薬剤師が40代で転職する方法と注意点は?経験者・未経験者別まとめ

薬剤師です。転職を考えているのですが、40代ということもあり、転職できるか不安です…。転職を成功させるポイントを教えてください!
一般的に、20代や30代の方と比べてしまうと、40代の方の転職は難しいと言われています。

キャリアコンサルタント

ですが、今まで培ってきた経験やスキルをアピールすることで、転職できる可能性を広げることができます

キャリアコンサルタント

そうなんですね!
はい。この記事では、40代で転職を成功させる方法注意点、そして&careerが厳選した活用すべき転職エージェントなどをご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

「転職してさらにキャリアアップしたい」「今の職場に限界を感じるのでもっと働きやすい職場に行きたい」などという理由から、40代での転職を考えている薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

一般的に40代での転職は難しいと言われていますが薬剤師の場合、今まで培ってきた経験と職場選び次第で十分に転職の道があります。

キャリアアップをするためには40代が転職のラストチャンス。「薬剤師としてこのままで良いのか」などぼんやりとした不安を抱えている方も一度転職を検討してみませんか?

この記事では40代看護師の転職事情やキャリアアップのための方法、転職の際に注意すべきことについて解説しています。

薬剤師向けおすすめ転職エージェントについてもご紹介していますので、転職を考えている40代薬剤師の方はぜひ一度ご覧ください。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

転職は難しい?40代薬剤師の転職事情

薬剤師は国家資格合格を経て初めて就くことが出来る難しい職業ですので、「薬剤師業界はいつも人手不足」という話を聞いたことのある方も多いでしょう。

そのため「薬剤師資格さえあればいつでも転職できる」「アルバイトやパートならいつでも働ける」などと考えている方は少なくありません。

しかし「いくら転職しやすいと言っても、40代ではさすがに転職しずらいのでは…」と不安に思っている方も案外多いのではないでしょうか。

やはり40代以降になるとポテンシャルで採用してもらうのは難しいですし、体力面を考えると20代、30代の薬剤師と全く同じようには働けないかもしれません。

そのため40代向けの良い求人があるかどうか、不安に思う気持ちが出てくるのは当然のことでしょう。

しかし40代でも、薬剤師資格さえあれば転職の道が完全に断たれることはありません。

ここからは40代で転職したいと考えている薬剤師さんに向けて、現在の転職状況や転職難易度について解説していきます。

資格自体は持っているけれど、実際に薬剤師として働いたことがない、という場合についての転職事情もご紹介していますので、転職をお考えの方はぜひチェックしてください。

薬剤師なら40代でも転職できる

一般的に40代以降での転職は難しいとされており、体力面から考えれば薬剤師と言えど、転職は厳しいのでは…?と考えている方も多いでしょう。

しかし薬剤師は特別な資格職ですので、40代以降でも条件などを考慮に入れなければ十分な量の求人があります。

確かに体力面で20代、30代の方と張り合うのは大変ですが、今までに管理職の経験があれば今後管理薬剤師としてキャリアアップできる可能性もあるでしょう。

また、未経験の方であってもドラッグストアなど、調剤経験を求めない職場などであれば十分転職は可能です。

薬剤師になるには大学で薬学を学び、試験に合格する必要があるということを考えると、今後突然薬剤師が急増する可能性は非常に低いと言えます。

転職をお考えの方は40代であっても、十分なチャンスがあると考えてよいでしょう。

転職難易度は経験で異なる

40代薬剤師向けの転職情報は多数ありますが、やはりまったく経験のない職場にいきなり転職することは非常に難しいと言えます。

40代以降の薬剤師に求められるのは今までの業務経験ですので、「全く未経験の分野に新しくチャレンジする」「調剤経験が全くない人が病院で働き始める」といったことは困難です。

そのため転職をお考えであれば「自分の経験が生かせる職場」を中心に探すことが重要だと言えます。40代以降、一番おすすめなのが同じ業界内での転職です。

同じ業界内で多くの経験を積んでいればもっと良い待遇の職場からスカウトしてもらえることもありますし、何より転職後スムーズに働き始めることができます。

しかし「なにか新しいスキルを身に着けたい」「新しい業界で働きたい」という気持ちを持っている場合はなるべく今までの業務経験が生かせる職場を探し、転職活動を積極的に行う必要があるでしょう。

40代以降の場合薬剤師としての経験に加え、マネジメント経験があるとどの職場でも歓迎されます。未経験分野にチャレンジしたいという場合は前職での管理経験をアピールするとよいでしょう。

地方なら薬剤師不足のエリアも多い

薬剤師として転職したいけれど、どのエリアで転職しようか迷っているという方はまず転職のしやすさからエリアについて考えていきましょう。

現在は日本各地、多くのエリアで薬剤師不足が続いているため、40代であっても全体としては十分な量の求人があります。

しかし場所によっては「薬剤師が余っている」というケースもあり、「薬剤師ならどの場所でも必ず転職できる」というわけではありません。

特に都心や各地方都市など、いわゆる「都会」のエリアは薬剤師に人気ですので、「転職が難しい」「忙しいわりに待遇が良くない」という状況になってしまうこともあります。

しかし、比較的人口が少ない地方のエリアであれば十分な量の求人をみつけることができるでしょう。

家族の都合などで「転職できるエリアが決まっている」という方も多くいますが、転職をスムーズに行いたいとお考えであれば地方の求人から探してみるとよいかもしれません。

【未経験向け】40代の薬剤師が転職する方法

薬剤師転職をお考えの方の中には「大きなブランクがあるけれど薬剤師として働きたい」「薬学と関係のない職場で働いてきたけれど薬剤師として転職したい」という方もいらっしゃるでしょう。

薬剤師資格は一度取得すれば法律違反などがない限り、一生有効な資格ですので、資格さえあればたとえ何歳であっても薬剤師としてキャリアをスタートさせることはできます。

しかし実際に未経験40代の方に向けた求人があるのか、不安に思っている方も少なくないでしょう。

ここからは未経験から薬剤師になりたいとお考えの方向けに現在の転職事情やパターン別の転職方法について解説していきます。「とにかく転職できるか不安!」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

未経験薬剤師の転職事情

現在、薬剤師が不足している職場は多く、たとえ薬剤師としてキャリアがない場合でも資格さえあれば転職自体は十分可能です。

しかし転職者の経験を重視する病院などであれば40代未経験からの転職は非常に厳しいでしょう。また、MRや研究職としての経験もない場合、薬剤師として40代から企業で働き始めるのも難しいといえます。

しかし、ドラックストアや調剤薬局であれば人手不足の職場も多いですし、ドラッグストアであれば未経験の方向けに研修を行ってくれるところも多いのでキャリアの無い方でも挑戦しやすいでしょう。

特に「パートやアルバイトの薬剤師でもいい」というケースであれば希望にあう職場はたくさんあります。

「豊富な経験が求められる職場(病院など)へ転職したい」などの高い望みがなければ、40代未経験からの転職が全く不可能ということはありません。

「薬剤師としてまずは働き始めたい」「40代から少しづつ経験を積んでいきたい」という方は後で紹介する転職エージェントなどを活用しつつ、自分に合った職場を探してきましょう。

【パターン別】未経験薬剤師の転職方法

ここからは、状況別に未経験薬剤師が転職を成功させる方法や注意点について見ていきます。

未経験と言っても40代になるとキャリア重視の職場が増えていきます。そのためたとえ薬剤師と関係のない仕事で働いていたという方であっても前職での経験を積極的にアピールするのは転職でも有効です。

また未経験だと多くの場合、年齢的にあなたより若い人から基本的な指導を受ける可能性があります。

もちろん「若い方からの指導でもかまわない」という方も多いでしょうが、中には「自分より若い人に教えられるのは少し不愉快な気分になる」という方もいるかもしれません。

しかし未経験で新しい業界に入る以上、そうした気持ちは抑えておく必要があります。40代以降未経験の転職はさらに厳しくなることを考えると転職後、少しでも長く同じ職場で働くことは大切です。

職場でのトラブルはなるべく避け、転職先では謙虚な姿勢で学び続けるようにしましょう。

MRなど関連職で働いていた方

MRなど薬に関連する職場で働いていた場合、薬剤師資格を生かして他の企業に転職することも十分可能です。また、同じ業界内で転職をし、さらに管理職としてキャリアアップすることもできるでしょう。

しかし現在、この記事を読んでいるのは「いままで関連企業で働いてきたけれど、病院や調剤薬局などで働く薬剤師になりたい」という方なのではないでしょうか?

MRなどとして働いてきた場合だと「調剤に関して全く未経験」というケースもありますので、いくら薬の知識があると言っても転職できるか不安になってしまいますよね。

しかし調剤未経験であっても、薬局などに未経験として勤めることはできます。特に関連職の方であれば「十分薬学の知識がある」と考えられますので、調剤経験必須の職場でなければ幅広く転職は可能です。

しかし転職するうえで「どうして今まで薬剤師にならなかったのか」「どうして関連職でのキャリアアップを選択しなかったのか」という質問を受ける可能性は高いでしょう。

新たに薬剤師として働きたい理由は様々ですが

  • 「家族の介護に伴い引っ越しが必要だったため」
  • 「子育てなどで、時間を調整しやすい仕事に就きたいと考えたため」

など、面接官に理解してもらえる理由を用意しておきましょう。

他業種でキャリアを積んできた方

薬剤師免許は持っているものの、まったく違う分野でキャリアを積んできたという方もいるでしょう。

こうした方の場合、薬剤師の仕事に関係するキャリアがありませんので、「全くの未経験」として扱われることになります。

そのためある程度薬剤師としての経験が求められる関連企業や病院への転職は難しく、新たに勤めるならドラッグストアや調剤薬局がおすすめです。

しかし別の企業で働いてきた場合は前職で得たマネジメント能力やコミュニケーション能力を薬局などでもアピールすることができますので、根気よく転職活動を続ければ希望の職場にも出会えるでしょう。

他業種でキャリアを積んできた方についても「なぜ今薬剤師をめざしたのか」という質問を受ける可能性は非常に高いと言えます。

前職での経験や今の状況を交えつつ、面接官に「薬剤師をめざす理由」をしっかりアピールしていきましょう。

結婚・子育てなどでブランクがある方

薬剤師免許の保有はしているけれど大学卒業後、結婚を機に専業主婦(夫)になってしまった、少し薬剤師として働いていたけれど子育てを機にやめてしまった、というケースは案外多いものでしょう。

薬剤師は国家資格であるため、条件など考えなければ何歳からでも働くことができます。しかしほとんど仕事をした経験のない40代の方だと、新しく働ける職場が限られてくる可能性はあるでしょう。

経験が求められる企業や病院でいきなり働き始めるのは難しいですし、調剤薬局などに行くとしても「経験を積むため、まずはパートから」と言われるケースも考えられます。

しかし、薬剤師のパートは時給2000円程度ですので、たとえ非正規からでも薬剤師として新たに働く意義は十分にあるでしょう。

「どうしても正社員として働きたい」という場合であれば転職活動は長期化するかもしれません。

しかし人手不足のエリアであれば完全未経験であっても、新卒として正社員登用してもらえる可能性はゼロではないでしょう。

まずは自分がどんな働き方をしたいのか考え、転職エージェントなどを利用しながら自分の希望に合った職場を探していきましょう。

【経験者向け】40代の薬剤師が転職でキャリアアップするには

40代で転職をする薬剤師は全体の一割ほどだと言われていますが、40代で新しい職場に行き、今後さらにキャリアアップしたいと考えている方も多いでしょう。

40代薬剤師は多くの職場で若手薬剤師を指導し、管理する立場にあります。そのため転職先では薬剤師としてのスキルに加えマネジメント能力が要求されるケースが多くなるでしょう。

病院などだと「まだ一般薬剤師として働いている」という場合もありますが、転職の際にはどれだけ小さくても「人を指導した経験」「職場をまとめた経験」などをアピールするとよいでしょう。

しかし40代以降、転職はどんどん厳しくなってきます。

やはり定年近い年齢になると「職場に慣れたころ退職されるのは困る」という理由からなるべく若い人を取ろうとする職場も多く、「40代が薬剤師転職のラストチャンス」と言われることもあります。

また、40代以降転職を繰り替えすと今後のキャリアアップが困難になるケースもありますので、40代転職の際はなるべく長く勤められるような職場を選ぶとよいでしょう。

ここからは40代で転職し、さらにキャリアアップしたいという方が知っておきたい「活躍の条件」「キャリアアップ可能な転職先」について解説していきます。

40代で転職を検討しているベテラン薬剤師さんはぜひチェックしてください。

40代からの転職でアピールすべきポイント

まずは、40代からの転職で積極的にアピールしていきたい経験について見ていきます。

40代となるとすでに管理職を経験されている方も多く、人材不足の今「特にこちらからアピールしなくても、転職スカウトが来るだろう」と考えてしまう方もいるでしょう。

しかしキャリアアップのためには他の40代薬剤師と自分を差別化するため、自分の能力をしっかりとアピールすることが大切です。

ここからが紹介するアピールポイントは一例ですが、転職前に自分の強みを把握することにぜひお役立てください。

職場経験が豊富

40代薬剤師がアピールすべき強みは、なんといっても職場経験の豊富さです。20代で薬剤師として働き始め、順調にキャリアを積んできたとなると薬剤師経験は20年ほど。

その中で得たスキルや知識は、転職先でも役に立ちます。「40代で大きく業種を変える」などの事情が無ければ、基本的な薬剤師の仕事はどの職場でも同じです。

40代薬剤師は転職先でも頼られる存在となるため、面接などでは自分が今まで積み上げてきたキャリアや知識が今後の職場でどう生かせるのか、必ずアピールしましょう。

管理職経験がある

40代以降、さらに年収を上げるにはやはり管理職ポジションへの転職が必要となります。

今まで企業で働いてきたという方であれば部長クラスのポジションをめざすこととなりますが、マネジメント経験が全くない状態でいきなり管理職につくのは非常に難しいです。

年収アップをめざす方であれば自分のマネジメントスキルを必ずアピールするよう心がけましょう。

そして40代以降、さらに重要なポストで転職をするためには40代でのマネジメント経験が非常に大切です。

「すでに管理薬剤師などとしてバリバリ働いてきた」という方も転職を機に、今より少し規模の大きい職場で働くと今後のポジションアップにもつながります。

もし現在、まだマネジメント経験をしていないという方であれば今後のキャリアアップのため、「人をまとめる」経験ができる職場を選ぶとよいでしょう。

若手を指導した経験

職場のリーダーとしての役割に加え、40代薬剤師に求められるのは「後輩への指導役」というポジションです。

毎年若手薬剤師が入ってくるような大きな職場では、薬剤師の教育係として業務経験豊富な人材を求めているところもたくさんあります。

そのため、もし今までに「後輩を指導した」「教育係的なポジションに就いたことがある」という場合であればその経験を転職先でも積極的にアピールしましょう。

指導経験が豊富であれば多くの職場で歓迎されます。「40代薬剤師として他の人と差別化できる経験が少ない」という方はまず転職先で「指導係」になれるというポイントをアピールしていきましょう。

40代薬剤師に有利な資格とは

40代薬剤師として転職するにあたって、より幅広い業務にチャレンジしたい、または今以上に専門性を極めたい、という方も多いでしょう。

そんな時に役立つのが薬剤師関連の資格です。

資格取得には時間のかかるものも多いので転職活動と並行しながら取得をめざす必要がありますが、一度資格を取得すれば今後の職場でも役立つ可能性が高いといえるでしょう。

ここからはキャリアアップをめざす40代薬剤師におすすめの資格について解説していきますので、転職前にぜひチェックしてください。

研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)

多くの資格の基礎となっている「研修認定薬剤師」は「薬剤師以外の資格を持っていない」という方におすすめです。

研修認定薬剤師は、資格を所有している薬剤師がしっかり日常業務をこなせることをしめすもの。

以前は「研修認定薬剤師資格なんて役に立たない」と言われたこともありましたが、2016年の調剤報酬改定で「研修認定薬剤師」が国からの算定要件の一つとなったため、最近は資格取得に乗り出す人が急増しています。

研修認定薬剤師となるには、4年以内に毎年5単位以上の必要科目を継続して取得し、認定を申し込むことが必要です。

一度取得した後も3年ごとに更新が必要となるので少し面倒ではありますが、研修認定薬剤師資格を持つことで今後、専門薬剤師としての資格取得が可能になる場合もあります。

ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても、持っておいて損はない資格だと言えるでしょう。

認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)

認定実務実習指導薬剤師は、6年制薬学生の実務実習を担当することができるようになる資格です。

薬学生を指導するためには「指導薬剤師」ポジションの人がこの資格を持っていればよいのですが、指導薬剤師不在時に備えて取得を求められるケースも多く、転職時に取得しておけば有利となるでしょう。

また、管理薬剤師・薬局長として働くためにはこの資格を必須としている職場も多くあります。今後キャリアアップをしていくためには持っておくとよいでしょう。

各種専門薬剤師

認定薬剤師資格取得後に応募できる各種「専門薬剤師」という資格もあります。

各種専門薬剤師資格の数は非常に多く、「がん専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」など専門に合わせて多彩な資格があります。

特に病院に勤める方だと、専門薬剤師資格を取得するメリットは大きくなります。ご自身の専門性やキャリアを考え、今後の職場で生かせる資格を取得すると転職にも役立つでしょう。

認定薬剤師の取得なしでも応募できる専門薬剤師資格も少なくありませんので、応募の前には必ず要件の確認を行ってください。

40代薬剤師が転職するときの注意点

40代からでも薬剤師として転職することはできますが、今後の転職において注意すべきこともあります。

40代となると、定年まであと20年ほど。ドラッグストアや調剤薬局などだと70代で働かれている方もいますが、多くの職場では60代で薬剤師としてのキャリアを終えることになります。

半分を超えた薬剤師人生、今後どんな形で働いていくかは非常に重要です。

ここからは40代薬剤師が転職する際に気を付けた方がよいポイントについて紹介していきますので、転職前にぜひチェックしてください。

転職先の規模を意識する

転職を機にキャリアアップするため、より規模の大きな職場で働きたいという方もいるでしょう。

しかし調剤薬局を例に挙げると、今まで小規模な薬局で働いてきた方が40代でいきなり大きな薬局に勤めるのは大変です。

その理由は患者さんの数にあります。大規模な職場だとやってくる患者さんの数も多いため、その分処理すべき処方箋の数が増加していきます。

そのため特に大規模な薬局では患者さんとの対話より「より早く、正確に処方を処理すること」が求められるケースも少なくありません。

そのため今まで培ってきたスキルが生かせず転職に不満を感じてしまう方も出てくる可能性があります。

転職先とのミスマッチを防ぐためには、

  • 自分が対応できる範囲を把握する
  • なるべく規模感の近い職場を選ぶ
  • 職場環境について事前にリサーチする

ことが大切です。

年収だけに注目しない

転職後のポジションアップを狙う方の中には「年収条件を重要視している」という方も少なくありません。

しかし転職先の年収だけに注目していると、規定よりもはるかに労働時間の長い「ブラック病院」「ブラック薬局」に出会う可能性も高まってしまいます。

こうしたブラックな職場では「管理職」の名のもと長時間労働が常態化していたり、職場の雰囲気が非常に悪かったりします。

40代以降でこうしたハードな職場に勤め続けるのは非常に困難ですので、一度転職に成功してもその後短期離職につながってしまう恐れがあります。

転職の際は福利厚生や労働条件、勤務時間などについてしっかり確認しておくことが大切です。

働きやすさを重視する

40代というと結婚し、家庭を持っている方も多い年齢でしょう。

そのため「給料はいいけれど労働環境が悪い」「福利厚生や手当などがない」という職場はなるべく避け、家族のことを考えて転職先を選ぶのがおすすめです。

40代以降、何度も転職を繰り返すのは大変ですので、やはり一度転職するなら働きやすい職場を選んだ方がよいでしょう。

転職エージェントなどに相談すれば転職予定の職場の雰囲気や上司・同僚の人柄などを聞くこともできます。長く働き続けるためにも転職は「働きやすさ」で選びましょう。

40代薬剤師におすすめの転職エージェント3選

40代でもキャリアや努力次第で希望の職場に行ける可能性は高いです。しかし「転職が初めて」という方や「自分の希望に合った職場を見つけられる自信がない」という方には薬剤師向け転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用することで

  • 面接・履歴書対策が出来る
  • あなたに代わって待遇交渉をしてもらえる
  • 好待遇の非公開求人を紹介してもらえる

などのメリットが得られます。チェックできる求人を増やすという意味でも、エージェントを利用する際は複数登録しておくとよいでしょう。

ここからは、40代薬剤師にお勧めの転職エージェントについてご紹介していきます。

①薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、医療業界のサポートを行う「エムスリーキャリア」が運営する薬剤師向け転職エージェントです。

「エムスリーキャリア」となってからまだ10年ほどしか経っていませんが、病院勤務での求人数は業界最大級。特に病院での勤務を希望している方にはおすすめのエージェントです。

サポートに関しても好評で、専任コンサルタントが日程調整や条件交渉などをあなたに代わって行ってくれます。

また、求人票に載っていない職場の内情についても調査してくれるので、転職が初めてという方でも安心です。薬キャリエージェントでは、正社員の募集はもちろん、派遣やパート、アルバイトの案件も取り揃えています。

家庭や他の仕事との両立のため、パートとして働きたい!と考えている方は登録しておくのがおすすめです。

②ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは18年の薬剤師の転職支援実績があり、全国に15もの拠点を持つ薬剤師向け転職エージェントです。

厚生労働省の「職業紹介優良事業者認定」と「有料派遣事業者認定」を受けているので安心して利用できます。

エリア情報に詳しいアドバイザーが、転職の悩みや希望条件について一緒に考えてくれますので、転職が初めてという方も安心。

正社員だけでなく、パートや派遣の求人紹介を行っているので、いろいろな働き方を提案してくれます。

③リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

続いてご紹介するのは「リクナビ薬剤師」という転職サイトです。

リクナビ薬剤師は、リクルートのグループ会社が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

またリクナビ薬剤師では、調剤薬局・ドラッグストア・病院など、あらゆる業種の求人を幅広く・豊富に扱っているので、初めて転職する方にも非常におすすめです。

さらに「最短3日で転職」というのを掲げており、スピード転職に強みを持っています

40代で転職したい薬剤師まとめ

いかがでしたでしょうか。「40代での転職は難しい」と言われることも多いですが、薬剤師資格を持っているあなたなら40代からの転職も遅くありません。

今まで培ってきたスキルやキャリア、資格を生かして自分の力を新しい場所で存分に発揮しましょう。

「薬剤師として働いた経験がない」という方も、まずは転職エージェントに相談し、どんな求人があるかまずはチェックするのがおすすめです。

働ける場所は限られますが、今薬剤師業界は人手不足。長めのスパンで転職活動を続ければその努力は身を結ぶでしょう。