CBキャリア(日本メディカルキャリア)の評判は悪い?500人の口コミ調査の結果

CBキャリア

CBキャリア(現:日本メディカルキャリア)は、医師・薬剤師に特化した転職・開業支援サービスです。

ただし、CBキャリアは医師・薬剤師の求人数が他社サービスと比べて少ないデメリットもあるので気をつけましょう。

この記事ではCBキャリアのサービス内容、メリット・デメリット、当社厳選の優良転職サービスなどを紹介しています。

*この記事で紹介している求人数、サービス内容などは2020年3月17日時点です。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

CBキャリア(日本メディカルキャリア)の特徴・サービス内容

ここでは、CBキャリアの特徴・サービス内容などを解説します。CBキャリアに関する基本情報を押さえ、サービス利用を検討する際の材料にしてください。

CBキャリアとは

CBキャリアとは、医師・薬剤師の転職・開業支援に特化したサービスです。転職サポートを受けたい方、開業を検討している方などに利用価値があります。

CBキャリアの主なサービスは以下の通りです。

  • 転職支援
  • 医院開業支援
  • 薬局開業支援
  • キャリアコンサルティング
  • 採用支援(法人向け)

CBキャリアは1999年に設立し、20年以上蓄積してきたノウハウがあり、医療機関と求人情報に関して多くの情報を保有しています。

担当するアドバイザーも国家資格所有者が多く、サービスの質もある程度担保されています。

公式サイトに顔写真付きでアドバイザーのプロフィールが公開されており、こちらから相談相手を選ぶこともできます。

CBキャリアは現在、社名を「日本メディカルキャリア」と変更しており、公式サイトも移転しているので注意しましょう。

CBキャリア・運営会社概要

CBキャリアの運営会社について解説します。CBキャリアの正式名称は株式会社 日本メディカルキャリアです。

代表取締役社長は落合宏明氏で、東京都渋谷区に本社があります。CBキャリアの事業内容は、医療・介護従事者、事業者向けに有料職業紹介、キャリア支援などです。

CBキャリアの運営サイトは3つあります。

  • 医師ベストキャリア
  • 薬剤師ベストキャリア
  • 医師資産形成.com

グループ会社のMRT株式会社では医療業界に特化した情報サービスを提供しており、医師・看護師に向けた職業紹介、医師が発信する情報メディアの運営などを行っています。

CBキャリアの代表・落合氏とは?

CBキャリア代表取締役社長の落合宏明氏について紹介します。落合氏はオンラインアプリである「ポケットドクター」の事業責任者としてMRT株式会社に入社しています。

入社後間もない28歳で、グループ会社であるCBキャリアの代表に就任した優秀なキャリアを持っています。

「あなた以上に、あなたのキャリアを考える」という会社理念を掲げ、社員からも明るくてエネルギッシュだと評判で、熱意とダンディを兼ね備えた方です。

CBキャリアの拠点は?(東京・札幌・大阪・福岡)

CBキャリアの拠点は東京・札幌・大阪・福岡の4箇所にしかありません。支店数が少なく、該当地区に住んでいない方などは不便です。

拠点が遠くて足を運べない人には、電話相談などで対応します。より詳しい内容が知りたい方はフリーダイヤル(0120-979-882)に問い合わせましょう。

転職支援サービスは直接コンサルタントと面談することで、企業のより詳しい情報を手に入れられるメリットがあります。CBキャリアではその利点を享受しづらく、使い勝手で劣ります。

CBキャリアの求人数・求人案件の特徴

CBキャリアの求人数・求人案件の特徴を紹介します。CBキャリアでは医師・薬剤師の2つに分けて転職支援サービスが行われます。

それぞれCBキャリアの姉妹サイトである、

  • 医師ベストキャリア
  • 薬剤師ベストキャリア

を利用できます。

公開求人数
医師ベストキャリア常勤:2791件

非常勤:4,604件

薬剤師ベストキャリア6,502件

医師ベストキャリアの求人特集では、年収2,000万円以上の案件、週4日勤務可の案件など魅力的な案件が紹介されています。

薬剤師ベストキャリアの求人特集では、年収800万円以上、土日祝休みなどに絞って求人を探せるのが特徴的です。

後述しますが、どちらのサービスでもコンサルタントによる転職支援サービスが受けられます。

CBキャリアのサービス内容①医師・薬剤師の転職支援

CBキャリアでは医師・薬剤師の転職支援も行っています。転職支援とは、キャリアコンサルタントによる転職サポートのことです。

求人紹介、応募書類の添削、面接対策、内定先との条件交渉など一貫して行ってくれる便利なサービスです。

医師の方は医師ベストキャリア、薬剤師の方は薬剤師ベストキャリアから専任のコンサルタントがサポートしてくれます。

CBキャリアのコンサルタントは国家資格保有者が多く、レベルは総じて高いです。

ただし、他の転職エージェントと比較してCBキャリアは求人数がそれほど多くなく、優秀なコンサルタントは他社にも数多くいます。

結論を急ぐ必要はないので、この記事で紹介している転職エージェントも視野に入れると良いでしょう。

CBキャリアのサービス内容②医師・薬剤師の開業支援

CBキャリアでは医師・薬剤師の開業支援も受けられます。これから開業を検討する方に嬉しいサービスです。

具体的なサービス利用の流れは以下の通りです。

  1. CBキャリアに問い合わせる
  2. カウンセリングを受ける
  3. 案件の案内・提案を受ける
  4. 検討する
  5. 条件提示
  6. トップ面談
  7. 基本合意する
  8. 詳細調査(デューデリジェンス)
  9. 最終契約

はじめに、専任のコンサルタントに希望条件を伝え、不明点・不安点などのアドバイスが行われます。

その後、カウンセリングでまとめた情報を元に、新規・承継案件などの紹介がコンサルタントより提案され、承諾するか検討します。

互いの条件が合意した場合、対象医療機関(薬剤師の場合は薬局)のオーナーと最終契約を結び、開業許可が下りたら開業がスタートする流れです。

医師・薬剤師どちらの開業も大まかな流れは同じです。開業すべきか悩んでいる段階でも相談OKなので、利用価値は高いです。

CBキャリアの評判は?転職・開業支援は本当に使える?

CBキャリアの口コミから評判をまとめました。サービス利用者の生の意見を聞いて、CBキャリアが利用するに足るサービスか検討する材料にしてください。

CBキャリアの良い評判:希望条件をまとめられた

転職を検討していたのですが、希望条件が固まっておらず悩んでいました。コンサルタントの方に相談しながら求人を探していくうちに、希望条件がまとまり転職もうまくいきました。

希望条件をまとめられたことが高評価されています。

この方は具体的な転職希望条件が固まっていなかったようでしたが、コンサルタントに相談したおかげで自分の進む道が見えてきたようです。

CBキャリアでは、細かなヒアリングをした後に適した求人を紹介されるので、その人に合った適切なアドバイスをもらえます。

ただし、転職エージェントなら基本的にどこでも詳細なアドバイスを受けられます。CBキャリアが特に優れているわけではありません。

CBキャリアの悪い評判①求人数が少ない

提案された求人の数が他社と比べても少ないため、CBキャリアは利用しなかったです。CBキャリアは求人数が少ない印象が強かったです。

求人数の少なさを指摘している人もいます。他の転職サイトと比較して求人が少ないため、この方はCBキャリアは利用しなかったようです。

薬剤師求人では、この記事で紹介しているファルマスタッフの公開求人数60,529件と比べるとCBキャリアの求人数は6,502件なので、10倍近くの開きがあります。

医師求人もこの記事で紹介しているリクルートドクターズの常勤公開求人数12,166件と比べ、CBキャリアは4,604件なので約3倍の差です。

以上を踏まえるとCBキャリアの求人数が他社と比べて少ないのは事実です。

もちろん転職サービスの種類や利用者の経歴などによって、紹介される求人数は変わるので、CBキャリアの求人数が絶対的に少ないとは言い切れません。

どちらにせよもっと多くの求人数から選びたい場合、複数の転職エージェントを使い分けて求人を探すのが一番です。

CBキャリアの悪い評判②拠点数が少ない

拠点数の少ない点がCBキャリアのデメリットに挙げられます。CBキャリアの拠点は東京・札幌・大阪・福岡の4箇所しかありません。

拠点数が少ないと遠方の方などはコンサルタントと直接面談できる機会が大幅に少なくなり、十分な転職支援サービスを受けるのが困難になります。

特に、コンサルタントと会えない分、求人情報には書かれていない職場の雰囲気や人間関係などの情報が聞きにくいデメリットが発生します。

質の高い情報は転職活動でとても重要です。情報入手が困難になると、転職成功の可能性が大きく下がります。

幅広く、詳細な情報を収集したい方は、他の転職エージェントの利用も検討しましょう。

【結論】CBキャリアは使うべき?

メリット・デメリットを総合すると、CBキャリアは使うべきではありません。理由は、求人数と拠点数の少なさなどのデメリットが大きいからです。

求人数で見ると、薬剤師求人を他の転職エージェントと比較すると、以下の通りです。

求人数
ファルマスタッフ60,529件
リクナビ薬剤師51,628件
薬キャリエージェント14,989件
CBキャリア(薬剤師ベストキャリア)6,502件

医師求人について他の転職エージェントと比較すると以下の通りです。

求人数
エムスリーキャリアエージェント常勤:14,974件

非常勤:4,984件

リクルートドクターズキャリア常勤:12,166件

非常勤:5,010件

マイナビDOCTOR常勤:8,515件

非常勤:8,346件

CBキャリア(医師ベストキャリア)常勤:2,791件

非常勤:4,604件

表の通り、CBキャリアの求人数が少ないのは明白です。

拠点数の少なさも問題で、拠点がある東京・札幌・大阪・福岡や近県に住んでいない方は直接コンサルタントと面談できる機会が限られてしまいます。

以上の点から、わざわざCBキャリアを使うメリットは薄いといえます。

以下には求人数もさることながら、サービスの質も良好な転職エージェントを紹介するので参考にしてください。

CBキャリアよりおすすめの転職エージェント【薬剤師】

CBキャリアよりおすすめの薬剤師転職エージェントを紹介します。薬剤師に特化した転職サービスはCBキャリア以外にもたくさんあります。

ここで紹介しているサービスはどれもCBキャリアよりも求人数、サービスの質が優れたもので当社が強くおすすめしています。

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、薬剤師専門の転職エージェントで、公開求人数は14,989件あります。

CBキャリアの求人数6,502件と比べて2倍以上の差があるので、多くの求人から自分の望む条件の仕事を探せます。正社員の求人数は9,680件あります。

求人特集では、

  • 派遣薬剤師の求人
  • 年収600万円以上の高年収求人

が取り上げられています。

コンサルタントには正社員、派遣、パートの各担当がおり、雇用条件に合わせて各担当者がサポートしてくれます。

公式サイトには薬剤師の年収を診断できるツールがあるので、自分の適正年収がわからない方は参考にすると良いでしょう。

薬剤師で転職を目指している方は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師転職支援サービスです。

ファルマスタッフの最大の特徴は、公開求人数60,529件と圧倒的な求人数です。CBキャリアと比べて約10倍近い多いです。

正社員の求人数30,663件、パート求人数22,166件、と雇用条件ごとの求人数も充実しており、地方の求人も多数あります。

ファルマスタッフは日本マーケティング機構の調査(2019年7月時点)で、「薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1」にも選出されています。

全国各地で転職無料相談会が開催されているので、気になる方は1度足を運ぶと良いでしょう。

多様な求人から選びたい方にファルマスタッフはおすすめです。

登録する(無料)

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は転職業界最大手のリクナビが運営する薬剤師に特化した転職エージェントです。公開求人数は51,628件あり、東京を中心に全国各地から求人を探せます。

リクナビ薬剤師は未経験者歓迎の求人数が42,628件あり、未経験者、ブランクが長い人でも安心して利用できます。

CBキャリアでは未経験可の求人数が1,242件しかないので、未経験者の方はリクナビ薬剤師の方が断然利用価値が高いです。

転職業界を牽引するリクナビだけあって、コンサルタントから得られる情報も非常に密度が濃く役立ちます。

転勤なしの求人など、細かく条件設定して検索できるので、勤務地、雇用条件、詳細な条件を設定して自分に合った求人を探すと良いでしょう。

登録する(無料)

CBキャリアよりおすすめの転職エージェント【医師】

CBキャリアよりおすすめの医師転職エージェントを紹介します。医師の転職は常勤・非常勤などの雇用形態も非常に重要です。

ここで紹介する転職エージェントは、どれも医師からの信頼が強い転職サービスです。

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは、医師会員数28万人以上を誇る医師特化転職支援サービスです。

転職希望医師の登録実績7年連続No. 1(2020年2月時点)を取得するほど、医師から多くの支持を得ています。

公開求人数は常勤・非常勤それぞれ、14,974・4,984件あり、診療科目は内科が特に多いです。

CBキャリアの常勤求人数2,791件と比較すると、5倍以上も求人数が多く、仕事選びに困りません。

担当するコンサルタントは経験豊富で、地域ごとに特化しているので、きめ細かい情報収集も可能です。

エムスリーキャリアエージェントは、医師として転職を考えている誰もが登録しておきたい転職支援サービスです。

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは転職業界大手のマイナビが運営する医師専門の転職支援サービスです。

公開求人数は常勤・非常勤で8,515・8,346件あり、非公開求人が29,802・29,211件と非常に多いです。

CBキャリアでは非公開求人数は会員登録しないと分からないので、事前にどのくらい求人数があるのかわかる点はありがたいです。

マイナビDOCTOR公式サイトには「はじめての医師転職マニュアル」が掲載され、キャリアパターンやスケジュールなど詳細な情報が載っています。

転職初心者の方は不安も大きいので、一読してイメージを膨らませると良いでしょう。コンサルタントも業界に詳しいプロ集団なので、サポートの質も期待できます。

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアはリクルートが運営する医師特化転職エージェントです。

公開求人数は常勤・非常勤でそれぞれ、12,166・5,010件とリクルートの名にふさわしく多いです。

公式サイトによると「リクルートグループなら利用したい」と答えた方が約83%おり、信頼性の高さがうかがえます。

年収2,000万円以上の求人案件に絞った場合、常勤医師で4,056件ヒットします。CBキャリアでは934件しか出てこないので高収入を狙うならリクルートドクターズキャリアが断然おすすめです。

リクルートドクターズキャリアに会員登録すれば1万件以上の非公開求人を閲覧でき、プロから転職アドバイスも受けられます。

CBキャリアのメリット・デメリットまとめ

CBキャリアのサービス内容、メリット・デメリットなどわかったことでしょう。CBキャリアは医師・薬剤師の転職・開業支援を手掛け、便利なサービスではあります。

しかし、他社と比べて求人数と拠点数が少なく、利用するには頼りないサービスです。

よって他の転職エージェントの利用をおすすめします。最後にこの記事で紹介した転職エージェントをおさらいしましょう。

薬剤師の転職でおすすめの転職エージェントは

  • 薬キャリエージェント
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師

医師の転職でおすすめの転職エージェントは

  • エムスリーキャリアエージェント
  • リクルートドクターズキャリア
  • マイナビDOCTOR

です。

それぞれの転職エージェントを上手に使いこなして、希望に叶う求人を見つけましょう!