MRは未経験でも転職可能?中途採用されるコツや年収アップの方法

薬_1291595047
MRになりたいと思っているのですが、未経験からでも転職できますか?
キャリアコンサルタント
MR求人の中には、未経験OKのものもあります。MRの仕事内容についてしっかりと理解し、必要なスキルを持っておけば異業種からでも転職はできますよ
でもどんなスキルを持っておけばいいのか、本当にMRが自分に向いているのか、分からないんです。
キャリアコンサルタント
この記事では、MRの仕事内容や働く環境MR転職に有利なスキルについて紹介しているので、MRが気になっているなら、ぜひ参考にしてみてください。

「高年収でエリート」というイメージを持たれがちなMR。「MRに転職して年収をアップさせたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、MRの仕事内容や年収、未経験からのMR転職について解説しています。MR転職に向けてぜひ見ておきたいブログや、おすすめのエージェントも紹介していますので、MRに興味を持っている方はぜひチェックしてくださいね。

【2019年4月:最新情報】

4月は薬剤師が転職するベストなタイミングです。多くの企業は、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が固まった4月に中途採用を開始します。これに合わせて、転職希望者も急増しますので、転職を成功させるためにも早急に準備を進めましょう。

  1. 複数の薬剤師転職サイト・エージェント(『ファーマキャリア』『ファルマスタッフ』『アプロドットコム』など)に無料登録する
  2. キャリアアドバイザーから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、自分に対するサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職サイト・エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期です。そのため、転職意欲の高い人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントに「すぐにでも転職したい」と伝え、優先的にサポートを受けられるよう対策をしましょう。

MRに転職した場合の仕事&年収は?

「MRは高年収」というイメージからMRへの転職を希望する人は少なくありませんが、実際にMRがどんな仕事をしているか、どんな環境で働いているのかといったリアルな側面はあまり知られていません。

MRに転職したいと考えている人がまずすべきなのは、MRという仕事への理解です。ここからはMRの仕事内容や激務度、MRの平均年収などについて解説していきます。

「異業種からMRになりたい!」という方はもちろん、今後のキャリアの中でMR転職を選択しようかなと考えている人も、っぜひチェックしてください。

MRの仕事内容

MRとは、「メディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)」を略したもので、基本的な業務内容は医師や薬剤師への営業活動になります。

しかし多くのノルマがあるタイプの営業とは異なり、MRは医薬品の導入を決める人(ドクターや薬剤師)との信頼関係を保ちつつ長期的に自社の医薬品を使ってもらえるよう営業を続けることになります。

また、一度導入してもらった医薬品についての情報提供や、効果的な使用方法についてもドクターに適宜情報提供を行います。

医療という公共性の高い仕事だからこそ、MRに求められるのは信頼です。MRが医師や薬剤師に対し嘘をついて薬を使わせれば患者に悪影響があるかもしれません。

MRは自社の製品を売り込む以上に患者のことを考え、ドクターや薬剤師の良き相談役となることが大切です。

MRは激務?MRの仕事環境とは

医薬品の提供を通して人の命を救うMRのお仕事に、やりがいを感じる人は多いです。しかし「MRは激務でプライベートはない」「MRの仕事は長く続けられない」という噂もあり、MRへの転職に踏み切れない方もいるでしょう。

MRの仕事環境は、会社やポジションにもよりますが大変な面も多く、「激務でつらい」と感じる人も少なくないようです。

MRという仕事柄、セミナーや勉強会への参加で土日がつぶれたり、ドクターや薬剤師から冷たくあしらわれたりすることもあり、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。

しかし、「他の営業より楽」「製薬会社がブラックと言うわけではない」という意見もあり、感じ方は人によって大きく異なるようです。

一般的に営業という仕事では、営業先の人が嫌な人でも我慢せざるをえなかったり、接待でプライベートの時間がつぶれてしまうことはあります。

営業職、という点で見るとMRの仕事に辛い部分もありますが、「営業の仕事が苦ではない」「医療に関わる仕事なら営業でも大丈夫」という方であればMRへの転職を検討してもよいでしょう。

気になるMRの平均年収とは

一般に高給と言われるMRですが、平均年収は勤めている製薬会社によって大きく異なります。

しかし一般的なサラリーマンの年収と比べ、給与が低めの会社でも500万円以上の給与を貰えるMRは、やはり高収入だと言えるでしょう。

大手製薬会社の場合、MRに限った平均年収は発表されていませんが、

  • 武田薬品工業  1015万円
  • 第一三共   1111.8万円
  • アステラス製薬 1073万円
  • 中外製薬 954万円
  • エーザイ 1094万円

と、かなり高めの年収になっていることが分かります(平成28年度・有価証券報告書より)。MRの年収は会社の業績や大きさにも大きく左右されますが、MRになれば大幅な年収アップも夢ではないでしょう。

リアルなMRの日常がわかるおすすめブログ

ここまでMRについて説明してきましたが、実際MRの転職事情はどうなっているのか、現役MRがどんな風にキャリアを積んでいるのかなど、知りたいことはたくさんあるでしょう。

「今MRとして働いているけど、別の環境でキャリアアップしたい」「未経験からMRに転職したい」などMRとしてキャリアを積みたい方にぜひおすすめなのが現役MRが書く「MRだいさくの大胆ブログ!」です。

このブログの運営者、だいさくさんは現在マネジャーとして活躍する現役のMR。異業種から大手外資系MRとなり、その後も様々な環境でMRとして働いているMR転職のプロです。

「MRだいさくの大胆ブログ!」では  MRとして働く人の日常やMRの仕事内容、現役MRにおすすめの副業など、MRにまつわるリアルな情報が多数載っています

また、転職にMRがおすすめな理由や、転職して年収アップするための方法についてもブログ内で解説しているので、MRへの転職を迷っている方にもおすすめです。

MRに転職したい方はもちろん、MRの仕事や働き方に興味がある、という人もぜひ一度チェックしてみてくださいね。

未経験からMRに転職するには

「高収入のMRに転職したい!」「MRとして経験を積んでどんどんキャリアアップしたい」という方は少なくありませんが、未経験からでもMRに転職することはできるのでしょうか。

ここからはMRの仕事をしたことがない、そもそも医療関係の仕事に就いたこともない、という方がMRに転職するために必要なことについて、解説していきます。

未経験からの転職を目指している方は、ぜひチェックしてくださいね。

そもそも未経験からMRになれる?

MRになるには、医薬品に関する知識が必要となります。

そのためMR経験者と未経験者がいれば経験者が中途採用で優先されるケースが多くなりますが、MRが不足していると言われる現在、未経験からでもMRへの転職は不可能ではありません

医薬品に関する知識を持っている方であれば未経験でも十分転職のチャンスがありますし、知識のない方でも有利な資格や経歴があればMRになれるでしょう。

しかしやはり中途採用では経験者が優先されがちなので、「どうしても未経験からMRになりたい!」という方はある程度熱心に転職活動をする必要があります。

また、他の業界同様若い人材の方が知識の吸収が早いと考えられているため、35歳以降未経験でMRになるのは非常に難しいでしょう。

「今は医療と関係ない仕事をしているけど、MRになりたい」という気持ちがあるならできるだけ早く転職活動を始めることが大切です。

未経験からのMR転職に有利なスキルとは

未経験からでもMRに転職することはできますが、「MRになりたい」という気持ちや「MRとして会社の役に立てる」という自信を人事の人に分かってもらえなければ、転職は非常に難しいでしょう。

MRとして転職するためには、転職先の人にアピールできるようなスキルや経験を持っておくことが大切です。ここからはMR転職に有利なスキルについて、解説していきますので未経験の方は参考にしてくださいね。

MR認定を取得を目指すと有利

MRに必要な医薬品の知識を証明するものとして、MR認定センターにより「MR認定試験」が行われています。

MRになるために必須というわけではありませんが、認定試験に合格していれば医薬品に関する基本的な知識を持っていると証明できるため、特に大手製薬会社では入社後、取得する必要があります。

MR認定試験の受験資格を得るためには、所属する製薬会社などで導入教育を修了、または指定のセンターで基礎教育を受けることが必要なので、完全に未経験の方が受験資格を得るのは難しいと言えます。

しかしMR認定取得に向けテキストなどを使い勉強している、MRに興味があるので自分で勉強を始めた、と言えばMRになりたい気持ちをアピールできるため、面接に生かせます。

営業職の経験はMRにも生かせる

活躍するフィールドが違っても、営業活動を主として行うMRの仕事には、営業職の経験を生かすことができます。「医薬品に関する知識がない」という方でも、MRで生かせるような営業実績があれば転職も有利になるでしょう。

前職が営業職でなかったという場合でも、販売職の経験などで培ったコミュニケーションスキルをアピールすればMR転職が可能になる場合もあります。

MRへの転職におすすめの転職エージェント3選

企業の求人に直接申し込むこともできますが、転職の方針について相談したり面接・履歴書へのアドバイスをもらうためには、MR転職に詳しいエージェントに相談することが大切です。

特に、「年収アップのため転職したい」「大手製薬会社に勤めたい」という方であれば、ハイクラス求人や非公開求人をたくさん持つエージェントに登録しておくとよいでしょう。

ここからはMR転職におすすめのエージェントを3つ、紹介していくのでぜひ複数のエージェントに登録し、MR転職を実現してくださいね。

ビズリーチ

ビズリーチ

一般的な転職エージェントとは少し形式が違い、主にヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望者に提供しています。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

当サイトが独自に調査を行ったところ

26歳・男性 ITシステム運用
求人の量は普通ですが、やはりハイクラス向けのエージェントサイトだけあって求人の質はとても高かったです。

など、特にサービスの質の高さや求人の多さに対して評価する声が多数ありました。

日本全国での転職活動に対応しており、料金は基本的に無料ですが、MR転職のためより手厚いサポートを受けたい人は有料プランも検討しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手ともいわれる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇なMR求人をチェックしたいという方には特におすすめです。当サイトに寄せられた評判によると、

28歳・男性 販売員
求人の数も多く企業との交渉、履歴書添削や面接対策などの相談も親身に乗ってくれます。また、今の職場環境や自分の想いをエージェントに話せるというのも非常に大きいと思います。

など、特に求人量に対して評価する声が多数ありました。たくさんの求人情報を得たい方は登録しておくとよいでしょう。

doda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。企業からオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

当サイトが独自に調査を行ったところ、

27歳・女性 一般事務
大手なので求人数が多かったことです。経歴書の添削や、面接対策のレスポンスが早く、いままでの事例に基づいてアドバイスをもらえました。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

MR転職で自分のスキルを活かそう!

MRの仕事は忙しく、時には辛いと感じてしまうこともあるかもしれません。しかしMRという仕事で自分のスキルを活かし、活躍している人はたくさんいます。

未経験からMRに転職したい人、新しい環境でキャリアアップしたい人は、ぜひその夢を実現させるため転職に成功することが大切です。

転職の際は複数のエージェントに登録し、たくさんの求人をチェックしつつ自分に合ったものを探すのがおすすめ。複数のコンサルタントからアドバイスをもらうことで、MRの転職市場についての理解も深まります。

転職やMRという仕事への理解を深めつつ、自分らしい働き方ができるよう転職活動を頑張っていきましょう。