コンコードがコンサル転職NO.1は本当?利用者評判を徹底検証!

コンコードは「コンサル合格率No.1」の実績があるとされる転職エージェントですが、事実なのでしょうか。利用者からの評判や口コミも気になるところです。

この記事では、コンコードの特徴やサービス内容を解説した上で、評判について徹底検証します。そして、本当にコンサル転職に役立つエージェントなのかを明らかしていきます。

「コンコードは本当にコンサル転職に強い?」「コンコードに任せて大丈夫?」と少しでも不安に感じている人は、是非この記事を参考にしてコンサル転職に役立ててください。

  1. BTCエージェント ロゴ
  2. パソナキャリア ロゴ
  3. リクルートエージェント ロゴ

目次

コンサル業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
非公開: 超難関・コンサル業界への転職成功率を高めるエージェントを口コミから厳選

コンコードエグゼクティブグループの特徴・サービス内容

コンサル転職を成功させるには、コンサル業界に精通したプロのサポートが受けられる転職エージェントを選ぶことが重要です。

ここでは、コンコードエグゼクティブグループの特徴やサービス内容を詳しく説明します。

コンコードエグゼクティブグループとは

コンコードエグゼクティブグループは、コンサルティング業界や金融業界などを中心に人材紹介を行う転職エージェントです。

コンサルティングファームや投資銀行・PEファンドへの人材紹介のほか、外資系企業やベンチャー・オーナー企業へは経営幹部候補の人材紹介も手掛けています。

コンコードエグゼクティブグループを訪れる多くの人が名門大卒で、コンサルティングファーム出身者や、総合商社やメガバンク勤務の転職希望者と言われています。

「未来をつくるリーダーのキャリア支援」を企業コンセプトとするコンコードエグゼクティブグループは、東大や一橋大などで講義を持つなどキャリア教育にも取り組んでいます。

運営会社:株式会社コンコードエグゼクティブグループ

株式会社コンコードエグゼクティブグループは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング出身の渡辺秀和氏が2008年5月に設立されました。

主に、キャリアコンサルティング・キャリア教育・ソーシャルスタートアップ支援の事業を展開し、キャリア戦略に関する書籍も発刊しています。

2010年には、採用担当者500名以上の投票に基づいてNo.1エージェントを決定する「第1回 日本ヘッドハンター大賞」(BIZREACH社主催)で、初代MVP(コンサルティング部門)を受賞しています。

コンコードエグゼクティブグループへのアクセス

コンコードエグゼクティブグループのオフィス所在地とアクセス方法は以下の通りです。

東京都千代田区大手町1ー9ー2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ18階

東京メトロ「大手町駅」出口(C1、C2c、A1)から、ノースタワーの地下通路を通り抜けてグランキューブまで進みます。グランキューブのエレベーターで18階に上がるとオフィスに到着します。

コンコードエグゼクティブグループの特徴①コンサル・ポストコンサル転職に特化

コンコードエグゼクティブグループは、マッキンゼーやBCGなどへの「コンサル転職」や、コンサル出身者の経営幹部に転職する「ポスト・コンサル転職」に特化した転職エージェントです。

コンサル・ポストコンサル転職は、推薦者によって選考プロセスが変わることがあり、どのエージェントから応募するかが重要です。

コンコードエグゼクティブグループは、日本ヘッドハンター大賞のコンサルティング部門初代MVPの実績があり、コンサルティングファームの採用担当者や企業の経営幹部と信頼関係を構築しています。

このため、一般の求人案件の紹介とは異なる「幹部ポジション」や「チーム採用」などの特別案件や、面接の回数が少なくなる「特急選考」などの特別紹介ルートを提供してくれます。

コンコードエグゼクティブグループの求人の特徴|高年収案件は?

コンコードエグゼクティブグループはハイクラス求人に特化しており、コンサルティングファームをはじめ、大手企業や外資系、投資銀行、ファンドなどの求人が多いのが特徴です。

コンコードエグゼクティブグループが配信する無料メールマガジンに登録すると、主に「コンサル&ポストコンサルの求人情報」や「キャリアセミナー情報」が提供されます。

ほかにも、高年収求人のみを集めた案件特集では、年収2,000万円超の非公開求人を紹介しています。例えば、以下の求人案件がありました。

  • 日本初の優良AIベンチャーにてCFO候補募集
  • 外資系医療機器メーカーにて戦略マーケティングディレクター募集
  • 大規模リゾートを展開する企業にて取締役募集

コンコードエグゼクティブグループは、無料メルマガなどで高年収求人を紹介される利点がある一方、優良案件には希望者が集中するため、こまめに公式サイトやメルマガをチェックしてタイムリーに応募する必要があります。

コンコードエグゼクティブグループの特徴②キャリアの設計に注力

コンコードエグゼクティブグループは、「キャリア戦略」をベースとした個人のキャリア設計を支援する活動に力を注いでいます。

コンコードエグゼクティブグループの「キャリア戦略」とは、すぐにゴールを目指すのではなく「キャリアの階段」をつくって、着実にゴールに辿り着く道筋を設計することです。

長年にわたるキャリアコンサルティングの経験を持つコンコードエグゼクティブグループには、個々人のキャリア設計に関する知識やノウハウが蓄積されています。

キャリア設計の知識が豊富なキャリアコンサルタントは、単に個人のスキルと求人案件のマッチングをするだけではなく、一人ひとりの職歴・学歴・年齢などを考慮した今後の将来設計をサポートしてくれます。

コンコードエグゼクティブグループの特徴③専門性の高いセミナーを数多く開催

コンコードエグゼクティブグループでは、企業や業界の理解をもっと深めたい転職者の要望を踏まえたセミナーや相談会を多く開催しています。

企業セミナーでは、実際に働く社員との座談会なども設けられ、転職前に企業の雰囲気を知りたい人や転職後のミスマッチを未然に防ぎたい人に役立ちます。

2020年に開講した企業セミナーの例は以下の通りです。

  • インテグラル若手向けキャリアセミナー
  • アクセンチュア女性向け採用セミナー
  • スカイライトコンサルティング採用セミナー

コンコードエグゼクティブグループでは、企業セミナーのほかにも転職活動に役立つ個別相談会を数多く開催しています。実際に、以下の相談会を開催しています。

  • エグゼクティブ転職個別相談会
  • ポストコンサル個別相談会
  • 戦略コンサル志望者個別相談会

各セミナー・相談会では、外資コンサルや投資銀行、企業の経営幹部への転職を支援してきたエグゼクティブコンサルタントから、キャリア設計のノウハウを学ぶこともできます。

コンコードエグゼクティブグループの特徴④コンサル・ポストコンサル向けの選考対策

コンコードエグゼクティブグループには、コンサルティングファームや有名企業の選考ポイントを踏まえたコンサル・ポストコンサル向けの選考対策があります。

履歴書や職歴経歴書は、同じ内容でも書き方ひとつで合否が決まる恐れがあります。コンコードエグゼクティブグループは、コンサル・ポストコンサル向けの書類の書き方や合格のコツを無料で指導しています。

SPIなどの適性試験やGMATなどの筆記試験対策では、必要な事前準備についてアドバイスも受けられます。面接対策も必要に応じて無料で対応をしています。

特に難しいとされるケースインタビュー対策は、コンサルティングファーム出身のキャリアコンサルタントか多く在籍するコンコードエグゼクティブグループが最も得意とする分野です。

コンコードエグゼクティブグループのキャリアコンサルタントは全員高学歴

コンコードエグゼクティブグループに在籍するキャリアコンサルタントは、名門大卒の高学歴人材で構成されています。

公式HPで公開されているキャリアコンサルタントの経歴には、東大や一橋大などの国立大学をはじめ、慶応大や上智大といった名門大学の名が並んでいます。

コンコードエグゼクティブグループのキャリアコンサルタントは、コンサルティングファームや大手有名企業出身者が多いため、必然的にキャリアコンサルタントの学歴は高くなります。

多くの名門大卒のビジネスパーソンがコンコードエグゼクティブグループにキャリア相談に訪れるのは、輝かしい経歴や職歴を持った信頼のおけるキャリアコンサルタントが在籍していることが要因のひとつと言えます。

コンコードエグゼクティブグループの評判は?コンサル転職成功した?

コンコードエグゼクティブグループは、コンサル・ポストコンサル転職に特化した転職エージェントですが、成功実績や評判が気になる人は多いのではないでしょうか。

ここでは、実際に利用した人の口コミを検証し、本当に使える転職エージェントなのかを深堀りします。

コンコードエグゼクティブグループの良い評判:コンサル転職に特化したサービスが充実

コンコードエグゼクティブグループの特徴は、コンサル・ポストコンサル転職に特化している点です。中でも、選考対策や特別紹介ルートなどの独自サービスを評価する口コミが多くみられました。

  • コンサル業界は未経験でしたが、書類の書き方や面接対応について過去のデータを使用しながら指導を受けることができたので自信を持つことができました。
  • コンサルティング業界経験者だったため特別案件を紹介してもらい、すぐに転職先のファームが決まりました。

コンサル転職のノウハウがあるコンコードエグゼクティブグループは、他の転職エージェントには無い独自のサービスを数多く提供しています。

特にコンサルティングファームとの信頼関係を活かした独自の求人紹介ルートは、コンコードエグゼクティブグループの魅力のひとつです。

コンコードエグゼクティブグループの悪い評判①キャリアコンサルタントの質に差がある

「コンコードエグゼクティブグループのキャリアコンサルタントは、優秀な人が多いから信頼できるのでは?」と思った人も多いのではないでしょうか。

実際、的確なアドバイスを受けることができて良かったなどの口コミもありますが、中には以下のような不満を述べる口コミもありました。

  • 約束した期限になってもキャリアコンサルタントからの連絡がありませんでした。しびれを切らしてこちらから連絡してみると、体調不良を言い訳にされました。それならメールのひとつでもくれれば良かったのにと思いました。
  • 事前に何も伝えられないまま模擬面接をしました。「本番だと思ってください」と言われましたが、模擬面接をするならもっと事前準備の時間が欲しかったです。

この口コミを書いた人は、キャリアコンサルタントのサポートに不安を感じながらも転職活動を続けましたが、残念ながらコンサル転職は惨敗だったようです。

コンコードエグゼクティブグループには新卒入社の若手キャリアコンサルタントもいるため、質の高いキャリアコンサルタントが担当につく保証はありません。

コンコードエグゼクティブグループの悪い評判②求人紹介がない(少ない)

コンコードエグゼクティブグループは、利用者数・求人案件数・成功実績などのデータを公式HPに掲載していないため、不安な人も多いのではないでしょうか。

実際に、以下の口コミがありました。

  • コンサル転職は、企業側の応募条件を満たしていないとエージェントから連絡をもらえないと聞いてはいましたが、コンコードからの連絡は全くありませんでした。
  • 希望職種の求人案件が少なかったです。あと、エグゼクティブなら他の転職エージェントの方が良かったかもしれないです。

コンコードエグゼクティブグループの利用者は、東大・京大はじめとする名門大出身のビジネスパーソンや経営に関わる実務経験をもったコンサルファーム出身の人材が中心です。

そのような人材を対象とした求人案件を多く保有するコンコードエグゼクティブグループでは、応募条件が限定されて求人紹介を思うように受けられない可能性があります。

メルマガなどで配信される優良案件はすぐ募集が締め切られるため、コンコードエグゼクティブグループでは希望の求人に出会える可能性が非常に低いです。

【結論】コンコードエグゼクティブグループは利用すべき?

ここまで、コンコードエグゼクティブグループの良い評判と悪い評判を紹介し、コンサル転職に使えるエージェントなのかを検証しました。

総合評価すると、コンコードエグゼクティブグループの利用はおすすめしません。

おすすめできない最大の要因は、コンサル転職は質の高いプロのサポートが必要なのにも関わらず、キャリアコンサルタントの質が一定でない点です。

コンコードエグゼクティブグループはコンサル合格率No.1を公式HP上でうたっていますが、根拠となる数値やデータはなく、転職成功率が高いと断言できません。

コンサル転職を成功させる秘訣は、質の高いサポート力を持ったパートナーを選ぶことです。求人案件数や取引実績など、説得力のあるデータをもった転職支援サービスを選びましょう。

コンコードエグゼクティブグループよりおすすめな転職支援サービス

コンコードエグゼクティブグループは、コンサル・ポストコンサル転職に特化した特徴がありますが、コンサル転職合格率No.1の実績を持つ転職エージェントとは言えません。

ここからは、コンサル転職におすすめの転職支援サービスを紹介します。

①BTCエージェントforコンサルタント

BTCエージェントforコンサルタントは、IT系コンサルティングファームの株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングが運営する転職支援サービスです。

フリーランスのコンサルタントやITエンジニアに案件を紹介しており、2020年4月現在の公開求人数は559件あります。このうち、実績ある企業の求人案件が93%を占めています。

平均報酬単価は147万円/月、平均継続契約期間は11.5ヵ月と安定した収入が見込めます。

BTCエージェントforコンサルタントは、顧問税理士の無料紹介サービスなど、コンサルティングファームに所属しないフリーコンサルタント向けのサポートが充実しています。

フリーコンサルタントの求人紹介に特化したBTCエージェントforコンサルタントは、求人の質の高さに加え、担当者の迅速な対応にも定評があります。

  • 案件の紹介スピードが非常に早いです。面談した即日に求人紹介をうけ、2営業日後には決まったので大変助かりました。

「求人紹介が少ない」「キャリアコンサルタントから連絡がない」などの口コミが多いコンコードエグゼクティブグループとは違い、BTCエージェントは取引実績や対応力の高さにおいて、信頼できる転職支援サービスです。

②キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職支援サービスです。

2020年4月時点の公開求人数は61,186件で、約94%が年収800万円から2,000万円の高年収案件です。ハイクラス層の求人を扱う転職支援サービスの中では、国内トップクラスの規模を誇ります。

キャリアカーバーはヘッドハンティング型の転職支援サービスのため、登録後はヘッドハンター(コンサルタント)からのスカウトを待つだけです。

ヘッドハンティング型の転職支援サービスでは、ヘッドハンターの質が転職成功の鍵を握りますが、キャリアカーバーでは自分でヘッドハンターを選ぶことができます。

経歴や実績、得意領域を確認したうえで専任担当者を選べるキャリアカーバーなら、コンコードエグゼクティブグループのように担当者の当たり外れに惑わされる心配はありません。

③クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、エグゼクティブポジションの転職とコンサル・ポストコンサル転職に特化した転職エージェントです。

求人数は公開・非公開あわせて10,388件(2020年4月現在)で、年収800万円以上のハイクラス求人を扱っています。

クライスアンドカンパニーの最大の魅力は、キャリアコンサルタントの質の高さです。実際に、以下のような口コミが多く見られました。

  • コンサルティングにしっかり時間をとってくれます。単に転職の話だけではなく、今後の人生についても相談ができて転職者に寄り添ってくれるエージェントです。対応もスピーディーでストレスなく進められました。
  • キャリアコンサルタントの鋭いアドバイスのおかげで、やりがいある仕事をしつつ家族との時間も大切にできる理想的な転職に成功しました。

クライスアンドカンパニーのキャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングの国家資格を保有しています。また、全員が転職経験者であることも特徴のひとつです。

新卒入社のキャリアコンサルタントもいるコンコードエグゼクティブグループと違い、クライスアンドカンパニーは、経験豊かなキャリアコンサルタントによるサポートが約束された転職エージェントです。

コンコードエグゼクティブグループに関するよくある質問

ここからは、コンコードエグゼクティブグループのよくある質問について解説します。

コンコードエグゼクティブグループは、就職希望者が多い企業でもあり、コンコードエグゼクティブグループへの転職についても説明します。

コンコードエグゼクティブグループに転職したい!採用大学は?

コンコードエグゼクティブグループの企業コンセプトである「未来をつくるリーダーのキャリア支援」に魅力を感じ、コンコードで働いてみたいと考える人は多いです。

中途採用の募集職種は、エグゼクティブコンサルタント・コーポレート部門・経営企画スタッフ・webデザイナーの4種類です。

公式HPで掲載されている中途採用者の経歴をみると、東大、一橋大、北大といった名門国立大やアメリカの大学院卒の人など、トップレベルの学歴がある人材が紹介されています。

偏差値の高い大学卒でないと必ずしも転職ができないわけではありませんが、紹介されている中途採用者のように高学歴であれば、選考が有利になる可能性はあります。

コンコードエグゼクティブグループへの転職は高学歴限定?難易度は?

コンコードエグゼクティブグループは職種に限らず転職の難易度が高く、高学歴であっても転職が容易になることはありません。

コンコードエグゼクティブグループの利用者は、企業のエグゼクティブ層や東大・京大卒などのビジネスパーソンが中心のため、中途採用者には高いスキルと豊富な業務経験が求められます。

コンコードエグゼクティブグループは成果主義に重点を置いているため、前職での実績や経験を選考の過程で深く聞かれます。

求められるレベルは非常に高いものの、経営層への営業経験や、輝かしい営業実績、プロジェクトリーダーなどで活躍した経験がある場合、学歴に関係なく採用される可能性があります。

コンコードエグゼクティブグループは新卒でも使える?

社会人としての経験や実績の無い新卒者は、コンコードエグゼクティブグループでは希望の求人に出会えない可能性が高いです。

コンコードエグゼクティブグループが扱う求人は、専門業務の実務経験を必須とするケースが多数を占めます。

以下のように、コンサルティング未経験者でも応募が可能な外資系人事コンサルティングファームの応募要件でも、実務経験を求めています。

  • 経営・組織・人事コンサルティングにおけるプロジェクトマネジメント経験者
  • 事業会社の人事、経営企画等の出身者も可

コンコードエグゼクティブグループは、第二新卒キャリア個別相談会を開催しているため、最低でも社会人1年目から利用することをおすすめします。

コンコードエグゼクティブグループは、新卒者向けの大学講義や学生団体セミナーを行っているため、キャリア戦略設計のノウハウを学ぶ場として利用することは可能です。

コンコードエグゼクティブグループのメリット・デメリットまとめ

コンコードエグゼクティブグループは、コンサル・ポストコンサル転職に特化した転職エージェントです。

コンコードエグゼクティブグループには以下のメリットがあります。

  • 独自の求人紹介ルートを提供してくれる
  • コンサル転職の選考対策が充実している

コンコードエグゼクティブグループは、コンサル転職合格率No.1の転職エージェントをうたっています。ただし、合格率No.1を裏付ける数値やデータの根拠はありません。

この記事では、実際に利用した人の口コミを参考にしてコンコードエグゼクティブグループの評判を検証しました。結果、コンコードエグゼクティブグループには以下のデメリットがあることがわかりました。

  • キャリアコンサルタントの質に差がある
  • 求人紹介がない(少ない)

専門性の高いプロのサポートが必須のコンサル転職において、キャリアコンサルタントの質にバラツキがあることは転職成功率を下げる要因となります。

BTCエージェントforコンサルタントやキャリアカーバーなど、キャリアコンサルタントのサポート力や質の高さに定評のある転職支援サービスに登録し、コンサル転職を実現しましょう。