キャリアウィンクは評判が悪い?500人の口コミ調査の結果

派遣には大別して2種類あります。

1つは派遣会社に登録し、派遣期間のみ雇用される「有期雇用派遣」(登録型派遣)、もう1つは派遣期間に関わらず派遣会社に無期限に雇用される「無期雇用派遣」です。

この記事では、事務職に特化した無期雇用派遣サービス「キャリアウィンク」について、そのサービスの詳細や実態を検証していきます。

キャリアウィンク以外の事務職への就業に役立つおすすめ転職エージェントも紹介しているので、事務職への就職・転職を希望している方は、ぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

キャリアウィンクの特徴・サービス内容

キャリアウィンクの特徴は「取り扱い職種は事務職のみ」「運営会社がサービス利用者を無期雇用して企業に派遣する」などが挙げられます。

下記で、特徴やサービス内容の詳細を見ていきます。

キャリアウィンクとは

キャリアウィンクとは、「未経験から事務職へのチャレンジ」の機会を利用者へ提供する、事務職限定の無期雇用派遣サービスです。

キャリアウィンクを利用するには、公式サイトから応募し、雇用主の株式会社リクルートスタッフィングに無期雇用派遣社員として採用される必要があります。

採用後、ビジネスマナーやWord・Excel・メールソフト基礎トレーニングなどの入社前研修を受け、その後キャリアウィンクが選定した企業へ派遣されます。

就業後もキャリアウィンクのコンサルタントとの面談が随時可能で、仕事やキャリアについて悩み事を相談できます。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行に伴い、キャリアウィンクは新規採用を休止しています(※2020年4月12日現在)。

キャリアウィンクの「無期雇用派遣」とは?

無期雇用派遣とは、キャリアウィンクを運営する株式会社リクルートスタッフィングに社員として入社し、キャリアウィンクが選定した企業で就業する働き方です。

給与は派遣就業先の企業ではなく、リクルートスタッフィングから支払われます。企業に派遣されていない待機期間でもリクルートスタッフィングとの雇用関係は続いているため、月給が支払われます。

昇給制度があり、賞与・交通費(上限3万円)も支払われ、正社員と同様に契約期間も無期限です。

健康診断 、人間ドック補助、フィットネスクラブ割引き、無料⻭科検診 、24時間ヘルスケアダイアル、ベビーシッター割引サービス(※2018年6月時点)などの健康面へのケアもあります。

これらの点から、アルバイトや有期契約社員よりも安定した働き方として公式サイトでは紹介されています。

キャリアウィンクの運営会社

キャリアウィンクの運営会社である株式会社リクルートスタッフィングは、1987年に設立された人材派遣会社です。

株式会社リクルートホールディングスの子会社として、リクルートグループにおける国内の派遣事業を担っています。

事業所は全国に38拠点あり、大手企業との繋がりが強く、特に大都市圏へのスタッフ派遣に力を入れています。

「企業のニーズを満たす人材を見極めた上で派遣スタッフを決定するスタイル」を得意としており、キャリアウィンクが利用者一人一人に合った派遣先を選定します。

キャリアウィンクの対応エリア

キャリアウィンクの対応エリアは下記の通りです。

  • 関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)
  • 関西(大阪府・兵庫県・京都府)
  • 東海(愛知県)

キャリアウィンクの派遣先企業は、関東〜関西エリアに限られ、北海道、東北、北陸、中国、四国、九州、沖縄エリアは含まれません。

対応エリア外に居住している方でも、日帰りで派遣先企業に通える距離であれば利用可能です。それ以外の方はそもそもキャリアウィンクのサービスの対象外です。

キャリアウィンクの特徴①独自の研修制度

WEB応募後、説明選考会(説明会・適性検査・ 面接1~2回)を経て採用された場合は、事務職未経験者を想定した入社前研修に進みます。

研修は3つのプログラムが用意されています。

  • ビジネスマナー研修:マインド・マナー(普段の立ち居振る舞いにおけるマナー)、コピー・マナー(コピー機の使用方法やコピー依頼を受けたときの確認事項など)、ビジネスメールマナー(メールの書き方や送る際のマナー)を学びます。
  • ビジネスマインド研修:「社会人基礎力」「チームワーク力」「役割認識力」「向上する力」の基礎を学びます。
  • ビジネスOA研修:WordとExcelの基礎トレーニングと、Outlookメールの基本操作を学びます。

ビジネスマナーやコピー機、ソフトの使い方など、事務職の基本的な知識や技術に触れてもらい、個人の得手不得手を自覚させることを目的としています。

キャリアウィンクの特徴②待遇やサポート体制の充実

給料は月給制で、派遣勤務をしていなくてもリクルートスタッフィングから支払われます。賞与、残業代、交通費(上限3万円)も支給され、昇給もあります。雇用契約期間は無期限です。

福利厚生は、健康診断 、人間ドック補助、フィットネスクラブ割引、無料⻭科検診 、24時間ヘルスケアダイアル、ベビーシッター割引サービス(※2018年6月時点)などの健康や生活面のサポートが受けられます。

派遣勤務を開始後もキャリアウィンクからのサポートは続きます。

業務の振り返りと企業からの評価をもとにした半期に一度のフィードバック面談や、仕事やキャリアについての悩み相談が随時可能です。

定期的にキャリアウィンクの担当者が職場訪問をするので、仕事の不安点や不明点について、その場で相談も可能です。

キャリアウィンクの特徴③就業先に大手企業多数

キャリアウィンクを利用したリクルートスタッフィング従業員1136名のうち、60%以上の人が従業員1001名以上の企業に就業しています。下記は細かい内訳(※2018年8月時点)です。

  • 従業員1001名以上:60%
  • 501〜1000名:12%
  • 101〜500名:20%
  • 31〜100名:3%
  • 30名以下:5%

公式サイトの就業先紹介では、SUUMOを運営する株式会社リクルート住まいカンパニーや、AbemaTVやアメブロを運営する株式会社サイバーエージェント、KDDIや博報堂プロダクツが挙げられています。

キャリアウィンクの「お仕事情報」ページに掲載されている求人はごく一部で、その他に常時200件以上の非公開求人を保有しています。

掲載されている求人の企業名はすべて伏せられています。

キャリアウィンクの評判は?面接で落ちた人続出って本当?

ここからは、キャリアウィンクを利用した人が投稿した口コミを参考に、サービスの実態について見ていきます。

無期雇用社員としての雇用が利点としてアピールされていますが、実際には待遇の悪さや年収の低さなどを理由に、利用者が離職を希望するパターンが多いようです。

キャリアウィンクの良い評判:収入が安定していて、研修やサポートが充実している

キャリアウィンクの良い評判で多く挙がっているのは、毎月の収入が安定している点です。

収入面以外でも、キャリアウィンクの研修やサポートに対して肯定的な感想が見られます。下記は、キャリアウィンク利用者からの良い評判です。

  • 毎月収入が安定しており、安心して生活できる
  • 事務職未経験のため心配だったが、ビジネスマナーや自分のモチベーションを上げる方法などの内面的な研修も充実していて良かった
  • 担当のカウンセラーが自分の希望や興味について親身に聞き、条件に合う会社について入社前に詳しく教えてくれた

キャリアウィンクの悪い評判①年収が低い

キャリアウィンクを利用して得られる年収は賞与を合わせても約260万程度で、キャリアウィンクの代表的な悪い評判は、下記の口コミのように年収の低さを指摘するものです。

  • 派遣先によって業務のきつさが大きく異なるが、給料は一律のため不満
  • 派遣先の正社員と同等かそれ以上の激務で給料が約20万円なことを考えると、普通の派遣として働いた方がまだ良い
  • 時給に換算したら、一般の派遣社員のほうが稼いでる場合もある
  • 事務職未経験の若年層を囲い込み、都合よく使うための仕組みだと思う

業務の多さ・きつさにかかわらず給料は一律であること、給料は毎月約20万でほぼ固定であることが、このサービスの大きなネックであるようです。

キャリアウィンクの悪い評判②就業先が適正ではない

キャリアウィンクの公式サイトには、就業先の選定はキャリアウィンク側が利用者の希望に沿って行う旨が記載されているため、利用者はそれを事前に承知しています。

それでも、下記のような就業先の選定についての悪い評判が散見されます。

  • 個人の希望関係無く、人手が不足している企業に押し込まれた。触れ込みとは全く異なっていた
  • キャリアスタッフや派遣先企業の都合を優先しており、人手が足りていない企業があれば、たとえ派遣先が自宅から遠くてもあてがわれる
  • リクルートスタッフィングの社員になってしまっているので、あてがわれた派遣先が嫌でも、就業や契約更新の拒否がしにくい

派遣先の企業は、個人の希望以上に、企業側の都合を優先して決められることが多いと見受けられます。

キャリアウィンクの悪い評判③担当者がすぐ変わる、サポートの質が低い

キャリアウィンクの担当者やサポートの質について、好意的に評価する人がいる一方で、不満を持っている人も多数存在しています。下記は、利用者の口コミです。

  • 良い担当にあたっても、派遣先が変わると担当も変わってしまう
  • 休日出勤の有無や有給についてなど、派遣される前に確認しておきたかった事項を担当が把握しておらず、派遣されてから知ることになった
  • 派遣先の悩み事を担当者に相談しても、社員なんだから我慢して、と言われただけで、自分でなんとかするしかなかった
  • 「派遣先は変えられない。嫌なら退職して」と担当から言われた

良い担当者もいる一方、利用者の相談に取り合わない人や、選定した企業の情報を把握していない人もいたとのことです。

【結論】キャリアウィンクは利用すべき?

利用者が投稿した評判から、キャリアウィンクの利用には様々なリスクや不安な点があることがわかりました。

キャリアウィンクで雇用や収入が安定していても、低い年収で激務の企業に割り振られる不安を抱えながら働くのは金銭面に余裕ができず、さらに精神的にも負担が大きいです。

派遣先の変更を希望しても、担当者に適切に対応してもらえるとは限らず、辞めるしか職場から離れる方法が無くなり、最終的には離職する人も多いようです。

キャリアウィンクより高い年収が得られる就業先を自分で選んで仕事したい方には、これからご紹介する転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントの支援を受けることで、未経験の職種でも派遣ではなく正社員として就業できる可能性がグッと上がります。

事務職案件多数!キャリアウィンクよりおすすめの転職エージェント3選

転職エージェントは、登録からヒアリング、求人紹介、企業との面接日程調整、入社後のサポートなどを完全無料で行ってくれるサービスです。

以下のエージェントを利用することで、未経験でも正社員として就業し、キャリアウィンクよりも高年収で良い待遇を得られるチャンスが広がります。

転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは現在34,644件の公開求人を保有する転職エージェントです。

無料登録後にカウンセリングがあり、キャリアアドバイザーが求人紹介、希望企業への推薦、面接対策や日程の調整、入社前後の企業との交渉代行などのサポートをしてくれます。

求人検索の際は、職種カテゴリから「管理・事務」を選択し、さらに「一般、営業、貿易、会計・経理、特許、英文、医療、金融」別に絞り込めます。

上記のやり方で事務職をすべて選択すると1,140件の公開求人があります。

そこからこだわり条件として「未経験可」を追加しても求人数は461件あり、ソニー損保、アマゾン、富士薬品、三井不動産、三菱電機など様々な企業の求人が掲載されています。

パソナキャリアは8割が非公開求人のため、登録するとより多くの事務職案件を見つけられます。キャリアウィンクより多い案件数で、就業先も自分で選べるのでおすすめです。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは公開求人115,994件、非公開求人127,932件と、業界トップクラスの求人数を保有する転職エージェントです。

求人検索で「管理・事務」、さらに「営業、経営企画・事務企画、マーケティング、経理、法務、特許、総務・庶務、人事、医療・レセプト、不動産、学校・大学」より業種別に検索できます。

上記の事務職すべて選択すると、公開求人数1,186件、非公開求人数1,646件の計2,832件もの事務職案件がヒットします。

こだわり条件で「未経験でも可」を追加しても、公開求人1,010件、非公開求人983件がヒットし、案件数は合計約2000件にのぼります。

求人数の多さに加え、求人紹介や面接対策などのサポートはもちろん、リクルートエージェントが独自にまとめた企業ごとのレポートが提供されます。

レポートでは企業の特徴や選考のポイントを事前に把握できるため、キャリアウィンクを利用するより安心で自由度も高くおすすめです。

リクルートエージェントの公式サイト

転職エージェント③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドはオランダで設立された世界的な転職エージェントです。

保有求人数は10,000件以上とされ、数は少ないものの、年収800万円以上のハイクラス層の転職を得意としています。

担当エージェントによる転職支援の評判も高く、年収アップをしたい方はキャリアウィンクよりランスタッドを利用すると良いでしょう。

求人検索の際、「正社員・契約社員」の雇用形態を選び、キーワードに「事務」と入れると1965件の公開求人がヒットします。そこから特徴欄の「未経験可」の項目を選択すると、242件に絞られます。

なお、雇用形態を「正社員(ハイクラス)」とした場合、ヒットする事務職案件は13件です。ランスタッドも保有する80%の求人が非公開求人のため、登録後はより多くの求人が紹介されます。

ランスタッドの公式サイト

事務職での未経験・スキル不足が心配なら…

上記の転職エージェントよりも保有求人数は減りますが、より未経験者向けで、就活活動を手取り足取り支援してくれるエージェントも存在します。

こちらも無料で支援が受けられ、未経験者の利用割合が高いです。

未経験・スキル不足でも安心①DYM就職

DYM就職

DYM就職は、未経験OKの正社員就職サポートを行うエージェントで、「既卒、第二新卒、未経験から正社員に!」をキャッチフレーズとしています。

DYM就職が独自に厳選した優良企業2000社以上の求人から、利用者の条件に合った正社員案件の紹介を受けられます。

エージェントが企業の採用担当や社長と直接交渉を行うため、書類選考なしで企業との面接に進める特徴があります。利用者の就職率は96%とされています。

就業経験がなくても担当エージェントが親身に対応し、面談から求人紹介、内定までずっと心強かったと評判です。キャリアウィンクは担当者に対する否定的な口コミが目立ちました。

初めての転職で不安、第二新卒・既卒での就職・転職で焦っている、事務職未経験の方にはDYM転職の利用をおすすめします。

登録する(無料)

未経験・スキル不足でも安心②ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター、既卒、第二新卒向けの正社員就職支援エージェントです。60,000人のカウンセリング実績を持ち、内定率は80.4%と公表しています。

専任のアドバイザーがつき、カウンセリングでは利用者の将来の希望やこれまでの経験などをもとに、長所短所を明確にし、一人一人に合った仕事を一緒に考えてくれます。

経歴書の書き方や面接での話し方などの基本、フリーター・既卒・第二新卒それぞれの就活のコツを丁寧にレクチャーしてもらえます。

必要書類の提出や面接日程の調整もアドバイザーが代行するので、就活が初めてで何をすれば良いのかわからない方でも安心して利用できます。

未経験OKの求人は常に2,300件ほど保有しています。

職歴や経験に自信がなくても事務職の正社員になれるチャンスがあるため、キャリアウィンクで無期雇用派遣社員として働くよりも、こちらの利用をおすすめします。

登録する(無料)

未経験・スキル不足でも安心③リクらく

リクらくは20代までの就職・転職を支援するエージェントです。

「20代なら経歴不問!」と打ち出し、利用者の8割は未経験で内定率は94%とされています。

20代転職、既卒就職、第二新卒転職、フリーター就職のノウハウについて、サイトに記事を多数掲載しており、20代の様々なケースに対応しています。

書類添削や面接練習などのフォローが親身で手厚く、入社後の悩み相談も可能です。内定のためだけではなく、利用者の将来設計やライフバリューも共に考えてくれるエージェントです。

キャリアウィンクの口コミでは「担当者が自分の成績しか考えていない」「希望しない環境に押し込まれた」と嘆くものが目立ちます。

今だけではなく、自分の将来について考えながら就活をするには、リクらくの方がおすすめです。

好条件の求人例として、事務職で月収21万円、残業なしのものが紹介されています。勤務地は東京23区、東京23区外、神奈川、千葉、埼玉が選択できます。

キャリアウィンクに関するよくある質問

キャリアウィンクにおける採用や賞与の実態についてなど、よくある質問と回答を以下にまとめています。

キャリアウィンクの利用を検討している、あるいは気になっている方は参考にしてください。

キャリアウィンクを辞めたい場合は?

キャリアウィンクのサイトやマイページには、退会フォームはありません。

利用者は、キャリアウィンクを運営するリクルートスタッフィングの社員のため、退職届を提出する必要があります。退職届はメールで提出可能です。

一般的な企業を退職する場合と同様、退職日の1ヶ月前までに退職届を提出できるように準備をしましょう。

なお、派遣先での勤務期間中は、体調不良などの理由以外では契約の途中終了は原則できません。どうしても辞めたい場合は、まずキャリアウィンクの担当者に相談します。

キャリアウィンクマイページのログイン方法は?パスワードを忘れたら?

キャリアウィンクのサービス利用開始後は、リクルートスタッフィングのログインページからマイページへログインします。

リクルートスタッフィングはマイページ利用者のパスワードを管理していないため、自分でメモをしておきます。

パスワードを忘れた場合は、「ID・パスワード設定」ページから、再設定に必要な認証キーを登録メールアドレス宛に送信します。

届いたメールに記載されている指示に従い、新しいパスワードを設定したら完了です。

キャリアウィンクの「応募~面接~内定」の流れは?

キャリアウィンクのサイトの応募フォームに記入した情報を基に、書類選考が行われます。

書類選考通過の場合は、キャリアウィンク(リクルートスタッフィング)からメール連絡があり、次のステップである説明選考会の日時を予約します。

説明選考会では説明会・適正検査(パソコンでのSPI検査)・面接(1~2回)が行われます。

サイトには「面接では、これまでの経験や強み・弱み、働き方や、今後の働き方のご希望など、ざっくばらんにお話ください」と案内されています。

面接に関する口コミを見ると、話しやすい面接官もいれば、「女性同士の人間関係について深く聞かれた」「威圧的にズバズバ質問してきた」面接官もいるようです。

選考に通過すると、無期雇用派遣社員としての採用内定通知が来ます。

キャリアウィンクに落ちた人は多い?倍率・不採用の原因は?

キャリアウィンクの採用について口コミを見ると、採用されて就業している人の書き込みが多い一方、「落ちた」と書く人も散見されます。

リクルートスタッフィングは、派遣先企業に紹介する人材を選考しています。人材派遣先でトラブルが発生した場合、リクルートスタッフィングの信用が失われます。

このため、社会人として最低限のマナーがあり、いかなる派遣先でも協調性を持って仕事をやり遂げられると判断した人材を採用する可能性が高いです。

キャリアウィンクは月給や賞与などが支払われ、雇用も無期限なため人気があるので、倍率も高めであることが想定されます。

事務職は未経験…どんな志望動機がいい?

事務職の経験がない場合は、前職の経験や自身の性格をもとに、志望動機をアピールをしていきます。

事務職には、日々コツコツと業務に取り組む集中力や、業務をミス無く着実にこなす正確性、社内・社外とも円滑な関係を築けるコミュニケーション能力などが求められます。

WordやExcelなどのPCスキルや、書類管理、電話対応などの経験も事務仕事に活かせます。

上記のような事務職に求められる要素を意識しつつ、「コツコツ作業することが好き」「書類作成における合理化・正確さ・迅速さを追求することが好き」など、自分の特性に絡めた志望動機を用意しましょう。

その場で内定もあり得る?

キャリアウィンクの採用では、選考会場で内定をもらう人も一定数存在します。

これは「応募者が優秀だった」「書類選考の時点で内定がほぼ決定していた」などの理由が考えられます。

選考会での面接終了後に内定を告げられ、入社検討期間は10日間ほど与えられた、との利用者の書き込みもあります。

選考会で内定を告げられたら、入社を承諾する前に再度条件や待遇を確認し、質問漏れが無いように気をつけましょう。入社を一旦保留する場合は、回答期限を確認しておきましょう。

キャリアウィンクの賞与(ボーナス)時期はいつ?何ヶ月分貰える?

賞与は6月と12月の年2回に支払われ、1回の満額は10万円です。

勤務地にもよりますが、キャリアウィンクの月収は約20万と口コミサイトに掲載されています。賞与は1年につき1ヶ月分の計算です。

上記月収の場合、年収は約260万です。そこに残業代や交通費(上限3万円)が上乗せされます。

昇給のチャンスは年1回ありますが、「キャリアウィンクの担当者に自分から希望を明確に伝えなければ検討してもらえない」との利用者の声もあり、確約はされていません。

キャリアウィンクでは派遣先で直接雇用に移れる?

利用者の口コミによると、キャリアウィンクを利用し、派遣先で直接雇用(正社員化)される可能性は見込めないようです。

「大手企業が派遣社員を正社員に雇用する前例がなく、給料の安い派遣のまま」「いざ正社員になりたい、なろうとした時に派遣で簡単な仕事の経験しかなければキャリアとして評価してもらえません」と語るコメントが見られます。

未経験から事務職に就職・転職したければ、キャリアウィンクではなく、その他の転職エージェントを利用しましょう。

キャリアウィンクで派遣就業よりも正社員がおすすめ!

キャリアウィンクは雇用と収入の安定を売りにする無期雇用派遣サービスです。

ただ、派遣先で正社員並みの激務を要請されても年収は約260万と低く、利用者からの評判は悪いものが目立ちます。

就業先は自分で選べず、仮に就業先の環境が気に入っても直接雇用の望みが薄いので、「辞めたい」と語る利用者も多いようです。

キャリアウィンクで派遣社員として時間と体力を消費するよりも、この記事で紹介した転職エージェントを活用して正社員就業を目指し、真に安定した労働環境や待遇を得ることをおすすめします。

転職エージェントによって保有する求人や企業情報は異なるため、複数のエージェントに登録し、紹介された案件を比較検討すると良いです。

それぞれ未経験でもOKな案件も多く、きっと自分に合った正社員事務職が見つかります。