30代向け求人案件に強いおすすめ転職エージェントを厳選!活用法も解説

30代の転職は、20代の転職とはかなり違い、気をつけるべきことが変わると思うのですが、どうなのでしょうか?
30代になるとハイキャリアな転職に挑戦することができますが、「給料が下がってしまう」こともあり、気をつけなければならないことがあります。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、そんな30代の転職についてまとめています。成功する人の特徴おすすめの転職エージェントなどもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

30代は、今まで頑張ってきたことに対しての疑問が生まれてきて、自分の経験を生かした新たな職を手に入れたいと思う年代です。

30代の転職はリスキーな部分もありますが、30代という年齢に何を求めているかということについて需要を見極めて、自己分析をしていくことで適職に就く可能性がぐっと高まります。

30代の転職で気を付けるべきことや、おすすめ転職エージェントなどについてまとめました。

目次

ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

まずは30代で転職がリスキーであることを理解するべき

20代で就活戦争に飲まれなんとか就職したけれど、自分の夢を諦めてしまったという悔いを残している人も多いのが30代という年代です。

30代になってから、今までの自分の社会人経験を生かして希望の職種に就きたいと考える人も多く、転職を決意する人もたくさんいるのが30代という年代になります。

しかし、ポテンシャルを買われる20代と違って転職先の企業が何を求めているかということを理解して、自分の強みを上手にPRしなければかなり狭き門となっている年代でもあるのです。

30代は20代とは違い、ポテンシャルではなく即戦力を求められます。そのため、専門的な技術を持っている人はかなり歓迎される傾向にあるのです。

一方で、職種によってはお給料が現職よりも下がることもあるほか、年齢の問題で転職できなかったという場合もあるのが現状です。

そのため、30代で転職しようと考える人は、現職で働きながら転職活動しエージェントも上手に活用することをおすすめします。

30代で転職エージェントを利用して成功する人の特徴

30代での転職活動を成功させる人の特徴は、短期決戦である場合が多いです。現職と並行して転職活動をすることもありますが、かなり体力が必要になります。

転職エージェントを利用すれば、自分で応募をするよりも効率良く案件を紹介してもらえますが、それでも体力的・精神的に疲れがたまっていくでしょう。

30代の転職は、自分に何ができるかという自己分析をしっかりして、自分を求めている企業にピンポイントで効率良く応募をしていき、短期決戦で転職を決める人が多いのです。

30代で転職エージェントを利用して失敗しやすい人の特徴

30代で転職に失敗しやすい人は、条件にこだわりすぎていたり前職の役職にこだわりすぎていたり年収にこだわりすぎていたりするという場合があります。

30代で転職する場合は、ある程度、年齢の部分がネックになり不利になりやすいという点を良く理解して転職活動に挑まなければ、結局は転職ができないまま終わってしまうことになるのです。

今働いている会社でいろいろな実績を上げていたとしても、転職したいと思い面接に向かった企業がその実績を真っ正面から評価してくれるとは限りません。

一度、今まであなたが積み上げてきた30代までの実績をリセットできない人は、内定が決まらないどころか、転職先でもうまくいかないかもしれないのです。

エージェントを利用する前に、30代での転職は前半と後半で求められることが違うことを理解しよう

30代での転職は、30代前半と後半で求められることの差がたくさんあります。ここでは、30代の前半と後半では、どのようなことが求められるかということについて解説します。

30代前半の人はポテンシャルを問われる

30代前半は、30代というだけである程度社会的経験を積んでいるため、即戦力として見られる部分があります。

そして、30代前半は企業から見たらまだまだ若者なので、ポテンシャルを買われて転職先から期待とともに採用してもらえるということもあります。

つまり、30代前半の人は、まだまだ伸びしろがあり企業に必要な人材に育ってくれるのではないかという期待を込めて採用してもらえるというわけです。

もう少し年齢が上がると、人を束ねるコミュニケーションやマネジメント能力が問われたり、専門的な能力が問われたりすることがあります。

30代前半でこのような能力があれば、さらに心強い転職成功の武器となりますが、そうでなくても、上手に転職活動をすれば、内定の可能性は十分にあるのです。

30代後半の人は専門性が求められる

30代後半になると、専門的なスキルを持っている人や人を束ねるマネジメント能力に長けた人が内定を得る確率が高くなります。

30代前半で転職活動をする人よりも、狭き門となり求められることが高度化するのです。そして、もう若者として見られるわけでもないので、これ以上職歴を重ねない覚悟も必要です。

給与面や待遇面でも、多少ではありますが妥協する必要が出てくるかもしれません。転職エージェントに登録すると、非公開求人なども見られますので専門家の手を借りることをおすすめします。

未経験業種は全体的に厳しいことが多い

30代は30代前半、後半に関わらず未経験業種は全体的に厳しいということを頭に入れておいてください。

20代前半よりも、伸びしろが見られる比重が低く、即戦力としての活躍が期待されるウエイトが高いからです。

未経験業種にチャレンジしたいという希望を捨てる必要はありませんが、全体的に厳しい傾向にあるということを頭に入れて対策を練りましょう。

自己分析能力が問われる30代は転職エージェントの利用がおすすめ

転職サイトに登録することで、自分の好みの転職先をピックアップしたり、いろいろな転職先を見ることができますが、30代の転職活動は短期決戦が鍵となります。

そのため、ネット上で登録が可能な転職サイトは最初こそボタンひとつでの登録が可能で一見すると便利ですが、エージェントがいないため手動で適職を探さなければなりません。

親身になってカウンセリングしてくれるエージェントにあなたの適性を見いだしてもらい、自己PRを練って転職先を決めたほうが、ひとりよがりになりづらいといえます。

そのため、効率良く応募して自己PRをしっかり行うためには、一時の利便性から転職サイトを利用するよりも、エージェントを利用したほうが利点が高い場合が多いのです。

30代で転職するときに良いエージェントを選ぶポイントを解説!

転職エージェントはたくさんの種類があり、どれを選んだら良いか分からないという人も多いことでしょう。

ここでは、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方について4つまとめましたので、参考にしてみてください。

個人情報の保護がしっかりしているところを

転職活動は、効率性をしっかりと押させておく必要があります。そのため、過剰な営業メールをしてくるところや、個人情報の保護がゆるいところは避けておく必要があります。

個人情報の保護がゆるいと、転職エージェントに登録したあとに迷惑メールがたくさん来てしまい、メールの管理が大変になってしまう場合もあるのです。

JIPDECが定めるプライバシーマークが付いている転職エージェント会社を探して登録することで、プライバシーが守られて個人情報を保護された状態で安全な利用ができます。

求めている案件をしっかり保持しているところ

それぞれの転職エージェントの強みを知ってから転職エージェントに登録すると、あなたにぴったりな適職をエージェントが見つけてきてくれます。

例えば、30代の転職に強いという特色や、IT系、医療系に強いという特色など、いろいろな特色がありますので、自分のニーズに合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。

事前に転職エージェントの特色を知っておけば、よりマッチングが良い仕事をエージェントから紹介してもらえる確率が高くなります。

エージェントの質が良いかもポイント

転職エージェントを活用する場合は、その会社のエージェントの質が高いかどうかということも、事前にある程度、選択の基準にしなければなりません。

転職エージェントは会社内で相性等もありますので、もし、質が高くないエージェントに当たってしまった場合は、交換してもらえるような場所を探しておくことをおすすめします。

企業理念や実績などの情報から、社員教育がどうなのかということをしっかりと見極めて、事前にいろいろと調べておくことをおすすめします。

希望エリアをカバーしているかも要チェック

あなたがエージェントを活用するときに、そのエージェントがあなたの希望する転職エリアをカバーしているかどうかということも、チェックしておかなければいけません。

大手転職エージェントは、首都圏に拠点があるため、地方や関西などの案件は保持していても、それほど多くない場合があります。

そうなると、あなたにはもう少し良い仕事があるのに、転職エージェントが希望エリアをカバーしていなかったため、あまり良い仕事に就けなかったということにもなるのです。

そのため、まずはあなたが働きたいと思うエリアを事前に明確にして転職エージェントを選ぶことが重要な要素となることを忘れないでください。

30代におすすめな転職エージェント一覧を大公開!

転職エージェントの選び方のポイントを押さえたら、次は実際に転職エージェントの会社を見てみて、自分が気に入ったところに登録してみましょう。
ここでは、全ての30代におすすめできるオーソドックスな転職エージェントを9つご紹介します。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

キャリア形成が行えるビズリーチ

ビズリーチ

一般的な転職エージェントとは少し形式が違い、主にヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望社に提供しています。

求人数は約6万件以上あり、この転職エージェントの利用者の約半数以上が、30代~40代のキャリアを持っている人です。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

ビズリーチを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

40歳男性

不動産営業有料会員になることで、他の転職サイトに載っていない企業へのアクションがおこせます。企業側もある程度的を絞ったアプローチをしてくれるので、ミスマッチが少ないです。

41歳男性

食品製造販売業とにかくその求人量の多さに驚かされます。中には決して自分では知ることのできない求人もあります。さらにはハローワークにすら掲載されていないものだってあります。

など、特に有料会員サービスの質の高さやそもそもの求人の多さに対して評価する声が多数ありました。本気で良い転職がしたいと考えている方は登録しておくとよいでしょう。

日本全国での転職活動に対応しており、料金はほかの転職エージェントと同様で無料ですが、有料プランも用意していてより手厚いサポートを受けたいという人に人気があります。

今までのスキルを活かした転職をしたいという場合は、まずは無料プランでの登録をした後で、自分に合っているなと思った場合は有料プランも検討してみてはどうでしょう。

30代女性におすすめの転職エージェント8選!

先ほどは、オーソドックスな転職エージェントやサイトをご紹介しましたが、女性は出産などのイベントがあって、男性とライフスタイルが異なります。

そのため女性に特化したエージェントでお仕事を探すと、ぴったりな仕事に巡り会える確率が高まり、やりがいを持ってお仕事に取り組むことができるようになることでしょう。

ここでは、女性におすすめなエージェントやサイトで、かつ、未経験職種に強い、フリーター再就職に強いなどといった特色があるエージェントを紹介します。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

現在は結婚しても共働きだという人も普通で、女性も結婚してから仕事を辞めるということをしない時代になりました。

そして、結婚して通勤などの問題で一時期仕事から離れても、また転職活動をして仕事をしたいと考える人が多くなってきているのも事実です。

そんな女性の方におすすめなのがtype女性の転職エージェントです。名前の通り、女性の転職エージェントとして女性に特化していますので、女性向けの求人に強いからです。

女性ならではの育休が取りやすい職場環境の案件や、職種で言うとアパレルやコスメなど女性が就きやすく、働きやすい職種がそろっています。

そして、20代~30代の女性がtype女性の転職エージェントで転職した場合、70パーセントが年収アップに成功しています。

そのため、女性がライフワークバランスに悩んで転職をしたりする場合や、年収を落とさず転職したいと考えている場合は、このエージェントがおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリア

16,000社以上との取り引きがあるパソナは、人材派遣会社業界ではトップクラスの取り引きを誇る、信頼性が高い転職エージェントです。

転職エージェントの対応が丁寧だということでも評判で、レジュメや履歴書などの手続きに関する書類の添削も、かなり丁寧に添削してくれるエージェントがたくさんいます。

さらには、女性の気持ちを分かってくれるという評判もたくさんあり、お給料交渉など当事者同士では難しい交渉も、積極的に行ってくれるエージェントです。

&Careerが独自に調べた口コミは以下の通りです。

22歳 女性 食品 製造

使いやすくて、見やすいため応募しやすい。返答がはやくて、いろんな分野の職があり選択することができるためよいと思いました。

DODA

doda

DODAは、転職業界でも求人数の多さを売りにしていて、登録すればたくさんの選択肢の中から自分に合った転職先を選ぶことができます

案件が多いので、女性活躍に特化した案件を検索することもでき、女性にも心強い機能が備わっています。

&Careerが独自に調べた口コミは以下の通りです。

28歳 女性 携帯電話販売営業

求人の量はたまに条件から外れたエリアのものも届いてしまっていたが多めで助かりました。経歴書についても、どの文をどう強調するかや、資格の記載有無などの相談にも乗ってくれて満足しています。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒にとても強く、ニートやフリーターなどにも強い転職エージェントです。

ハタラクティブは、女性のフリーターなどにも強く、1対1で丁寧にフォローしてくれるエージェントのケアが人気です。

ハタラクティブは就職したあとも、困ったことがあればエージェントに電話相談できるというフォローも整っていますので、安心して転職活動ができます。

&Careerが独自に調べた口コミは以下の通りです。

25歳 女性 データ入力事務

フリーターや既卒で正社員ではない人の転職活動の協力になるため、1対1で相談に乗ってくれる環境であること。

MS-Japan

MS-Japanは、株式会社日本MSセンターという名前で運営されていた会社です。職種は、管理部門系や土木系に強い転職エージェントです。

MS-Japanは非常に堅実な転職エージェントで、案件のオファーが来たとしても、その会社に倒産のリスクがあったら断るという姿勢を取っている転職エージェントなのです。

経理や事務などに強いので、女性の場合はこのような職業に就きたいとお願いすると、良い求人をエージェントが紹介してくれるかもしれません。

弁護士や会計士などの有資格者などの転職にも強いので、何か大きな資格がある人は、このMS-Japanがおすすめです。

登録する(無料)

パスキャリ

パスキャリは、2014年に設立されたまだまだ新しい転職エージェント企業です。

パスキャリは無料で活用でき、セミナー受講なども無料で利用できるという手厚いフォローがあります

そして、かなり女性向けな案件がそろっているのが特徴で、例を挙げると、美容カウンセラーなどの美容系やクリニック受付など、幅広い女性向け案件に強いエージェントです。

女性が就きたいと思う職業を多く持っているエージェントで、履歴書添削以外のフォローを受けたい人にはとてもおすすめできるエージェントとなります。

登録する(無料)

ワークポート

WORKPORT

ワークポートは、案件が豊富で登録しただけでたくさんの案件を打診してくれるという頼れる転職エージェントです。ワークポートは登録がとても簡単で、住所などもいらないので気軽に登録することができます。

ワークポートは、登録がとても簡単で転職エージェントとの関わりも淡々としているので、おせっかいなエージェントが苦手で、いろいろな案件を見てみたいという人におすすめです。

そのため、手厚いフォローが欲しいと思う人には、あまり向いていないかもしれません。ITやウェブ業界に特に強いエージェントなので、当該業界に転職希望の人は登録だけでもしてみることをおすすめします。

エージェントを利用して、転職が決まっても30代の人は円満退社を心掛けよう!

退職はあくまであなたの都合です。そのため、転職が決まったら退職の2カ月前までには退職届を提出してください。

職場に迷惑が掛からないように、引き継ぎなどがあればしっかりして、退職する会社に対して不快な思いをさせないように心掛けましょう

退職するときは、あなたの人脈などを買われて転職先から内定がもらえるという場合もあります。

そうなった場合、現職で退職をするからといって何かトラブルがあってはとても大変です。利害に関わることもありますが、人として最後までしっかり現職に貢献し退職しましょう。

30代は転職エージェントを最大限に利用して、慎重に行っていこう

30代前半は20代同様ポテンシャルを評価されて、伸びしろ採用されることも多く、30代後半になると人をまとめるスキルや専門性が高いスキルなどを求められることもあります。

このような前提があることは確かですが、自分がなんのために転職するのかを明確にし、プロのエージェントの力を利用することによって、30代でもまだまだ理想の転職をすることは可能です。

自分に合った転職エージェントを選び、そして、上手に利用することであなたが転職したいと思う業種や待遇の職場に内定する確率が高まります。

転職エージェントや転職サイトを上手に利用して、悔いの無いキャリアと転職先を手に入れましょう。