e-doctorの評判は悪い?医師向け転職サイトの口コミを徹底比較!

e-doctorは医師専門の求人紹介・転職支援サービスです。e-doctorの評判・サービス内容などが気になりませんか?

e-doctorは公開求人数が21,740件あり、医師専任コンサルタントから面接対策、医療機関との条件交渉などの転職サポートを受けられるサービスです。

ただし、コンサルタントの対応に不満を抱く人が一定数いるようです。

この記事では、e-doctorの悪い評判の真相、サービス内容、メリット・デメリットなどを徹底解説しています。

e-doctor以外の医師転職サービスを知りたい人のために、当社厳選の転職サービスも記事の後半で紹介しています。

*この記事で紹介している求人数、サービス内容などは2020年3月24日時点のものです。

  1. エムスリーキャリアエージェント ロゴ
  2. リクルートドクターズキャリア ロゴ
  3. マイナビDOCTOR ロゴ
医師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

医師転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
医師転職サイトを徹底比較!本当に使える7サイトをランキングで紹介

e-doctorの特徴とサービス内容

e-doctorの特徴・サービス内容などを解説します。e-doctorについて知るには基本情報の理解は欠かせません。

e-doctorの求人数、コンサルサポート、スキルアップ支援サイトなどを紹介しているので参考にしてください。

e-doctorとは

e-doctorとは、医師専門の求人紹介・転職支援サービスのことです。

全体の公開求人数が21,740件あり、常勤、非常勤、アルバイト・スポット求人、健診などに分けて求人を探せます。

求人数は他の医師特化転職エージェントと比べて多くはありませんが、会員登録すれば鉄道沿線から求人を検索できる点が特徴的です。

非公開求人も含めた全体の求人数は公表されていませんが、全体の7割が非公開求人といわれています。

e-doctorでは専任コンサルタントから転職サポートを受けることができ、求人紹介、書類添削・面接対策、内定先との条件交渉などをしてくれます。

医療マンガ掲載、若手医師スキルアップ支援サービスなども展開しており、サービスは多岐に渡ります。

e-doctorの運営会社:リンクスタッフ

e-doctorの運営会社である「リンクスタッフ」について詳しく見ていきましょう。リンクスタッフは東京都港区に本社を構え、大阪、名古屋、福岡にも支社を展開しています。

代表取締役は杉多保昭氏で、従業員数は244名、会社設立日は1992年12月1日です。事業内容は、職業紹介事業のほか、以下の医療関係者の転職支援にも力を入れています。

  • 医師
  • 歯科医師
  • 看護師
  • 保健師
  • 介護士

他にも派遣事業、開業・経営支援事業なども行なっています。これまでに紹介した求人件数は延べ134,853件、医師の紹介成約数は30,155件(2019年度)に上ります。

WEBサイト制作事業もしており、医療系に適したホームページ作りにも定評があります。

*ここで紹介したデータは2020年1月時点のものです。

e-doctorの求人数は?常勤・非常勤・スポット・バイトの件数は?

e-doctorの公開求人数を勤務形態ごとに表にまとめました。

公開求人数
常勤11,830件
定期非常勤4,291件
アルバイト・スポット3,230件
健診2,389件

表からもわかる通り、常勤医師の求人数が特に多いです。常勤として転職を考えている方は幅広く求人を探せます。

地方求人も充実しているので地方在住の方、地域医療に携わりたい方も、希望する求人を見つけやすいです。

科目別の求人数も見ていきましょう。

公開求人数
内科6,145件
外科4,604件
その他4,716件

科目ごとの求人数はバランスが取れており、内科・外科の求人数が充実している点がe-doctorの強みです。

その他の科目では、救命救急科、放射線科、精神科、小児科、緩和ケア科、在宅診療、産業医など様々な求人が掲載されています。

e-doctorの特徴①コンサルタントのサポートがある

e-doctorではコンサルタントによる転職サポートを受けられます。

コンサルタントは、希望する求人案件の紹介、面接日程の調整、職務経歴書作成のアドバイス、医療機関との条件交渉など幅広く対応してくれます。

e-doctorのコンサルタントは、普段から交渉トレーニングを積んでいるため交渉力には長けています。

直接自分で求人探しから応募まで行わなければいけない求人サイトと違い、e-doctorは手間のかかる作業をできる限り代行してくれる点が強みです。

ただし、コンサルタントのサポートが受けられるのはe-doctorだけではないので、他社のサービスとも比較するとより良い求人選びができます。

この記事の後半では、当社が厳選した医師特化転職エージェントを紹介しているので参考にしてください。

e-doctorの特徴②保有求人の7割が非公開

e-doctorは保有求人の7割が非公開求人です。非公開求人の詳細は会員登録しなければ閲覧できませんが、求人の一例をあげると以下の通りです。

  • 東京都・呼吸器内科 年収2,300万円
  • 千葉県・一般内科 年収2,400万円
  • 大阪府・産業医 年収1,400万円
  • 北海道・整形外科 年収1,800万円
  • 福岡県・消化器内科 年収1,900万円
  • 愛知県・一般内科 年収2,000万円

など、どれも高収入の求人が多いです。

非公開求人は公開すれば応募が殺到する人気の求人、高度なスキルを持つ人に絞って集めたいなどの理由で一般には公開されない求人です。

非公開求人は、年収が高い、スキルアップできる、雇用条件が良いなど優良求人も多数存在するので理想的な求人が見つかる可能性も高いです。

e-doctorの特徴③スキルアップ支援サイトが充実している

e-doctorの関連サイトには、Doctor’s Gate(ドクターズゲート)と呼ばれる研修医・若手医師向けのスキルアップ支援サイトがあります。

Doctor’s Gateは、研修医・若手医師などが「専門医」になるための有益な情報を提供するサービスです。

公式サイトには科目ごとに分けて、診断方法、医学知識、名医同士の対談、セミナー動画など様々なコンテンツが存在します。

医学生向けに医師国家試験の過去問も掲載されており、医学生の方にも利用価値はあります。

成功を掴んだドクターの波乱万丈な半生を描いた医療マンガも掲載され、医師としての生き方に悩んでいる方は読んでみると良いでしょう。

高須クリニックで有名な高須克弥院長の半生も描かれているので、純粋な読み物としても楽しめます。

Doctor’s Gateは経験年数が長い医師の方に限らず、専門医を目指す研修医・若手医師の方にも役立つサービスです。

e-doctorの評判は?他の医師転職サイトと比較して悪い?

e-doctorのサービス内容がわかったところで評判も気になりませんか?ここでは、e-doctor利用者の口コミを徹底分析し、包み隠さず紹介しています。

ユーザーのリアルな声を聞いてサービスの利用を検討すると良いでしょう。

e-doctorの良い評判:転職にかかる時間が短かった

e-doctorのコンサルタントに連絡したら、すぐに自分の理想的な求人を紹介してもらえました。最終的に1ヶ月ほどで希望に合った職場で働けるようになったので非常に満足しています。

転職にかかる時間が短いことを高評価している人もいます。

e-doctorではコンサルタントによるサポートを受けられるため、求人探しから面接対策、医療機関との条件交渉もしてもらえます。

優秀な担当者に出会えれば転職活動もスムーズに進み、短期間で転職が可能です。

この方もわずか1ヶ月で転職に成功し、満足しているようです。一方、転職サポートがついてるサービスはe-doctor以外にもあるので、自分に合ったサービス選びが大事です。

e-doctorの悪い評判①求人数が少ない

医師求人に特化した他社の転職エージェントと比べても求人数は少なかったです。求人数が少ないと選べる仕事の幅が狭くなるのでその点はマイナスポイントです。

求人数の少なさに不満を抱く方もいます。e-doctorの全体求人数は21,740件で、他の転職サービスと比べてそれほど少ない数字ではありません。

ただし、エリアや科目によっては希望している求人が見つからないこともあります。転職活動では、求人数の多さが鍵を握るので、e-doctorだけで探すのは非効率です。

複数の転職サービスを活用し、自分が納得する求人を見つけるのが最善策といえます。

この記事で紹介しているマイナビDOCTORは常勤医師の求人数を公開・非公開合わせた場合38,403件あるので求人数で選ぶならおすすめの転職エージェントです。

e-doctorの悪い評判②レスポンスが早くない

レスポンスが遅いとはいいませんが、決して早くもなかったです。応募したい求人が合ってもすでに応募枠が埋まっていて残念な思いをすることが多かったです。

良い評判で転職スピードが早くて助かったという意見がある一方、レスポンスが早くないと感じる方もいます。

この口コミから、e-doctorのコンサルタントには当たり外れがあると考えられます。

コンサルタントの対応が遅いと、応募したい求人が見つかってもすでに締め切っているなど機会損失を被ります。

この方も、他の方に先を越され残念な結果に終わっています。転職支援サービスには、素早い情報提供が求められます。

e-doctorは、対応スピードが遅い可能性もあると頭に入れておいた方が良いです。

e-doctorの悪い評判③コンサルタントの対応がバラバラだった

別々のコンサルタントに対応されたため、思うように転職活動が捗らず最初からやり直すことになりました。

一人ではなく複数の担当者が対応していたため、情報の一元化が図れず転職活動が滞ったとの指摘があります。

別々のコンサルタントに対応されると、情報の伝達ミスが起き、こちらの要望が伝わりにくくなるため、転職活動に支障をきたします。

会社を退職してしまった、病気などで休暇を取っているなどの事情で担当者が変わることは考えられます。

ただし、会社全体でスムーズな引き継ぎができる体制になっていれば問題を最小限に抑えることも可能です。

e-doctorにそれができていないとすれば、胸を張っておすすめできるサービスではありません。この方は転職活動がうまくいかず、振り出しに戻ってしまったようです。

【結論】e-doctorは使うべき?

e-doctorは突出して優れた部分が見当たらず、先ほどの悪い評判も合わせると、必ず利用すべきとは言えません。

常勤・非常勤アルバイトなどの求人以外に健診の仕事を検索できる点は珍しい一方、転職サポートなどを総合的に比較すると他社のエージェントに見劣りしてしまいます。

医師として働きながら転職活動をするのは負担が大きく、時間に余裕もありません。

サポートが充実した優良な転職エージェントを利用する方が、転職成功の可能性もグッと上がります。

下記で紹介する医師特化の転職エージェントは、どれも評判が良くコンサルタントの質も高いです。

医師会員登録数が業界1位、高年収の求人数が多い、コンサルタントが面接に同行してくれる、女性医師へのサポートが充実しているなど、様々なニーズに対応しているサービスを厳選しています。

医師転職支援サービスは複数登録することで、より多くの求人数から希望にマッチした求人を探せる上、自分と相性の良いコンサルタントに出会える可能性も高まります。

どのサービスも全て無料利用できるので、複数登録するメリットは大きいです。

e-doctorよりおすすめの医師専門転職エージェント4選

e-doctorよりおすすめの医師専門転職エージェントを4つ厳選して紹介します。サービスを複数登録することで、より自分の希望する求人も見つけやすいです。

各転職エージェントの求人数、サービス内容などを解説しているので参考にしてください。

①エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは医師転職専門の転職支援サービスで、常勤医師の公開求人数が14,963件、非常勤医師の公開求人数が4,953件あります。

医師会員28万人以上、転職希望医師の登録実績8年連続No. 1(2020年2月時点)を誇る多くの医師から信頼を集めている優良サービスの1つです。

科目別の求人は内科が突出して多く、内科を希望している方に利用価値が高いです。

担当する専任コンサルタントは医療業界に特化し、経験豊富なスペシャリストです。

地域ごとに担当がいるので地方に関する事情も把握しており、地域医療に携わりたい方も適切なアドバイスを期待できます。

e-doctorと違い、顔写真付きでコンサルタントのプロフィールが公開されているので、透明性が高く、女性コンサルタントの割合が多い特徴があります。

会員数の多さは信頼性の証でもあるので、転職サービス選びに迷っているならエムスリーキャリアエージェントは押さえておきたいです。

②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは転職業界最大手のリクルートが運営する医師専門の転職エージェントです。

常勤医師の公開求人数12,153件、非常勤・アルバイト公開求人数4,964件で、会員登録すれば1万件以上ある非公開求人も閲覧可能です。

「リクルートグループなら利用したい」と答えた人が約83%いるほど、多くの支持を受けているサービスでもあります。

医師専任のキャリアアドバイザーは公式サイトに顔写真付きでプロフィールが公開され、徹底的に転職活動をサポートします。

アドバイザーのプロフィールによると、女性医師の担当を受け持っている人が多いです。

結婚や出産でブランクがあり、復職するのが怖い方や、子育てとキャリアアップを両立させるにはどうすればいいか悩んでいる人に適切なアドバイスをくれます。

年収を2,000万円以上に絞った常勤公開求人数は4,057件あり、全体の3分の1を占めます。

e-doctorの高額求人数2,680件と比べて1,000件以上多く、高年収を狙っている医師の方にもリクルートドクターズキャリアの有用です。

③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、CMでおなじみのマイナビが運営する医師特化の転職エージェントです。

常勤の公開求人数8,534件(非公開求人数29,869件)、非常勤の公開求人数8,371件(非公開求人数29,298件)で、多くの求人から希望に沿ったものを探せます。

会員登録しなくても非公開求人数を閲覧でき、登録するか検討する材料にできるので、e-doctorよりも親切です。

マイナビDOCTORのコンサルタントは医師専任で、経験10年以上のベテランもいます。

ベテランの方なら、多くの求職者を転職成功に導いてきた実績もあるので高い質のサポートが期待できます。

公式サイトにはお役立ちコンテンツが充実しており、

  • 転職成功事例
  • はじめての医師転職マニュアル
  • 履歴書・職務経歴書の書き方

など、利用者のニーズに応えたサービスを提供しています。

マイナビDOCTORはサポートが手厚い転職エージェントなので、特に転職初心者の方におすすめです。

④民間医局

民間医局は医師専門の転職支援サービスで、公開求人数は常勤10,899件、定期非常勤6,265件、スポット5,060件あります。

民間医局は全国に17拠点があり、地方の方でも足を運んで直接コンサルタントと相談しやすいです。

1997年に設立され、20年以上にわたり転職を支援してきた実績から、コンサルタントが保有する情報の質も担保されています。

職場見学、面接の際はコンサルタントが同行してくれるので転職が不慣れな方は心強いです。

民間医局は女性医師のサポートにも力を入れ、家事代行やベビーシッターなどを割引で受けられるサービスも提供しています。

e-doctorよりも求人数が多く、転職サポートも充実しているので民間医局は医師転職を考えている人なら登録しておきたいサービスの1つです。

e-doctorについてよくある質問

e-doctorのよくある質問をまとめました。退会方法やログインに関すること、より細かく条件を絞った求人内容などを紹介しています。

ここで一気にe-doctorに関する疑問点を解決してスッキリさせましょう!

e-doctorの退会方法は?

e-doctorの退会方法を解説します。電話連絡は不要で、スムーズに退会できます。

退会の具体的な手順は以下の通りです。

  1. e-doctorにログインする
  2. 退会手続きに進むをクリック
  3. 退会するをクリック
  4. 退会完了

退会すると、マイページの全サービスが使えなくなるので注意しましょう。

退会すると不要な通知が来なくなるので、e-doctorのサービスが不要と思ったら、できるだけ早く退会すれば煩わしさから解放されます。

e-doctorには土日の医師バイト求人が多く掲載されている?

e-doctorの土日の医師バイト求人は、この記事で紹介した転職エージェントと比べると決して多くはありません。

土日アルバイト公開求人数
マイナビDOCTOR2,813件
エムスリーキャリアエージェント1,827件
リクルートドクターズキャリア1,739件
民間医局996件
e-doctor943件

表からわかる通り、e-doctorの土日アルバイト求人数は5社の中で一番少ないです。最も求人数の多いマイナビDOCTORは、e-doctorの約3倍あることがわかります。

e-doctorには離島の医師バイト求人が多く掲載されている?

e-doctorには離島の医師バイト求人は掲載されていません。

残念ながらe-doctorで離島の医師バイト求人を見つけるのは困難です。ただし、常勤医師なら32件求人が見つかったので一部紹介します。

  • 鹿児島県 大島郡知名町
  • 沖縄県 石垣市
  • 沖縄県 沖縄市(稀に離島検診あり)

などの求人が掲載されています。

離島の求人は非常に少ないので探すのが難しいですが、どうしても離島で医師として働きたい人は、複数の転職サービスを利用して見つけるのが最善策です。

この記事で紹介している転職エージェントの離島バイト求人をいくつか紹介するので参考にしてください。

  • マイナビDOCTOR:東京都八丈長
  • エムスリーキャリアエージェント:新潟県佐渡市、福岡県福岡市東区
  • 民間医局:沖縄県離島エリア、広島県江田島市能美町

e-doctorには小児科非常勤求人が多く掲載されている?

e-doctorの小児科非常勤求人数を他社の転職エージェントと比較しました。

小児科非常勤公開求人数
民間医局848件
マイナビDOCTOR347件
リクルートドクターズキャリア174件
e-doctor167件
エムスリーキャリアエージェント159件

e-doctorの小児科非常勤求人は他社と比べて特段多いわけではありません。

小児科非常勤求人に特化して探したい場合、民間医局、マイナビDOCTORなどを利用した方が求人を見つけやすいでしょう。

e-doctorにログインできなくなった場合は?

e-doctorにログインできない理由として、下記2つのパターンが考えられます。

  • ID・パスワードが間違っている
  • e-doctorの会員登録が済んでいない

ID・パスワードが間違っている場合

ID・パスワードが間違っている場合は、今一度正しく入力しているか確認しましょう。

  • ID・パスワードの打ち間違いはないか
  • 大文字・小文字の間違いはないか
  • 前後にスペースが入っていないか

自動入力機能やコピペでパスワードを入力するとエラーが出ることがあるので、手打ちで入力しましょう。

e-doctorの会員登録が済んでいない場合

「e-doctor会員」と「紹介サポート登録者」は別々に管理されているため、紹介サービスしか利用していない方はマイページを持っておらずログインができません。

e-doctorにログインするためには、e-doctor会員になってマイページを作成する必要があります。

登録が済んでいない場合、公式サイトで新規会員登録しましょう。

e-doctorのメリット・デメリットまとめ

e-doctorの評判、メリット・デメリットなどを解説してきました。e-doctorは、健診求人が探しやすい、若手医師向けのスキルアップ支援サービスも充実しているなど便利なサービスです。

一方、他の医師特化転職サービスと比べて特筆すべき優位性はなく、口コミではコンサルタントの対応に不満を持っている方もいます。

医師としての激務の傍ら、転職活動に時間と労力を割くのは困難です。

自分の納得する転職をしたければ、優良な転職支援サービスを見つける必要があります。この記事で紹介した転職支援サービスはどれも利用者の評判が高いものばかりです。

効率的に転職活動を進めるためにも、ぜひ利用を検討してみてください。