アメリカ薬剤師になるには?方法から日本の薬剤師との違いを徹底解説

薬剤師として日本で働いている人の中には、「アメリカで働いてみたいけど、アメリカで薬剤師として働くにはどうしたらいいんだろう?」と考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに、アメリカにも薬剤師という仕事はありますが、細かな仕事内容や制度などは日本と大きく異なります

そのため、アメリカで薬剤師として働くためには、アメリカで薬剤師免許を取得しなおす必要があるなど、日本での調剤経験があってもさまざまな準備が必要です。

この記事では、アメリカの薬剤師免許の取得方法、日本の薬剤師との違いなど、アメリカで薬剤師として働くうえで必要な情報を紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

アメリカで薬剤師として働くには?

医療系の資格の多くは、日本で免許を保有していてもそのまま海外で使用することができません。

薬剤師の仕事も例外ではなく、アメリカで新たに免許を取得する必要があります。

では、アメリカで薬剤師として働くためには、どのような方法があるのでしょうか。いくつかの方法を紹介します。

アメリカの薬学系の大学・大学院を卒業する

アメリカで薬剤師になる方法の一つは、日本と同様、現地の薬学系の大学と大学院を卒業することです。薬剤師を志望するアメリカの学生も、この方法で薬剤師を目指します。

アメリカでは、大学またはコミュニティカレッジで学んだあと、「Pharm.D.」と呼ばれる専門大学院博士課程で単位を修了し、インターンで臨床研修を行う必要があります

インターンの必要時間数は州によって異なるので、事前に調べておくことをおすすめします。

日本の薬剤師免許を活用して、アメリカの薬学系の大学院へ編入する

日本で薬剤師免許を取得している人であれば、専門大学院博士課程のPharm.D.へ編入することもできます。

外国人薬剤師に対して一部の単位を免除するシステムがあるため、卒業までの期間が短縮できるのがメリットです。

大学によっては、外国人薬剤師のみを対象としたPharm.D.の課程もあるので、日本で薬剤師として働いている人であればこちらを利用することもできます。

ただし、大学院へ編入するということは、授業内容が基礎からではなく応用から始まるということを意味していますので、より勉強に力を入れる必要があります

日系企業に就職し、アメリカを勤務地にする

アメリカで薬剤師として働くには、現地で免許を取得する必要がありますが、実はそうしなくてもアメリカで働ける方法があります。それは、日系企業の企業薬剤師になることです。

アメリカに拠点を持つ日系企業に就職すれば、アメリカで薬剤師免許を取得する必要がないため、大学に通う必要もなく、時間もかからないというメリットがあります。

とはいえ、アメリカで働ける企業の薬剤師の求人はそれほど多くないため、薬剤師向けの転職エージェントなどを活用して適切な情報収集を行う必要があります

アメリカ薬剤師になるには?免許の取得方法を解説

アメリカで薬剤師になるには、日本と同様に国家試験に合格する必要がありますが、既に日本で薬剤師の資格を得ている人の場合、国家試験の受験資格を得る方法は2つあります

ここでは、アメリカの薬剤師国家試験の受験資格を得る2つの方法を詳しく紹介します。

FPGEEの認定証を取得する

アメリカには、「FPGEE」と呼ばれる外国人向けの薬学試験があります。これと語学試験に合格すると、インターンの臨床研修後に国家試験の受験資格を取得できます。

現地で学校に通う必要がないため、かかる時間が少なくて済むだけでなく、資格取得にかかる費用を軽減できるというメリットがあります。

ただし、大学や大学院に通う必要はないものの、語学試験のTOEFLとTSEで高得点を取らなければ合格できないため、英語でのコミュニケーション能力が求められます。

また、認定証を取得後に行わなければならないインターンの臨床研修先を自分で見つけなければならず、ビザの確保にも苦労するなど、困難な点がいくつかあります

なお、2004年以降に4年制の薬学部を卒業した人はFPGEEの受験資格を得られないため、自分が試験を受けられるかどうかをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

薬学系の大学院(Pharma.D.)を卒業する

アメリカで薬剤師になるもう一つの方法は、現地の学生と同様に大学で薬学を学び、Pharma.D.と呼ばれる薬学系の大学院に進学することです。

アメリカでも日本と同様に6年間かけて薬学を学ばなければならないため、国家試験の受験資格を得るには6年かかります。

とはいえ、前述のとおり、学校によっては編入もできるため、学校に通う期間は最短で3年まで短縮できます。

インターン先は学校に募集が来るので自分で探す必要はありませんが、学生数の多い大学ではインターン先が取りあいの競争になるため、積極性と高い英語力が求められます。

費用も時間もかかりますが、レベルの高い米国の薬学をじっくり学ぶことができるため、薬剤師としての知識を高めたいと考えている人にはおすすめの方法です

アメリカ薬剤師と日本の薬剤師の違いは?働き方から考え方の違いを理解しよう

同じ薬剤師という仕事でも、日本とアメリカでは働き方や役割に違いがあります。

アメリカの薬剤師の働き方のうち、主なものは薬局薬剤師や臨床薬剤師、製薬会社の薬剤師、コンサルタント薬剤師の4つです。

コンサルタント薬剤師は聞きなれない人も多いかもしれませんが、医療施設などにサービス向上のためのアドバイスをするのが主な仕事です。

また、アメリカには薬剤師を補佐する「Pharmacy Technicians」と呼ばれる職業もあり、薬剤師の監視下で調剤を行ったり、事務作業を担当したりします。

そのため、アメリカの薬剤師はPharmacy Techniciansを従える上位職であり、大きな裁量が与えられていることも相まって、日本より地位が高い仕事であると言えます

実際に、アメリカでは医師から委任を受けると薬剤師が処方箋を作成できたり、薬剤師が予防接種を担当できるなど、日本よりも仕事の裁量が大きいと言えます。

アメリカ薬剤師の給料や年収はいくら?他の国ではどう?

アメリカの薬剤師の仕事が日本と異なり、日本の薬剤師が担当しないような仕事まで行っているということをご理解いただけたのではないでしょうか。

では、そんなアメリカの薬剤師の年収は、一体いくらなのでしょうか。また、他の国の薬剤師の年収も合わせて紹介します。

アメリカ

アメリカでは、行える業務の幅広さや重要性から、日本よりも薬剤師の信頼度が高いと言われており、それが年収にも反映されています。

アメリカの薬剤師の平均年収は約1,376万円と、日本の平均である約580万円の2倍以上にあたります

アメリカで発行されている雑誌に掲載された「アメリカで最高の仕事ランキング」にもランクインしていることから、給料だけでなく待遇も良いことが伺えます。

日本のように皆保険制度がないアメリカでは、ドラッグストアの薬剤師が医師のような役割を果たすこともあり、その重要性の高さを考えると、納得の高収入だと言えます。

オーストラリア

オーストラリアでは、薬学部の新設などが原因で、日本よりも薬剤師が飽和状態にあります。その影響か、薬剤師の年収はそれほど高くありません。

オーストラリアの薬剤師の平均年収は400万円から500万円と、日本と同程度かやや低い程度の水準です

年収はそれほど高くないものの、専門的な知識が求められる職業であるため、地位の高い職業であることに変わりはありません。

薬剤師一人あたりの処方箋枚数は日本の4倍とも言われていますが、薬歴作成が必須でないなど、業務時間短縮に繋がる工夫が数多くなされています。

カナダ

カナダでは、日本と同様、地域によって薬剤師の年収に差が見られます。給料の高い都市と低い都市では、平均年収にして100万円も差があるそうです。

カナダの薬剤師の平均年収は約750万円と、アメリカには及ばないものの、日本よりも給与水準が高いことが分かります

薬剤師は、「市民に信頼される職業」のトップ3に入るほどカナダでは信頼度の高い仕事であり、信頼度の高さが給料に反映されていると言えるでしょう。

移民が増加傾向にあるカナダですが、それを上回る勢いで薬剤師が増えており、それに伴って外国人薬剤師も増えているというのは興味深いですね。

イギリス

イギリスには、アメリカと同様に薬剤師の補佐を行う職業が存在します。そのため、薬剤師の業務範囲は日本より狭く、なおかつ専門性が高いのが特徴です。

イギリスの薬剤師の平均年収は約600万円と、日本と同程度か少し高い水準にあります

医療費が無料のイギリスでは、病院に患者が集中し医師が不足していることから、薬剤師の重要性が高まっています。

そのため、不足する医療関係者を外国人労働者で補うという動きが活発になっていて、外国人薬剤師も年々増加傾向にあるようです。

韓国

韓国は、薬剤師の業務内容や働き方は日本と大きく変わりませんが、薬剤師の社会的身分は日本より高いようです。

韓国の薬剤師の平均年収は約600万円と、日本とそれほど変わりませんが、物価の違いを考えると日本よりも給与水準は高いと言えます

韓国の平均年収が約320万円であることを考えると、全国民の平均の倍近くを稼ぐ薬剤師がいかに給料の高い仕事かが分かります。

受験戦争の激しい韓国では、薬学部の競争倍率もとても高く、中には日本に留学して薬学を勉強する学生もいるほど、薬剤師は人気の高い職業です。

タイ・シンガポール(アジア)

海外で薬剤師として働く場合、現地で免許を取り直す必要がありますが、タイやシンガポールでは例外的に現地の免許がなくても薬剤師として働くことができます。

現地の日系企業で働く人を対象とした病院も多いため、他の国よりも薬剤師として働くうえでのハードルが低いのが特徴です。

タイとシンガポールの薬剤師の平均年収はどちらも約420万円と、日本より額は低いものの、物価を考えるとそこまで低いとは言い切れません

ただし、シンガポールでは年々物価が上昇傾向にあり、都市部では日本と物価が同程度の地区も見られることから、地域によっては年収が低いと感じることもありそうです。

アメリカ薬剤師についてよくある質問

ここまで、アメリカで薬剤師として働くための方法などについてご紹介してきましたが、「州によって違いがあるの?」など、気になる点がある人も多いのではないでしょうか。

ここでは、アメリカの薬剤師についてのよくある質問と、その答えを紹介します。

アメリカ薬剤師はAIに仕事を奪われる?

薬剤師として働いている人であれば、「薬剤師の仕事は今後AIに奪われる」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、事務作業をAIが行うようになっても、服薬指導などの患者とのコミュニケーションは人間である薬剤師しか行えないので、AIに仕事が奪われるとは考えにくいです

さらに、アメリカでは補佐のPharmacy Techniciansが事務作業などを担当し、薬剤師はコミュニケーションに専念していることから、日本よりもAIに仕事を奪われる確率は低いと言えます。

アメリカの州や地域によって、年収や働き方は違う?

連邦制をとるアメリカでは、それぞれの州が大幅な自治権を持っているため、制度などが州によって異なります。そのため、薬剤師は州によって仕事の内容に差があります。

たとえば、アメリカの薬剤師はインフルエンザの予防接種を実施することができますが、州によってはそれ以外の予防接種も実施することができます。

そのような違いもあってか、アメリカは地域によって給料の差があり、平均年収の1,376万円に対して、1,000万円に満たない地域もあるようです

アメリカ薬剤師の地位って?

国民皆保険制度のないアメリカでは、薬剤師が地域医療における重要な役割を果たしています。病院に行けない患者に薬を処方するなど、医師のような役割を担っています。

そのため、アメリカでは薬剤師の地位が非常に高く、その地位の高さが給料にも反映されていると言えます

さらに、アメリカでは薬剤師免許に定期的な更新が必要で、実践的な研修や講座を受講する必要があるなど、制度が確立されていることも薬剤師の地位を高めていると考えられます。

アメリカで薬剤師として働こうと考えたら、まずはプロに相談しよう

アメリカで薬剤師として働くためには、現地で薬剤師免許を取得するか、アメリカに支社のある企業の薬剤師になる必要があります。いずれにせよ、一人で情報収集を行うのは困難です。

そのため、アメリカで薬剤師として働きたいと思ったら、転職エージェントを利用して、プロに相談することをおすすめします

ここでは、おすすめの転職エージェントを、独自に収集した口コミとともに紹介します。

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、東証一部上場のエムスリーグループが運営する、薬剤師向けの大手転職エージェントです。

求人数は2019年10月現在で13,000件で、強みである病院の求人だけでなく、調剤薬局やドラッグストア、他のエージェントでは珍しい企業の求人も豊富です。

エムスリーグループでは、アメリカにも現地法人を置き、医師の人材紹介業などを行っていることから、アメリカの医療業界ともパイプがあると推測されます。

薬キャリエージェントをおすすめする理由は、求人・提案力・サポートの全ての項目で高評価を得ているからです

口コミでも、担当者の提案力やサポート、求人の量や質に満足したという声が聞かれました。

44歳女性・主任薬剤師

希望条件に合致した求人をスピーディーに案内していただけました。初めての転職活動だったので、不安な気持ちに寄り添う担当者の存在がありがたかったです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、大手薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師向けの転職エージェントです。

求人数は2019年10月現在で約56,000件と豊富で、正社員やアルバイトだけでなく、派遣や紹介予定派遣といった多様な勤務形態の求人を保有しています。

公開求人のうち、海外勤務が可能な求人は見つかりませんでしたが、空港内の薬局など、英語力が求められる求人は数多く見られました。

ファルマスタッフをおすすめする理由は、全国に拠点があるため、地方在住者でも転職サポートを受けやすいからです

口コミでも、地域に合ったサポートを評価する声が多く聞かれました。

27歳女性・薬剤師

福岡に支店があり、土地勘のある方がサポートしてくれるたのが良かったです。自宅近くの職場を探していたので、とても助かりました。

登録する(無料)

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、国内の人材紹介業最大手であるリクルートグループが運営する薬剤師向けの転職エージェントです。

求人数は2019年10月現在で約47,000件と多く、都市部の求人を中心に全国の求人を幅広く取り扱っています。

記事作成時には公開求人を確認できませんでしたが、エリアの中に「海外」という項目があることから、海外勤務の求人を扱っていたことがあるのは確かなようです。

リクナビ薬剤師をおすすめする理由は、提案力に優れた優秀な担当者が多いからです

口コミでも、担当者の質の高さを評価する声が多く聞かれました。

38歳男性・病院薬局長

こちらの求めてるいることを即座に理解してくださった所に大変感謝しております。面接相手も何社か用意して頂き、その中でもおすすめの転職先を用意してくださいました。

登録する(無料)

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、人材紹介業大手のマイナビグループが運営する薬剤師向けの転職エージェントです。

求人数は2019年10月現在で約56,000件と豊富で、さまざまな地域・業種の求人を幅広く保有しています。

公開求人のうち、海外勤務が可能な求人は見つかりませんでしたが、マイナビグループが運営する転職サイトには海外の求人も多くあるため、非公開求人なら見つかるかもしれません。

マイナビ薬剤師をおすすめする理由は、対面によるサポートに力を入れているからです

拠点が全国に15カ所あるため、地方在住者でも面談が可能です。

口コミでも、面談によるサポートを評価する声が多く聞かれました。

23歳男性・薬学部学生

身近なことでも相談に乗ってくれてありがたかったです。履歴書や面接対策など、サポートもとても充実していました。

登録する(無料)

薬剤師はアメリカで働くことも視野に入れよう

同じ薬剤師でも、日本とアメリカでは仕事の内容や求められる役割が異なります。そのため、日本の薬剤師免許があっても、簡単にアメリカで薬剤師になれるわけではありません。

アメリカで薬剤師になるには、日本との違いをしっかり理解したうえで、さまざまな努力が欠かせません

しかし、それ以前に、適切な情報収集を行わなければ、目標とすべき場所も分からず、混乱してしまうことになりかねません。

転職エージェントなどを活用し、上手に情報収集を行いながら、アメリカで薬剤師として働くという夢を叶えてください。