嘘のない転職理由で面接を突破!正しい答え方と6つの例文をご紹介

転職面接では「なぜ転職を考えたのか」という理由を聞かれると思うのですが、良い答えが思い浮かびません…。
転職理由は、人それぞれ考えられますが、やはり「落とされないような理由」を考えたいものですよね。

キャリアコンサルタント

そうなんですよね。素直に言ってしまうと「そんな理由で転職を考えたのか」と思われそうで…
とても分かりますよ。でも、転職理由で落とされないためのポイントをお教えするので、安心してください。

キャリアコンサルタント

この記事では、他にも転職理由の例文集や、注意点などもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

転職の面接でポイントになるのが、「なぜ転職を考えたのか」という転職理由です。ネガティブではなく、ポジティブで前向きであることがセオリーですが「スキルアップしたい」だけでは理由としては弱いですね。

転職理由は志望動機とセットで伝えたほうが採用担当に伝わりやすくなります。どのような転職理由が良いのか具体的な例文を挙げて紹介をします。また、転職活動を有利に進めるためのおすすめ転職エージェントについても紹介をしますので、活用して良い転職に繋げましょう。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

面接での転職理由で落とされないためのポイント5つ【例文あり】

転職理由例文を考える前に、まずは好印象を持たれる転職理由のポイント5つについて紹介をします。面接対策をするうえで、重要な部分なので、転職理由の例文を考える前にしっかりと押さえておきましょう。

①本音と建前はこう使い分ける

まずは退職理由と転職理由の違いについて理解しましょう。退職理由とは「なぜ会社を辞めたのか」ということです。転職理由については「なぜ転職を考えたのか」ということについて問われています。

面接の際には面接官がどちらの意図で質問をしているのかを把握することが必要です。質問の意図を読み違えてしまうと、回答がちぐはぐになりマイナスポイントです。

面接官に質問の意図を理解していますのアピール方法として締めの部分を使い分けると良いでしょう。退職理由を問われた場合は「~の理由から退職を決意しました。」転職理由を問われた場合は「~の理由から転職を決意しました。」

このように使い分けをすることで、面接官の質問のニュアンスに対応ができます。まわりくどい質問にも感じますが、退職・転職理由はとてもデリケートな問題です。なんらかの決意があり退職を決意したことは面接官も理解していますが、知りたいのはあなたの本音です。

面接ではポジティブな感情については本音で伝える。ネガティブな感情についてはオブラートに包むことを意識すると良いでしょう。

②具体的・客観的を意識する

転職理由は客観的にポジティブに伝えましょう。先ほど述べましたように「スキルアップしたい」という転職理由ではありきたりで採用したいと思わせるまでには至りません。

自分が今までどのような経験を積んで、そのスキルを活かして更なるキャリアアップを考えたいことを具体的に伝えることが必要です。その方法として、エピソードや数字を交えて伝えると面接官に伝わりやすくなります。具体的な転職理由の例文については次の章で紹介します。

③現場の不満はこんな風に言い換える

面接官はあなたがなぜ転職を決意したのか。その本音を聞きだそうとします。その理由として、なんらかのネガティブな感情を持って転職をした場合、転職をしても又同じような感情を持つのではと思われるからです。

面接担当者は幾度の面接を繰り返しており採用のプロです。曖昧に取り繕うとしても逆につっこまれてボロがでる可能性があります。例として、NGな転職理由例文を紹介します。

前職では食品メーカーで営業事務の仕事を行っていました。受発注や納品管理だけではなく、クライアントとの調整なども担当していました。業務内容がオーバーワークで、顧客からも多くのクレームが寄せられており、対応が出来ていない状態でした。このような環境で仕事を続けるのは難しいと感じ、転職を決意しました。

いわゆる営業事務的な仕事だけではなく、顧客との調整やクレーム対応など頑張って仕事をしていた姿勢は感じられます。この転職理由の例文では顧客からのクレームに対応しきれないので転職をしたいというネガティブさが伺えます。この転職理由例文を前向きなものに言いかえてみましょう。

前職では食品メーカーで営業事務の仕事を行っていました。受発注や納品管理の他に、クライアントとの調整業務も任されていました。やりがいを持って仕事をしていましたが、よりお客様の声を聞いて要望に沿った仕事がしたいと強く感じるようになりました。顧客対応に力を入れている御社で、今までの経験を活かしたいと感じ志望しました。

言いかえをするだけで転職に対する意欲度が変わりますね。会社不満の根底にあるものは「もっとこうしたい」という気持ちでもあります。自分は何に不満を持ち、どのような仕事をしたいのかを整理するとより面接官に伝わりやすくなります。

④自然な流れで志望動機に繋げる

面接での転職理由の伝え方として、①現職での仕事内容②仕事をしていて何を感じたか、問題点や改善点を見つけどう対処したか。(具体的なエピソードを交える)③転職先での仕事の意欲(転職理由・志望動機)という流れで伝えます。

転職理由と志望動機はセットで考えましょう。そのため志望企業の入念なリサーチは必要です。企業の求める人物像や会社の理念、社風などを調べ自分のスキルが活かせるか、どのように転職先で活躍したいのか具体的なイメージを持ちましょう。その後に転職理由・志望動機の組み立てを行うとスムーズです。

一昔前は会社に貢献できる企業人を求める傾向がありましたが、働き方改革の推進などでワークライフバランスの見直しが行われるようになりました。企業忠誠型から、社会貢献型に求められる人材が変わりつつあります。そのような社会の流れを踏まえたうえで、面接に臨みましょう。

⑤職務経歴書への転職理由の書き方。そもそも書くべき?

職務経歴書に転職理由は書くべきでしょうか。答えは「ケースによって異なる」です。通常職務経歴書には退職理由や転職理由までを書く必要はありません。ポイントとなるのは今まで培ってきたスキルが転職先でも活かせるかどうかです。

客観的に見て、職務経歴書と企業が求めるスキルや経験がマッチしている場合は特に転職理由を記載しなくても良いでしょう。職務経歴書に転職理由を書いた方が良いケースとして2つのパターンが挙げられます。

1つ目は「職務経歴書と企業が求めるスキルや経験との相違がある場合」2つ目は「転職回数が多い・何度か転職を繰り返していて職種に一貫性がない場合です。

具体的なケースとして、異業種・異職種への転職を希望する場合です。それ以外に経歴に一貫性がなく、将来的にどのようなキャリアプランを考えているのかが伝わってこない場合があります。特に後者のケースの場合は一貫性のない印象を与え、入社してもすぐに辞めてしまうのではと思われかねません。

そのため自分の仕事に対する意識や意欲について、職務経歴書で転職理由として記載したほうが良いでしょう。

面接でそのまま使える転職理由!実際の例文をケース別に確認

転職の面接で転職理由はどのように話せば良いでしょうか。ビジネスでは本音と建前を使い分ける必要があり、前職に対するネガティブなことは伝えないほうがよいでしょう。

サービス残業や労働条件の問題などはつい口にしたくもなりますが、その会社を選んだのはあなた自身です。そのような会社を選んだあなたにも問題があるのではと面接官に思われるため、事実を正直に話さないほうがベターでしょう。

転職の面接での退職理由の例文について、ケース別に紹介します。参考にして、面接官に伝わる転職例文を考えましょう。

転職理由:「スキルアップをしたい」場合の例文は?

今の状況よりもスキルアップをしたいと思い、転職を決意する人は多いでしょう。理由はどうあれ採用担当者にしてはよくある転職理由にすぎません。具体的な事例を用いることで、あなたの転職に意欲を伝えることができます。スキルアップを考えて転職したい時の転職理由例文を紹介します。

中堅の銀行で主に中小企業向けの融資の業務を担当しておりました。中小企業の場合経理財務について担当者の知識が浅く、業務計画や財務諸表についてもアドバイスを行っていました。

業務に携わる内に、銀行員の仕事を単なる融資業務として捉えるのではなく、コンサルタントをすることにやりがいを感じるようになりました。現在在籍をしている職場では裁量権の範囲が限られているため、より裁量権の高い任せられた環境でスキルアップをしたいと思い、転職を決意しました。

既存の与えられた仕事に+αの改善努力を行い、更なるスキルアップできる環境で活躍したいという前向きな転職例文です。

転職理由:「人間関係が悪い」場合の例文は?

人間関係が合わずに転職を決意する人は多いです。そのような事情で退職したとなれば、本人にも問題があるのではと思われることもあるでしょう。スキルや経歴が申し分なくとも、コミュニケーションに問題がある人はマイナスイメージです。人間関係が理由で転職する場合は面接官にどのように伝えればよいでしょうか。転職理由例文を紹介します。

現在は機械メーカーで設計の業務に携わっております。業務上クライアントと社内の業務ラインとの調整をする役割を担っていました。

スピードと正確さを求められ、チームワークを大事にしながら仕事をすることにやりがいを感じておりました。現職での経験を活かし、更なる上流工程でステップアップをしたいと感じ転職を決意しました。

人間関係で転職する場合は転職理由を相手に伝わるように話すことが難しいケースがあります。ですのであえて本質となった人間関係の問題には触れず、チームワークの仕事に適正があること、更なるスキルアップのために転職を決意したことをアピールすると良いでしょう。

一言で人間関係といっても働く上でモチベーションを保ちにくいなど、会社の体質や風土が人間関係を悪化させる場合があります。人間関係で転職を考える人は会社の社風や企業方針などをリサーチを入念にすると良いでしょう。

転職理由:「業務内容が割りに合わない」場合の例文は?

責任のある難しい仕事をしているのに、年功序列のため給料が安い。どんなに会社に貢献をしても給与に反映されない。このような不満を抱えて転職を考える人の退職例文を紹介します。

現職では医薬品のルート営業の仕事をしています。企業が業務拡大路線を打ち出しており、業務が増えたことにより既存顧客に対して満足の行くサービスができているか疑問を持つようになりました。

クライアントと深く付き合えるような環境で働きたいと感じ、転職を決意しました。

本音としては「仕事内容が割りに合わない」という思いがありますが、そのことを面接で率直に伝えるのはタブーです。じっくり顧客と向き合いたいと言い換えをすることで、ポジティブな例文になっています。

転職理由:「会社の体制に不満がある」場合の例文は?

ワンマン・体質が古い・下の意見を受け入れないなどの風通しの悪い企業で働いている場合の転職例文について紹介します。

100人規模の中堅企業で人事総務の仕事をしていましたが、他の業界他社と比べても社員の入れ替わりが多いことに問題点を感じるようになりました。

採用・教育担当の立場から社内の働き方の改善に努めてきましたが、役員の意思を尊重する傾向が強く自分の裁量権が限られていました。より自分に裁量権のある任された環境でスキルを試したいと感じました。

いわゆるトップダウン形式の会社に不満を抱き退職を考えた転職事例の例文です。採用や育成を担う人事・総務は会社の中枢を占める重要なセクションであり、その人のスキルが問われます。問題点を明確にした上で対応をし、努力をしたことを面接でアピールしています。自分に裁量権を任せてもらえる職場で働きたいと前向きな姿勢を伝えている例文です。

転職理由:「会社に将来性を感じない」場合の例文は?

会社の業績が右肩下がりだったり将来的に不安を感じる時は、転職を考えることも一つの方法です。会社に将来性を感じずに転職を考える場合の転職例文を紹介します。

現在は印刷会社で営業の仕事を行っています。最近はチラシだけではなくウエブ広告を出したいというお客様の要望が強く見られていますが現状では対応できるような体制が整っておらず、外注に頼っていました。

お客様の要望に対して一から向き合いたいとの気持ちが強くなり、総合広告代理店への転職を決意しました。

現在では紙媒体からネットへと発信の手段が変わりつつあります。広告業界だけではなく、「ネットを活かせるか」というのは今後重要になってきますね。印刷会社という紙主体の営業から総合的な広告展開を扱う企業で働きたいというアピールをした例文です。

転職理由:「長時間労働やサービス残業など勤務条件が不満」の場合の例文は?

長時間労働やサービス残業なども見直される動きがありますが、未だ完全とはいえません。このような事由でも、転職理由を伝える時はあくまでも本音と建前を使い分けることが原則です。勤務条件に不満があり転職を考える際の例文を紹介します。

現職ではカスタマーサポート部に配属され、お客様の声をまとめ、本部に伝える仕事を行っております。会議や資料作成で休日出勤や時間外対応が多く発生し、月に40~50時間以上の超過勤務を続けていました。

仕事を続ける内に、ゆとりをもってお客様と向き合える職場で働きたいという気持ちが強くなり、転職を決意しました。

シフト勤務の場合は勤務が不規則な場合が多いです。それに加えて休日出勤や資料作りで残業が続くのは勤務条件的に厳しい状況ですね。会社の待遇に不満がある場合でも決してネガティブな言い方はせずに前向きな意欲を伝えましょう。

会社に不満があるなら一人で転職活動しないほうがいい

転職を決意するまでにさまざまな感情があるでしょうが、ネガティブになったり感情的になってしまうのはNGです。転職理由で会社への「不満」をただぶつけたとしても、面接で良いが結果でるとはいいがたいでしょう。

「どう会社を去るか」ということは今後のキャリアプランに大きな影響を与えます。なぜなら前職での人間関係は転職先でも何らかの形でつながる可能性があるからです。一時の感情で良くない辞め方をして転職先でマイナスになるようなことは避けたいですね。

今後の将来的展望を考えるのであれば、「今後に繋がる辞め方」を考えたほうが賢いです。あなたが現職で培ったキャリアやスキル、人脈は決して無駄にはなりません。次に繋がる転職を考えるのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは単なる求人の紹介だけではなく、企業への入社手続きから前職の退職手続きまでをサポートしてくれます。転職エージェントをおすすめする具体的な理由4つについて紹介します。

入社時期や年収について代理交渉してくれる

転職時にネックになるのは「入社時期」と「年収」です。円満退社を考えるのであれば、引継ぎにも十分な時間が必要です。また、待遇や条件が不満で退職を決意した人も年収については気になるポイントでしょう。

このように、自分からは切り出しにくいが転職するうえで重要なことについても、転職エージェントがあなたに代わって企業と交渉を行ってくれます。企業への営業力の強さは転職エージェントにより異なります。どのエージェントが志望する企業や業界に強いのか、複数登録して比較してみることをオススメします。

会社の社風や企業風土についてあらかじめ知ることができる

転職を決意する主な理由に「待遇の悪さ」「人間関係」を挙げる人が多いです。長時間残業は是正される傾向になっていますが、未だ長時間労働を美徳とするような企業も中には存在します。

また人間関係についてもつきつめて考えれば会社の社風が閉鎖的だったり、社員の声が反映されない古い体質の会社の場合もあります。こういった職場で働くと、モチベーションも低下し、人間関係も良好とは言えない場合があります。

転職エージェントを利用すると、求人票だけではわからない会社の社風や風土についても知ることができます。同じような理由で退職を繰り返さないためにも、しっかりとリサーチをすることが転職成功の鍵になります。

志望企業に応じた面接対策により転職理由のアドバイスがもらえる

転職理由は志望先の会社への意欲を見るとともに、なぜ転職を決意したのかを採用担当者は見ています。何か不満を持って転職したのであれば、同じ理由で退職をするのではないか?会社への不満に対してどのような行動を起こしたのか?も重要なポイントです。

せっかく良い転職理由だったとしても、企業の求める人物像や、事業展開とのミスマッチがあれば採用には至りません。転職エージェントでは履歴書の書き方から面接対策まで、企業に応じた対策についてアドバイスをしてくれます。

聞きにくいことについても転職エージェントを通じて確認ができる

会社の待遇に不満があって転職を決意する場合は、残業時間や異動の有無、休日出勤の可否などは気になるところですね。転職する前に知っておきたい事項ですが、求人票だけでは正確なところはわかりません。またネットのクチコミにしても真偽は不明です。

所属先や仕事内容によっても異なるため、一概には言えない部分もあります。転職者が知りたいけれど企業に直接聞きにくいことについても転職エージェントを通じて確認ができます。

なぜならせっかく企業の求める人材を紹介しても待遇を理由にすぐに退職されては転職エージェントとしては大きな痛手です。そのためネガティブなことについても不安なことは確認して欲しいというのが本音でしょう。

条件にこだわりすぎると、マイナスに取られるのではと感じますが、なぜその部分に不安や不満を感じたのか理由をきちんと告げると、キャリアアドバイザーも親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

面接での転職理由の例文と合わせて確認!おすすめの転職エージェント5選

転職エージェントをおすすめする理由と例文を紹介しましたが、「実際どの転職エージェントに登録すれば良いのかわからない」と不安を感じる方もいるのではないでしょうか。

転職成功者のクチコミから見る、おすすめ転職エージェント5選を紹介します。どの転職エージェントも多数の転職成功者を輩出しており、実績と評判には定評があります。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

登録手続きの流れについて

登録手続きについては各転職エージェントのHPより必要事項を入力します。費用がかかるのか、気になるところですが応募者側は無料で利用することが出来ますのでご安心下さい。

その後は面談の日程調整の連絡が来ますが、面談は平日の夜間や土日なども対応しています。どうしても日程の調整がつきにくい場合は相談をすると、電話面談で対応をしてくれる転職エージェントもあります。

困ったことや不安なことはどんな細かいことでも相談をすると良いですね。服装はスーツではなくてもかまいませんが、あまりラフすぎる格好は転職に対する意欲を疑問視されるため避けた方が良いでしょう。

「転職エージェントに登録しても紹介がこない」とのクチコミをネットで見ることがありますが、転職に対する意欲が低いと感じられた場合は紹介が来ない場合がありますので注意が必要です。

会社への不平不満を口にするだけでは、意欲がないとみなされる可能性があるため、どうしたら相手に伝わるのかを考えると、面談でもキャリアアドバイザーとのコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

面接での転職理由をしっかり考えて確実に突破しよう

転職理由の例文のケース別紹介とおすすめの転職エージェントについて紹介をしました。いかがでしたでしょうか。転職理由はどう伝えて良いのか難しく感じますが、流れを組み立てて繋げることで、自分の伝えたいことを整理することができ、相手にも伝わりやすくなります。

素直な気持ちで転職に対する意欲を伝えることが成功の鍵です。転職エージェントは意欲のあるあなたの強い味方です。有効活用して次なるステップに活かしましょう。