転職エージェントの面談って何をするの?必要な準備や当日の服装まで!

転職エージェントとの面談は、何をするのか気になっている人も多いでしょう。

転職エージェントの面談では、以下のようなことが行われます。

  1. 求職者のキャリア・仕事内容の確認
  2. 転職理由や目指すキャリアの共有
  3. 転職先への希望条件の確認
  4. 求人の紹介

今回はそんな「転職エージェントの面談に関すること」について、詳しくご紹介していきます。

記事の最後には、対面での面談に特に力を入れている転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

転職エージェントの面談ではどんなことが行われる?当日の流れをチェック

転職エージェントの面談の当日の流れは、次のようになっています。

STEP.1
挨拶・自己紹介

まずは求職者と担当者がお互いに自己紹介をします。

担当者の方からは、自社の特徴やサポート、今後の簡単な流れなどの説明があります

この時間は、打ち解ける時間なので、

  • 担当者の経歴や転職体験談
  • 何に強みを持っているのか
  • 趣味

など、気になることはどんどん聞いて、話してみましょう。

STEP.2
これまでのキャリア・仕事内容の確認

自己紹介が終わったら、職務経歴書を見ながら、これまでのキャリア・仕事内容の確認に入ります。

ここでは、どんな仕事・役割を担い、どんな実績や強みを磨いて来たのか、詳しく深堀りしていきます

担当者に自分の経歴について説明をすることで、自分がこれまで何をしてきたのか、客観視できる時間でもあります。

また、担当者と話していく中で、自分ひとりだけでは気づけなかった強みやアピールポイントを発見することがあるかもしれません。

一つ一つ丁寧に説明していきましょう。

STEP.3
転職理由や目指すキャリアの共有

キャリアの確認が終わったら、「どうして転職をしたいのか?」「今後どんなキャリアを築いていきたいのか」について共有します。

この共有に食い違いが生じると、見当違いな求人を紹介されたり、転職したあとに後悔することになってしまうので、慎重に行うようにしましょう

転職理由や今後のキャリアについて共有する中で、「今転職しないほうが良い」という結論に至る場合あります。

担当者に話すことで、新しい気づきがあるかもしれないので、思っていることを素直に話すようにしましょう。

STEP.4
転職先への希望条件の確認

転職理由や今後のキャリアについての共有が終わったら、転職先に求める条件について確認します。

年収・役職・勤務時間・年間休日数など、転職先に求める条件はさまざまありますが、最初から希望条件を絞りすぎないようにしましょう

「年収も上げたいけど、勤務時間は少なく、年間求人数も増やしたい」という条件に適う転職先は見つかりません。

「ここだけは譲れない」という希望条件に優先順位をつけておくようにしましょう

STEP.5
求人の紹介

転職先に求める希望条件まで確認し終わったら、具体的な求人の紹介を行います。

転職エージェントによっては、条件に合う転職先を数十社提案してくるところもあれば、数社もしくは1社提案してくるところもあります。

どちらにしても、どうしてこの求人・転職先を紹介したのか、という理由をきちんと聞くようにしましょう。

そして、納得できた場合のみ、応募するようにしましょう。

STEP.6
今後についての相談

転職エージェントの面談は1時間〜1時間30分くらいを目安に行われますが、場合によってはベストな求人先を時間内に提案できないことがあります。

また、ベストな求人先が見つかったとしても、その求人への応募や転職先企業との面接などがあります。

そういった今後についての相談をしたのち、転職エージェントとの面談は終了になります。

転職エージェントの面談は何分前に着くべき?

10〜15分前には到着しているのが好ましいです。

遅刻は厳禁ですが、早すぎても待つことになってしまうので、10〜15分前くらいに到着するようにしましょう。

また、転職エージェントとの面談は、本番の面談の練習だと思って行うべきです。

転職エージェントとの面談でも、ミスしないように準備しましょう。

転職エージェントの面談にはどんな服装で行くべき?やっぱりスーツ?

担当者の方から連絡があると思いますが、スーツではなく、ラフな服装で大丈夫です

しかし、転職エージェントの担当者も人間なので、

  • 清潔感が全く感じられない服装
  • あまりに華美な服装

だと、求職者の心証を悪くしてしまう危険性があります。

そうなると「この人は本番の面接でも失礼なことをしそうだ」と、重要な求人は紹介してくれない場合があります。

担当者の方に対して、失礼のない服装を着ていきましょう。

転職エージェントの面談に持っていくべきものは?名刺はいる?

転職エージェントの面談当日に持っていくものは、

  • 記載済みの履歴書
  • 記載済みの職務経歴書
  • 筆記用具

です。

名刺は持っていかなくて大丈夫です。

担当者からは名刺を渡されますが、名前を伝えて挨拶をするだけで大丈夫です。

また、書類を作成する中で、「これで大丈夫か不安」という方もいるかもしれませんが、最終的には転職エージェントの方で添削してくれるので、安心してください。

職務経歴書には、

  • 勤めた会社の最低限の情報(何年勤めたのか、どんな役職で、どんな仕事をしていたのかなど)
  • どんなスキルを得たのか・または使ったのか
  • その会社・仕事を通して、どんなことを自分は感じたか・学べたか
  • どうして退職しようと思うのか

について、しっかり書くようにしましょう。

ある程度、自分で考えることで、転職エージェントとの面談を有意義に過ごすことができます。

転職エージェントの面談で気をつけるべきこと・注意点

ここでは、転職エージェントとの面談で気をつけるべきことについてまとめます。

面談時の注意点① 嘘はつかない・本音を言う

転職エージェントの面談では、履歴書・職務経歴書の確認がありますが、終始嘘をついてはいけません。

転職エージェントと言えど、よく見られたいという虚栄心から、嘘をついてしまう場合がありますが、転職活動においては絶対にやってはいけません。

2回目以降の転職で利用した際、登録情報に違いがあると、エージェント側は「この求職者は嘘をつく」と判断し、求人を紹介してくれない場合があります

そうなってしまうと、満足の行く転職ができなくなってしまうので、決して嘘はつかないようにしましょう。

面談時の注意点② なるべくポジティブな言い回しにする

転職理由が「上司が嫌いだったから」「仕事がつらかったから」など、ネガティブな場合もあると思います。

ですが、それをそのまま転職先の企業に伝えてしまうと、「またこの人は同じような理由で辞めるのでは?」と採用してくれない可能性があります

転職エージェントにも、できるだけポジティブで前向きな転職であることを伝えましょう。

そうすることで、より優先度を上げて対応してくれます。

面談時の注意点③ 何の連絡もなしに遅刻・キャンセルをしない

社会人として当たり前ですが、何の連絡もなしに、遅刻・キャンセルはしてはいけません。

転職エージェントとの面談で遅刻するようでは、本番の面接でも遅刻するのでは?と、求人の紹介を渋られてしまう危険性があります

転職エージェント側としても、「ぜひこの求職者様を紹介したい」と思えるように対応しましょう。

転職エージェントの面談についてよくある質問

ここでは、転職エージェントの面談についてよくある質問についてご紹介します。

転職エージェントは土日でも面談を行ってくれる?

転職エージェントによりますが、基本的には土日でも対応してくれるところが多いです。

転職エージェント自体は、土日はやっていなくても、担当者が都合をつけて対応してくれる場合もあります

さらに、転職エージェントの面談だけでなく、企業との面接も土日に対応してくれる場合があります。

これはすべて、求職者の状況を考えてのものです。

平日は忙しくて、土日にしか動けないという場合は、登録後のやり取りで「平日は仕事で忙しいので、土日しか動けない」という旨をきちんと伝えましょう。

転職エージェントの面談は地方に住んでいる場合どうなる?電話面談も対応してくれる?

転職エージェントによっては「出張面談」というものを行っているところがあります。

例えば、就業中の転職により、オフィスに行って面談をする時間がないときに、担当者の方から出向いてくれるサービスです。

他にも「電話での面談」も行っているところがあります。

特に、大手の転職エージェントは、利用者が多いというのもあり、基本面談が「電話」というところも多いです。

指定の日付・時間にエージェントの方から電話をかけてくれるので、安心して面談を進めることができます。

転職エージェントの面談後はお礼メールをすべき?

転職エージェントの面談後は、親身に相談に乗ってくれたこと、求人を紹介してくれたことなどへのお礼メールを送りましょう

「お礼メールをきちんと送れる人は、本番の面接でも失礼のないように行うだろう」と転職エージェント側は思うので、より質の良い求人を紹介してくれる場合があります。

以下のようなお礼メールを面接したその日に送りましょう。

件名: 面談のお礼(△△(自分の名前))

◯◯様(担当者の名前)

本日面談に伺いました、△△(自分の名前)です。

本日はお忙しい中、面接いただき、誠にありがとうございました。

◯◯様(担当者の名前)とお話をする中で、自分が今まで歩んできたキャリアを客観視することができ(その日感じたこと)、転職活動をより前向きに行おうという気持ちになりました。

志望動機や、本当にその業界・職種で良いのかを、しっかりと自分なりに考え、来週までにご連絡いたします。

始めての転職活動で、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

△△(自分の名前)

転職エージェントの面談をキャンセルするには?

転職エージェントの面談のキャンセルは可能です

必ず、メールか電話で連絡を入れるようにしましょう。

面談日まで余裕がある場合

面談日まで余裕がある場合は、メールでの連絡でも大丈夫です

以下のような文面を担当者の方に送りましょう。

〇〇株式会社 〇〇様(担当者の名前)

いつもお世話になっております、△△(自分の名前)です。

大変恐縮なのですが、諸般の事情につき、転職活動を一時休止することになりました。

つきましては、調整いただいた面談の日程をキャンセルさせて頂き、またの機会に改めさせていただければと思います。

調整をしていただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。

よろしくお願い致します。

△△(自分の名前)

面談日前日・当日の場合

面談日前日・当日にキャンセルをする場合は、メールだと見逃してしまう可能性があるため、電話で連絡するようにしましょう

伝える内容は、メールで伝える文面と同じもので大丈夫です。

面談に力を入れている転職エージェント

以下では、面談に力を入れている転職エージェントをご紹介します。

初めて転職する方、不安で丁寧にサポートしてもらいたい方は、ぜひ利用してみてください。

面談に強い転職エージェント① パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する、サポートの充実さが売りの全年代におすすめできる転職エージェントです。

未経験・20代向けの求人から、年収1000万円を超えるハイクラス・エグゼクティブ向けの求人まで、多岐にわたって保有しています。

パソナキャリアは、サポートがとにかく充実しており、実際に利用した人も、

  • 履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えてもらえた
  • 転職活動のアドバイスなどサポートがしっかりしていて、遅い時間でも電話対応をしてくれた

など、サポートの充実さを評価している人が多数いました。

全国75ヶ所に支店があり、それぞれで面談を受けることができます。

登録する(無料)

面談に強い転職エージェント② リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する、国内最大級の総合型転職エージェントです。

公開求人が159,613件・非公開求人が161,117件と、国内トップの求人数を誇っています

経験豊富なキャリアアドバイザーが親身になって面談を行ってくれます。

拠点は全部で15ヶ所あり、

  • 北海道支社
  • 東北支社
  • 宇都宮支社
  • さいたま支社
  • 千葉支社
  • 西東京支社
  • 横浜支社
  • 静岡支社
  • 名古屋支社
  • 京都支社
  • 大阪支社
  • 神戸支社
  • 中四国支社 岡山オフィス
  • 中四国支社 広島オフィス
  • 福岡支社

で面談を受けることができます。

電話面談にも対応しているので、どんな方も安心して利用することができます。

登録する(無料)

面談に強い転職エージェント③ JACリクルートメント

JACリクルートメントは、株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職エージェントです。

スタッフクラスからエグゼクティブまで幅広い業界・職種の求人を扱っていますが、特にエグゼクティブ向けの求人に強みを持っています

スカウト・求人オファーのサービスが充実しており、1,200人の各職種のプロが求人を紹介するので、広い選択肢の中から転職先を選ぶことができます

また、これまで約43万人の転職支援実績があり、利用した94,5%もの人が「知人・友人に勧めたい」と答えているので、安心して利用することができます。

拠点は、全部で10ヶ所あり、

  • 東京本社
  • 北関東支店
  • 横浜支店
  • 名古屋支店
  • 静岡支店
  • 大阪支店
  • 京都支店
  • 神戸支店
  • 中国支店

のそれぞれで面談を受けることができます。

転職エージェントとの面談が転職成功を左右する!素直に丁寧に対応しよう

転職エージェントとの面談は、本番ではないため気を抜きがちですが、本番と同じように向かうべきです。

そして、面談中は決して嘘をつかず、素直に話すようにしましょう。

担当者と話す中で、さまざまな気づきもあると思います。

ぜひこの記事で紹介した転職エージェントに登録して、有意義なキャリア面談を行ってください。