2021最新・国家資格年収ランキング|会社を辞めても一生食べていけるのは?

転職を考えている人の中には、「国家資格を取得して、資格を生かせる仕事に転職したい」と思っている人もいるのではないでしょうか。

確かに、国家資格が必要な職業は年収が高いものが多く、資格を持っていれば年収アップが期待できます。

しかし、一口に国家資格と言っても年収はさまざまで、年収が高い国家資格もあれば、国家資格なのに年収が安い資格もあるのが現状です。

この記事では、国家資格の年収ランキングや、年収を上げたい人におすすめの国家資格のランキングを紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

国家資格の年収ランキング・本当に稼げる資格を徹底解説!

国家資格の中には年収が高いものも低いものもあります。どの資格が本当に稼げるのでしょうか。

ここでは、全業種の国家資格の年収ランキングや業種ごとのランキング、年収を上げるのにおすすめの国家資格を紹介します。

国家資格の年収ランキング【全業種】

まずは、各業種を総合した国家資格の年収をランキング形式で紹介します。(データは令和元年賃金構造基本統計調査と通信講座のフォーサイトより引用)

順位国家資格平均年収
1位事業用操縦士1,689万円
2位医師1,169万円
3位弁護士1,100万円
4位不動産鑑定士754万円
5位社会保険労務士710万円
6位一級建築士701万円
7位公認会計士、税理士681万円
8位技術士668万円
9位歯科医師653万円
10位獣医師637万円
11位薬剤師563万円
12位行政書士550万円
13位宅地建物取引士525万円
14位診療放射線・診療エックス線技師507万円
15位中小企業診断士500万円
15位通関士500万円
15位旅行業務取扱管理者500万円
18位看護師478万円
19位測量士464万円
20位クレーン運転士460万円
21位臨床検査技師458万円
22位理学療法士、作業療法士413万円
23位マンション管理士、管理業務主任者400万円
23位危険物取扱者乙種4類400万円
25位歯科技工士390万円
26位歯科衛生士372万円
27位保育士358万円
28位調理師338万円

国家資格の中でも年収が特に高いのは、操縦士や医師、弁護士のような、専門性が高く資格取得まで数年以上を要する資格です。

国家資格の年収ランキング【医療・看護系】

医療・看護系にはさまざまな国家資格がありますが、資格によって年収は異なります。令和元年賃金構造基本統計調査結果をもとに作成した年収ランキングは以下のとおりです。

国家資格年収
1位医師1,169万円
2位歯科医師653万円
3位獣医師637万円
4位薬剤師563万円
5位診療放射線・診療エックス線技師507万円
6位看護師478万円
7位臨床検査技師458万円
8位理学療法士、作業療法士413万円
9位歯科技工士390万円
10位歯科衛生士372万円

医療・看護系の国家資格は、大学などに複数年通わないと取得できないものが大半を占め、医療需要が高いこともあり、平均年収も高めです。

特に、医師の年収は平均1,000万円を超えるなど、数ある国家資格の中でもトップクラスの年収を誇ります。

一方で、歯科衛生士の平均年収は372万円と、同じ医療・看護系の国家資格でも年収には大きな差があります。

国家資格の年収ランキング【IT系】

IT系の国家資格は、持っていないとその職業に就けないわけではありませんが、持っていれば知識や技術力の証明となり、年収アップが期待できます。

転職エージェントのGeeklyによると、IT系の国家資格で年収アップが期待できる資格のランキングは以下のとおりです。

国家資格資格手当額(年間)
1位ITストラテジスト30万円
2位ITサービスマネージャ18万円
2位プロジェクトマネージャー18万円
2位システム監査技術者18万円
2位エンベデッドシステムスペシャリスト18万円
2位ネットワークスペシャリスト18万円
2位システムアーキテクト18万円
2位データベーススペシャリスト18万円
9位応用情報技術者15万円
10位基本情報技術者9万円

これらIT系の資格は保有者に資格手当を支給する企業が多く、合格者には合格報奨金を支給する企業もあります。

資格手当による年収アップに加え、知識や技術力を証明できて転職や昇進に有利に働くため、さらなる年収アップが期待できます。

国家資格の年収ランキング【法律系】

法律系の国家資格は難易度の高いものが多く、その分年収が高いものが多いです。

国家資格平均年収
1位弁護士1,100万円
2位社会保険労務士710万円
3位公認会計士、税理士681万円
4位行政書士550万円
5位中小企業診断士500万円
5位通関士500万円

法律系国家資格の中で最も年収が高い弁護士は、平均年収が1,000万を超え、国家資格全体の中でもトップクラスの年収を誇ります。

その代わり、弁護士になるための司法試験は高難易度です。資格取得の難しさが、年収の高さに反映されていると言えるでしょう。

その他の資格も比較的年収が高く、国家資格の中では比較的簡単な部類に入る通関士も平均年収は500万円と、法律系の国家資格の年収水準は総じて高いです。

国家資格なのに給料が安いのは?

国家資格の中には、平均年収が1,000万円を超えるものもあれば、日本の平均年収である436万円に満たないものもあるなど、給料に大きな差があります。

国家資格なのに給料が安い資格の共通点は、国の制度による制限があることや、専門性が認知されていないことです。

たとえば、平均年収が358万円の保育士は、私立保育所に支給される国からの補助金額が実情に合わず、保育士の年収が低い原因の1つとして指摘されています。

加えて、「子どもの面倒を見るだけなら誰でもできる」と専門性を軽視されがちな点も、年収の低さに影響していると考えられます。

女性におすすめの国家資格は?

女性が国家資格の取得を目指す際は、その資格を持つ女性が仕事で活躍しているか、女性が働きやすい職場環境が整備されているかを事前に確認するのがおすすめです。

数ある国家資格の中で特に女性におすすめなのは、宅地建物取引士とITパスポートです。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸を仲介するうえで必要な国家資格です。かつては男性が多い職業でしたが、現在は女性も多く活躍しています。

国家試験の中では比較的難易度が低く、資格を生かして独立開業も目指せるなど、未経験の女性や独立を目指す女性におすすめです。

ITパスポートは、ITに関する基本的な能力があることを証明する国家資格で、持っていれば業種を問わず役に立ちます。

初心者でも合格しやすく、基本情報処理技術者や応用情報技術者などの上位資格もあるので、キャリアアップを目指す女性に特におすすめです。

取るならこれ!おすすめの国家資格ランキング

持っていると年収が上がる国家資格は多くあります。ただし、年収ランキング上位の国家資格を取得すれば、すぐに年収アップを狙えるわけではありません。

国家資格には取得が難しいものも多く、苦労して取得しても年収がそこまで上がらないなど、費用対効果が低いケースも少なくありません。

ここでは、比較的取得がしやすく、年収アップも期待できるおすすめの国家資格をランキング形式で紹介します。

資格主な仕事内容平均年収難易度
1位宅地建物取引士不動産取引の仲介525万円やや易(合格率15~18%)
2位通関士通関手続きの代行や書類作成500万円やや易(合格率15%)
3位旅行業務取扱管理者旅行商品の販売500万円やや易(合格率10~20%)
4位行政書士官公庁に提出する書類の作成や手続き代行550万円やや難(合格率10%前後)
5位社会保険労務士人事や労務管理に関する手続き代行やコンサルティング710万円難(合格率5~7%)

国家資格を最大限活かして年収を上げる方法

国家資格は、専門知識・技能を持っていることの証明にはなりますが、国家資格を取得したからといってすぐに年収が上がるわけではありません。

国家資格に加えて民間資格などさまざまな資格がある今日、取得している資格が本当に役に立つ仕事を選ばないと、資格を持っていても最大限に生かせないからです。

国家資格を最大限生かして年収を上げるためには、転職エージェントを利用して、資格が生かせる転職先を紹介してもらうことをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、国家資格を生かせる転職先を転職のプロが紹介してくれるため、年収アップが期待できます。

数ある転職エージェントの中でも特におすすめのものを、系統ごとに紹介します。

全ての人におすすめの転職エージェント

職種や業種、活用したい国家資格を問わず全ての人におすすめなのが、幅広い職種や業種を扱う総合型の転職エージェントです。

中でも特におすすめの転職エージェントを、当サイトが独自に集めた利用者の口コミとともに紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、派遣業界大手のパソナグループが運営する総合型の転職エージェントです。2021年3月現在、30,389件の公開求人を保有しています。

パソナキャリアの魅力は、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第1位に選ばれるほど満足度の高いサービスです。

加えて、転職後に年収アップした利用者は67.1%もおり、国家資格を生かして年収アップを目指す人に特におすすめの転職エージェントです。

利用者からの口コミでも、サービスの質の高さを評価する声が多く聞かれました。

30歳女性・医薬品製造

何が不満で退職したいか、転職するにあたり何が一番重要で何が耐えられるかを丁寧にヒアリングし、自分に適している企業を提案してくれました。履歴書の添削もしてもらえましたし、記入例もあるので分かりやすかったです。

25歳女性・ITエンジニア

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与交渉もしてもらえて、最初に企業から提示した金額から少し年収を上げてもらえたことも良かったです。
パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する国内最大手の転職エージェントです。2021年3月現在、公開求人を107,582件、非公開求人を143,322件保有しています。

リクルートエージェントの魅力は、豊富な求人数と、担当者の交渉能力の高さです。

国内最多の求人数を誇り、国家資格を生かせる求人に出会いやすいだけでなく、担当者が年収交渉をしてくれるため、国家資格を生かした年収アップが期待できます。

利用者からの口コミでも、求人数の多さや担当者の交渉能力を評価する声が多く聞かれました。

32歳女性・医療系マーケティング

履歴書や職務経歴書の添削と、圧倒的な求人量の多さが良かったです。様々な条件を照らし合わせて選択ができることと、候補先ごとに書類の準備のサポートをしてもらえることで、スピーディに転職活動を進めることができました。

46歳男性・システムエンジニア

企業との交渉能力が高いおかげか、大幅に年収をアップしてくれました。何社か紹介をしてくれましたが、全社最低でも年収が500万円ありました。休日の量も多かったです。
リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系企業のランスタッド株式会社が運営する転職エージェントです。2021年3月現在、8,203件の公開求人を保有しています。

ランスタッドの魅力は、外資系企業やハイクラス向けなど、高年収の求人を豊富に保有している点です。

年収1,000万円以上の求人が2,800件以上あるなど高年収の求人の割合が高いため、国家資格を生かして高年収を得たい人に特におすすめです。

利用者からの口コミでは、担当者のサポートを評価する声が多く聞かれました。

34歳女性・食品メーカー事務

自分の適職や面接の対策について、自分ではわからない部分を具体的にアドバイスをしてくれました。

29歳女性・出版業界

企業として規模が大きいので信頼度は高いと思います。また、こまめに連絡があるため、就職活動時も安心していられました。
ランスタッドの公式サイト

IT系の人におすすめの転職エージェント

IT系の国家資格を生かせる仕事に就きたい人は、総合系の転職エージェントに加えて、IT系に特化した転職エージェントを併用するのがおすすめです。

IT系の仕事に転職したい人に特におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、マイナビグループが運営するIT・Web業界に特化した転職エージェントです。2021年3月現在、公開求人7,138件、非公開求人17,239 件を保有しています。

マイナビITエージェントの魅力は、IT業界に精通した担当者が利用者一人ひとりにじっくり向き合い、転職をサポートしてくれる点です。

IT業界の専任制のチームで転職をサポートし、国家資格を生かせる求人を紹介してくれるため、国家資格を生かして転職したい人におすすめです。

年収1,000万円の公開求人は1,816 件、非公開求人も1,818件と豊富です。転職を機に年収アップを目指す人に特におすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

GeekOut

GeekOut

GeekOutは、パソナグループが運営するエンジニア専用の求人フィード型転職サイトです。2021年3月現在、公開求人を8,330件保有しています。

エージェントサービスに登録すれば転職アドバイザーがサポートをしてくれるので、GeekOutを利用する際にはエージェントサービスへの登録をおすすめします。

GeekOutの魅力は、業界トップクラスのアドバイザーが転職をサポートしてくれる点です。

オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第1位に選ばれたパソナグループが運営しているため、アドバイザーの専門性とサポートの質は折り紙つきです。

年収1,000万円以上の求人も1,803件あり、国家資格を生かして年収を上げたいプログラマーやSEに特におすすめの転職エージェントです。

レバテックエキスパート

レバテックエキスパート

レバテックエキスパートは、レバレジーズグループが運営する転職エージェントで、ハイクラスのエンジニア求人に特化しています。

レバテックエキスパートの魅力は、扱っている求人がハイクラスなうえに、アドバイザーの専門性が高くサポートが優れている点です。

15年以上IT系の人材紹介業を続けるレバレジーズグループが培ってきたパイプを生かして求人を紹介してくれるので、質の高い求人に出会えることが期待できます。

加えて、年収1,000万円以上の求人も豊富に保有しているため、IT系の難関国家資格を持っていたり、転職で年収アップを目指す方に特におすすめです。

業界を熟知した担当者がサポートしてくれるので、自分の持っている国家資格をどう生かすべきか分からない人も安心です。

会計系の人におすすめの転職エージェント

会計や金融系の国家資格を生かせる仕事に就きたい人は、総合系の転職エージェントに加えて、会計系に特化した転職エージェントを併用するのがおすすめです。

会計系の仕事に転職したい人に特におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は、マイナビグループが運営する公認会計士・試験合格者に特化した転職エージェントです。2021年3月現在、公開求人を502件保有しています。

マイナビ会計士の魅力は、業界を熟知したキャリアアドバイザーによるサポートの質が高く、利用者の面談満足度も95%と、利用者の満足度が非常に高い点です。

専門性の高いキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、転職が初めての会計士の方にも、2回目以降の方にもおすすめのエージェントです。

会計事務所や監査法人だけでなく事業会社の求人も充実しているため、公認会計士の国家資格を生かして年収アップを目指す人なら登録して損はありません。

マイナビ税理士

マイナビ税理士は、マイナビグループが運営する税理士・科目合格者に特化した転職エージェントです。2021年3月現在、公開求人を803件保有しています。

マイナビ税理士の魅力は、コンサルティング会社や税理士事務所などで実務経験があるキャリアアドバイザーが、専門性の高いサービスを提供してくれる点です。

キャリアアドバイザーは、企業の求人情報には掲載されていない「どんな人材が欲しいのか」などの深層を見抜いて求人提案するので、税理士の国家資格を生かして転職したい人におすすめです。

年収1,000万円以上などの好待遇の非公開求人も豊富に保有しているため、転職で年収アップを目指したい税理士に特におすすめの転職エージェントです。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社が運営する公認会計士・税理士・経理に特化した転職エージェントです。

2021年3月現在、公開求人を2,318件保有し、このうち公認会計士の資格を生かせる仕事は729件、税理士の資格を生かせる仕事は569件確認できました。

ジャスネットキャリアの魅力は、業界を熟知した担当者が求人を紹介してくれるため、入職後のミスマッチが少ない点です。

国家資格を生かせるかどうかに加え、職歴や希望する業務内容と求人が合致しているかを判断したうえで紹介してくれるので、資格を最大限に生かして転職したい人におすすめです。

好待遇の非公開求人も豊富に保有しているので、国家資格を生かして年収を上げたい人にもおすすめの転職エージェントです。

年収の高いおすすめ国家資格まとめ

国家資格は「取得が難しい分、年収も高い」というイメージがありますが、全ての国家資格が年収が高いわけではなく、国家資格間で年収には大きな差があります。

国家資格を持っているだけで年収が上がるわけでもなく、資格を最大限に生かして年収を上げるためには、その資格を高く評価してくれる仕事に就くことが不可欠です。

年収が高い国家資格を最大限に生かして年収をアップさせるには、転職エージェントを利用し、その資格が必要な求人を転職のプロに紹介してもらうのがおすすめです。

国家資格は取るだけでは意味がありません。資格を生かせる仕事に就くことが大切です。ぜひ転職エージェントを上手に活用して、資格を最大限に生かせる仕事と巡り合ってください。