介護求人パークは使えないって本当?評判を他サイトと徹底比較

介護求人パーク

介護求人サイトの介護求人パークは、本当に使えるのか気になっている人も多いでしょう。介護求人パークは求人数が多く、スカウト機能もあるので使いやすい点もあります。

しかし、転職エージェントのような細かいサポートを受けられないデメリットもあります。この記事では、介護求人パークのサービス内容、メリット・デメリットなどを余すことなく解説しています。

介護求人パークの他に、おすすめの転職エージェントなども紹介しているので参考にしてください。

  1. かいご畑 ロゴ
  2. ジョブメドレー ロゴ
  3. きらケア ロゴ
介護士の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

介護士転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
非公開: 介護職に転職するには?成功のコツとおすすめ転職エージェントも紹介

介護求人パークの特徴・サービス内容は?

介護求人パークの特徴・サービス内容を詳しく解説します。介護求人パークは介護業界に特化した転職サイトです。

介護・ヘルパー・訪問介護の求人数は約4万件と多く、幅広い地域から求人を選べる一方、注意点もあるのでしっかりと確認しておきましょう。

【注意!】介護求人パークには転職サポートサービスはない

介護求人パークには転職サポートサービスはありません。代わりに介護求人パークお問い合わせダイヤルに電話すれば、検索や応募手続き代行、相談などに応じてもらえます。

ただし、一般の転職エージェントとは異なり、入社後の待遇の交渉、応募書類の添削、面接対策などのサポートは受けられないので、使い勝手は劣ります。

基本的には自分で求人を探して応募をしないといけないので、転職初心者の方には少し難しい部分もあります。

自分一人で転職を行うのが不安な方は、記事の後半で紹介している転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、一人一人に専任のアドバイザーがつき、待遇の交渉や面接対策などもしてくれる便利なサービスです。

介護求人パークのサービス内容①求人検索

介護求人パークの求人検索機能は、希望の条件を細かく絞れるので便利です。都道府県、職種、施設形態、沿線、こだわり条件、雇用形態などから好みの条件を選択できます。

こだわり条件は、給与や経験・資格の有無などを選択できます。自分の希望した条件を一件ずつ探すのは骨が折れるので、検索の手間をできるだけ減らしたい方に適した機能です。

全国幅広い地域に求人があるので、地方に住んでいる方も仕事を見つけやすいのも介護求人パークの特徴です。

求人に応募する前に見学や説明会に申し込めるので、求人に申し込むか迷っている方は一度足を運んでみるといいでしょう。

時間がなくて自分で求人を探す暇がない方は、介護求人パークのお問い合わせダイヤルに電話すれば、代わりに検索代行もしてくれるのでおすすめです。

介護求人パークのサービス内容②スカウト機能

介護求人パークには、スカウト機能と呼ばれるものがあります。登録者のプロフィール情報を見て興味を持った企業の採用担当者からスカウトの通知がくる機能です。

スカウトの通知として「いいね」が届き、求人の案内が送られてきます。届いた求人に興味があれば、職場見学や応募ができます。

まだ求人に応募するか決めかねているなら、企業に「興味あり!」を送って後でゆっくり考えるのもいいでしょう。

相手からスカウトが来るのは、少なくとも自分に興味を持ってくれている証拠なので、採用確率も高くなると言えます。

企業からのスカウトがたくさん欲しければ、プロフィール情報をしっかり作り込むのが大事です。自分のスキルや強みを具体的に書いて、プロフィールを充実させるといいでしょう。

介護求人パークにアプリはある?

残念ながら介護求人パークにアプリはありません。介護求人パークを利用する際は、メールで送られてくる情報などを元に、公式サイトで求人を探しましょう。

公式サイトはスマホでも見やすくなっているので、アプリがなくても支障をきたすことは少ないでしょう。

介護求人パークの運営会社「バリューラボ」はどんな会社?

介護求人パークの運営会社は「株式会社バリューラボ」です。東京都新宿区に本社を置き、代表者は大島孝之さんです。

介護求人パークの運営、介護業界に特化した人材紹介業、介護医療業界に特化したホームページ制作などを主に手掛ける会社です。

介護求人パークの評判からメリット・デメリットをまとめ

介護求人パークの評判から、メリット・デメリットをまとめました。介護求人パークは求人数の多さなどメリットもありますが、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

特に転職サポートの面でデメリットが目立つので、参考にしてください。

介護求人パークのメリット①求人数が多い

介護求人パークは、求人数の多さがメリットの1つです。介護・ヘルパー・訪問介護の求人数は、44,220件(2020年2月7日時点)で地方求人も多く、全国から幅広く求人を探せます。

特別養護老人ホーム、病院、ケアハウス・軽費老人ホーム、訪問介護、障害者支援施設など、施設形態からも就業先を選べるので、自分に合った求人を探しやすいです。

高齢者の方、入院患者、障害者の方など、働く施設によって介護する相手も変わってくるので、就業先の施設選びはかなり重要です。

気になる求人を見つけても応募するか迷っている方は、まずは職場見学や説明会に申し込めるので、一度話を聞いてみるのも悪くありません。

職場の雰囲気がわかれば、求人に申し込む気持ちも強くなります。

介護求人パークのメリット②良い企業からスカウトがくる

介護求人パークのメリットは、良い企業からスカウトがくることです。介護求人パークにはスカウト機能があり、企業の採用担当者から「いいね」が送られてきます。

スカウトしてもらうためにはプロフィールを充実させるのがとても大事で、自分のスキル、経験、熱意などを書き込んでおく必要があります。

スカウト通知がきたらチェックして、気に入ったら職場見学、応募すると良いでしょう。仕事が忙しくて求人検索する時間がない人でも、向こうからアプローチが届くので非常に便利です。

スカウト先も自社が求める人材だと考えて「いいね」を送ってくるので、採用確率も高いと言えます。

スカウトをもらっても必ず採用されるわけではありませんが、転職活動の成功率を高めるためにも上手に活用しましょう。

介護求人パークのデメリット①書類添削などのサポートがない

介護求人パークには書類添削などのサポートはありません。転職初心者の場合、応募書類作成には案外手間取るものです。

自分では必要ないと思い書かなかったことが、思いのほか、求人先の企業が求めているスキルの可能性もあります。

自分一人で作成した応募書類は主観的になりやすいです。客観性を高めるには第3者からしっかりと添削してもらうのが一番です。

転職エージェントなら、プロの目線で適切なアドバイス・添削をしてもらえるので書類選考も通りやすくなります。

書類選考で落ちてしまっては面接まで進むことができません。書類添削を受けられない介護求人パークは、転職初心者には向いてないと言えます。

しっかりサポートを受けたければ、転職エージェントをおすすめします。

介護求人パークのデメリット②条件交渉や退職準備などのサポートがない

介護求人パークには、条件交渉や退職準備などのサポートがありません。自分で求人先の企業に待遇面の交渉をするのは極めて難しいです。

交渉に失敗すれば、採用で不利になる恐れもあります。とはいえ、交渉しなければ納得できない条件で転職することになり、後悔することにも繋がりかねません。

退職準備も、転職経験ない人は手続きなどに苦労します。退職届の出し方、社会保険の手続きなど、会社を辞める際はやることがたくさんあります。

転職エージェントなら、年収や勤務時間、残業の有無など転職者が聞きにくいことを代わりに聞いてくれ、条件交渉もしてくれます。

退職準備に関しても、転職エージェントに聞けば詳しく教えてくれます。一人で転職活動するのが不安な方は、転職エージェントをおすすめします。

介護求人パークのデメリット③職場の雰囲気など細かいことは聞けない

介護求人パークでは、職場の雰囲気など転職先の詳細は聞けません。職場の雰囲気を知ることは、勤め続けるために大事です。

介護職未経験の方はもちろん、経験者の方も、今の職場と比較して、人間関係・労働環境がいい職場で働きたいと考えるのは当然のことです。

転職エージェントなら、専任のコーディネーターが求人先企業の雰囲気などを詳しく教えてくれます。

働き始めてから自分に合わない職場だったと気づいても遅いので、職場の雰囲気など、転職前にできるだけ多くの情報を手に入れたいものです。

最終的には実際に働いてみないと自分に合う職場かわかりませんが、後悔のない転職にするためにも、情報を事前を事前に教えてもらえる転職エージェントはおすすめです。

転職エージェントならさまざまなサポートが無料で受けられる

転職エージェントなら上記で紹介したことはもちろん、他にもさまざまなサポートを無料で受けられます。

具体的には下記のメリットがあります。

  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類添削
  • 求人先との条件交渉
  • 面接対策
  • 転職時の悩み相談

転職経験がない方は不安が多く、相談したいこともたくさんあるでしょう。転職エージェントは、時にメンターとして励ましの言葉や適切なアドバイスをくれます。

口コミでも、親身になって相談に乗ってくれ、自分の希望条件に合った求人を紹介してもらえたなど高評価が多いです。

転職エージェントは無料で利用でき、費用の心配もいりません。転職活動に不安がある方、転職成功の確率を少しでも上げたい方におすすめです。

介護求人パークよりおすすめの転職エージェント・サイト6選

介護求人パークよりおすすめの転職エージェント・サイトを6つ紹介します。転職エージェントは、転職サポートを無料でしてくれる非常に心強い存在です。

働きながら介護資格を無料で取得できるエージェントもあるので、参考にしてください。

①かいご畑

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣認可の介護職求人の転職エージェントです。求人数は約1万件で、無資格・未経験でも働ける求人が多いです。

これまで介護職で働いたことがない人でも応募可能な案件が多いのは、とても嬉しいポイントです。

転職サポートがない介護求人パークと比較して、介護資格を持った専任のコーディネーターが手厚くフォローしてくれるので、転職初心者の方にもおすすめです。

口コミでも「職場の人間関係に悩んで転職相談をしたら親身になって話を聞いてくれた」と、高評価のコメントが多数あります。

このほか、かいご畑には働きながら介護資格を無料で取得できる「キャリアアップ応援制度」があります。無料になる条件は、かいご畑が紹介している就業先で働くことです。

無料で取得できる介護資格を以下の表にまとめました。

免除される費用資格のクラス
介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)74,000円→0円初級資格
実務者研修135,000円→0円中級資格
介護福祉士 受験対策講座16,000円→0円上級資格

将来的に介護士としてスキルアップしたい方に嬉しい特典です。

②ジョブメドレー×介護士

ジョブメドレーは、医療介護求人サイトで求人数No.1(自社調べ)です。25万件以上ある求人数のうち、介護職の求人も5万件以上あります。

介護求人パークの介護職求人約4万件に対し、ジョブメドレーは5万件以上の求人数があるので、より多くの求人を検索できます。

求人数が多いと選択肢も広がるので、幅広く求人先を探したい方にジョブメドレーはおすすめです。

ジョブメドレーは、求人を自分で探して応募しなければならない点は介護求人パークと変わりません。ただし、気になる求人を見つけるのが難しい場合、会員登録すれば無料で求人情報探しのサポートを受けられます。

忙しくて求人検索している時間がない、希望通りの求人先を見つけるのに苦労している方などは利用するといいでしょう。

さらに求人先の担当者からスカウトメールが届く場合もあるので、プロフィールを書き込んで充実させておきましょう。

③きらケア

きらケア

きらケアは介護職特化の求人・施設情報を紹介する転職エージェントです。「自宅徒歩圏内の職場で働きたい」、「人間関係のいい職場で働きたい」など、個人のニーズに合わせた求人を探せます。

介護職・ヘルパーの正社員、パート・派遣の求人数は計5万件以上で、幅広く求人を探せます。介護業界と地域に特化した専門アドバイザーからサポートを受けられるのも特徴です。

転職するか迷っていても相談は無料で受けられ、無資格・未経験でも働ける仕事も紹介しています。

介護求人パークよりも求人数は1万件ほど多く、転職サポートをしっかり受けられるところがきらケアの強みです。

パート・派遣の求人も充実しているので、子供が小さくてフルタイムで働けない主婦の方などにきらケアはおすすめです。

口コミでは「夜勤がなく土日も休みの好条件の職場を紹介してもらえた」との高評価もあります。

④かいごジョブエージェント

カイゴジョブエージェントは介護職・介護福祉士専門の転職エージェントで、求人数は約5万件と多いです。

専門のキャリアパートナーが給与や勤務時間の待遇面、働きたいと考えている施設の雰囲気や評判なども教えてくれるサポートの強さが大きな特徴です。

介護求人パークでは待遇面の交渉や、職場の雰囲気などを詳しく聞くことができないので、手厚くサポートしてくれるカイゴジョブエージェントはとても頼もしいです。

カイゴジョブエージェントの紹介から就業すれば、介護資格を取れるスクール「カイゴジョブアカデミー」を無料受講(テキスト代も無料)できます。

介護士としてキャリアアップするには、各種介護資格の取得はとても重要です。将来的に介護士としてのキャリア形成を考えている方に嬉しい制度です。ただし、特待生認定されないと有料になるので注意しましょう。

カイゴジョブエージェントは、幅広く求人を探したい方、働きながら介護資格の取得を目指したい方におすすめです。

⑤クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は介護求人に特化した転職エージェントで、公開求人数は約3万件、非公開求人も多数あります。

地域の情報に精通したエージェントが丁寧にサポートしてくれ、LINEで転職相談も受けつけています。

電話で話すのが苦手な方でも、LINEを使えば相談もしやすくなるので上手に活用しましょう。

クリックジョブ介護は正社員やパートの求人が中心で、派遣などの期間限定で働きたい方には不向きですが、相談すれば週1回の仕事なども探してもらえます。まずは自分の希望を話してみましょう。

求人数は介護求人パークより少ないですが、こちらの希望をできる限り聞いてもらえるクリックジョブ介護はおすすめです。

採用面接を受けるごとに交通費を1,000円支給してくれる制度もあるので、面接を積極的に受けることができます。

転職先を厳選しようとすると経費がかさみがちです。丁寧に転職活動を進めたい人には、面接の交通費まで払ってくれるクリックジョブ介護はおすすめです。

⑥カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは介護・福祉業界専門の求人サイトで、求人数は3万件以上あります。地方の求人もありますが、都心の求人が特に多いです。

カイゴジョブ独自の求人と合わせて、ハローワークの求人も検索できるところが、介護求人パークよりも利便性が高い点です。

カイゴジョブは転職エージェントではないので、自分で求人を探して応募しなければいけませんが、フリーダイヤルに連絡すれば電話サポートを受けられます。

会員登録すれば最新の求人情報をメルマガで受信できます。より多くの求人を閲覧したい方は会員登録をおすすめします。

月給25万円以上の給与が高い求人も多数あるので、年収をアップさせたい方にもカイゴジョブはおすすめです。

自分で求人に応募するカイゴジョブは介護職経験者の方に向いているので、未経験の方は同じ会社が運営するカイゴジョブエージェントの方を活用するといいでしょう。

介護求人パークに関してよくある質問

介護求人パークに関してよくある質問をまとめました。介護求人パークの退会方法、高収入の案件の有無など詳しく説明しています。

介護求人パークに関する疑問点をここで解決して、他のサービスとの比較材料にしてください。

介護求人パークの退会方法は?

介護求人パークの退会方法を解説します。会員の退会はどの会社も避けたいので、退会方法をわかりにくくしているケースがほとんどです。

具体的な退会の流れは以下の通りです。

  • 介護求人パークの公式サイトにアクセス
  • 会員退会手続きフォームに進む
  • 会員登録している氏名とメールアドレスを入力
  • お問い合わせ内容に「退会希望」と入力する
  • 必要事項を確認して送信する
  • 退会手続き完了

介護求人パークが自分に合わなかったり利用が済んだりして、不要な案内を受け取りたくない方は、上記の方法を参考に退会するといいでしょう。

人は与えられる情報が多すぎると、人は迷って行動しにくくなる心理学的効果があります。不要な情報は減らす方が効率的に転職活動ができます。

介護求人パークには高収入の案件はある?

介護求人パークには高収入の案件もあります。介護求人パークの求人検索機能で「高収入/高待遇」と条件を絞って探せます。

「時給1,200円以上」「月給25万円以上」など、条件を具体的に設定した検索も可能なので、高収入の案件を探している方は活用するといいでしょう。

ただし、条件のいい求人は未経験不可で即戦力重視のケースも多いので注意しましょう。収入の交渉をするのも1つの手ですが、転職者自らが交渉するのは至難の業です。

転職エージェントなら、代わりに待遇面の交渉をしてくれるので年収アップを狙っている方にもおすすめです。

年収アップを保証する介護資格を無料で取得できる、かいご畑のような転職エージェントも存在するので上手に利用しましょう。

介護求人パークよりサポートの手厚い転職エージェントがおすすめ!

介護求人パークは求人数が多く、スカウト機能もあるので便利ですが、転職サポートを受けられないデメリットがあります。

介護職として働いたことない方、転職初心者の方は不安な点やわからないことも多く、手厚いサポートが必要です。

その点、転職エージェントなら無料利用でき、応募書類添削、面接対策、悩み相談などさまざまな転職サポートを受けられます。

職場の雰囲気など細かなことも教えてもらえるので頼もしい存在です。転職してよかったと思える職場に出会うためにも、サポート体制が整ったサービスを利用した方が無難です。

転職活動に自信がない方は転職エージェントを利用するといいでしょう。この記事を参考に自分に合った転職サービスを探してはいかがでしょうか?