転職希望企業が「SPIを重視しているか」わかるチェックポイント&対策法まとめ

新卒の就活で「SPI」を受けたのですが、転職するときも受けることになるのでしょうか?
新卒の就活のみならず、転職の際にもSPIを実施する会社はあります。これは会社によって違うので、SPI試験があるかないかは自分で調べておきましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました!
この記事では、転職におけるSPIの重要度対策方法注意点について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

新卒就職の時によく行われるSPIですが、転職などの中途採用でも行う企業があります。この記事では、転職時のSPIの重要度、SPIの種類や実施方法、対策方法をご説明します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

【ケース別】SPIは転職する上で重要なのか?

SPIの重要度は企業によって様々です。企業がどういった目的でSPIを行い、どのくらいSPIの重要視しているのかをケース別にご説明します。

企業の種類SPIを
行う目的
SPIの重要度
面接とSPIを
並行して行う
企業
SPIで客観的な適性や能力を確認し、
面接での回答と矛盾がないか、
面接官の判断は問題ないか、
面接では分からない能力や適性はないかを判断する
高い
適性が重要視される企業応募した職種に適性があるかを判断する高い
面接の前に
SPIを行う企業
求人への応募者が多いので
応募者の数をある程度絞る
低い
形だけ
SPIを行う
企業
特に目的はなく、人事部に保管するだけ低い

面接の前にSPIを行う企業の場合

面接の前にSPIを行う場合は、求人への応募者が多いので応募者の数をある程度絞る目的でSPIが行われます

応募者の数を絞る目的で行われるので、SPIの詳しい結果を重要視してはいません。

ただ、SPIの結果が悪いと足切りの対象となり次の選考に進めなくなるので、ある程度対策をしておく必要があります。

面接とSPIを並行して行う企業の場合

面接とSPIを並行して行う企業もあります。

その場合はSPIで客観的な適性や能力を確認し、面接での回答と矛盾がないか、面接官の判断は問題ないか、面接では分からない能力や適性はないかを判断するためにSPIを行います。

そのためSPIの重要度は高めです。

面接でのアピールとSPIでの適性が大幅に異なる場合や能力検査で基本的な思考力がないという結果が出てしまった場合には、選考に落ちてしまうことがあります。

また、SPIの適性検査で自分を偽って回答したり、面接で自分の考えとかけ離れたことをアピールしてしまうと信用度が下がり採用される可能性はかなり低くなります。

適性検査でも面接でも正直に回答し、能力検査は事前に対策をして問題に慣れておくと採用される可能性が高まります。

形だけSPIを行う企業の場合

形だけSPIを行い、人事部に保管しているだけという企業もあります。

この場合は、SPIの結果は全く重要視されないので、SPI以外の選考で十分にアピールすることが大事です。

ただ、実際に応募する企業が「形だけSPIを行う」のか「SPIの結果を重要視している」のかは分からないので、事前に対策をしてSPIを受けるほうがいいでしょう。

適性が重要視される企業の場合

適性が重要になる職種の場合は、面接や職務履歴書の内容だけでなくSPIの結果もかなり重要視されます。

この場合、面接で良い印象を与えても、適性検査で「応募職種に適性がない」という結果が出てしまうと不採用になることもあります。

例えば、「営業職でコミュニケーション能力や粘り強さがない」、「事務職で正確さがない」というような結果がSPIで出ると、SPIの結果を重要視する企業では選考に落ちてしまうかもしれません。

この場合は、「応募した職種に適性がない」職種への応募をあきらめるか、採用されるまで応募し続けるという選択があります。

ただ、適性がない職種に転職しても転職後に苦労する可能性が高くなるので、より適性のある職種に転職するほうが無理なく働き続けられるはずです。

SPIでボロボロだった場合は不採用になる?

SPIの結果は自分ではわかりませんが、受けてみて全然できなかった、ボロボロだったと感じることもあるでしょう。

SPIでボロボロだった場合、どのくらいできなかったかにもよりますが、あまりにもSPIの結果がひどい場合は選考に落ちてしまうこともあります。

また、応募した職種に適性がないと判断されれば不採用になることもあります。

能力検査は市販の問題集などで対策ができるので、SPIを受ける前に対策をしておけば「あまりにもひどい」という結果にはならないでしょう。

ただ、性格検査は対策ができません。「企業の求める性格や適性であるか」が重要になるので、性格検査は正直に答えることが重要です。

性格検査で頑張って「企業が求める回答」をしたとしても、面接で矛盾が出てしまうと採用担当者の印象が悪くなります。また、転職できたとしても適性が合わずに、またすぐに転職するということになってしまうかもしれません。

SPIは転職でどう使われる?

ここでは、転職においてSPIはどう使われるのかについて詳しくご紹介したいと思います。

SPIの種類・内容・実施方法

SPIは大学新卒向け、中途採用者向け、高校新卒向け、グローバル採用向けと種類が分かれています。また、実施方法も数種類あるので、SPIの種類と実施方法をご紹介します。

SPIの種類

SPIは株式会社リクルートマネジメントソリューションズが開発した適性検査で、Synthetic Personality Inventory(総合的性格評価)の略です。SPIには4つの種類があります。

SPI-U大学新卒向けの適性検査
SPI-G転職者向けの適性検査
SPI-H高校新卒向けの適性検査
SPI3日本語を母国語としない人向けの適性検査

SPIの内容

SPIの内容は、「能力検査」と「性格検査」の2つに分けられます。能力検査には文章理解や慣用句の使い方など国語能力を測る「言語分野」、数学能力を測る「非言語分野」があります。

性格検査では、日常行動や考え方について質問が出され、応募者の性格や応募職種への適性を測ることができます。

SPIの実施方法

SPIを受ける方法は4つあり、企業によって実施方法が異なります。受験方法は、Webテスティング、テストセンター、ペーパーテスティング、インハウスCBTです。

テストセンター

性格検査を事前に自宅のパソコンやスマートフォンで受験し、能力検査はテストセンターの会場で受験するシステムです。問題に正解するほど難易度が上がっていき、難易度の高い問題に正解すると評価が高くなるようになっています。

テストセンターで受験した結果は1年以内であれば、別の企業に使いまわすことができます。ただ自分の得点を知ることができないので、他の企業に送るかどうかは慎重に決めましょう。

Webテスティング

受験依頼メールに記載された期間内に自宅のパソコンなどで受験します。テストセンターが近くになかったり、本社から離れている人も受験できる方法です。1問ごとに制限時間があるので受験の際には注意しましょう。

ペーパーテスティング

マークシート方式で受ける方法で、応募先の企業で受けます。全員同じ問題が出題され、1問ごとに制限時間は決められていません。

インハウスCBT

応募先の企業のパソコンで受験する方法です。能力検査の言語分野、非言語分野、性格検査の順番で問題が出されます。すべて回答が終わると受験が終了します。

SPIの対策方法と例題

SPIの性格検査は対策をする必要はありませんが、能力検査は問題のパータンを把握していると正解確率があがり、回答スピードもあがります。

SPIをテストセンターやWebテスティングで受ける場合には1問ごとに制限時間があるので、事前に問題に慣れている方が有利です。

能力検査の対策

難しいと感じる人が多いようですが、内容は小学校高学年の算数から中学生の数学までとなっています。

SPIの問題集で問題のパターンになれておけばスムーズに回答できるようになります。苦手分野があれば繰り返し問題を解いて慣れておきましょう。

SPI対策のアプリもあるので、休憩中や通勤時間の隙間時間に対策をしておくといいですね。

能力検査の例題

国語力を測る「言語分野」では、「最初に示された二語の関係と対になる語句を選びなさい。」というような問題がでます。同じ意味の単語を並べたり、文章を組み立てたりする問題が出るようです。

数学能力を測る「非言語分野」では、「定価の2割引で売っても、原価の4割の利益が出るようにするにはいくらでうればいいか」といった計算問題が出題されます。

言語分野も非言語分野も問題の傾向になれていないと検査を受けるときに「まったく解けない」ということになりかねないので、しっかりと事前に問題集で練習しておきましょう。

性格検査の対策

性格分野は対策する必要はありません。問題の中には、「嘘を見破る」設問があるので、正直に答えないと嘘をついているとみなされて、印象が悪くなります。正直に答えるのが一番いいでしょう。

性格検査の例題

性格検査では、「はい・いいえ」や「あてはまる・あてはまらない」などで回答する質問が出題されます。

例えば、「理屈っぽい」に「はい・いいえ」で答えたり、「粘り強さに自信がある」という設問に「当てはまる・当てはまらない」で答えたりするのが性格検査です。

SPIの注意点

SPIで注意することはあるのでしょうか。こちらでは、SPIの注意点をご説明します。

時間配分に気を付ける

マークシートのペーパーテスティングでSPIを受ける以外は、SPIはパソコンで受けることになります。

パソコンでSPIを受けるときには1問ごとに制限時間があるので時間配分に気を付ける必要があります。

制限時間があるからといって焦りすぎると本来の力を発揮できなくなるので、事前練習の時点で時間を意識することが大事です。

自分の点数が分からない

SPIでは試験の点数を知ることができません。問題の解答が終わると採用担当に送信されるので、どのくらいできたのかは自分の感覚だけが頼りになります。

テストセンターで受験した場合には1年以内なら結果を他の企業にも送ることができますが、点数が分からないので流用は避けたほうがいいかもしれません。

受験方法は選べない

既にご紹介したようにSPIの受験方法は4種類あります。どの受験方法になるかは企業が選ぶので自分では受験方法を選ぶことができません。

どの受験方法になってもいいように、それぞれの受験方法の特徴や出題方式などはしっかりと頭に入れておきましょう。

パソコンで受験する方法とペーパーテスティングでは受験内容が違うので、慌てないように問題の対策だけでなく出題方式も勉強しておくといいですね。

SPIが不安な人は、転職エージェントに登録しよう

SPIだけでなく、職務履歴書などの書類選考や面接などをサポートしてくれる転職エージェントへ登録すると効率よく転職活動を進めることができます。

転職活動転職エージェントは数多くあり、サービス内容にも違いがあるので複数登録するのがおすすめです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

SPI対策は転職エージェントと一緒にしっかり行おう

転職では面接が需要視されますが、SPIでの結果が悪い場合は不採用になってしまう可能性もあります。

新卒の就職活動でのSPI対策以来、SPIを受けていないという人はSPIの過去問題集やSPIアプリなどでしっかりと対策をしておきましょう。

事前に対策をして、問題のパターンになれておけば「全然できなかった」という結果は避けることができますよ。