ミドルの転職ってどういうエージェント?特徴から評判まで徹底解説!

「30歳未満」や「35歳未満」といった年齢制限を設けている求人は結構多いですよね。

皆さんは、35歳を超えると転職は難しくなると思っていませんか?

実際はそのようなことはなく、経営幹部や管理部長、営業部長などを募集している企業は経験豊富で実績のある即戦力の人材を求めており、ミドル世代が活躍できる求人は数多くあります。

「ミドルの転職」は30~40代のミドル世代の求人に特化した転職サイトです。この記事では、ミドルの転職の特徴や活用方法などをわかりやすく解説します。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. ランスタッド ロゴ
  2. キャリアカーバー ロゴ
  3. クライス&カンパニー ロゴ
ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介

ミドルの転職って?まずは基本情報から確認!

ミドルの転職はミドル世代の求人に特化した転職サイトですが、もっと詳しい情報を知りたいですよね。

まず、ミドルの転職の基本情報をひとつずつ順番に確認していきましょう!

特徴

ミドルの転職は30代と40代の求人に特化した転職サイトで、500社以上の転職エージェントが参加しています。

経営幹部や管理職、マネージャーなどハイクラスの求人が多く、年収1,000万円以上の求人が5,000件以上寄せられています。

全ての求人は「30歳未満」や「35歳未満」といった年齢制限はなく、ミドル世代の方は豊富な求人の中から自分のキャリアを活かせる仕事を探すことが可能です。

求人数

ミドルの転職に寄せられている求人数は107,733件(令和元年12月14日現在)もあり、このうち5,000件以上が年収1,000万円以上の求人です。

会員限定の非公開求人が多く、一般には公開されていない求人に応募でき、企業からスカウトされることもあります。

非公開求人の数は約92,000件もあり、公開求人よりも非公開求人の方が圧倒的に多く、ミドル世代の方は有利な条件でライバルと戦えます。

強み

ミドルの転職は転職サイトですが、転職エージェントとしても活用ができ、専門分野に精通したキャリアアドバイザーのサポートが受けられます。

ミドルの転職には500社以上の転職エージェントが参加し、サポートが受けられるキャリアアドバイザーの数は2,000人以上にも及びます。

キャリアアドバイザーの顔写真やプロフィール、実績などは公開されており、2,000人以上の中から専任のキャリアアドバイザーを指名できることがミドルの転職の強みです。

弱み

ミドルの転職は35歳以上の求人が圧倒的に多く、20代や30代前半向けの求人は少ないです。

会員の平均年齢は45歳で、若年層の利用者は少なく、ミドルの転職は若者向けの転職サイトではありません。

ミドルの転職は主に即戦力の幹部社員を募集する転職サイトです。一般事務や肉体労働などの仕事を探しているミドル世代の方にも向いていません。

このように利用者が限定されることが、強みであると同時に弱みであるとも言えるでしょう。

ミドルの転職の評判は?良い評判・悪い評判を徹底調査!

ミドルの転職に登録する際には、利用者の評判や世間の評判が気になりますね。

ここでは、ミドルの転職の良い評判と悪い評判を徹底的に調査し、ミドルの転職の実態を明らかにします。

良い評判

まずは、転職系の口コミサイトや2chなどの匿名掲示板などに寄せられているミドルの転職の評判の中から、良い評判を厳選して検証してみます。

そもそもの求人数が豊富

ミドルの転職の良い評判は多いのが、そもそもの求人数が豊富である点です。

ミドルの転職には107,733件もの求人が寄せられており、特化型の転職サイトで10万件を超える求人数はかなり多いと言えます。

大手の転職エージェントのリクルートエージェントでも求人数は約15万件なので、ミドルの転職はミドル世代に特化しているにも関わらず、求人数はかなり多いことがわかります。

中高年にとって使いやすいサービスになっている

ミドルの転職は、その主な利用者である中高年層に使いやすいサービスになっていると評判です。

「文字が大きめで読みやすい」「ボタンの配置がわかりやすい」「簡単に検索できる」といった口コミが多くあり、中高年の方への細かい配慮が行き届いていることが見て取れます。

専任のキャリアアドバイザーを選ぶ際には、キャリアアドバイザーの顔写真やプロフィール、得意分野などが公開されているので、透明性が高い点も高く評価されています。

年収が高めの求人が豊富

ミドルの転職は年収が高めの求人が豊富と評判で、年収アップに成功したという口コミが多く寄せられています。

年収1,000万円以上の求人が5,000件以上もあるので、転職に成功すると大幅な年収アップが見込めます。

ミドルの転職はハイキャリア向けの求人が多く、キャリア不足の方には厳しい面もありますが、豊富なキャリアと実績があるミドル世代の方は、年収アップのまたとないチャンスをつかめます。

スカウトメールがたくさん届く

ミドルの転職には500社以上の転職エージェントが登録しているため、いろいろな転職エージェントや優良企業からスカウトメールがたくさん届きます。

スカウトされると採用される可能性が高くなるので、スカウトメールに対する利用者の評判は上々です。

転職エージェントや企業の採用担当者は、公開されている求職者のWEB履歴書を見てスカウトするわけですが、WEB履歴書は個人を特定できる情報は公開されないので安心です。

悪い評判

ミドルの転職は良い評判の方が多い一方、悪い評判も見受けられます。

悪い評判も知っておかないと、ミドルの転職の実態は把握できません。ここでは、ミドルの転職の悪い評判について検証してみます。

担当者によっては合わない人もいる

転職活動するうえでキャリアアドバイザーの存在は非常に重要です。ミドルの転職では、公開された情報に基づいて専任のキャリアアドバイザーを指名できるので、この点は高く評価されています。

しかし、指名したキャリアアドバイザーが予想に反し、十分なサポートをしてくれないことがあり、不満を綴った口コミがいくつか見受けられます。

ミスマッチは良くあることで、相性の悪いキャリアアドバイザーが担当になった場合は、他のキャリアアドバイザーを探すと良いでしょう。

登録しないと応募できない求人が多い

ミドルの転職に寄せられている非公開求人数は約92,000件もありますが、これらの非公開求人に応募するには会員登録が必要です。

これは考えてみると当然で、企業が非公開求人を出すのは、厳選された求職者を集めたいという意思表示です。野放図な応募を防ぐために求人を非公開にしているわけで、応募には会員登録が不可欠です。

会員登録は無料で簡単に登録できますし、登録しても個人を特定できる情報は公開されないので、まずは会員登録だけでも済ませておくと良いでしょう。

ミドルの転職についてよくある質問

ここまで、ミドルの転職のサービス内容などを説明してきましたが、不明な点もいろいろあるかと思います。

ここでは、ミドルの転職についてよく寄せられる質問をいくつかご紹介します。

ミドルの転職は退会しやすい?具体的な退会方法を解説

パソコンをお使いの場合は、ログインして「退会の手続き」をクリックすると、退会手続きができる画面が表示されます。

退会の理由を記入して「退会する」の青いボタンを押すと、退会手続きが完了します。

スマホの場合は、ログインして画面の上の右側に表示される歯車のアイコンをクリックします。「各種設定」の画面が表示されるので、「退会の手続き」から手続きをしてください。

ミドルの転職は女性にもおすすめ?

ミドルの転職には女性向けのサービスは特になく、サービス内容は男性と女性で違いはありません。

管理職やマネージャーとして豊富なキャリアがあり、これまでのキャリアを活かして転職したい女性であれば問題ありませんが、一般事務などの仕事を探している女性には不向きです。

これは女性に限ったことではなく、男性もキャリア不足だとミドルの転職は向いていないので、他の転職エージェントにも登録をおすすめします。

ミドルの転職にはどういう企業の求人がある?

ミドルの転職は優良企業からの求人が多く、誰もが知っている知名度が高い企業からの求人も多いです。

ミドルの転職に求人を寄せている企業として、大手企業や上場企業、外資系企業、グローバル企業などがあり、経営基盤が安定している優良企業からの求人が中心になります。

株式公開準備を目指しているベンチャー企業からの求人も多く、将来の役員や幹部社員を目指せます。

ミドルの転職は検索機能が充実しており、「こだわり条件」で絞り込むと希望する企業を簡単に見つけられます。

ミドルの転職のスカウト機能ってどんな感じ?

ミドルの転職のスカウト機能を使うと、WEB履歴書を見た転職エージェントや企業の採用担当者からスカウトメールが届きます。

スカウト機能を利用するには、WEB履歴書と職務経歴書の登録が必要で、登録後にログインすると「スカウトコーナー」からスカウトサービスを利用できるようになります。

転職エージェントからのスカウトでは、ミドルの転職には掲載されていない企業の非公開求人を紹介されることもあり、優良企業に転職できるチャンスが広がります。

ミドルの転職と合わせて利用したい転職エージェント

ミドルの転職はハイキャリアのミドル世代の求人に特化していることが強みですが、複数の転職エージェントの併用が転職活動では不可欠です。

ここでは、ミドルの転職と併せて利用したい転職エージェントをいくつかご紹介します。

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートキャリアが運営している転職エージェントで、ヘッドハンター型の転職支援サービスを無料で受けられます。

キャリアカーバーには1,834名(令和元年7月現在)のヘッドハンターが在籍しており、ヘッドハンターが求職者のキャリアに見合った優良企業を探してくれます。

年収800万円~2,000万円のハイクラス転職も可能で、時間をじっくりかけて優良企業の転職を目指せます。

キャリアカーバーを利用した人の転職決定年収は平均900万円以上であり、大勢のミドル世代の転職を成功に導いています。

エグゼクティブ向け求人が中心であるためミドルの転職との相性は抜群で、ハイクラス転職を目指す方は両方のサービスに登録しておくと良いでしょう。

クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーもハイクラス向けの転職エージェントで、ミドルの転職との親和性は高く相性は抜群です。

クライスアンドカンパニーの特徴として、キャリアコンサルタントの国家資格を取得しているスタッフが多数在籍しており、コンサルティング力の高さに定評があります。

転職を成功させるにはキャリアコンサルタントのサポートが不可欠です。優秀なキャリアコンサルタントから支援が受けられるのは、クライスアンドカンパニーの強みです。

クライスアンドカンパニーは東京のエグゼクティブ求人が多く、首都圏に在住している方や東京の優良企業に転職したいミドル世代の方に特におすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスに特化した転職サイトであり、優良企業からスカウトが届くなど、ミドルの転職と同様の質の高いサービスが無料で受けられます。

公開求人数は約127,000件で、年収1,000万円超の求人が3分の1以上を占めており、年収アップを目指せます。

ビズリーチの最大の強みはスカウトであり、8割以上の方がスカウトがきっかけで、優良企業への転職を成功させています。

転職エージェントの多くは、全てのサービスを無料で提供していることが多い一方、ビズリーチは無料の「スタンダードステージ」と有料の「プレミアムステージ」があります。

プレミアムステージは無料のお試し期間もありるので、実際に試してみてから登録すると良いでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはミドル・ハイクラスに特化した転職エージェントで、29年以上の豊富な実績があります。

年収600万円~2,000万円の求人が多く、日系・外資系企業や、大手・優良企業への実績が豊富です。

年収1,000万円求人は1,000件以上もあり、650名以上のキャリアアドバイザーがハイクラス転職を徹底的にサポートしてくれます。

外資系企業などのグローバル転職に強みがあるので、海外に転職したい方はJACリクルートメントに登録しておくことをおすすめします。

利用者からの評判はとても良く、平成28年に実施したアンケート調査によると、93%の人が「友人・知人にも紹介したい」と回答しています。

まとめ

ミドルの転職は、30~40代のミドル世代のハイクラス求人に特化した転職サイトであり、非公開求人の数は約92,000件にも及びます。

無料登録すると約92,000件の非公開求人に応募できるようになり、優良企業からスカウトされることもあります。

豊富なキャリアがある30~40代のミドル世代の方は、ミドルの転職に登録して優良企業に転職し、年収1,000万円以上を目指してください。