スポナビキャリアは転職にどう役立つ?取材で分かった特徴と評判を解説

スポナビキャリア

体育会の出身でスポーツ経験を活かせる仕事を探しているのですが、思うように転職活動が進みません。どうしたらいいでしょうか?
体育会系人材の転職なら、「スポナビキャリア」がおすすめです。この記事ではスポナビキャリアの魅力を解説します。

キャリアコンサルタント

体育会経験者やアスリートの転職に特化し、無料で利用できる転職エージェント「スポナビキャリア」をご存知でしょうか?

学生時代にスポーツに真剣に取り組んだ人ほど、就職・転職の際に大きな壁に突き当たります

スポーツに熱中するあまり、どうしても経済や社会情勢に疎くなる傾向があるためです。

ただ、スポーツを追及してきた「体育会系の人材」は、社会に出てもその探求心と体力、集中力を生かせるはずです

「体育会系人材の転職を支援し、活躍の場を広げたい」。そんな思いで、スポナビキャリアは事業を始めました。

今回は、スポナビキャリアさんに取材をお願いし、体育会系人材が持つ強みと魅力、スポナビキャリアの特徴などを聞きました。

転職や競技と仕事の両立を検討しているスポーツ経験者やアスリートは、ぜひ最後までご覧ください。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

スポナビキャリアとは?基本情報やサポート内容を確認!

スポナビキャリア

まず、体育会やスポーツ経験者の転職支援に特化したスポナビキャリアの基本情報を確認しましょう。

登録・利用は無料なので、登録しておいて損はありません。

ここでは、運営会社や具体的なサポート内容をご紹介します。

スポナビキャリアの運営会社

スポナビフィールド

会社名株式会社スポーツフィールド
資本金92,680,480円(2019年12月26日現在)
経営理念「経営理念」全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時にスポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会そして日本の発展に貢献すること
拠点数11ヶ所(札幌、仙台、千葉、東京、横浜、名古屋、 京都、大阪、神戸、広島、福岡)

スポナビキャリアは2010年に創業した株式会社スポーツフィールドが運営しています。

同社のアンバサダーには、元読売ジャイアンツの仁志敏久氏や、車いすバスケとパラアイスホッケー元日本代表の堀江航氏らが名を連ねています。

代表取締役は篠﨑克志氏で、2013年に新卒向け就職支援サイト「スポナビ」を設立し、翌年に中途人材向けのスポナビキャリアを創設しました。

東京都新宿区の本社をはじめ、札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡など11カ所の拠点があります。

有価証券報告書によると従業員は200人で、大半が体育会やスポーツ経験者で構成されています。社員の平均年齢は28歳と若さに満ちあふれる会社です。

行動指針に「プロ意識」「信頼」「チームワーク」「人間力」「自己研鑽」などを掲げており、スポーツと同様に仕事にも情熱を注ぐ熱い会社だと分かります。

スポナビショップ

スポーツフィールドでは、スポーツ用品の通販サイトも手掛けています

スポナビキャリア創設の経緯

中途人材向けサービスのスポナビキャリアは、どのように創設されたのでしょうか。

スポーツフィールドのキャリアセクション長の座間智也さん(30歳)に聞きました。

座間さんは3歳の頃からサッカーに取り組み、今も社会人チームで活躍しています。ポジションはセンターバックやサイドバックを務めていますが、仕事では司令塔の役割です。

スポーツフィールドの社名は「スポーツの可能性を様々なフィールドで発揮する」ことに由来しています。

「社会に出てもスポーツと同じくらい、燃え上がるものを求めるアスリートの希望に応えたい」と創業しました。

座間さん

体育会系人材は、人間力やPDCA(計画・実行・評価・改善)を回す力などの能力が高い一方、部活に打ち込むあまり、「何となく」就職・転職活動してしまうことがあるという課題があります

「スポーツをやっていたから、スポーツ用品メーカーに就職したい」など志望動機が曖昧で、面接など就職・転職活動時に苦労することが多いそうです。

そこで、「スポーツ系人材の持つポテンシャルを存分に生かし、熱中できる仕事を見つけてほしい」と、新卒向けのスポナビと中途向けのスポナビキャリアをつくりました。

実際の転職支援では、コンサルタントが何回も面談を繰り返して転職希望者の適性を見いだし、その人にぴったりの求人を紹介します。

スポナビキャリア①

スポナビキャリアの座間さん。サッカーが得意です

スポナビキャリアが扱う求人内容

スポナビキャリアは他の大手転職サイトとは異なり、保有する求人は全て非公開求人で、件数は非公表です

従って誰でも閲覧できる公開求人はありません。

求人情報は、転職エージェントの資産であり、求職者の皆様を支援する要でもあるので、あえて公開していません

座間さん

非公開求人は不動産、商社、メーカー、サービス、IT/web、人材、広告、金融など幅広い業種の求人紹介先を保有しています。

もちろん大手企業も多数あります。

求人先企業の例はスポナビキャリアのホームページに掲載されており、アシックスやデサントなど大手スポーツ用品メーカーに加え、大和ハウスやオープンハウスといった大手ハウスメーカーなど多種多様で、富士通や吉本興業もあります

職種は「5~6割が営業職」とのことですが、バックオフィスや施工管理、スポーツインストラクター、部活動の合宿・大会の企画営業などもあります。

スポナビキャリアも採用活動をしている?

スポナビキャリアを運営するスポーツフィールドは、2019年12月に東証マザーズに上場するなど、事業を拡大させています

このため、コンサルタントなどの人材採用にも積極的で、有価証券報告書によると2016年からの3年間で社員数は132人も増えています。

スポナビキャリアの登録者のうち、担当のコンサルタントが「適性がある」と判断した場合にスポーツフィールドへの中途入社を誘うこともあるようです。

人数規模を急拡大させる背景には、現在スポナビキャリアは20代~30代や第二新卒の転職支援が中心ですが、今後は管理職なども引き合いがあると見込んでいるためです。

コンサルタント一人当たりで抱える案件数を適正に保ち、支援の質を落とさないために積極的に採用しているのです。

体育会系・アスリート系人材が持つ強みと弱み

スポーツ_304691351

スポーツフィールドはなぜ、アスリートの転職領域に注目したのでしょうか?

体育会経験者やアスリートはかねて、企業からの根強い人材需要があります。

スポーツを突き詰めた人材には、以下の強みがあると考えられているためです。

  • 激しい練習に裏打ちされた強靱な体力とフットワーク
  • 成功・挫折体験を乗り越えた粘り強い精神力と根性
  • 高いコミュニケーション能力
  • チームワークを重視する協調性と指導力
  • 互いに切磋琢磨したことで築かれる豊富な人脈
  • 上意下達を重視し、指示を確実にこなす使命感と規律

上記6点は伝統的な体育会系人材に対する評価です。

近年ではさらに、次の要素も体育会系人材には備わっていると評価されています。

座間さん

  • 自ら考え、創意工夫する創造性
  • 感情と理性のバランスが取れた「人間力
  • PDCAを自ら回す思考能力

スポーツ界はかつて、指導者の指示通りに動き、練習する上意下達の構造が是とされてきました。

ところがスポーツ科学が進展した現在は、自分で練習ノートを付けたり、独自の練習を編み出したり、自ら考え、改善することが求められています。

こうした素養をスポーツを通して自然に身につけているからこそ、企業からの引き合いが強いのです。

一方、スポーツに熱中するあまり、学業や他の社会経験がおろそかになりがちな側面も否定できません。

このため、社会情勢や経済に疎く、「世間知らず」な面があったり、勢いで物事を進めてしまったりする弱みもあります

転職活動に際しても、希望する業界を深く考えずにイメージで決めてしまい、後悔する事例があります。

こうした背景から、アスリートの転職には専門的な支援が必要と考え、一緒にキャリアプランを考える転職エージェント「スポナビキャリア」を創設したのです。

スポナビキャリアのメリットは?取材して分かった強み3つ

ここまで、スポナビキャリアの運営会社や事業概要を確認しました。

体育会系人材の転職を支える熱い思いを持った転職エージェントです。

ここでは、利用者側の視点に立ち、スポナビキャリアを利用するメリットを検証します

座間さんに取材したところ、3つのメリットが見えてきました。

スポナビキャリアのメリット① アスリートに特化した求人がある

スポナビキャリアは、体育会系やアスリート系人材の獲得を望む企業の求人を多数保有しています

一般的な求人サイトで「体育会系人材求む」などと書いてあることは稀です。

先ほど説明しましたが、スポーツを突き詰めてきた人材には「探求心」や「礼儀正しい」など様々な強みがあります。

この強みを活かした職に就きたいと、希望する企業の中途採用に応募しても、企業がそのような人材を求めているのかは求職者の目からは分かりません。

その点、そもそもアスリート系人材を求める求人情報に特化しているスポナビキャリアなら、雇用のミスマッチがありません

スポナビキャリアのメリット② コンサルタントが熱い!

スポナビキャリアには、約40人のコンサルタントが在籍しており、ホームページで全員を顔写真付きで紹介しています

コンサルタントのほぼ全員が体育会出身者で、紹介文に取り組んできたスポーツとスポーツフィールドに入社した経緯を掲載しています。

スポナビキャリアは登録時に経験したスポーツを入力しますが、登録者には同じスポーツを経験したコンサルタントが付くことが多いようです。

同じスポーツの楽しさやつらさ、喜びを経験したコンサルタントの方が、求職者の気持ちや考えをくみ取りやすく、適切な支援・助言ができるんです。

座間さん

特に、登録者が全国大会などを経験したアスリートだったりすると、コンサルタントと既に面識があったり、登録者が抱える固有の事情を察することができたりする利点もあります。

コンサルタントは登録者から直接話を聞き、一緒にキャリアプランを考えることを重視しており、少なくとも1人につき3回、多い人は20回も面談を繰り返します

丁寧に話を聞いた上で、登録者の適職を見いだし、厳選した求人を紹介するのです。

スポナビキャリアのメリット③ 転職後の支援も熱い!

スポナビキャリアは、人のつながりを大切にしており、サービスを利用して転職したOB・OGとも交流を続けています。

その姿勢が口だけではないのは、転職後のサポートを見れば分かります。

転職後、1週間、2週間、1カ月、3カ月、6カ月、1年をめどに転職者に状況確認の連絡をし、悩みごとを聞くなどしています

転職先企業にも同様の連絡を入れ、転職者がスムーズに会社に馴染めるようにサポートしているのです。

一般的な転職エージェントでは、転職が成功したらコンサルタントとの関係は切れ、サービス自体も退会する例が多いです。

転職後も関係が続くのはスポナビキャリアならではです。

利用者もスポナビキャリアに愛着と感謝を抱いているようで、約100人の転職事例の体験談がホームページに掲載されています。

こうした転職後の手厚い支援は企業からの信頼も集め、よりよい求人案件の獲得にもつながっています。

スポナビキャリアってどう?転職成功した利用者の評判・口コミ

評判_1107796946

ここからは、さらに利用者の視点を深掘りし、スポナビキャリアを実際に使って転職成功した人からの評判を紹介します。

体育会系・アスリート系人材が抱える独特の悩みにも、スポナビキャリアなら共感を持って向き合ってくれることが分かります。

スポナビキャリアの評判・口コミ①「スポーツ経験も加味して求人紹介」

新卒で入社した会社は聞いていた話と違うことが多過ぎて、すぐに退職しました。

スポナビキャリアは社会人経験がないほとんどない自分にも、親身に相談にのっていただきました。

スポーツの話題でも盛り上がり、すごく話しやすい雰囲気でした。

他の転職会社では聞かれなかったスポーツの経験も詳しく聞いてくれて、スポーツで培った経験も加味して企業に推薦してくれました

スポナビキャリアでは、登録者が経験したのと同じスポーツに取り組んだコンサルタントが付くことが多いと先ほど紹介しました。

転職活動の第一歩であるコンサルタントの面談は緊張するものです。

「スポーツ」という共通の話題で緊張をほぐし、登録者の本音や仕事への希望、キャリアプランを聞き取りやすくしているのです。

この方は、新卒で入社した会社をすぐに退職し、後ろめたさを感じているようでしたが、親身に話を聞くスポナビキャリアのコンサルタントに感謝しています。

その上、自身のスポーツ経験も踏まえて求人を紹介してもらえたようです。

スポーツ経験まで聞き取り、求人紹介に生かすのはスポナビキャリアにしかできません。

スポナビキャリアの評判・口コミ②「迷うくらいハイレベルな求人がある」

以前は他の就職支援コンサルタントに登録をしていたのですが、自分に向いている求人がなく困っていました。

スポナビキャリアには体育会系の求人情報が迷うくらいたくさんあり、ハイレベルでした

エージェントは大変話しやすく、小さなことでも遠慮せずに話せました。

自分に合っている情報だけを提供してくれるので効率よく転職活動ができ、有名メーカーに転職しました。

スポナビキャリアは全ての求人が非公開で、会員登録後、面談を実施して初めて求人紹介をされます。

中には「求人数が少ない」という口コミもありましたが、体育会系・アスリート系に特化した求人を厳選しているので、「求人が少ない」との口コミは正確に実情を表していません。

むしろ、コンサルタントが丁寧に話を聞いた上で、「迷うくらいたくさんのハイレベルな求人」を紹介してくれたとの評判もあります。

この評判を書き込んだ方のように、自分に合った求人を紹介されるかは、コンサルタントに自分の希望や経歴を正確に詳しく伝えられるかにかかっています

この方は、コンサルタントに親近感を抱いて細かい事情も余すことなく伝えたようで、有名メーカーに中途入社できたようです。

スポナビキャリアの転職事例をもっと知りたい

スポナビキャリア 転職実績

スポナビキャリアは2019年の1年間で数百人を転職成功に導きました。(具体的な件数は非公表)

ホームページには、サービス利用者の転職事例を100件ほど掲載しています

「労働環境を大幅に改善できた」「漠然と転職を考えていたが、自分の考えが明確になった」など、具体的な体験談を写真付きで紹介しています。

転職事例はホームページの分かりやすいところに掲載されているので、登録時に読んでみるのも良いでしょう。

スポナビキャリアの登録方法と利用の流れ

スポナビキャリア 転職の流れ

ここまで、スポナビキャリア責任者の座間さんへの取材や、利用者の評判を元にスポナビキャリアの魅力をお伝えしました。

スポナビキャリアは、体育会系やアスリート系人材の獲得を目指す企業の求人を厳選して集め、スポーツ経験のあるコンサルタントが熱意を持って求職者を転職成功に導きます。

それでは、スポナビキャリアの利用方法をここで確認しましょう。

STEP.1
会員登録

スマホ・登録_1564228834

スポナビキャリアが保有する求人は全て非公開求人です。

スポナビキャリアが持つ求人に応募したい場合は、スポナビキャリアのホームページで会員登録が必要です。

氏名、年齢、在職中・離職済みなどの経歴と連絡先、経験したスポーツと「デュアルキャリア」(仕事と競技の両立)を希望するかを入力します。

会員登録時に経験したスポーツと、仕事と競技の両立を望むかを聞かれる点が、他の転職エージェントとの大きな違いです。

STEP.2
面談・相談
スポナビキャリア③

笑顔で面談する座間さん

登録後はスポーツを経験したコンサルタントが付き、初回の面談日程の調整に入ります。

面談後、二人三脚で転職成功に歩み出します。

面談・相談は東京の本社のほか、横浜や札幌などの各支社でも応じているので、自身の都合の良い場所を指定できます。

スポナビキャリアでは、コンサルタントと登録者の個人同士のやりとりを重視しており、コンサルタントが登録者の考えや気持ちを余すことなく聞き取ります。

スポーツに熱中してきたあまり、社会情勢に疎くなってしまい、自分の適職が見えなくなっている登録者には適切に助言し、広い視野を持つように促します。

特に「何となく」希望する仕事を決めている人には「本当にその仕事が向いているのか」「その仕事で本当に希望が叶うのか」を問い、コンサルタントが一緒に真剣に考えます。

通常3回、多い人は20回も面談することがあるそうです。

STEP.3
求人紹介

面談で登録者の「本当の希望」が分かったら、非公開求人の具体的な内容が紹介されます。

座間さんによると、体育会系の求職者は「今までサッカーをやってきたから、サッカー用品メーカーに入りたい」など、イメージや感覚で語る傾向があります。

一方、求職者に自身のキャリア志向を詳しく聞くと、スポーツ業界ではなく他の業界の方が希望を叶えられるケースも少なくないそうです。

求職者の考えを徹底的に理解したコンサルタントが、厳選した求人を紹介するのです。

STEP.4
応募・面接

応募する企業が決まったら、履歴書や職務経歴書などの必要書類の作成や面接の練習に入ります。

スポナビキャリアでは、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もしてくれます。

求人先の内情を知り、どんな人材を求めているかも熟知しているので、的確な助言をもらえます。

STEP.5
内定・入社

転職エージェントに欠かせないサービスの一つが、内定先企業との条件交渉や入社日の調整です。

スポナビキャリアも当然、条件交渉などの各調整を任せられます。

在職中の方は、円満退社に向けたアドバイスももらえます。

入社してもスポナビキャリアとのつながりは消えません。

転職先企業にうまく馴染めるか、コンサルタントが定期的に連絡をくれ、悩みや困り事を聞いて適切な助言をくれます。

スポナビキャリアと面談するときの服装は?よくある質問まとめ

質問

ここまでで、スポナビキャリアのサービス概要や強みなどが分かったのではないでしょうか。

ここからは、スポナビキャリアに関してよくある質問にお答えします。

登録するか、なお悩んでいる人は参考にしてください

スポナビキャリアで年収アップは望める?

スポナビキャリアを利用することで、年収アップは望めるのでしょうか?
もちろん、年収アップは望めます。我々コンサルタントが丁寧に話を聞き、適職を見極めますので、着実な年収アップ・キャリアアップを実現できます。

座間さん

スポナビキャリアが保有する求人は、そもそも企業側が体育会系やアスリート系人材をピンポイントで指定しています。

そのため、企業側も望む人材を確保しやすく、高めの年収を提示できるのです。

コンサルタントとの面談に服装の指定はある?

キャリア面談を行うときは、どのような服を来ていけば良いですか?
面談当日は、カジュアルな服装でOKです。自分をさらけ出せる楽な服装で来てください

座間さん

理由は、スーツなどの堅苦しい服装で面談に臨むと、登録者の本当の希望やキャリアプランを聞き出せないためだそうです。

また、何よりもコンサルタントによる「熱い」支援により、スポーツに熱中しすぎたせいで自分の適職を見いだせない求職者も、自分の考えを整理してキャリアプランを描けるところにスポナビキャリアの特徴があります。

体育会所属でなくても利用できる?

スポナビキャリアは、体育会所属でなくても利用できますか?
大学体育会の経験者でなくても利用できます。まずはお気軽に相談ください。

座間さん

スポナビキャリアは、スポーツに熱中して熱い気持ちがある社会人を対象とし、競技と仕事を両立させたいなどの希望に応えます

スポナビ2021(新卒就活サービス)とは?評判も知りたい

スポナビ2021

スポナビキャリアを運営するスポーツフィールドは、新卒向けの就活サービス「スポナビ2021」も展開しています。

スポナビ2021は、2021年度入社の新卒人材向け就活支援サイトで、企業の求人情報や就活セミナー、企業説明会の情報などを特集しています。

スポナビ2021に登録すると、書類選考・面接対策を受けられるのに加え、新卒向けの非公開求人に応募できます。

会員登録後、ホームページに応募したい企業が掲載されていれば、スポナビ2021の求人ページからエントリーできます。

スポナビ2021もスポナビキャリアと同様、コンサルタントの熱心な支援が受けられると評判です。

スポナビキャリアと併用したい転職エージェント

体育会系・アスリート系人材の転職には、スポナビキャリアの利用が欠かせません。

とはいえ、転職活動の際には複数の転職エージェントに登録して、幅広く情報収集するのも良策です。

当サイトでは、

の3社もおすすめしています。

他に、第二新卒向けでは

も有用です。

スポナビキャリアの利用を基本としながら、上記の転職エージェントを併用してもいいでしょう。

アスリートは、スポナビキャリアを活用して転職を成功させよう

スポナビキャリア

体育会系・アスリート系の人材は、強靱な体力と精神力、協調性、創造性の高さなどから、中途採用でリーダーシップを発揮できる人材として、企業から根強い需要があります

ただ、引き合いあるからと言って何となく転職活動をすると、転職先の社風が自分に合っていなかったり、仕事内容が面白くなかったりと、行き詰まることになります

スポーツを追及してきた人は、大学を卒業して社会人になると、やるべきことが見つからない「燃え尽き症候群」に陥る人が少なくありません。

スポーツに熱心に取り組んできた経験は、決して無駄にはなりません。スポーツの経験を生かせるビジネスの場は必ずあります

アスリートの転職支援に特化したスポナビキャリアなら、同じ体育会出身のコンサルタントが求職者と時間をかけて相談し、スポーツと同じくらい熱中できる仕事探しを手伝ってくれます。

今回取材したスポナビキャリア責任者の座間智也さんは「頑張ってきたことを無駄にせず、スポーツで得た経験を社会で最大限発揮できるよう、支援します」と力強く語りました。

アスリートは、スポナビキャリアを利用して転職成功を勝ち取りましょう。