MIIDAS(ミイダス)の評判は?500人の口コミ調査の結果

転職を考えている人の中には、「MIIDASを使ってみたいけれど、本当に転職に役に立つのか分からない」と思っている人もいるのではないでしょうか。

MIIDASはスマートフォン1つで自分の市場価値を知れる画期的なアプリですが、利用者の口コミの中には良い評判も悪い評判もあり、利用には注意が必要です。

この記事では、MIIDASを実際に使った人の口コミや評判をもとに、MIIDASが本当に転職に使えるかどうか検証します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職アプリ「MIIDAS(ミイダス)」の特徴・サービス内容

MIIDASの利用を検討している人の中には、MIIDASのサービス内容や特徴をあまり良く知らない人もいるのではないでしょうか。

まずは、MIIDASの特徴や仕組み、サービス内容など、基本的な情報を紹介します。

MIIDASとは?特徴や仕組みを解説!

MIIDASは、市場価値診断やコンピテンシー(行動特性)診断、パーソナリティ診断ができる、スマートフォン向け無料転職アプリです。

求人検索と企業から直接オファーが届く機能もありますが、一番の特徴はスマートフォンで簡単に自分の市場価値を調べられる点です。

職歴や実務経験、保有資格などの簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値が調べられるうえに、企業からのオファーも届きます。

「簡単な質問に答えるだけで、どうして自分の市場価値が分かるんだろう」と不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

MIIDASは7万人の転職データを保有し、さまざまな年齢・経歴・スキルの人が過去にどんなオファーを受けたかを基に、市場価値を割り出すのです。

MIIDASの運営会社は?

MIIDASはミイダス株式会社が運営しています。ミイダス株式会社は2019年創業の新しい企業です。

できたばかりの企業が7万人もの転職データを保有している理由は、ミイダス株式会社がもともと、人材サービス大手のパーソルキャリア株式会社から生まれた社内ベンチャー企業だからです。

パーソルキャリア株式会社は大手転職エージェントのdodaをはじめ、さまざまな転職サービスを提供する業界内でも老舗の企業です。

MIIDASは歴史と実績があるパーソルキャリアのデータを活用して、2015年から市場価値診断などのサービスを展開してきました。

2019年にミイダス株式会社の名で法人化し、パーソルキャリアから独立してからもパーソルグループの企業としてサービスを続けています。

MIIDASのサービス①市場価値・内面的特性・個性を診断できる

MIIDASのサービスで最大の特徴は、市場価値診断をはじめとする3つの診断です。

市場価値診断に加えて、内面的特性を調べるコンピテンシー診断や、生まれ持った個性を調べるパーソナリティ診断がスマートフォンで利用できます。

中でも特徴的なのは市場価値診断です。スマートフォンで簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値が調べられます。

質問数はおよそ20問から30問で、これまでの職務内容や持っている資格などが質問されます。ほとんどが選択式で、それほど時間はかかりません。

診断が終わると、その市場価値に合った求人が自動でピックアップされるため、自分で求人を調べる手間が省けるのもメリットです。

MIIDASのサービス②書類選考済みの面接確約オファーが届く

MIIDASは、ただ求人を閲覧できるだけの転職サイトとは異なり、書類選考を省略した面接確約オファーが届くのがポイントです。

通常の転職サイトでは自分で履歴書や職務経歴書などを作成し、書類選考を通過しなければ面接に進めません。MIIDASでは、そうした手間が必要ありません。

企業の採用担当者は、利用者が市場価値診断の時点で入力した経歴やスキルを見てオファーを送るため、書類選考が必要ないのです。

企業の求めるスキルに合致していると判断されると、登録直後から面接確約オファーが届くこともあります。

氏名や住所などの個人情報を入力する必要はなく、経歴を見られたくない企業をあらかじめブロックしておくこともできるので、セキュリティも安心です。

MIIDASのサービス③7万人分の転職データを閲覧できる

MIIDASに登録すると、各種診断やオファーなどのサービスを利用できるだけでなく、MIIDASが保有する膨大な転職データを閲覧できます。

7万人分の転職データを閲覧でき、自分と同じ職種・年代の人が転職した職場や、転職後の年収が分かります。転職を考えている人には大いに参考になるデータです。

MIIDASでは転職の前後両方のデータを公開しているため、「どこで働いていた人がどこに転職したか」まで分かるのも特徴です。

年代や業種・職種、学歴などを細かく設定して調べられるため、市場価値診断と合わせて利用すれば、より正確に自分に合った転職先を判断できます。

MIIDASで転職できた?利用者の評判や口コミを徹底検証!

MIIDASの利用を検討している人にとって、気になるのは「MIIDASを使って転職できるかどうか」ではないでしょうか。

MIIDAS利用者の評判や口コミから、MIIDASが本当に転職に役立つのかどうかを検証します。

MIIDASの良い評判①市場価値診断が面白い

MIIDASの良い評判の中で特に多いのは、「市場価値診断が面白い」など、市場価値診断を評価する口コミです。

上記の口コミのように、市場価値診断だけでなく、コンピテンシー診断やパーソナリティ診断を高く評価する声も見られます。

市場価値診断の結果を見て元気が出た、推定年収を見て勇気をもらったなどの口コミも見られました。

MIIDASの市場価値診断はスマートフォンで簡単にできるため、転職するつもりがなくても試しにやってみる人も少なくありません。

実際に市場価値診断をやってみると、今の年収より高い年収が提示され、自信に繋がった人や、転職を考え始めた人もいるようです。

コンピテンシー診断やパーソナリティ診断も無料で手軽にできることから、口コミでは高評価を得ています。

MIIDASの良い評判②面倒な書類作成の手間が省ける

MIIDASでは、登録の際に入力した情報が履歴書や職務経歴書の代わりになるので、オファーが来た時点で面接が確約されています。

通常の転職活動では、応募先企業にそれぞれ履歴書と職務経歴書を書いて送らなければなりません。

一方、MIIDASでは企業が登録者の職歴などを見た上でオファーを送ってくるので、「書類選考合格済」の扱いです。わざわざ書類作成をする必要はありません。

このため、現在の仕事を続けながら転職活動を続けやすく、内定までのスピードも非常に早くなります。

MIIDASを実際に利用した人からの口コミは、

  • 「転職用の書類を書かなくてもいいので、時間がない中でも転職活動ができた」
  • 「驚くほど忙しくても、活動を進められる」
  • 「オファーが自分に合ったものばかりだったので、今の仕事に没頭できた」

など、書類作成の手間が省けて転職活動を効率よく進められたと好評でした。

MIIDAではオファーへの返信期限、メッセージ送信の義務がない点も、煩わしさがないと好評かを得ていました。

MIIDASの悪い評判①嘘が多い

MIIDASの悪い評判の中で特に目立つのは、「市場価値診断の年収が信頼できない」「診断結果と実際に届く求人の年収に差がある」など、嘘の多さを指摘するものです。

上記の口コミのように、推定年収を満たす求人がほとんどなく、市場価値診断の結果が信頼できないと語る口コミは、インターネット上に多数存在します。

こちらの口コミでは、自分の入力したスキルや経歴に対して市場価値診断の結果が不釣り合いだと指摘しています。

市場価値診断の信頼性の低さを指摘する口コミは多く、中でも「実際の市場価値よりも高い年収を提示しているのではないか」と疑念を呈する口コミが目立ちます。

診断後に実際に届く求人と市場価値診断の結果に差があることからも、市場価値診断の信頼性が低いと判断する利用者が少なくないようです。

MIIDASの悪い評判②求人の質が低い

MIIDASの悪い評判には、求人の質の低さを指摘するものも見られます。

上記の口コミでは、市場価値診断で高い想定年収が提示されたのに、紹介された求人の質が低く、ブラック企業が多かったと指摘しています。

MIIDASの求人の質が低い理由は、求人を出す企業がMIIDASを安い料金で利用できるからです。

MIIDASは、他の転職支援サービスより安価で利用できるため、採用活動に費用をあまりかけられない企業も多く利用しています。

何人にオファーを出しても料金が変わらないシステムで、「とりあえず送っておく」オファーも少なくありません。

こうしたMIIDASの仕組みが、求人の質の悪さの一因と考えられます。

MIIDASの悪い評判③サービスが物足りない

MIIDASの悪い評判の中には、「サポートが少ない」など、サービスの物足りなさを指摘するものもあります。

こちらの口コミでは、求人紹介のメールが週に1回しか届かず、MIIDASのサービスが物足りないと不満を抱いています。

転職を急いでいない人にはぴったりのサービスですが、すぐに転職したい人にとっては、MIIDASのサポートは物足りないようです。

さらに、MIIDASでは面接対策などの転職活動を自分だけで行わなければならず、転職のサポートがなく大変だったなどの声も聞かれます。

MIIDASが提供するサービスは企業とのマッチングのみで、そこから先は一人で転職活動を進める必要があるため、結果として転職活動に苦労するパターンもあるようです。

MIIDASの悪い評判④スキル次第ではオファーが来ない

MIIDASでは、職歴やスキル、資格が不十分だとオファーが来ないとの口コミがありました。

  • 「オファーがなかなか来ず辛かった」
  • 「スキルや立派な経歴がある人でないと利用は難しい気がする」

MIIDASを利用しても転職サポートは受けられず、自分一人で活動を進めなければいけないのに、オファーすら来なければ五里霧中の状態に陥ってしまいます。

この場合、MIIDASはあくまで「運が良ければオファーが来るサイト」と割り切り、別の転職エージェントで未経験向け・スキルの少ない人向けのサービスを利用する方が得策です。

【まとめ】MIIDASは転職活動で使うべき?

スマートフォンで簡単に自分の市場価値を調べられるMIIDASは、転職の参考となるデータが入手できるものの、MIIDASのみで転職活動を進めるのはおすすめできません。

市場価値診断の信頼性は不明で、良い結果を鵜呑みにして転職活動を進めると、転職に失敗するおそれもあるからです。求人の質も高いとは言えず、MIIDASで転職先を探すのは困難です。

さらに、面接対策などのサポートはないので、転職活動中の面倒な手続きなどは全て自分で完結させる必要があります。

以上の理由から、MIIDASのみを使って転職活動をするのではなく、転職エージェントを併用することをおすすめします。

MIIDASよりおすすめの転職エージェント3選

MIIDASは転職活動の情報収集に役立つものの、より良い転職先を見つけるには、MIIDASよりも転職エージェントを利用してサポートしてもらう方がより効率的です。

MIIDASよりおすすめの転職エージェントを紹介します。

おすすめ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材サービス業大手のパソナグループが運営する転職エージェントで、利用者思いの丁寧なサポートに定評があります。

2020年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第1位に選ばれたことからも、サポートの質の高さが伺えます。

MIIDASとは異なり、面接対策や内定後の交渉、退職手続きのフォローまでサポートしてもらえるので、転職が初めてで不安な人にもおすすめです。

2020年4月現在、公開求人数は34,641件と豊富で、日本全国のさまざまな職種・業種の求人を幅広く保有しています。

公式ホームページによれば、パソナキャリアで転職した人の年収アップ率は67.1%と高いため、転職で年収アップを目指す人にもおすすめです。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

おすすめ転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材サービス業最大手のリクルートエージェントが運営する転職エージェントで、最大手ならではの豊富な求人数に強みがあります。

2020年4月現在、公開求人数は115,994件、非公開求人数は127,932件と、他のエージェントを圧倒する豊富な求人数を誇ります。

面接対策を自力でしなくてはならないMIIDASに対して、リクルートエージェントは面接対策も充実しており、面接対策に重点を置きたい人におすすめです。

担当者による模擬面接などの面接練習のほか、利用者は無料で参加できる「面接力向上セミナー」などが利用者から高い評価を集めています。

豊富な求人数と充実した面接対策が魅力のリクルートエージェントは、幅広い転職希望者に対応しているため、転職を考える人であれば登録して損はないエージェントです。

おすすめ転職エージェント③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界各国で人材サービス業を手掛ける株式会社ランスタッドが運営する転職エージェントです。

外資系の転職エージェントのため、外資系企業の求人が豊富なことから、外資系や英語を使った仕事に就きたい人におすすめです。

質の悪い求人があるMIIDASとは異なり、良質で年収が高いハイクラス求人のみを集めた「プロフェッショナル転職」のサービスを提供しています。

2020年4月現在、キャリアアップ転職の公開求人数は9,059件、プロフェッショナル転職の公開求人数は1,403件です。

求人数は大手エージェントに劣りますが、外資系やハイクラス向けの求人は質の高いものが多いため、他のエージェントと併用して転職活動を進めることをおすすめします。

MIIDASに関するよくある質問

ここまで、MIIDASの特徴やサービス内容などを詳しく説明してきましたが、MIIDASについてまだ気になる点がある人もいるのではないでしょうか。

MIIDASに関するよくある質問と、その答えを紹介します。

MIIDASのログイン方法は?パスワードを忘れたら?

MIIDASにログインするには、IDとパスワードが必要です。IDはメールアドレスか電話番号で、Facebookアカウントでもログインできます。

MIIDASのパスワードを忘れてしまった場合、パスワードをリセットできます。パスワードのリセットは、ログイン画面下部の「パスワードをお忘れですか?」から行えます。

パスワードのリセットには、IDと生年月日の入力が必要です。登録しているメールアドレス宛にメールが届くので、受信ボックスを確認しましょう。

MIIDASの料金は?転職できた時も無料?

MIIDASは、転職希望者であれば完全無料で利用できます。MIIDASを利用して転職に成功した場合でも、利用料金などを追加で支払う必要はありません。

市場価値診断などのさまざまなコンテンツを提供するMIIDASを無料で利用できるのは、MIIDASに求人を出している企業が料金を支払っているからです。

企業のMIIDAS利用料は毎月の定額制です。このため、転職希望者は一切料金を支払うことなく、無料で利用できるのです。

MIIDASの退会方法は?

MIIDAS退会する場合は、ログイン後のマイページ画面にある「設定を変更する」という項目から手続きできます。

設定画面の「アカウント」の項目をクリックすると、「退会」のボタンが表示されます。注意事項が表示されるので、「理解して退会する」をクリックしましょう。

この段階ではまだ退会手続きは完了しておらず、アンケートに回答後、「退会手続き完了」の文字が表示されて初めて退会手続きが完了するので、注意が必要です。

MIIDASのビジネスモデルはどうなってるの?

オファー制度や適職診断など、MIIDASのサービスは無料で利用できます。無料なのに「MIIDASはどうやって運営しているの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

MIIDASは利用者から利用料金は取らず、オファーを送る企業からお金をもらっています。他の転職サービスとは異なり、求人広告掲載や採用件数に応じて料金を支払うのではなく、定額プランを採用しています。

定額プランでは、企業は年間一定の利用料を支払えば求人掲載料、採用の成功報酬、オファーにかかる料金を支払う必要がありません。

定額プランはMIIDASにとっても、利益の見込みを立てやすいメリットもあります。

企業側がMIIDASを使うメリットは?

MIIDAS企業側が利用する一番のメリットは、低価格で中途採用できる点です。

転職エージェントを介して採用活動をすると、中途採用1人ごとに100万円以上の報酬をエージェントに支払う必要があり、大きなコストがかかります。

対して、MIIDASは定額制のため、何人にオファーを出しても料金は変わらず、何人採用しても追加料金がかかりません。

転職エージェントや転職サイトを利用するよりも低価格で、求める人材に求人を届けられることから、65,000社もの企業が利用しています。

ただし、この「何人にオファーを出しても料金が変わらない」ことが、MIIDASのオファーの質を下げている要因の1つであることは否めません。

ニートでも会社からオファーは来る?

MIIDASでは前職の会社名や勤務期間、仕事内容などを登録します。今まで働いていなかったニートの方や正社員経験のない方は、オファーが来るのか不安になるでしょう。

MIIDASは99%の人が何らかのオファーをもらっていると謳っているので、ニートやフリーターの方でもオファーが来る可能性はあります。

ただし、社会人経験の乏しい人が正社員を目指して就職・転職活動をする場合、自分一人の力で成功をつかみ取るのは至難の業です。

転職エージェントなど、プロの力を借りて転職活動をする方が成功率が高まります。MIIDASはあくまで「自分の力で、自分のペースで転職活動をしたい人」向けのサービスだと心得ましょう

MIIDASのメリット・デメリットまとめ

スマートフォンで簡単に市場価値が調べられるMIIDASは、これまでにない画期的なサービスです。

市場価値診断で入力したデータをもとに企業からオファーが受けられるのは便利な一方、求人を探すコンテンツとして利用するには不十分な部分も多くあります。

「市場価値診断の結果が信用できない」などの口コミも多くあり、診断後に受けられるオファーにも質の悪いものが混じっていることから、転職活動にはおすすめできません。

総合すると、MIIDASは以下のような人たちには利用価値があると考えられます。

  • 自力で転職活動をしたいが、履歴書作成などの時間が取れない人
  • 参考までに、自分の市場価値を知りたい人
  • 転職を急いでおらず、幅広く情報収集したい人

ただし、MIIDASではじき出された自分の市場価値と、オファーされる年収には差があるとの口コミもあり、MIIDASの情報をうのみにしてはいけません。

本気で転職を成功させるのであれば、MIIDASよりも転職エージェントに登録して転職活動を進める方が有利です。

MIIDASは情報収集のツールには使えますが、MIIDASのみで転職活動するのはおすすめできません。転職エージェントを軸に転職活動を進め、成功をつかみましょう。