転職会議はリスクが高い?口コミの信憑性や危険性・退会方法などを解説!

「転職会議」に載っている口コミは、信じても大丈夫なのでしょうか?
信じて大丈夫な口コミもあれば、そうでないものもあります。この記事では、転職会議の信憑性や見極め方について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職会議とは、就職や転職関連の口コミ情報を提供する転職情報サイトで、転職活動を行う際に活用できる転職情報ツールでもあります。

ここでは、そんな転職会議の基本情報や、評判や口コミ、利用方法から退会方法など、転職会議に関するさまざまな情報や疑問などを解説していきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

転職会議の基本情報

転職会議の評判や口コミを分析する前に、まずは転職会議についての基本的な情報を知っておく必要があります。

ここでは、転職会議の概要や仕組みなどを、項目別に解説していきたいと思います。

転職会議 概要

  • 運営 株式会社リブセンス
  • 閲覧 要会員登録
  • 本社所在地 東京都品川区
  • 事業所 東京、宮崎、京都
  • その他事業 成功報酬型アルバイト求人サイト、成功報酬型正社員転職サイト

転職会議を運営する「株式会社リブセンス」は、2006年2月に、東京都新宿区の早稲田大学内にて設立され、同年4月に開始された、成功報酬型アルバイト求人サイト「ジョブセンス(現 マッハバイト)」が最初のサービスです。

2007年からジョブセンスは全国展開され、同年5月にはジョブセンスの求人情報掲載数が1万件を突破し、同月には新しいサービスである、成功報酬型正社員転職サイト「ジョブセンスリンク(現 転職ナビ)」のサービス開始を開始しました。

その後これら事業をベースに経験と実績を積んで、2011年に本格稼働された転職口コミサイトが、ここで紹介する「転職会議」です。

転職会議の利用には会員登録が必要

有名企業から中小企業、専門性の高い企業など、ありとあらゆる企業の評判や社風、職場環境などが、転職会議の口コミ掲示板には書き込まれています。

しかし転職会議は、一般的に公開されている口コミサイトとは異なり、転職会議内の口コミなどの転職情報を閲覧するには、会員登録をする必要があります。

口コミが掲載されているページは、会員・非会員に限らずアクセスできるので、一部であれば非会員の方でも口コミを見ることはできますが、さらに細かい部分や確信を付いたコメントなどには、モザイクかかけられていて、見ることはできません。

無料登録だけど登録だけで全ての口コミを見ることはできない

転職会議のサイトにアクセスすると「無料登録してクチコミを見る」と、随所に表示されますが、無料登録を行っただけでは、口コミを全て見ることはできません。

ではどのようにして口コミを閲覧するのかと言うと、転職会議で口コミを閲覧する方法は2通りあり、一つは「有料会員登録」をすること、もう一つは「口コミを投稿」することです。

口コミの投稿

無料で口コミを読むには、無料会員登録を行った後、企業に関する口コミを投稿する必要があり、会員登録はメールアドレスとパスワードの登録だけで完了しますが、口コミを投稿するためには、勤めていた会社名、氏名や住所、電話番号などを入力する必要があります。

個人情報を登録する必要があることと、150文字以上の口コミ1件の投稿当たり39日間の限定でしか閲覧ができないことなどから、登録に抵抗のある方もいます。

有料会員登録

転職会議で有料会員登録を行えば、口コミの投稿を行わずに、口コミを閲覧することができます。

料金は980円で39日間口コミの閲覧し放題になっていますが、口コミを1件投稿すれば39日間は有料会員と同じく口コミを閲覧し放題ですから、少々勿体ない気もします。

ですが、口コミを投稿するためには、個人情報の登録が必須であり、そこから個人を特定されてしまうリスクも考えられるので、有料会員になって安心して口コミを閲覧する方も多いようです。

転職会議を利用した際の問題点やトラブル

上記でもあったように転職会議は、他の転職エージェントや口コミサイトと比べ仕組みが異なります。ここでは、転職会議の仕組み上で起こり得る、問題点やトラブルなどについて検証してみました。

誹謗中傷の被害

転職会議で口コミを無料で閲覧するためには、上記にもあったように口コミを投稿する必要があります。転職会議に投稿されている口コミには「嘘」や「悪口」といった誹謗中傷の口コミも多く、このことは度々問題視されています。

実際に転職会議では、行き過ぎた誹謗中傷の口コミが投稿され、それが原因で訴訟問題にまで発展した事例があります。

運営会社に投稿者情報の開示命令

これは転職会議で実際に起こったトラブルで、2016年に、転職会議上の投稿で、自社や代表者の名要や信用を毀損されたとして、京都市の広告企画・印刷会社の男性が、転職会議の運営会社に、投稿の削除と、投稿者の情報開示、120万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしました。

東京地裁は「投稿内容が事実であるとは認められない」とし、転職会議の運営会社である株式会社リブセンスに対し、リブセンスが保有している発信者のメールアドレスの開示、投稿の削除を命じました。

口コミ投稿はリスクが高い

このような訴訟の事例もあるように、一つの口コミが大きなトラブルに発展する可能性は大いにあり、口コミを投稿する際はある程度のリスクを踏まえて、責任を持って投稿する必要があります。

また、転職会議で一度投稿した口コミは削除することができないので、間違った口コミや、軽はずみにネガティブな口コミを投稿した場合は、上記でもあったように、最悪訴訟問題にまで発展してしまいます。

口コミ投稿によるトラブルやリスク

  • 個人が特定され企業とトラブル可能性がある
  • 掲載企業からのクレームをつけられる
  • 損害賠償金を個人に請求を行う場合がある

転職会議に口コミを投稿する場合、勤務先などの情報を細かく入力する必要があるため、個人を特定されるケースがあります。

部署などが多い大手企業の場合は、従業員の数も多いため特定されにくいですが、中小企業の場合は、支店や部署などを入力した場合、簡単に個人を特定されてしまいます。

ネガティブな口コミを投稿し、個人を特定されてしまった場合は、その人と企業の間でトラブルが起こり、最悪の場合は訴訟問題にまで発展しかねません。

また、転職会議では、口コミの内容によって、掲載企業からの転職会議にクレームをつけられるケースが多くあります。

転職会議の利用規約では、「企業からの損害賠償は、すべて個人に請求を行うと」と記載されており、これは、転職会議は個人と企業間のトラブルには関与しないと解釈できます。

転職会議で公開されている口コミの信憑性は?

転職サイトでありながら、口コミ情報サイトとして使われている転職会議ですが、転職会議に投稿されている口コミの信憑性はどの程度なのでしょうか?ここからは、転職会議で公開されている口コミの信憑性について分析していきます。

口コミの信憑性

口コミには、良い意見もあれば悪い意見もあり、それが口コミの健全化と信憑性につながるのですが、転職会議の場合、上記にもあったトラブルや問題点などが原因で、投稿されている口コミの信頼度が低いと考えることができます。

転職会議を利用して無料で口コミを閲覧するには、転職会議に口コミを投稿する必要があります。

しかし口コミを登録するにも、ネガティブな口コミを少しでも投稿した場合は、上記であった個人の特定や、トラブル、訴訟問題にもなりかねないため、実際にあった問題点や不満などを書くことができません。

ですので、転職会議で公開されている口コミ全てを鵜呑みにし、それら情報を元に転職活動を行うことは、リスクがあって危険と言えます。

口コミを見極めるポイント

転職会議の口コミに限らず、口コミサイトに投稿されている口コミは、その信憑性を検証する必要があります。しかし、口コミの信憑性を確かめるためには、その文章を読み解く必要があり、またそれだけで口コミを見極めるのは困難です。

統一性や複数意見で見極める

その口コミに「統合性があるのか?」「少数派?多数派?」など、口コミの統一性や複数意見で、その口コミの信憑性を確かめるのも、一つの方法です。

同じような口コミが多ければ、その分信憑性も高まりますし、逆に少なければ信憑性が低いと考えることができます。

転職エージェントを利用する

口コミサイトと、他社が運営する転職エージェントを併用して利用すれば、口コミサイトなどに投稿されている口コミを検証することができます。

転職エージェントは一般的な転職サイトとは異なり、転職希望者である登録利用者に対して、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職コンサルタントが担当者として付きます。キャリアアドバイザーはいわば転職のスペシャリストであり、求人掲載を行っている企業の内部情報などを持っています。

キャリアアドバイザーとしっかりコミュニケーションを取っておけば、気になる口コミ情報の信憑性を、キャリアアドバイザーの情報を元に検証することができます。

転職会議を利用する場合は十分な注意が必要

転職活動の情報源として、転職会議を利用する際には十分な注意が必要です。

個人が特定されないように意識する必要がある

転職会議に登録する際は、メールアドレスの入力、パスワード設定、希望条件やプロフィールの登録、現在勤めているまたは直近の会社情報の入力、これらの登録が必要になります。

メールアドレスや細かいプロフィールと言った個人情報が漏洩することはあまりありませんが、会社情報の入力内容から個人を特定されるリスクはあります。

例えば会社情報の入力の際に、「○○株式会社/○○支店/○○課」などと細かく登録した場合、この情報だけで個人を特定されてしまい、また、一度投稿した口コミの修正は簡単にはできない仕組みになっているので、会社情報を細かく入力した際は非常にリスクが高いと言えます。

転職会議で得た情報は全て鵜呑みにせずあくまでも情報として扱う

転職会議の口コミなどで得た情報を全て鵜呑みにして転職活動を行うと、それが元でトラブルになったり、転職活動に支障をきたす可能性もあります。

転職会議で得た情報は、上記でもあったように、必ず検証を行って、あくまでも情報の一つとして利用しましょう。

おすすめは「キャリコネ」

キャリコネ

転職会議は使用時のリスクや閲覧制限など、多くのデメリットが生じるので、口コミサイトとして使いたいのであれば、キャリコネがおすすめです。

キャリコネは完全無料で利用でき、また投稿されている口コミの信憑性が高いことからも、業界内で定評があり、転職会議と比べてリスクもないので、口コミサイトとしてどこか使いたいのであれば、キャリコネの利用がおすすめです。

転職会議の修正申請と退会方法は?

ここからは、転職会議に投降した口コミの修正申請、転職会議の退会方法などを解説していきます。

修正申請

転職会議に投降した口コミなどの書き込みは、削除することはできませんが、修正をすることはできます。

修正方法は、転職会議公式サイトの「お問合せフォーム」から、「投稿ページのID」「修正内容」「メールアドレス」を送信すれば、その後修正内容に沿った修正が行われます。

投稿内容の修正は、転職会議を退会しても削除されず、また、退会してしまうと修正もできなくなってしまうので、修正を行う場合は必ず退会する前に行いましょう。

退会方法

転職会議の退会方法は、登録時よりもシンプルでカンタンです。方法は、転職会議のマイページにログインし、その後「退会ページ」にアクセスをすれば簡単に退会できます。

企業の評判を知るのにおすすめの転職エージェント

口コミサイトを利用しなくても、企業の情報は転職エージェントからも得ることができます。

転職エージェントは、企業との信頼関係をベースにしっかりと情報収集をしているので、匿名の口コミよりも信憑性があると言えます。

ぜひ以下で紹介する転職エージェントも利用してみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

口コミは鵜呑みにせず、自分の目で確かめよう

いかがだったでしょうか?

ここまで、転職会議の基本情報や信憑性について紹介してきました。

総括して言えるのは、「ネット上の情報だけで判断しないほうが良い」ということです。

口コミサイトや転職エージェントを利用して、いろいろな人の意見や話を参考にするのも良いですが、一番良いのは「自分の目で確かめに行く」ことでしょう。

上記で紹介した転職エージェントを利用しながら、最高の転職が実現できることを祈っています。