転職エージェントとの電話面談に失敗しない方法

転職エージェントを利用したいと考えていても、地方在住や子供が小さいなどの理由で、メリットがあるのか考えてしまいませんか?

そんな方には転職エージェントの電話面談サービスがおすすめです。面談の場所を選ばずに、電話のみで質問や面談ができます。

今回は、転職エージェントによる電話面談について、詳しく解説していきます。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたの転職が成功するまでサポートします。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

転職エージェントと電話面談をするメリットとデメリット

転職エージェントの面談は電話でも受けられます

対面で行うのがベストですが、家庭の事情などでエージェント会社に行くのが難しい方は、まず電話で面談を受けてみてはいかがでしょうか。

ここでは、電話相談をした場合のメリットとデメリットについて解説します。

電話面談の3つのメリット

電話面談のメリット3つを解説します。これらの良い点を活かして転職活動をスムーズに開始してください。

メリット① 自分の状況に応じて転職活動ができる

電話で面談する最大のメリットは、転職エージェントまでわざわざ行かなくて済む点です。

遠方に住んでいる方などは行くだけでも時間がかかり大変です。電話相談なら、気軽に転職活動を開始できます。

メリット② 土日や夜遅い時間でも転職活動ができる

仕事をしながら転職活動をする際、平日の昼間はエージェントと面会するのは困難です。

転職エージェントの電話面談は、対面より遅い時間に受け付けてくれる場合もあります。夜や休日も対応してくれることもあるので、在職中でも効率の良い転職活動が可能です。

メリット③ 落ち着いて面談が可能

初対面の人に会うとき緊張しやすい人には、電話面談をおすすめします。 じかに会うとあがってしまい思ったことを伝えられない人も、電話なら落ち着いて話ができるのではないでしょうか。

電話面談の2つのデメリット

電話面談は大変便利な一方、デメリットもあります。以下の点に注意して転職活動を始めると良いでしょう。

デメリット① 電話だけでは対応できない部分がある

転職エージェントによっては電話面談だけでなく、本人に直接会わないと求人を紹介してくれないところもあります

求職者がどんな人物なのか、担当者が直接会って見極めたい場合があるからです。直接面会しないと伝わらない、求職者の希望の微妙なニュアンスにまで注意を払っているのです。

反対に、転職エージェントと考えに違いがあると、思い通りの求人を紹介してもらえないことがあります。一度は直接会って確認した方が良いでしょう。

デメリット② コミュニケーション不足になる

電話のみのやり取りだと相手の顔が見えず、対面よりもコミュニケーションが不足しがちです。

希望の転職先を伝えるのに加え、転職活動中にささいな事情の変化があった際も、電話だと伝わりにくいことがあります。コミュニケーション不足が重なると、エージェントとの二人三脚に乱れが生じます。

電話面談で相性の良い転職エージェントに出会えたら、できる限り直接会って話すのをおすすめします。

転職エージェントの電話面談の内容と流れ

転職エージェントは、あなたを転職先へとつなげてくれる心強い味方です。

転職エージェントに自分の希望やアピールポイントを伝え、相談を重ねれば、自分では気づけなかった適性やアピールポイントが見つかることもあります。

では電話面談の具体的内容、流れはどのようなものでしょうか。こちらでご紹介します。

電話面談の内容

面談は通常、転職エージェントと日程調整した上で、オフィスで行われれます。

初回面談の日程調整は、エージェントに登録後、早いうちにメールか電話で連絡が来ます。直接面会が難しければ、この時に「電話面談ではダメなのか」と伝えましょう。

直接でも電話でも、初回面談時に聞かれる内容はほぼ一緒です。すなわち、「希望業種・職種」「登録した経歴に誤りはないか」「年収の希望」「転職理由」「そのほか、転職先に重視するポイント」です。

転職エージェントの面談に限ったことではありませんが、電話面談は直接面談に比べ、相手の表情や雰囲気が伝わりにくく、性格的に合う・合わないが感じ取りにくい面があります。

また、直接面談だと1時間~1時間半くらい時間をかけますが、電話面談だと30分程度で終わることも多いです。

電話面談の流れ

最初はエージェント側から電話が来ます。まず、求職者とキャリアアドバイザーが互いに自己紹介をした後、転職希望者が経歴や現在の仕事内容を話します。

この際、アピールポイントや現職で使っている資格・スキルも伝えると良いでしょう。

次に転職理由や転職を通じて目指すキャリアの内容を話します。転職で重視する項目、希望条件や、将来的に自分が目指す姿も伝えましょう。

キャリアアドバイザーは求職者のことをうまく聞き出してくれるので、ちゃんと話せるか不安にならずとも大丈夫です。

初回面談は、登録者の情報確認が主で求人情報が紹介されることは、あまりありません。初回の電話面談で確認した事項を元に、後日、厳選した求人を紹介する電話やメールが送られてくるでしょう。

電話面談のみで終わらせてもOK?

地方在住で来社が困難な人や、夜遅くまで働いている人や土日出勤がある人など、来社が難しい人は初回は電話面談でもOKです。

ただ、電話相談のみで転職活動が進められるエージェントはめったにありません。いずれかのタイミングで来社するか、エージェントに来てもらう必要があります。

直接面会するのは、転職エージェントは企業側との信頼関係も大事にしているからです。直接求職者に会わないままでは、自信を持って求職者を企業側にプッシュできないのです。

実際に会ってみて信頼関係を築いてこそ、第三者に安心して紹介できるのは、通常の人間関係と変わりません。

直接面会する際、服装に決まりはありませんが、実際に面接を受ける時に着用するスーツで訪問すると、服装チェックをしてもらえます

転職エージェントとの電話面談に失敗しないための事前準備

転職エージェントとの電話面談は、事前の準備が重要です。

履歴書と職務経歴書を事前に送っておくと、担当者が面談までに目を通してくれるので、電話面談がスムーズに進みます。面談で失敗しないためにも、あらかじめ準備をしておきましょう。

電話面談の事前準備①質問に対する回答を準備しておく

転職エージェントは熱意がある人を優先的にサポートします。熱意が感じられず、準備不足が目立つ人には、熱心にサポートをしてくれない可能性があります。

電話面談は企業の「0次面接」だと思って、事前に想定問答などを準備しておくことをおすすめします。上記で紹介した「電話面談の流れ」を参考に、質問されそうな事柄を整理しておきましょう。

電話面談も直接面談も、求職者の能力と転職への熱意、性格を判断するために行います。準備不足の人は「ビジネスをなめている」と思われても仕方ありません。

確かに、思いもよらない質問が飛んでくることもあります。その際も、上手に切り返しができるかを転職エージェントは見ているので、準備していなかった質問にも自信を持って回答できるよう、イメージトレーニングしておいてください。

転職エージェントの電話面談でよくある質問

これまでの職歴

転職先の企業にアピールできる強みや実績の確認のため、現職の所属部署、職位と役割、業務内容、実績や賞罰が聞かれます。

転職理由

転職理由は、求職者の熱意を測る上で重要です。曖昧な動機なのか、明確なキャリアプランを持った転職なのか判断できるからです。人間関係の悩みなどで転職したい方は言いづらい面もあるでしょうが、正直に伝えた方が自分に合った転職先を紹介してもらえます。

これから目指したいキャリア

転職で失敗しないためには、今後のキャリアの展望についてきちんと確認しておく必要があります。将来的に目指すキャリアを伝えれば、それを実現するために最適な求人が紹介されるようになります。

仕事のスタイル

面談者の希望する仕事のスタイルも重要です。「自分の裁量が大きい」「土日祝日休み」「インセンティブが高い」など、さまざまな条件があるでしょう。無理のない環境で働くためにも、きちんと伝えましょう。

希望する業種

求職者が就きたい業種を聞いてくる一方、転職エージェントが求職者の性格やキャリアプランを見て、求職者に適した業種を提案してくることもあります。自分では想定しなかった業種を紹介されることもありますが、転職で成功するには適した業種を選ぶのが重要です。

電話面談の事前準備②落ち着いて話せる場所を確保する

在職中の人はオフィス近くのカフェなどで、電話面談する場合があるでしょう。その場合、周囲の雑音がうるさいと、面談相手の声が上手く聞こえない場合があります。

賑やかな場所からかけると、「真剣に転職を考えていないのでは」と懸念を相手に抱かせる原因にもなりかねません。

できれば、自宅など一人になれる場所で電話面談をするのが望ましいです。小さい子供がいる場合などは、家族に協力をしてもらいましょう。

自宅が難しい場合は、雑音やBGMの少ない静かなカフェで話すことをおすすめします。自家用車がある人は、停車中の車内でもいいでしょう。とにかく落ち着いた状態で電話面談に臨むことが重要です。静かな場所を確保しておきましょう。

電話面談の事前準備③転職エージェントの保有する求人をチェックしておく

転職先は自分の適性や希望条件に合ったものを選びたいものです。そのためには選択肢が多い方が良いので、保有する求人数が豊富なエージェントで探したほう良いでしょう

転職エージェントのサイトには、公開求人と非公開求人の案件数を記載されているので、電話面談を申し込む前に、求人数をチェックすることをおすすめします。

公開求人は一般公開されている求人のことを指します。一方、非公開求人は転職サイトなどで公にされておらず、登録者にしか紹介されない求人のことを指します。

非公開求人は企業名や募集職種、仕事内容などを一般公開していないので、転職エージェントを利用しないと知ることができません。

非公開の理由は、企業が募集する仕事の内容や募集の背景を知られたくない場合や、最初から転職エージェントを中心として採用活動を行いたい場合などがあります。

非公開求人の場合、求める経験や能力が公開求人よりも明確です。転職希望者と企業側がマッチングしやすいので効率の良い転職活動ができるでしょう。

転職エージェントの電話面談は事前準備万端で上手に活用しよう

転職エージェントの電話面談は地方在住や多忙な方にとても便利なサービスです。しかし、事前準備をしなければうまく活用できないばかりか、転職意欲を疑われる懸念もあります。

面談に入る前に、事前に提出した履歴書や職務経歴書などを再チェックし、転職理由の整理もしておく必要があります。希望職種や企業、年収など諸条件も聞かれます。

特に転職理由は転職エージェントの電話面談だけでなく、実際の転職活動でも必ず聞かれる項目です。曖昧なまま転職活動をスタートさせてはいけません。

効率よく電話面談できるよう、事前に情報を整理し、電話面談の際はポイントを踏まえて簡潔・明瞭に説明できるようにしましょう。

電話面談は顔が見えない分、キャリアコンサルタントの質がよりあなたの転職活動の成否を左右します。質の良いキャリアコンサルタントに巡り合うためには、ここで紹介した転職エージェントの利用を検討してください。