転職エージェントは複数登録しても平気?複数登録のメリット・注意点とは

パソコン 女性_457377547
転職エージェントは複数登録しても平気なのでしょうか?複数登録するメリットや注意点を教えてください。
キャリアコンサルタント
転職エージェントに登録すると、担当者が付きます。もし一社しか登録していないと、その担当者と合わなかった時、かなり大変な思いをします。
キャリアコンサルタント
客観的に判断するためにも、複数登録するというのは大切なんです。
分かりました。
キャリアコンサルタント
この記事では、転職エージェントを複数登録することについて、さらに詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職を考えている人の中には、「転職エージェントを複数利用しろってみんな言うけれど、本当なのかな?」と思っている人もいることでしょう。

もしかしたら、「転職エージェントを掛け持ちするなんて、担当者に失礼だからできない」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、結論から言えば、転職エージェントの複数利用は大きなメリットをもたらしますし、実際に複数利用して転職を成功させた人は多くいます

この記事では、転職エージェントを複数利用するメリットと、その際の注意点について解説します。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

データから転職エージェントの複数利用の良さがわかる!実際の掛け持ち数や転職成功率を検証

いくら「転職エージェントは複数利用するのがおすすめ」と言われても、ぴんとこない人もいることでしょう。特に、転職エージェントを使った経験がなければなおさらです。

ここではまず、アンドキャリアが独自に集めたデータをもとに、転職エージェントを複数利用することの良さを説明します

利用者の掛け持ち数

アンドキャリアでは、転職エージェントを利用して転職活動を行った100人にアンケートを取り、転職エージェントを何社利用したかを調査しました。

結果、1社のみ利用したのが18人、複数利用したのが82人と、8割以上の人が転職エージェントを複数利用していることがわかりました。掛け持ち数の中で最も多かったのが「2社」の40人で、中には「8社」と答える人もいました。

転職の成功率

では、実際に転職できたかどうかを表す、転職の成功率を見てみましょう。今回アンケートをとった100人のうち、転職できた人は全体の60%でした。

そのうち、転職エージェントの利用が1社のみの18人の成功率は50%、複数利用した82人は62%と、複数利用した人の方が転職できた人の割合が高くなっています

「転職エージェントは複数利用がおすすめ」と言われる理由は、この数字を見れば分かっていただけるのではないでしょうか。

だから内定に近づける!転職エージェントを複数利用する5つのメリット

「転職エージェントを複数利用すれば転職できる可能性が高まる」ということをご理解いただけたのではないでしょうか。

ここでは、複数の転職エージェントを利用した82人の口コミとあわせて、実際にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

多くの求人に触れられる

転職エージェントが保有している求人は、そのエージェントによって異なります。そのため、複数のエージェントを利用すれば、その分多くの求人に触れることができます

さらに、転職エージェントは、利用者にしか閲覧できない「非公開求人」を持っています。この非公開求人は質の高い求人が多いので、複数利用することで質の高い求人に出会える可能性が高まります。

実際に転職エージェントを複数利用した人の中にも、求人の量が確保できたことをメリットとして挙げている人が多くいます。

より多くの会社の採用情報を見ることができた。また、検索で出てくる会社も違いがあるため、新しい発見もあったのが良かった。」(27歳女性・建設業、2社併用)

転職先の選択肢を増やせる

複数の転職エージェントに登録すると、閲覧できる求人が増えるだけでなく、紹介してもらえる求人も増えます。担当者によっては、利用者の考えてもいなかった求人を紹介してくれることもあるからです。

特に、転職したい業界や職種がはっきりと決まっていない人にとっては、転職先の選択肢を増やすことができるので、この点は大きなメリットとなることでしょう。

実際に複数の転職エージェントを利用した人からも、「意外な好条件の求人を紹介してもらえた」ことを評価する声が上がっています。

自分が思ってもみなかったが経験を活かせそうな案件を紹介してもらえた。それらを複数比較することで、自分が転職に求める条件も整理できた。」(44歳女性・営業、5社併用)

目的に応じて転職エージェントを使い分けられる

転職エージェントには、強みもあれば弱みもあります。複数の転職エージェントを併用することで、互いの弱みをカバーしあい、自分に合った転職サポートをしてもらうことが可能になります。

面接対策の手厚いエージェントで対策を行い、業界の情報は業界に詳しいエージェントから入手するなどのように、目的に応じて使い分けることができるので、効率的に転職活動を進められます。

実際に複数の転職エージェントを利用した人からも、複数利用でエージェントの弱みをカバーできたという声が上がっています。

エージェントによって強い業界や弱い業界があり、情報量に差があったので、複数登録してよかったと思います。」(35歳女性・事務、3社併用)

自分に合った転職エージェントに出会える

転職エージェントはそれぞれ社風が異なるので、「評判がいいエージェントだけど、私には合わない」ということは往々にしてあります。エージェントを複数利用すれば、自分に合ったエージェントに出会えます

また、エージェントとの相性だけでなく、担当者とも相性があるのが事実です。相性の悪いエージェントで転職活動を進めてもストレスが溜まる一方ですので、相性のいいエージェントと担当者を探すのが欠かせません。

実際に転職エージェントを複数利用した人の中にも、複数のエージェントを比較して自分に合ったものを探せたことをメリットとして挙げている人がいました。

「複数のエージェントを比較することで、自分に合った進め方ができる転職エージェントを見つけることができました。」(25歳女性・経理、3社併用)

複数人からのアドバイスで自分を客観視できる

転職エージェントに登録すると、さまざまな担当者に出会います。複数のエージェントに登録すれば、当然担当者も複数人になりますから、複数人からアドバイスを受けられるようになります。

さまざまな視点の人からアドバイスを受けることで、自分を客観視することができ、結果として満足度の高い転職活動ができるのです。

実際に複数の転職エージェントを利用した人の中にも、複数人からアドバイスを受けられたことをメリットと考えている人が見られました。

「複数のエージェントに登録することで、違ったアドバイスを受けることができたので、転職先の視野が広がって良かったです。」(31歳男性・IT技術者、2社併用)

重複応募は大丈夫?転職エージェントを複数利用する際の注意点

さまざまなメリットがある転職エージェントの複数利用ですが、そこには注意点も存在します。この注意点を守らずに併用をしていると、トラブルに発展する可能性もあります。

ここでは、転職エージェントを複数利用する際の注意点をご紹介します。

複数利用していることをしっかり伝える

転職エージェントの併用に後ろめたさを感じている人の場合、複数利用していることを隠したくなってしまうかもしれません。しかし、複数利用していることを隠すのは、あなた自身の不利益になります

たとえば、他のエージェントで選考が進んでいる求人を紹介された場合、断ってしまうと「このような求人には興味がない」と判断され、同様の求人があっても紹介してもらえなくなってしまいます。

転職エージェントの複数利用は悪いことではありませんので、担当者にはその旨を必ず伝えるようにしましょう。

同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

複数の転職エージェントを利用していると、同じ求人が紹介されることはよくあります。しかし、すでに別のエージェントで応募している求人には、決して応募しないようにしましょう

複数のエージェントから応募し内定が出たとなると、企業と転職エージェントの間で「どのエージェントに成功報酬を支払うか」で揉めます。入社前から揉め事を起こすことになるので、企業からの印象も悪くなるでしょう。

忙しい転職活動では、うっかり同じ求人に応募してしまうこともあり得ます。複数のエージェントを併用する際には、応募状況のチェックを怠らないようにしましょう。

内定や選考を断るときには早めに連絡にする

転職エージェントを複数利用していると、選考中の案件よりも良い条件の求人を見つけたり、同時に複数の企業から内定をもらったりなど、内定や選考を断らなければならない状況になることもあります。

そんなときには、担当者に早めに連絡しましょう。連絡が遅れてしまうと、エージェントや企業に迷惑がかかるだけでなく、あなた自身の不利益になることもあります。

複数のエージェントを併用していることを事前に伝えていれば、トラブルになることはありません。あなたのキャリアをより良くするための決断であれば、大抵の担当者は応援してくれることでしょう。

また、断りの連絡だけでなく、エージェントへの返事や報告はなるべく早くすることをおすすめします。素早いレスポンスをすることで、条件のいい求人を優先的に紹介してもらえるようになるからです。

複数ある転職エージェントはこう絞る!自分に合った転職エージェントの選び方

複数の転職エージェントを利用することのメリットがわかっても、たくさんある転職エージェントの中からどれを選べばいいかわからない人も多いかと思います。

ここでは、自分に合った転職エージェントを見つけるための、おすすめの選び方を紹介します。

また、以下の記事では「転職エージェント」についてさらに詳しくご紹介しています。こちらの記事も、ぜひ一度目を通してみてください。

大手総合型転職エージェントに登録する

まずは、総合型転職エージェントの中でも、大手のものを選んで登録しましょう。ここでは、2~3社ほど登録しておくことをおすすめします。

総合型エージェントは、幅広い業種・職種の求人を扱っていますし、大手であれば全国の求人を扱っていることがほとんどなので、地方に住んでいても利用できます。

また、大手のエージェントであれば、転職支援のノウハウが豊富なので、充実したサポートを受けられる可能性が高まります。

おすすめの大手総合型転職エージェントはこの後紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

特化型転職エージェントに登録する

総合型エージェントを選べたら、その弱点を補う特化型転職エージェントを選んで登録しましょう。ここでは1~2社ほど登録しておくことをおすすめします。

特化型エージェントは、対象とする業界や職種などが限られているエージェントで、総合型エージェントが弱みとする専門知識に強いというメリットがあります。

特化型エージェントには、業界や職種別だけでなく、第二新卒やハイランクなどのキャリア別、地域別、女性向けなど、さまざまな分野があります。自分の条件に合うものを探して登録しましょう。

使うべきエージェントを絞る

総合型と特化型の両方に登録したら、メインで使うべきエージェントを絞ります。1~3社ほどに絞ることをおすすめします。

登録したすべてのエージェントをメインで使ってもいいのですが、担当者とのやりとりが煩雑になってしまい、どのエージェントも中途半端になってしまう可能性があるので、あまりおすすめできません。

メインで使うエージェントを決めるのに最も役立つ指標は、担当者です。どのエージェントでも、登録すると初回に担当者との面談を行いますので、ここで担当者の質を見極めましょう。

まずはここから複数登録しよう!おすすめの総合型転職エージェント

前述のとおり、転職エージェントを複数利用する際には、まずは総合型エージェントに登録するのがおすすめです。ここでは、おすすめの総合型エージェントを、独自に集めた口コミとあわせて紹介します。

ここで紹介する転職エージェントは、業種や職種などに関係なく、さまざまな人におすすめできます。ぜひこれらのエージェントから転職活動を始めてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、求人の豊富さを評価する声が多く見られました

39歳女性・営業
求人の量があるので、自分に合った細かい条件で転職先を探すことができました。転職後のサポートもしっかりしてくださって良かったです。
31歳男性・公務員
業界最大手ということもあり、求人の量・質ともに大変充実したものでした。

doda

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しい人向けに、企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。キャリアに自信のある人であれば、大手企業からのオファーが得られる場合もあるのでおすすめです。

dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、サポート面を評価する口コミが多く見られました

26歳女性・アパレル小売業
担当のコンサルタントの方が丁寧に担当してくれた。連絡もこまめにとってくれたので相談しやすかったと思う。
34歳女性・事務
とにかく担当者が積極的な方で、頻繁に求人情報を送っていただきました。担当者が休みの場合でもアシスタントが常にいるので、サポート力も万全です。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。また、女性の転職に定評のあるエージェントですので、転職を考えている女性には特におすすめです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが、十分な量がありますので、転職先に迷っている人にもおすすめと言えます。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、親身なサポートを評価する声が多数ありました

30歳女性・製造業
何が不満で退職したいのかか、転職するにあたり何が一番重要で何が耐えられるかをヒアリングし、職種など希望から自分に適している企業を提案してくれました。
29歳女性・事務
一人で不安な就職活動の中、相談にのってくれる人がいるというのはとても心強く、安心できました。電話の窓口である事務員の方はもちろん、面談対応や面接同行してくれた職員の方も丁寧に対応してくれる方ばかりでした

転職エージェントを100%活用するには複数利用が必須!

複数の転職エージェントを併用するメリットを、ご理解いただけたでしょうか。

ほとんどの転職エージェントは無料で利用できますし、これを活用しない手はありません。ぜひ複数の転職エージェントを併用して、ご自分の満足できる転職を実現させてください。