アナウンサーの年収は?各局のランキング・有名アナウンサーのデータを徹底調査!

アナウンサーは多くの人が憧れる職業の一つです。一方、アナウンサーの年収や仕事の実態は余り知られていません。

この記事ではアナウンサーの年収について、様々な視点から解説します。局別や男女別の年収の違いや、有名アナウンサーの年収も調査しました。

アナウンサー並みの高年収を目指す方法や、年収を上げるのに確実な方法も解説します。

アナウンサーの年収を詳しく知りたい人や、アナウンサー並みに高年収を稼ぎたい人はぜひこの記事を参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

アナウンサーの年収は?局別ランキングを公開!

アナウンサーの年収について詳しく見ていきましょう。アナウンサーの平均年収や男女差、局別のランキングなどをお伝えします。

  • 局アナとフリーなど勤務体系別年収
  • キー局・地方・ラジオ局の年収格差
  • アナウンサーとキャスターの給料の違い

これらも詳しく解説します。

アナウンサーの平均年収・男女の違いは?

アナウンサーの平均年収は、厚生労働省の労働白書をもとにした調査によれば、約791万円です

2019年の国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は436万円であるため、アナウンサーの平均年収は日本人平均より355万円高いです。

アナウンサーの男女別平均年収はデータがありませんでしが、男性・女性どちらともアナウンサーは、平均年収が日本人の平均年収よりは高いでしょう。

一般的に様々な職業で男性の方が平均年収が高い傾向にありますが、昨今は女性アナウンサーの活躍が目立り、CMに出演するケースもあります。

CM出演料はかなり高額で、女性アナウンサーのCM出演状況を見ると、女性アナウンサーの平均年収は男性に劣らないと考えらえれます

アナウンサーの年収:雇用形態別

アナウンサーの年収を雇用形態別に解説します。ここでは、局アナとフリーアナウンサーの年収を解説します。

アナウンサーの雇用形態別年収は公式データがないため、ネットの情報を参考にしました。

雇用形態別推定年収
局アナ788万円
フリーアナ1300万円

フリーアナの方が局アナより基本的に年収が高いです。フリーのアナの年収が高いのは、元々人気の局アナがフリーに転向する場合が多いからです。

ただ、局アナなどを経ずにフリーで活動するアナウンサーもおり、フリーアナウンサー間の年収格差は大きいです。

アナウンサーの年収:局別ランキング

アナウンサーの年収の局別ランキングを紹介します。ここではTBS、NHK、フジテレビの年収を見ていきましょう。

TBSとフジテレビの年収は、2020年の有価証券報告書の平均年収データを引用しました。NHKの年収は、公式サイトの質問集に「職員の年収」について記載がありました。

ランキング局名平均年収
第1位TBS1622万円
第2位フジテレビ776万円
第3位NHK700万円

上記のデータでは、TBSの年収が圧倒的に高いです。フジテレビとNHKはややフジテレビの方が年収が高いようです

テレビの視聴率の低下に伴い、アナウンサーの年収も低くなりつつありますが、特にフジテレビは年収が下がっていました。

アナウンサーの年収はキー局・地方・ラジオ局でどの程度違う?

アナウンサーの年収をキー局・地方局・ラジオ局別に比較します。公的な情報がなく、ここではネットの情報を参考にしました。あくまで一つの目安としてご理解ください。

局の種類推定年収
テレビキー局950万円
テレビ地方局625万円
ラジオ局500万円前後

キー局のアナウンサーは年収1000万円近くで、最も高年収です。キー局のアナウンサーの方が地方局のアナウンサーよりも300万円以上も年収が高いです。

1番年収が低いラジオ局は、一般企業と同等レベルの年収です。3つともに共通しているのは、同じ局内でも雇用形態による年収差が大きいことです。

アナウンサーとキャスターの給料の違いは?

アナウンサーとキャスターの給料の違いを解説します。まず、アナウンサーとキャスターの定義を見てみましょう。

  • アナウンサー:原稿通りに正確な情報を伝える人
  • キャスター:原稿に自分の考えを加えて情報をよりわかりやすく伝える人

先ほどの局別ランキングの年収でデータから試算すると、アナウンサーの平均給料は推定約79万円です。ネットの情報を参考にすると、キャスターの平均給料は推定約50万円です。

キャスターよりもアナウンサーの方が30万円近く月収が高く、年収換算で360万円にもなります

あの有名アナウンサーの年収を調査!

お茶の間に人気のある有名アナウンサーの年収を調査しました。ここでは枡アナ、みとちゃん、安住アナ、カトパンの推定年収紹介します。

桝アナ

日本テレビに所属する桝太一アナは、様々な番組に出演していますが、サラリーマンであるため、年収1200万円程度と言われています。

みとちゃん

みとちゃんこと水卜麻美アナは、女性アナウンサーの中でトップの人気があります。日本テレビに勤め、「水卜アナとか普通に年収1200万円超えてる」とも言われます。

安住アナ

安住紳一郎アナは、2019年7月1日付でTBSテレビの次長待遇になっています。安住アナは出演番組も多く、特別待遇の可能性が高く推定年収1億円程度と考えられます。

カトパン

人気女子アナのカトパンこと加藤綾子アナは、2016年4月にフジテレビを退社し、現在はフリーランスとして活躍しています。年収は非公表で、年収2億円とも言われています。

ここまで、有名アナウンサーの推定年収を解説しました。局アナの中では、安住アナがトップクラスで、フリーアナで人気のカトパンは安住アナの年収を大きく上回っています

アナウンサーは高年収!なるには狭き門?

有名アナウンサーに限らず、アナウンサーは高年収です。そんな花形の職業であるアナウンサーになるのは、難易度が非常に高いです

アナウンサーの大卒採用は毎年各局で基本的に行われているものの、採用人数が極めて少なく各局とも2〜3名ほどで、採用しない年もあるようです

実際に、日本テレビの2017年の採用は倍率1000倍以上ありました。アナウンサーになりたい人が多いのに対し募集は少ないため、一握りの人しかアナウンサーにはなれません。

視聴者に好かれる容姿・品格であることや、滑舌・コミュニケーションスキルなども高くなければ、アナウンサー試験に合格することは困難です。

アナウンサー並みに高年収を目指すなら

アナウンサーレベルの高年収を目指すにはどうしたら良いのでしょうか。そもそも、まず今の年収は適性かを確認して、それから年収を上げるのに確実な方法を解説します。

転職するのに、おすすめのサービスもお伝えします。

ちなみに現在の年収は適正?

現在の適正年収を測るのに最適なサービスは、転職アプリの「ミイダス」(MIIDAS)です。

ミイダスは経歴や能力、スキルなどの情報をアプリに登録すると、現在の「転職市場価値」が把握できます

他にも、登録情報に関心のある企業からダイレクトに依頼が来るなど、転職希望者に利便性の高いサービスがあります。

ミイダスを利用して実際に転職をしなくても、あなたの市場価値を確認し、現在の年収と照らし合わせて転職すべきか検討できるのは大きなメリットです。

アナウンサー並みの高年収を目指す人は、現在の年収が適正かどうか、一度ミイダスを利用してみてください。

年収を上げるのに一番確実な方法は?

アナウンサー並みの高年収を目指すのに、1番確実な方法は何でしょうか。一般的な方法は、会社で昇進を目指す・フリーランスになる・転職するの3つです。

結論から言うと、転職することが年収を上げる1番確実な方法です。理由は以下の2つです。

  • 会社で昇進して職位を上げるよりも、好条件の会社に転職した方が年収が上がりやすい
  • フリーランスは高年収になれる可能性があるが、仕事が取れないと稼げず高リスク

うまく転職活動を進めれば、リスクをあまり取らずに今よりも高い年収の会社に就職できます。とはいえ、自分一人で転職活動をして、望みの年収を達成するのは難易度が高いです。

次に、転職する際に利用した方が良いサービスを紹介します。

転職エージェントに相談するのがおすすめ

転職エージェントに相談することが高年収への1番の近道です。「転職」を熟知しているプロのキャリアアドバイザーが、あなたの転職をサポートしてくれるからです。

転職エージェントにいるキャリアアドバイザーの力を借りることで、より質の高い履歴書の作成や面接が可能になり、円滑に転職活動を行えます。

転職エージェントは、自分一人で転職活動するだけでは見つけられない上質な非公開求人や独占求人を多く保有していることも、大きなメリットです

これから、おすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは5万件以上の求人を保有する転職エージェントです。アナウンサー並みに年収を上げたい人におすすめの理由は以下の3つです。

  • 累計25万人以上の転職支援実績
  • 登録者の67.1%が転職後に年収が上がっている
  • 2019・2020年の転職エージェントランキングの顧客満足度総合第1位

パソナキャリアの利用者の約7割が転職後、年収が上がっています充実した転職サポートに定評があり、利用者満足度がとても高いです。

パソナキャリアの2021年1月時点の公開求人数は28046件です。パソナキャリアの求人は、約8割が非公開求人です。登録すれば、まだ知らないお宝求人が見つかるでしょう。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最多の求人数を誇る業界最大の転職エージェントです。アナウンサー並みに年収を上げたい人にも、おすすめの理由を以下に3つ解説します。

  • 2019年度の転職支援実績が業界第1位(2020年6月時点)
  • 12万件の非公開求人数を保有(2020年12月)
  • 独自の分析データによる業界・企業情報の提供などの徹底した転職サポート

2021年1月現在、104323件もの公開求人があります。リクルートエージェントは他の転職エージェントと比較して求人数が多く、望みの求人に巡り会える可能性が高いです。

企業との太いパイプを持ち、交渉力に優れた頼りがいのある転職アドバイザーのサポートを受けたい人は、リクルートエージェントに登録しましょう

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービス企業です。世界39ヵ国・地域で、年約20万人の転職サポートをしています。

アナウンサー並みに年収を上げたい人に、ランスタッドをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 上質な求人を多数保有
  • 非公開求人が約8割
  • 年収3000万を超えるハイクラス求人もある

多くの非公開求人や、ランスタッドにしかない独占求人を保有しているため、登録者の能力次第でハイクラス求人などの好条件の求人が紹介されます。

2021年1月時点で7858件の公開求人があります。ほかにも非公開求人や独占求人が大量にあり、アナウンサー並みの高年収も狙える転職サービスです。

ランスタッドの公式サイト

アナウンサーの年収まとめ

この記事では、アナウンサーの年収について雇用形態別や局別に比較するなど、様々な角度から解説しました。有名アナウンサーの年収もお伝えしました。

有名なアナウンサーは年収1000万円を超え、アナウンサーはとても華がある職業です。

アナウンサー並みに高年収を目指す1番確実な方法は、転職エージェントに相談することです

実績と信頼のあるおすすめの転職エージェントは以下の3つです。

  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • ランスタッド

3つとも登録することで、より豊富な選択肢の中から最高の求人を選べます。どのエージェントも転職活動を行う上でメリットが多いため、利用しない手はありません。

転職エージェントの力を借りて、高年収での転職を成功させましょう。