書類選考に通過するための、応募書類の添削を行ってくれる
  • 自分一人では難しい、年収などの条件交渉を行ってくれる

優れた転職エージェントを選ぶコツは、SNSなどの口コミで評価や評判を調べることです。優良な転職エージェントほど評判がよく、独自の非公開求人を数多く抱えています。

今回は、本記事おすすめの優良転職エージェント3社を紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

最初に紹介するのは、国内最大級の転職エージェントの一つに数えられるパソナキャリアです。人材サービス事業大手の株式会社パソナが運営しています。

パソナキャリアが持つ強みは、大きく下記の2点です。

  • 独自に抱える非公開求人の多さ
  • キャリアアドバイザーのサポート力

パソナキャリアの求人数は常時50,000件以上で、約80%は非公開求人です。非公開求人の中には、パソナキャリアだけが持つ独自の非公開求人が多数含まれています。

パソナキャリアでは、サポート力に優れた専任のキャリアアドバイザーが担当に付きます。パソナキャリアで転職した人の67.1%が年収をアップして転職に成功しています。

利用者満足度は非常に高く、2020年のオリコン顧客満足度調査でパソナキャリアが第1位に選ばれています。

2020年10月時点で、日本製鉄(旧新日鉄住金)の公開求人はありませんが、グループ会社の1,000万円クラスの求人が多数出ています。

日本製鉄(旧新日鉄住金)に関しても、非公開求人の紹介が期待できるため、パソナキャリアへの登録をぜひおすすめします。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

次に紹介するのが、転職業界最大手のリクルートエージェントです。株式会社リクルートキャリアが運営しています。

リクルートエージェントが持つ強みは下記の2点です。

  • 他社の追随を許さない圧倒的な求人数
  • 企業との信頼関係に基づいた求人の質の高さ

コロナ禍で企業の業績が落ち、業界全体で求人数が減少している中、リクルートエージェントは公開求人が98,000件以上、非公開求人は109,000件以上と、圧倒的な求人数を誇ります。

求人数だけでなく、求人の質の高さにも定評があります。2018年の「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」では、第1位に選ばれています。

ITエンジニアやものづくりエンジニア、ハイクラス向けの求人など、専門領域に特化した転職支援を得意にしているのも、リクルートエージェントの特徴の一つです。

2020年10月時点で、日本製鉄(旧新日鉄住金)の公開求人はありませんが、日本製鉄グループの公開求人は多数出ています。

非公開求人の紹介も期待できるため、リクルートエージェントへの登録をぜひおすすめします。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

最後に紹介するのが、オランダに本社を置く外資系転職エージェントのランスタッドです。世界38の国と地域で人材サービス業を展開しています。

ランスタッドの強みは下記の2点です。

  • 各年代のニーズに対応した豊富な求人数
  • 業界専任のコンサルタントを置いている点

ランスタッドは、20代の若手向け求人からエグゼクティブ向け求人まで、幅広くバリエーション豊かな求人を数多く取り揃えています。

グローバル企業や外資系企業の求人を数多く扱っているのも特徴で、ランスタッドが持つ求人の約80%は非公開求人です。

もう一つの強みである業界専任のコンサルタントは、各業界に精通したプロフェッショナルによるサポートにより、質の高い転職支援を実現しています。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の公開求人は、2020年10月時点ではありませんが、日本製鉄グループの求人が複数出ています。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の求人も非公開で保有している可能性が高いため、まずはランスタッドへ相談することをおすすめします。

登録する(無料)

日本製鉄の年収や職場環境に関する噂を検証!2chやSNSも調査

ここまで、平均年収やカテゴリー別の年収など、日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収事情について紹介してきましたが、他にもまだまだ気になるポイントはたくさんあります。

今回のコロナ禍の影響でボーナスカットが行われたとの噂の真偽や、職場環境に関する噂など、日本製鉄(旧新日鉄住金)に関する口コミをさらに掘り下げます。

日本製鉄の年収に関する噂は?ボーナスカットされた?

日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収に関して、2020年夏にボーナスカットされたとの噂がありますが、その噂は本当でしょうか?

SNSでボーナスカットに関する噂を調査したところ、Twitterでボーナスカットに関するいくつかのつぶやきがありました。

https://twitter.com/taraba777/status/1280666039974367232

2020年夏のボーナスは、製造業の中でも鉄鋼の落ち込みが特に激しく、日本製鉄(旧新日鉄住金)は前年比36.3%減の支給額でした。

ほかにも、日本製鉄(旧新日鉄住金)に勤める友人の話として、ボーナスが半減したとのつぶやきもあります。

ボーナスカットの原因は前期の赤字転落に加え、4月~6月期がコロナ禍の影響による鋼材需要減が大きく影響しています。

日本製鉄(旧新日鉄住金)のボーナス支給額は業績連動のため、業績の落ち込みは即ボーナスカットに繋がります

とはいえ、今後は新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていくにつれ、業績も回復していくことが予想されるので、ボーナス支給額の回復が期待されます。

日本製鉄の職場環境に関する噂は?激務で辞めたい人多数?

日本製鉄(旧新日鉄住金)への転職を考える上で、実際の職場環境に関する噂も気になるところです。中には、激務のため、辞めたい人が多数いるとの噂も聞かれます。

日本製鉄(旧新日鉄住金)の職場環境について、SNSなどの口コミを調査しました。

Twitterには、職場環境と人間関係が原因で転職した人がいるとのつぶやきがありました。一方、社員の口コミサイトには下記の声も多く見られます。

  • 覚えることが多く、色々な作業があるが、その分やりがいを感じる
  • 仕事に対して、社会的な意義を感じている
  • 一人当たりの仕事量や責任は大きいが、それだけにやりがいを感じる
  • 若手の時から大量の案件をこなすため、精神的・肉体的なタフさが身に付く
  • 自分の周りには、親切で優しい人が多いと感じている
  • 業務の担当範囲が非常に広く、扱う金額も大きいのでやりがいがある

社員の口コミで多数見られるのは、一人ひとりの仕事量が非常に多く、激務で大変ではあるが、その分やりがいを感じている点です。

仕事量の多さを負担に感じて辞めてしまう人も中にはいますが、任された仕事にやりがいと責任感、達成感を感じている社員も大勢います

日本製鉄の年収まとめ

本記事では、日本製鉄(旧新日鉄住金)の年収事情について、様々な観点でまとめました。

全体の平均年収は決して高い水準ではないものの、総合職は平均年収1,000万円の大台を超え、日本製鉄(旧新日鉄住金)の転職難易度は非常に高いです。

同じように転職を考えるライバルも数多く、それだけに、日本製鉄(旧新日鉄住金)の総合職へ転職をするのは至難の業です。

自分が望む高年収で日本製鉄(旧新日鉄住金)への転職を成功させるためには、まずは優良な転職エージェントに相談することが重要です。

本記事でも紹介した転職エージェント3社は、利用者からの評価も高く、国内の中でも屈指の優良転職エージェントです。

できれば1社だけでなく、複数の転職エージェントを活用しながら、後悔のない有意義な転職活動を進めてください。