実は難しくない?50代の看護師が転職を成功させる方法

看護師です。50代の私でも転職することはできるでしょうか?
50代の方の転職は、若い方に比べると、難しいと言えます。ですが、決して不可能ではありません

キャリアコンサルタント

この記事では、50代の看護師の方の転職方法について詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして、転職活動に活かしてみてください。

キャリアコンサルタント

「転職したいけれど、50代だと転職先が見つかるか不安」と悩んでいる看護師は多いのではないでしょうか。

実は、50代の看護師でも転職は難しくないのです。

この記事では、50代看護師におすすめの働き方、人気の転職エージェントをご紹介します。

※「目次」で、好きなところから読むことができます。

  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

50代看護師は実は需要が高い?

一般的に50代での転職は、かなり難しいとされていますが、看護師は慢性的な人不足などにより、そこまで転職が難しいというわけではありません。

むしろ、50代看護師は、子育てなどのライフイベントも落ち着き、長期的に働いてくれると期待する医療施設が多く、50代看護師への需要は高いです。

結婚や妊娠を機に退職しブランクのある50代看護師であっても、多くの医療施設が看護師不足で悩んでいるので再就職しやすいのが現状です。

ただ、体力を必要とする総合病院や救急病院からの求人は少なく、50代では病院以外の医療施設からの求人が多い傾向があります。

50代看護師の主な転職理由3つ

50代の看護師が考える転職理由とは何なのでしょうか?

主な転職理由として、

  • ① 体力的な問題
  • ② 仕事内容への不満
  • ③ 人間関係のストレス

が挙げられます。

転職理由① 体力的な問題

1つ目の転職理由は「体力的にきつくなってきたから」というものです。

看護師は体力勝負の仕事です。長年看護師を続けてきた50代の看護師であっても、年齢とともにその業務負荷に耐えられなくなってしまいます。

定年まで働く場合、

  • 定年まで夜勤をつづけられるのか
  • 今の職場の忙しさについていけるのか

をしっかりと考える必要が出てきます

まだまだ若いと思っていても体は正直です。

最近は、定年後60歳を超えても看護師として働いている人もいます。

より長く働くのであれば、体力的な負担が少ない職場を探すのがおすすめです

転職理由② 仕事内容への不満

2つ目の転職理由は「仕事内容に不満が出てきたから」というものです。

50代になると管理職として「職場の看護師をまとめる業務」を任される人も多くなってきます。

管理職になれば仕事はさらに忙しくなり、肉体的にも精神的にも大変になっていきます。

「50歳を過ぎて体力の衰えを感じている人」「職場でもまとめ役が苦手だと感じる人」は、管理職になってしまうと仕事がつらくなってしまうかもしれません

その場合は、管理職よりも業務負担の少ない職場に転職することをおすすめします。

管理職から肉体的にも精神的にも負担が少ない職場に転職する場合は、年収が下がることが多いので、その点は妥協もやむを得ません。

転職理由③ 人間関係のストレス

3つ目の転職理由は「人間関係に疲れたから」というものです。

人間関係のストレスは年代を問わずあるものですが、人間関係のストレスがもとで精神的につらい場合は無理せずに転職をすることをおすすめします

ただ、転職先でも人間関係のストレスはあるかもしれないので、転職前にある程度の内部情報を知っておくと良いでしょう。

なかなか転職先の内部情報を知るのは難しいですが、転職エージェントを利用すると内部情報を知ることができます。

50代看護師に合った転職先職場の選び方!ポイント3つ

体力的につらくなったら、より体力的に負担が少ない職場に転職をするのがおすすめです。

また、看護師として働いていて結婚や出産で退職した人も、50代になると育児がひと段落して「もう一度働いてみようかな」と思っているかもしれません。

50代看護師に向いている職場の選び方のポイントは、大きく3つあります。

  • ポイント① 体力的な負担が少ない職場を選ぶ
  • ポイント② ブランクがあっても働ける職場を選ぶ
  • ポイント③ キャリアアップできる職場を選ぶ

ポイント① 体力的な負担が少ない職場を選ぶ

「現在の職場では、体力が持たない」と感じたら、体力負担が少ない職場に転職しましょう。

救急病院や総合病院などは体力的な負担が大きいので、日勤メインの職場やクリニックなどがおすすめです。

介護施設や訪問介護は50代の看護師が多く働いており、体力的な負担が少ない職場です。

ポイント② ブランクがあっても働ける職場を選ぶ

結婚や出産を機に退職し50代になって再就職する場合は、キャリアや経験が要求される職場への就職は難しいです。

ただ、看護師不足の現状では看護師資格を持っているだけで転職先が見つかりやすいのが現状です。

体力勝負の救急病院や夜勤専従などの仕事を除けば、50代でブランクがあっても求人はあります。

ブランクがあっても働きやすいのは、クリニックや訪問看護、介護施設、デイサービスのような医療施設です。

ポイント③ キャリアアップできる職場を選ぶ

長年勤務している医療施設で管理職になれる見込みがあるのであれば、転職せずにそのまま働き続けるほうがいいでしょう。

ただ、「働いている職場で管理職になる見込みがない」、「管理職のポジションがない」という場合は転職を考えてみましょう。

50代であってもさらに看護師としてキャリアアップしたい、看護師としてのスキルを極めたいという強い目的意識があればぴったりの転職先が見つかるはずです。

看護師の転職に特化した転職エージェントを利用すると、自分の希望に合った求人を紹介してもらえます。

看護師特化の転職エージェントは後程ご紹介するので、複数の転職エージェントに登録して、希望に合う転職先を見つけてくださいね。

50代看護師が転職するときに注意すべき3つのこと

看護師は、どの年代でも売り手市場ではありますが、50代看護師は「体力が落ちてきている」「定年を控えている」ので、転職先を選ぶときには注意が必要です。

50代看護師が転職を考えるときに、注意しなければいけないのは以下の3点です。

  • 注意点① こだわりすぎない
  • 注意点② 目的を見失わない
  • 注意点③ 年収が下がることを覚悟する

注意点① こだわりすぎない

転職するときに、こだわりが強すぎると転職先がなかなか見つかりません

長年看護師として働いてきた50代は経験を積んだ分、仕事に対するこだわりが強くなってしまう傾向にあります。

自分なりの仕事の方法にこだわりすぎたり、転職先の希望条件にこだわりすぎるのは控えたほうがいいでしょう。

面接で「こだわりが強すぎる」と判断されれば、経験を積んでいても、スキルがあっても一緒に働きたいとは思ってもらいない可能性があります

50代は考え方や仕事方法が決まっている人が多いので、転職するときには「柔軟に対応できる」ことをアピールすると良いでしょう。

注意点② 目的を見失わない

50代で転職をする時には転職する目的を見失わないようにしましょう。

転職活動で目的を見失ってしまう例を紹介します。

  1. 50代になり体力の衰えを感じてきたから、体力的に負担の少ない転職先を探している。
  2. 転職先を探していたら、年収アップできる求人を見つけた。
  3. でも、年収アップはできるが激務になってしまう。
  4. やはり、体力的に負担が少ない求人よりも、年収アップできる求人が魅力的で応募してしまう。

このように、「体力の衰えを感じていたのに、激務で年収アップする求人に応募してしまう」のは、本来の転職の目的を見失っています

体力的に厳しいと感じて転職を考えるなら、多少年収がダウンしても体力的に負担が少ない転職先を見つけるべきです。

転職活動をする時には、求人探しをする前に、自分がどのように働きたいかをはっきりとさせておくと良いでしょう。

「日勤だけの職場で働きたい」「土日は家族と過ごしたいので、土日に休める職場がいい」など具体的にするほど転職してからの満足度が高くなります。

注意点③ 年収が下がることを覚悟する

キャリアアップのために転職する場合を除いて、50代で転職する場合は年収が下がることは覚悟しておきましょう

国税庁と厚生労働省の調査によると、50代前半の看護師の平均年収は約480万円、50代後半では約490万円となっています。

ですが、体力的に負担が少ない職場や高度なスキルを必要としない職場では年収が低くなる傾向があります

ただ、50代看護師は年収の高さを求めるよりも、定年後を意識して無理のない働き方をする人が多いのが現状です。

自分の体力を把握し無理のない範囲で働くことが、気持ちよく働き続けるコツだと言えるでしょう。

50代看護師が転職しやすい職場4選とそのメリット・デメリット

「50代看護師に向いている職場」でもご説明したように、50代看護師におすすめなのは、「体力的な負担が少ない職場」や「ブランクがあっても働きやすい職場」です。

50代の看護師におすすめの医療施設は、大きく

  • クリニック
  • 訪問看護
  • 介護施設
  • デイサービス

の4つがあります。

医療施設① クリニック

クリニックは夜勤がなく、残業が少ないので、体力的な負担が少ない職場です

看護師の数が少ないので、業務の幅が広く、経験を積んだ50代看護師が活躍できる医療施設でしょう。

クリニック
メリットデメリット
入院施設がない小規模クリニックであれば夜勤もないので、プライベートも充実しやすいスタッフの数が少ないので、周りとのコミュニケーションが重要になる

クリニックで働くメリット

クリニックでは症状が重い患者さんを見ることはほとんどないので、体力的にも精神的にも負担が少ないです。

入院施設がない小規模クリニックであれば夜勤もないので、プライベートも充実しやすいです。

夜勤がないと体への負担が少なくなるので、体力が落ちてきた50代の転職先としておすすめです。

大規模な病院と違い、クリニックは自宅近くにも多くあるので、通勤がしやすいクリニックを選ぶと通勤の負担も減らせるでしょう。

クリニックで働くデメリット

スタッフの数が少ないので、周りとのコミュニケーションが重要になります

密な人間関係が苦手な人には向いていない職場かもしれません。

また、症状が重い患者さんと接する機会も少なく、様々な症状の患者さんと接してスキルアップするということができません。

50代でも看護師としていろいろな経験をし、技術を磨きたいと思っている人はクリニックではなく、総合病院など規模が大きい病院が向いているでしょう。

医療施設② 訪問看護

訪問看護では、病気や障害を持った人が住み慣れた自宅で看護ケアを受けられるように看護師が訪問して在宅ケアサービスを行います。

看護先へは自転車や自動車で移動することが多いようです。

訪問看護
メリットデメリット
日勤のみの職場が多いので、プライベートのスケジュールが立てやすい訪問時間内に、患者さんが求めていることをすべて行わなければならない

訪問看護で働くメリット

日勤のみの職場が多いので、プライベートのスケジュールが立てやすいのが特徴です。

また、一定時間は一人の患者さんと向き合うので、落ち着いて看護ケアをしたい人にぴったりです。

訪問看護では基本的に一人で患者さんの対応をするため、長い経験を積んだ50代看護師が活躍できるでしょう。

訪問看護で働くデメリット

訪問看護師はコミュニケーション能力が求められます。

訪問時間内に患者さんが求めていることを行うためには、医師、ケアマネージャー、患者さんの家族と相談し、連携を取るコミュニケーション能力が必要になります

また、夜勤の時間帯はオンコール対応をする場合もあるので、夜に働くのが体力的につらい場合は向かない職場と言えるでしょう

看護の現場は1人で対応しているので、何か分からないことがあったり、助けてほしいことがあってもすぐに他の人を頼ることができません。

幅広い知識とスキルがある看護師であったり、困難な状況でもプレッシャーに押しつぶされないような精神力がないと、つらくなってしまうかもしれません。

医療施設③ 介護施設

介護老人福祉施設や民間の有料老人ホーム、高齢者向け住宅などで介護をします。

介護施設の利用者は、病気を抱えていても症状が安定しているので、体力的にも技術的にも負担は少ないでしょう。

介護施設
メリットデメリット
残業が少なく、日常の業務は簡単なものが多い看護師としてのスキルアップは難しい

介護施設で働くメリット

介護施設では利用者が病気を抱えていたとしても施設で管理できるような安定した状態です。

そのため、日常の業務は簡単な処置がほとんどです。

もし看護師で対応できないような場合は、医師が常駐する施設なら医師につなぎ、医師がいない場合は病院へ搬送することになっているので、普段は落ち着いた仕事環境といえます。

また、残業が少ないのも魅力です。

看護師が24時間常駐する施設では、日勤専従、夜勤専従など担当分けをしているので、日勤専従として働くことができれば、体力的負担が少なく働くことができます。

介護施設で働くデメリット

日常の業務で高度な医療的技術を必要としないため、看護師としてスキルアップを考えている人には向かないでしょう。

また、同じ施設内に医療従事者が自分しかいなかったり、いても少人数で頼れる環境ではありません。

一人で看護業務を行うことが精神的にプレッシャーと感じる人は、より大人数で働くクリニックや病院のほうがおすすめです。

医療施設④ デイサービス

デイサービスは、高齢者が日常生活の介助、食事介助、入浴介助、レクリエーションなどのサービスを受ける場所です。

デイサービスの利用者定員が10名を超える場合は1名以上看護師を置くと決まっています。

デイサービスでの看護師の仕事は、バイタルチェック、服薬管理、急変時の対応など健康管理です。

デイサービス
メリットデメリット
デイサービスのほとんどは夜勤がない医療的な業務が少ないので、看護師としてのスキルを活かしたい人には向かない

デイサービスで働くメリット

夜勤がないデイサービスがほとんどなので、夜勤での体力的負担はありません

土日に営業しないデイサービスも多いので、土日に休むことを希望する場合は土日休みのデイサービスを選びましょう。

デイサービスの利用者には重い病気の人はいないので、日常の業務はおだやかです。

利用者は決まった時間に来て、決まった時間に帰るので、生活リズムは整いやすいです。

日々の生活リズムを整えて、気持ちよく働きたい人にぴったりの医療施設でしょう。

デイサービスで働くデメリット

医療的な業務が少ないので、看護師としてのスキルを活かしたい人には向かないでしょう

デイサービスでは看護師本来の仕事をするというよりも、介護士と同じような業務をすることになります。

そういった業務が苦痛と感じる人はクリニックや訪問介護などに転職するのがおすすめです。

また、夜勤や残業がほとんどないため年収は低くなります。

50代看護師が転職を成功させるには?

50代の看護師が転職を成功させるためにはポイントがあります。

  • ① 今までどんな経験をしてきて、どんな形で貢献できるかを考える
  • ② 転職希望条件を1つ決める
  • ③ 転職エージェントを活用する

① 今までどんな経験をしてきて、どんな形で貢献できるかを考える

まずは、自分が今までどんな経験を積んできたかのキャリアの棚卸しをします

棚卸しを行う中で、自分の強みを見出し、転職先で活かす方法を考えます。

例えば、

  • 今まで急性期病院にいて、迅速に適切な処置・対応を行ってきたけれど、体力的な面から回復期・慢性期病院への転職を考え、急性期病院で培った経験を活かしたいと思った

であれば、強みは「急性期病院という忙しい環境の中で、迅速に対応をしてきた」になり、回復期・慢性期病院でも、その経験は十分に活かせると考えられます。

このように、今まで自分が培ってきた経験・知識を、十分活かせる転職先を選ぶのが転職成功の鍵となります。

② 転職希望条件を1つ決める

「50代看護師が転職するときに注意すべき3つのこと」でもご紹介しましたが、50代での転職で、いろいろな希望条件を掲げるのはよくありません。

  • 体力的な問題も考えて、そこまで忙しくない職場が良い
  • 自宅から近い職場が良い
  • 年収も下げたくない
  • キャリアアップもしたい

正直、このような条件の職場は見つからないでしょう。

ポイントなのは「転職希望条件を1つ決める」ことです。

例えば、

  • どんなことがあっても「年収」だけは下げたくない
  • どんな職場に行っても、キャリアアップはしたい

など、「この条件だけは守りたい」というものを1つ決めましょう。そうすることで、転職の軸をぶらさずに、活動を行うことができます。

③ 転職エージェントを活用する

50代の看護師転職の成功の鍵は、「看護師が不足している」「経験豊富な看護師が欲しがっている」求人・転職先を見つけることです。

そのためには「看護師転職エージェントを活用する」のが早いでしょう。

転職エージェントでは、一般に公開していない求人を扱っていますし、求人検索・転職先への条件交渉まで行ってくれます。

50代の転職にとって、強い味方なのです。次の章でおすすめの転職エージェントをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

50代の看護師転職に欠かせない転職エージェント・ベスト3

50代看護師が転職をする時におすすめなのが、転職エージェントを利用した転職です。

以下では、プロが厳選した看護師転職エージェントをご紹介します。

すべてに登録して、最も相性の良かったところをメインに利用すると、転職成功にぐっと近づくことができます。

もちろんすべて完全無料で利用できるので、安心してください。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

50代の看護師は、転職エージェントを使って転職を成功させよう

看護師不足が深刻になる中、看護師はどの年代でも売り手市場です。

ですが、50代看護師は、若い看護師とは違った悩みがあるものです。

体力的な問題、定年を見据えた働き方など、50代は50代に合った条件で転職先を見つけるのが大事です。

仕事をしながらの転職活動、ブランクがある場合の転職活動を1人で行うのは大変なので、転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェント利用して50代の転職活動を成功させましょう。