転職エージェントの面談って何をするの?必要な準備や当日の服装まで!

アドバイザー 女性_226737397
転職エージェントを利用しようと思っているのですが、面談があると聞きました。どんなことをするんですか?
キャリアコンサルタント
まだ転職活動もよく分かっていないのに、「面談がある」なんて聞くと、不安になってしまいますよね。
キャリアコンサルタント
転職エージェントの面談というのは「どんな業界に転職したいのか」「どこの会社に転職したいのか」というような、転職を円滑に進めるためのものです。
あ、そうなんですね。そこまで構える必要はないんですね?
キャリアコンサルタント
もちろんです。この記事では、転職エージェントの面談について詳しくご紹介しています。面談のための準備についても触れているので、ぜひ確認してみてください。

転職エージェントを初めて利用する方にとって、「面談」というのはかなり不安ですよね。

面談では一体、「どんなことが聞かれるのか」「どんなことを準備すれば良いのか」「注意すべきことはなにか」など、かなり不安になることでしょう。

今回はそんな「転職エージェントの面談に関すること」について、詳しくご紹介していきます。

転職エージェントの面談を不安に感じている方は、この記事を参考にしてみてください。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

転職エージェント面談準備はこれでOK!よくある質問まとめ

まずは「転職エージェントが行う面談とは何か」についてご紹介します。転職エージェントに登録すると、必ずと言っていいほど「面談」を行うことになります。

この面談というのは、「キャリアカウンセリング」とも呼ばれ、1〜1.5時間ほどかけて、「求職者についてや、希望の転職についての理解を深め」ます。

担当者の方が求職者について深く理解する、というのもありますが、求職者側も「この担当者の方は信頼して良い人なのか?」という不安を解消する場でもあります。

転職エージェントというのは、「転職を担当者の方と相談しながら進めていく」ことが最大のメリットですが、”求職者に最も合った転職先を探す”というのは、一日二日会っただけの担当者にとって、かなり難しいことですよね。

しかし、この面談を行うことで、かなりマッチングした求職先を提案することができます。つまり面談というのは、担当者の方にとってもかなり重要ですし、求職者にとってもかなり重要であるのです。

Q.面談前にしておくべき準備は?

まずは面談前に準備するものについてご紹介します。もちろん、事前に担当者の方から連絡があると思いますが、基本的には

記載済みの履歴書」「記載済みの職務経歴書」「筆記用具

を持っていけば大丈夫です。

もちろん、履歴書や職務経歴書は完璧でなくて大丈夫です。そういった履歴書などは、本格的な転職活動が始まると、転職エージェントの方で添削してくれますから、安心して大丈夫です。

また、面談でかなり重要になってくるのは「職務経歴書」です。

これを元に、「求職者に合った転職先はどこなのか」などについて考えるわけですから、その内容に不備があったり、間違いがあると、納得の行く転職はできないと言えるでしょう。

勤めた会社の最低限の情報(何年勤めたのか、どんな役職で、どんな仕事をしていたのかなど)に加え、どんなスキルを得たのか・または使ったのか、その会社・仕事を通して、どんなことを自分は感じたのか・そして退職したのか、などについてもしっかり書くようにしましょう。

そういった答えは、すべて自分の内側にありますから、まずは自分ひとりの力で、見つけるようにしましょう。

また「どんな転職をしたいのか」という転職希望についても考えるようにしましょう。

担当者としても、一人の人に大量の時間を割くことはできません。短い時間の中で判断しないといけないということからも、事前に自分の考えをまとめておくべきだと言えるでしょう。

Q.訪問は約束の何分前が常識的?

では、面談当日は、何分前に着いているべきなのでしょうか。結論から言うと、特に決まりはありません。

しかし、これは「転職先の企業面接」のときにもかなり意識しなければいけないポイントですので、ある程度自分の中で確立させたほうが良いでしょう。

大原則として「遅刻は厳禁」です。これは当たり前なことだとして、何分前に着いているべきかということですが、一般的には「10〜15分前には到着しているのが好ましい」とされています。

転職エージェントとの面談ではありますが、しっかりとこの時間を守れるようにしましょう。その心がけが、本番の面接のときにも役立ちます。

Q.面談ではどんな質問をされる?

エージェントとの面談の流れとしては、まずは「キャリアアドバイザーの自己紹介」「その転職エージェントの特徴やスタンス」や「どのようなサポートが受けられるか」などについての説明があります。

そして、持参した職務経歴書に沿って、「これまでの実績」や「仕事内容」などについて、担当者の方とともに振り返っていきます。

面談では、どこの企業の、どんな仕事が求職者に合っているのか、というのに加えて、「転職企業先にアピールできるところはどこか」についても探ります。

ですので、「どんなことをやってきたのか」「どんな実績があるのか」については、かなり細かく質問されるでしょうから、素直に答えられるようにしましょう。

過去のことについての振り返りが終わると、「どんな企業・職業に転職したいか」という転職希望についての話になります。

ここでも、どんな転職を望んでいるのか、どんな転職が合っているのかについて、担当者の方は真剣に考えてくれますから、素直に答えられるようにしましょう。

Q.面談はオフィス限定?

では、面談の方法としては、どんな形があるのでしょうか。

転職エージェントが行う面談では、実際に会って相談する「対面型面談」と「電話型面談」の2つがあります。

基本的には「対面型面談」が行われ、転職エージェントのオフィス内にある面談スペース、もしくは仕切られた打ち合わせスペースで行うことが多いです。

大手の転職エージェントの場合は、支店やサテライトオフィスなどがたくさんありますから、そういった場所で面談を行うこともあります。

また、面談する場所の様子についてですが、”大きな部屋”というわけではなく、完全な「個室」のようになっているようで、周囲の人やものを気にすることなく、面談することが可能です。

また、もし就業中の転職などにより、自分からオフィスに行けない場合は、「出張面談」などを行ってくれるところもあります。

しかし、その場合はどこかの「レストラン」や「カフェ」などになる場合が多く、そこは”完全な個室”というわけには行きませんから、周りを気にしてしまう方は注意する必要があります。

Q.地方に住んでいたら面談できない?

では、地方にいる場合の面談はどうなるのでしょうか。

先程も少し触れましたが、エージェントによっては「出張面談」というものを行っているところがあります。

これは、例えば就業中の転職などにより、オフィスに行って面談をする時間がないなどのときに、担当者の方から出向いてくれるものです。

自宅近くのレストランやカフェなどで面談をすることができるので、大変助かりますよね。

また、そういった出張面談の他に「電話での面談」も行っています。特に、大手の転職エージェントは、利用している人数も多いというのもあり、基本面談が「電話」というところも多いです。

支店が名古屋や大阪などの主要都市にしかなく、かなり遠方になってしまう方は、そこまで出向くこと自体、なかなか難しいですよね。

そんなときに便利なのが「電話面談」です。指定の日付・時間にエージェントの方から電話をかけてくれるので、安心して面談を進めることができます。

しかし、”転職”という自分の将来に関わることを、「電話で相談する」というのは不安に感じる方も多いと思います。

そういった方は、遠方まで来てくれるような転職エージェントを探すか、たくさんの支店を抱えているエージェントを利用するようにしましょう。

Q.急用が!面談のキャンセルはできる?

では、「面談のキャンセル」はできるのでしょうか?キャンセルしたい場合は、どうすればよいのでしょうか?

結論から言うと「キャンセルは可能」です。基本的には、しっかりとメール等で連絡を入れることで、キャンセルすることができます。

これは普通のマナーと同じですよね。どんなに約束をしていても、突発的なことが起きてしまって、キャンセルになってしまうことはあります。そんなときは、しっかりとメールや電話で連絡を入れさえすれば、何事もなく済む場合が多いですよね。

転職エージェントを利用するときも同じです。面談のキャンセルもそうですが、そもそもの転職エージェントの利用自体を断る場合も、メールで

「現職が忙しくなった」「もう一度考えた結果、転職活動を見直そうと思った」

と、相談に乗ってくれた担当者の方への配慮がなされたメッセージを送れば大丈夫です。

しかし、最もやってはいけないのは「すっぽかし」です。何の連絡もなしに、面談をすっぽかすことはしてはいけません。

担当者への配慮を行った上で、しっかりと伝えるようにしましょう。

Q.面談したらお礼するべき?

転職エージェントは、すべて無料で利用でき、1時間以上の面談も無料なので、面談終了後に「お礼をするべきなのでは?」と感じる方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと「お礼は不要」です。

転職エージェントが、転職に関する面談を行うのは「お仕事」ですから、言ってしまえば「当たり前」なわけです。

しかし、もちろん”何かお礼をしたい”という場合もあるでしょう。お礼というのは「モノをあげる」だけではなく、メールや電話で感謝の気持ちを伝えるだけでも”お礼”です。

面談が終わったら、面談を終えての感想や感謝の気持ちを伝えてあげるようにしましょう。

担当者の方の気持ちになって考えてみれば、そういった連絡でも、かなり嬉しいはずです。

Q.面談当日の服装は?どんな服でも良いの?

では、当日の服装はどのようにしたら良いのでしょうか。転職エージェントの面談と言えど、かなり迷いますよね。

結論から言うと「自由な服装で大丈夫」です。

こちらも担当者の方から連絡があると思いますが、ラフな服装で構わないようです。

しかし、転職エージェントの担当者も「人間」なので、服装で求職者の心証が悪くなってしまうこともあるようです。

もちろん、だからと言って「スーツで行かなければならない」というわけではないですが、担当者の方に対して失礼のない程度に、服装に気を遣う必要があると言えるでしょう。

例えば、会社がラフな格好での勤務を認めているところだとして、会社帰りにそのまま立ち寄る場合を考えてみましょう。そもそもスーツを着ないで出勤しているわけですから、そういった人は必然的にラフな格好になってしまいますよね。

服装に関しては、そこまで深く考える必要はありませんが「担当者の方に失礼のないようにすべきだ」とは意識しておきましょう。

面談サポートが充実している転職エージェント6選

では、面談等のサポートがしっかりしているおすすめの転職エージェントをご紹介します。以下の転職エージェントは、当社の独自調査で、面談サポートが充実していると評判が高かった転職エージェントです。

転職では多くの人の意見を聞くことが成功のポイントなので、ここで紹介したエージェントには複数登録しておくことがおすすめです。

※こちらの記事では「転職エージェント」について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとしては

24歳 女性 私立高校教師
企業との交渉がかなりスムーズになり、面接にもすぐに行け、おかげで転職することに成功できた。
45歳 男性 製造業
履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂けた。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かった。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあった。
25歳 女性 ITエンジニア
履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かった。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえた。

など、特に「サポートの手厚さ」に対して評価する声が多数ありました。

また、気になるところとしては、

26歳 女性 事務
ほとんどデメリットはないが、転職後のサポートがもっと充実していると良かったと思う。
32歳 男性 営業
求人の量や質は、年齢やその時の状況で変わってくると思うが、もう少し企業との交渉を頑張ってもらえたら良かった。
29歳 女性 OL
就業しながらの転職だったので、日中の面談ができなく、夜に予約したかった。だが、同じような状況の転職希望者が多く、なかなか予約できなかった。

など、細かいところでの「エージェントの不便性」が挙げられていました。

複数利用することを前提に、初めて転職エージェントを利用する方で、手厚いサポートを受けたいという方は登録しておくとよいでしょう。

②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとしては

30歳 女性 美容関係
求人の量が他のサイトに比べて豊富な所は、転職エージェントを使うにあたっての最大のメリット。
41歳 男性 監査法人
求人の量が多く、かつインターネットを利用していつでも好きな時にで求人先を検索し、かつ応募できること。
39歳 女性 営業
求人の量があるので自分にあった細かい部分も探せる所と、転職後のサポートもしっかりしてくださる所。

など、特に「求人の量の多さ」に対して評価する声が多数ありました。

こちらも、初めて転職エージェントを利用する方で、たくさんの求人の中から選びたいという方は登録しておくとよいでしょう。

また、気になるところとしては、

27歳 女性 旅行業営業
経歴書の添削はあまりしっかりしてくれなかった。自分だけでは不安があったので一通りはしっかり添削してほしかった。
24歳 女性 電機メーカー経理
大手の転職エージェントだからか、一人一人へのサポートが薄いと思った。各企業の合否結果などの管理も杜撰だった。
26歳 女性 アパレル販売員
求人が多すぎて、希望条件に合わないものまでたくさん出てくるので、情報処理をすることに毎日時間がかかってめんどくさくなった。

など、担当者の方の「当たり外れ」や「求人量が多すぎること」について挙げられていました。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

③マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代の方から絶大な支持をされている転職エージェントで、とりわけ「キャリアカウンセリングを始めとしたサポート」が充実していることで有名です。

「まだそこまで大したキャリアやスキルはないけれど転職したい」「新卒で入った会社が合わなくて転職したい」など、20代で転職を考えている方にはとてもおすすめです。

またマイナビグループは、各転職業界ごとに「マイナビ○○」という形でサービスを提供していることがあります。

例えば「マイナビ看護師」や「マイナビ介護士」「マイナビ薬剤師」などです。ある特定の業界への転職を考えている方は、専門のサービスがあるかもしれないので、確認してみてください。

マイナビエージェントを実際に利用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとしては

40歳 男性 建築系
求人の量はたくさんあって迷うくらいあり質も悪くないし、サポートも良いと思う。かなり満足行く転職ができたと思う。
43歳 男性 機械設計
求人の量は多く、面接対策や経歴書添削では的確なアドバイスや方向性の選択肢を教えていただいたことが良い点であった。
27歳 女性 金融窓口
求人広告が見やすく、検索条件も詳細に指定できること。求人数も他のエージェントと比べて多いし、応募も簡単でわかりやすかった。

など、特に「求人の量の豊富さ」「エージェントの使いやすさ」の点で高評価となっていました。

また、気になるところとしては

43歳 男性 機械設計
求人の質は派遣が多く、いまいちだと思う。企業との交渉は進捗スピードが遅く返事がなかなか来なくてチャンスを逃した感じがする。
36歳 女性 一般事務
情報が多いのはメリットだが、逆にその多さがデメリットになり、自分に合う企業を見つけるまでにとても時間がかかった。
27歳 女性 金融窓口
仕事のメリット、デメリットがわかりにくく、実際にその企業へ面接へ行った時に見極めるしかなかった。

など、求人の量は多くても「質はそこまで高くない」という意見や、「担当者によってサポートの手厚さが変わる」といったところが挙げられていました。

こちらも複数利用することを前提に、「求人量の豊富さ」「サポートの手厚さ」を求めている方は、マイナビエージェントに登録しておくとよいでしょう。

④JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとしては

35歳 女性 一般事務
外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事の求人を求めるのであればメリットがあると思う。
33歳 女性 広報
非常に多くの案件を紹介してくれたので、今の業界だけではなく、幅広く見たい人にとっては非常によいエージェントだと思う。
22歳 女性 食品製造
使いやすくて、見やすいため応募しやすい。返答がはやくて、いろんな分野の職があり選択することができるため良いと思う。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

また、気になるところとしては、

35歳 女性 一般事務
入った後のサポートはあまりない。就業先に不満があって話しても、企業の方の肩ばかり持つのが不満。
40歳 女性 アウトソーシング会社スタッフ
希望にあう案件がなければだんだん紹介件数が少なくなり、登録していても紹介がなくなる。転職後のサポートはあまりない。
30歳 男性 研究職
希望していない職種を紹介される。エージェントのレベルは高い人もいれば低い人もいる。サポートは厚い方だと思う。

など、担当者の方によって「当たり外れがある」という点が挙げられていました。

こちらに関しても、転職エージェントを利用する際には、複数利用するようにしましょう。

⑤DODAエージェント

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとして

32歳 男性 メーカー営業
求人の量が多く 更新が頻繁にあるため企業選びの幅が広がる。また、面接対策は非常に役立った あれがなければ何を準備すればいいかわからない。
26歳 男性 小売業
実際にコンサルタントの人と転職の相談できる事が1番のメリットと思う。一人でわからないことは悩まず相談していい履歴書が書けるから。
33歳 女性 営業
面接対策。また合同説明会に行った時に、就職活動をする上での悩みに対して、丁寧にアドバイスをもらった。

など、特に「求人の量」や「エージェント全体のサポートの高さ」に対して評価する声が多数ありました。求人が豊富なところで、サポートも充実しているところを利用したい方は登録しておくとよいでしょう。

また、気になるところとしては、

32歳 男性 メーカー営業
企業が大きいため 細かいフォローまでは迅速に出来ていないと感じた。また、エージェントと連絡がなかなかとれない時もあった。
33歳 女性 営業
電話での求人紹介の多さ。仕事をしながらの転職活動だったので、何回も電話がかかってくるのは大変困った。
28歳 女性 広告代理店営業
求人の質や、転職後のサポートなどはあまり良くないように感じる。自分自身で転職活動を進めていきたいという人には利用するメリットはほぼないと思う。

など、「求人の質」や「担当者の当たり外れ」が挙げられていました。こちらも複数利用したほうが良いと言えるでしょう。

全体的には、求人数、サポート力共に非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

⑥ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、厳密には転職エージェントではなく「転職サイト」ですが、登録するとヘッドハンターから連絡が来ることがあります。ヘッドハンターは、キャリアコンサルタントのように面談も行ってくれます。

ビズリーチではすべて無料で使える「スタンダードプラン」の他に、月額料金を支払うことで利用できる「プレミアムプラン」というものがあります。

プレミアムプランでは、スタンダードプラン以上に手厚いサポートを受けることができ、特にハイキャリアの転職を行いたいと考えている方にはおすすめです。

通常の転職エージェントというのは、企業からの”紹介料”だけで成り立っています。つまり、求職者に対して、ある企業を紹介し、入職してもらえると、紹介料が入るわけです。

しかし、それだとエージェント側が「紹介料の高い企業を紹介したい」と考えてしまいますし、企業側も「紹介料を高く払えば優先的に紹介してくれる」と考えてしまいます。

そういった不健全な状態をなくすためのプランが、この「プレミアムプラン」になります。

プレミアムプランで紹介されている求人の質はかなり高く、中には海外企業の求人もありますから、ハイキャリア転職を考えている方は、一度登録してみてください。

転職エージェントと面談をするとき気をつけたい二つの注意点

では、転職エージェントの面談をする上で、注意しなければいけないところはどこなのでしょうか。以下の点に注意して、面談を行うにしましょう。

①本音を言う

1つ目の注意点は「本音を言う」ということです。もちろん、担当者によって変わってきてしまう部分でもあるのですが、面談を通して転職先が決まってくるので、本音を言うべきだと言えます。

例えば「前の会社でこんなことがあって、辞職しなければならなかった」「転職先の企業だが、もっと給料の高いところが良い」というのは、かなり言いづらいですよね。

しかし、ここでしっかりと本音を言わないと、その部分を転職先にも引きずってしまい、失敗してしまうことがあります。

それでは本当の意味で”転職できた”とは言えませんから、信頼できる担当者の方には、本音を言うようにしましょう。

②自分を良く見せようと嘘をつく

2つ目の注意点は「嘘はつかない」ということです。こちらも1つ目の注意点と似ているのですが、面談である程度転職先が決まってしまいます。

それなのに、ありもしないことを経歴書に書いてしまったりすると、あとで痛い目を見ることになります。

人間というのは虚栄心を持っています。少し自分を高く評価してしまう傾向にある、ということですね。もちろん、場合によっては虚栄心がプラスに働くこともあるのですが、完全な嘘はよくありません。

面談の時は気持ちが良いかもしれませんが、後々、転職先で痛い目を見ることになります。それも、本当の意味で”転職できた”とは言えませんから、必ず「真実のみを語る」ようにしましょう。

転職先探しに大きく関わる面談!きちんと理解して素直に話そう

いかがだったでしょうか?

今回は「転職エージェントの面談に関すること」というテーマで、「面談ではどんなことが聞かれるのか」「どんなことを準備すれば良いのか」「面談中、注意すべきことはなにか」などについて、詳しくご紹介してきました。

転職エージェントを利用する場合、この「面談」が転職先探しにかなり影響してきます。注意点でもご紹介しましたが、素直に答えないと、転職に失敗することも考えられます。

また、転職エージェントは、担当者の方によって当たり外れがありますから、必ず2社以上への登録を行い、客観的に判断しながら転職活動をしていってください。