鹿児島市立病院の求人に応募すべき?最新情報や働きやすさを徹底調査!

鹿児島市立病院

鹿児島市立病院は、鹿児島県の地域医療の中核を担う3次救急の医療機関です。内科系、外科系合わせて32の診療科がある総合病院で、基幹災害拠点病院にも指定されています。

今回は、 医療従事者として鹿児島県内で就職、転職を希望している方向けに、鹿児島市立病院の求人情報や評判を徹底調査した結果をお伝えします。

鹿児島市立病院以外の求人や転職に役立つ転職サイトなど、あなたの就職活動に役立つ情報も一緒にご紹介します。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ

目次

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

鹿児島市立病院の求人・最新の職員募集情報を職種ごとにまとめ

鹿児島県内で医療従事者として働くことを希望しているのであれば、就職先の候補の一つとして鹿児島市立病院を検討している人も多いでしょう。

鹿児島市立病院で現在募集している職種はあるのでしょうか。最新の求人情報を職種ごとにご紹介します。

鹿児島市立病院とは

鹿児島市立病院は、昭和15年に鹿児島診療所として開設したのが始まりです。昭和20年に「鹿児島市立病院」に改称し、平成27年に現在の上荒田町に移転開院しています。

病床数は574床あり、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入するなど、最新設備が整った大規模病院です。

鹿児島市立病院の大きな特徴を3つ紹介します。

①救急医療

平成3年に救急救命センターを整備し、鹿児島県の救急医療の中核を担っています。特にドクターヘリは、種子島や屋久島など離島の救急搬送にも役立っています。

定期的に救急隊員への勉強会を開催し、常に迅速で的確な救急搬送体制を維持しています。

2014年には鹿児島市が運用開始したドクターカーの拠点病院にもなっています。

②成育医療センター

鹿児島市立病院は県内唯一の総合周産期母子医療センターおよび小児救急搬送の拠点病院として、出生前から小児期まで一貫した医療の提供が行われます。

胎児期から母子の健康を守る「周産期医療」の概念を初めて導入した病院としても知られます。

新生児内科の病床規模が大きく、MFICUは6床、NICUは36床、GCUは12床と、全国的にも充実した周産期医療を提供しています。

③地域との関わり

鹿児島市立病院は地域包括ケアシステムの中核を担う存在で、地域医療支援病院に指定されています。地域の医療機関と連携を深め、最良の医療を提供できる体制を整えています。

鹿児島市立病院は開院以来、「安心安全な質の高い医療の提供」の理念のもと、総合病院として地域医療の中核となり、地域住民を支えています。

鹿児島市立病院の試験内容や日程は?

現在、鹿児島市立病院では令和2年度の採用試験の募集がされており、採用試験の案内がホームページに掲載されています。

受験の手続きには、受験申込書1通、受験票1通、免許証等の写しが必要です。これらの書類を令和2年4月1日(月)~5月11日(月)に提出しなければなりません。

第1次試験は5月11日(土)の予定です。

第1次試験の内容は筆記試験です。教養試験はなく、専門知識および能力を測る筆記試験のみです。

第1次試験に合格したら、インターネットで総合検査(SPI3)を受けます。これは、面接や入職後の配属を決める際に参考にされます。

第2次試験は職種によって7月12日(日)と7月19日(日)に分けられ、試験内容は面接と作文です。

鹿児島市立病院の令和2年度の採用試験は例年より少し早い時期に行われ、試験内容も例年とは異なります。

新型コロナウイルスの影響で今後変更となる可能性もあるため、随時病院のホームページをチェックしておいた方がいいでしょう。

鹿児島市立病院の求人・医師

鹿児島市立病院では現在、救命救急センターの常勤医師を募集しています。採用人数は5名程度です。

応募資格は、これまでの経験は問わず、救急医療に興味がある医師であれば応募可能です。

給与や各種手当は、鹿児島市立病院の規定によります。鹿児島市の給与規定によると、医師の基本給は247900円~602400円と定められ、これに加えて年2回ボーナスが支給されます。

年次有給休暇は20日あり、翌年まで繰り越し可能で最大40日まで取得できます。

鹿児島県市町村職員共済組合の公的医療保険と公的年金保険、労働者災害補償保険に加入し、医師賠償責任保険は個人で任意加入する必要があります。

救命救急センターや集中治療室だけでなく、ドクターヘリや基幹災害医療センター、DMAT指定病院の医師として、幅広い活躍が期待できます。

救急医療に興味があるならば、応募する価値はあるでしょう。

鹿児島市立病院の求人・看護師

看護師の求人は、正職員の令和2年度採用試験の募集が掲載されています。採用予定は、助産師と合わせて80人程度です。

受験資格は「昭和55年4月2日以降に生まれた者」かつ「看護師免許を有する者、又は令和2年度の国家試験で取得する見込みの者」です。

看護師の給与は、規定に基づき支給されます。給与規定によると、看護師の基本給は163000円~430700円で、他に年2回ボーナスが支給されます。

各種手当や昇給も規定で定められています。正職員には、退職金制度もあります。

勤務形態は12時間2交代制、基本的には2人でペアを組んで勤務しています。

鹿児島市立病院には院内保育所があります。育児しながら看護師として働き続けられる環境が整っているのは、女性にとっては大きな魅力です。

現在、新型コロナウイルスの影響でインターンシップは中止されていますが、Web病院説明会が随時開催されています。

鹿児島市立病院看護師の公務員試験について知りたい!

鹿児島市立病院の看護師は市職員なので公務員です。看護師に限らず、鹿児島市立病院の職員はすべて公務員です

このため、鹿児島市立病院の看護師採用試験は、これまで第1次試験で教養試験(公務員試験)が実施されていました。

令和2年度の採用試験では、教養試験(公務員試験)は予定されていません。

令和2年度の看護師の第1次採用試験は、専門知識および能力についての筆記試験のみ実施されます。

看護師は全国的に人材の取り合いが続いており、応募しやすくするために試験を減らしたものと考えられます。

ただ、今後また教養試験が復活する可能性もあるので注意が必要です。

鹿児島市立病院の求人・その他職種(臨床検査技師・臨床心理士・栄養士・事務など)

鹿児島市立病院で募集している医師や看護師以外の求人をご紹介します。

令和2年度の採用試験では、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカーの求人が出ています。採用人数はそれぞれ、若干名です。

受験資格は「それぞれの職種に応じた免許や登録証を有する者、もしくは令和2年度実施の国家試験で取得する見込みの者」です。

薬剤師、放射線技師、臨床検査技師は「昭和50年4月2日以降に生まれた者」、臨床工学士、医療ソーシャルワーカーは「昭和55年4月2日以降に生まれた者」との条件もあります。

採用試験の内容は、第1次試験が看護師と同様にそれぞれの職種における専門知識及び能力についての筆記試験のみです。

教養試験はないので、専門知識の勉強に力を入れましょう。

鹿児島市立病院に理学療法士・作業療法士求人はある?

鹿児島市立病院の令和2年度の採用試験では、理学療法士のみ募集しています。

受験資格は「昭和60年4月2日以降に生まれた者」かつ「理学療法士免許を有する者又は令和2年度実施の国家試験で取得する見込みの者」です。

試験の内容は、他の職種と同様の条件で行われます。

月給は144100円~393000円で、年に2回ボーナスが支給されます。

鹿児島市立病院に調理職求人はある?

鹿児島市立病院の厨房は、富士産業が請け負っており、そこから鹿児島市立病院の調理師の求人が出ています。

応募資格は「調理経験者」で、調理師免許は必須ではありません。免許があれば資格手当が付きます。

応募する場合は病院ではなく、富士産業・鹿児島事業部の採用担当者への連絡が必要です。

調理師免許が必須ではないので、料理が好きな人やいつも料理をしている主婦の方にもおすすめです。

鹿児島市立病院の評判は?

鹿児島市立病院の評判はどうでしょうか。

採用試験に応募するとなると、病院の評判は気になるところです。実際に現場で働く人たちの声は、就職先を決めるうえで大きな材料になります。

実際に鹿児島市立病で過去に働いたことがある人、今も働く人の口コミから、良い声と悪い意見をご紹介します。

鹿児島市立病院の良い評判

鹿児島市立病院に勤務経験がある人から多く聞かれたのが「新人教育やサポート体制が整っている」といった意見です。

実習に行った学生からも「教育熱心で、高い知識を持った先輩から親身なサポートを受けることができた」との意見がありました。

研修や勉強会を早い時期から受けられ、成長したいと思っている人にはとてもいい環境ではないでしょうか。

鹿児島市立病院の職員は、市条例による規定で給与や処遇が決まっています。このため、福利厚生が充実しているといった意見も多いです。

特に、院内保育所があることは子育て中の人には大きなメリットで、医療従事者として多くの知識を習得しながら仕事と家庭を両立できます。

鹿児島市立病院の悪い評判

鹿児島市立病院は3次救急を担う総合病院であるため、働いていた人たちからは「とにかく忙しい」といった意見が多いです。

急患対応などで2~3時間残業は当たり前、1ヶ月間連休が取れないこともあるようです。

多忙さからみんながピリピリしてしまい、院内の人間関係がうまくいかないことも多いようです。新人の頃は、ベテランのスタッフに圧倒されて相談しづらいといった意見もあります。

教育制度が十分に確立しているものの、細かい指導も多く、タフさがないとついていくのは厳しいでしょう。

鹿児島市立病院やその他鹿児島の病院・市立病院で働くには?

鹿児島県内の市立病院は鹿児島市立病院以外にもあり、医療従事者を募集している病院は他にもたくさんあります。

ここでは県内の市立病院の採用情報や転職サイトなど、鹿児島県内の病院に就職を考えている方に役立つ情報をご紹介します。

市立病院で働く方法は?パート求人はある?

鹿児島県内には、鹿児島市立病院のような公立病院が他に霧島市、枕崎市、出水市、南さつま市、垂水市、肝付町、種子島に存在します。

各病院で、令和2年度の採用情報が出ています。会計年度任用職員も各病院で随時募集しています。

公立病院の採用試験に応募する場合は、専用の申込用紙に記入の上、郵送もしくは各病院へ持っていく必要があります。

申込用紙は各病院の採用担当課まで取りに行くか、各市町村のホームページからもダウンロードできます。

パート求人については、鹿児島市立病院で現在、看護師と助産師の日勤パート職員が募集されています。

募集しているのは会計年度任用職員で、年度末までの採用ですが、勤務実績や能力に応じて、2回までは公募によらず再任用されることもあります。

鹿児島県内の市立病院に就職を考えている方は、まず各病院に問い合わせて申込用紙を受け取るか、各市町村のホームページからの申込用紙をダウンロードして応募してください。

転職エージェントを使って市立病院以外にも選択肢を広げておくべき

鹿児島県内には市立病院以外にも多くの病院があり、医療従事者として就職を希望する方は、市立病院にこだわる必要はありません。

市立病院は給料や処遇が条例や規則で定められており、民間病院の方が待遇が良いケースが多いです。このため、市立病院にこだわらずさまざまな病院を選択肢に入れましょう

民間病院への転職で役に立つのが、転職エージェントです。登録すれば、就職先を探すところから内定までのサポートを一貫して行ってくれます。

鹿児島でおすすめの病院求人は?

鹿児島県内でおすすめの病院求人を2つご紹介します。

①天辰病院(鹿児島市桜ケ丘)

地域密着型の40小規模の病院で、看護師、准看護師、看護助手を募集しています。

新卒の正看護師で想定年収が345万円である上に、鹿児島市立病院と比べると残業がほとんどないことが最大のポイントです。

小学校3年生まで利用可能な託児所があるので、子育てとの両立もできます。

②田上記念病院(鹿児島市西別府町)

慢性期に特化しており、在宅復帰を目指す患者のケアを行う療養病床と回復期病床があります。

鹿児島市立病院のような急性期病院とは違い、患者一人一人に長期にわたって向き合える点が田上記念病院の魅力です。

看護職に加え、コメディカルや介護職員、事務職を募集しています。慢性期の病院なので、突発的な忙しさがなく予定が立てやすい点も魅力です。

両病院とも転職エージェントのサイトに求人が載っています。サイトには他にも魅力的な求人がたくさんあるので、ぜひ利用をおすすめします。

医師におすすめ①エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは、転職を希望する医師の登録数が8年連続No.1の実績を誇ります。

令和2年4月時点で求人数が常勤と非常勤合わせて19,800件以上あり、鹿児島県内の求人も268件あります。圧倒的な求人数と情報量から多くの医師に選ばれています。

一番の強みは、条件交渉力です。勤務条件や給料の交渉はもちろん、もともと求人が出ていない病院に掛け合って採用枠を作ったこともあるほど交渉力に優れています。

年収アップを狙うのであれば、エムスリーキャリアエージェントがおすすめです。

医師におすすめ②リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、転職大手のリクルートグループが運営しており、30年の実績と信頼で多くの医師に選ばれています。

長年の実績で得たノウハウを使って就職・転職をサポートしています。出張面談をしており、現職に影響を与えず都合のいい時間に相談できるのもポイントです。

「開業を目指し経営も学べる場所で働きたい」「家庭と仕事を両立したい」などの希望に沿って、専任スタッフが手厚くサポートしてくれます。

鹿児島県内の求人は令和2年4月時点で5件のみですが、256件の病院情報を有しているので、興味のある施設があればアドバイザーへ相談してみてください。

医師におすすめ③マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、人材会社の大手マイナビが運営する医師専門の転職サイトです。

取引をしている医療機関は20,000以上あり、マイナビにしかない求人も数多くあります。さまざまな一般企業とのつながりがあるため、大手会社の産業医の求人も豊富です。

鹿児島県内の公開求人は27件で、非公開求人は94件もあるので、あなたに合った転職先を提案してくれるでしょう。

紹介する企業の内情に迫る情報を提供してくれるだけでなく、入職後のフォロー体制もあるので、安心して就職活動できます。

職業紹介優良事業者に認定されており、利用者の満足度が高いのも大きなポイントです。

看護師におすすめ①看護ルー(看護roo!)

看護ルー

看護roo!は看護学生や若手の看護師向けのサイトで、転職サポートを行っています。登録をしなくても求人を探せますが、登録をすれば様々なサービスを受けられます。

転職相談や求人探しの手伝い、応募手続きや面接日程の調整、履歴書の書き方や面接の指導まで、手厚いサポート体制が整っています。

地方の求人も多く、鹿児島の求人は令和2年4月時点で774件あります。選択肢を増やしたい方だけでなく、サポート体制が整っているので初めての転職の方にもおすすめです。

看護ルーの公式サイト

看護師におすすめ②看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は、2019年9月実施のレバレシーズ株式会社のアンケート調査の「友達に勧めたいランキング」でNo.1に選ばれた看護専門の転職支援サイトです。

令和2年4月時点で、鹿児島県内の正看護師の求人は699件あります。看護のお仕事のサイトには鹿児島県の病院や看護職の情報など就職活動に役立つ情報も載っています。

看護のお仕事の特徴は、入職後にも職場の様子を聞き取りしている点や、直接病院や施設に出向いて現場の情報を収集している点です。

そこで得た職場の実際の様子や内部情報を求職者に伝えてくれるので、応募前に職場の内情を知ることができます。

職場の人間関係や入職後のギャップに悩みたくない方には、おすすめのサイトです。

「看護のお仕事」の公式サイト

看護師におすすめ③マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、マイナビが運営する看護師に特化した転職サイトです。

令和2年4月時点で鹿児島県内の求人は60件と少なめですが、病院やクリニック以外にも施設や一般企業の求人も多くあり、就職先の選択肢が広がります。

病院以外への就職を考えている方におすすめです。

マイナビ看護師は出張相談会やセミナーなども開催しています。鹿児島県内にも相談会場があり、イベントを開催することもあります。

実際に転職するか迷っている段階でも、悩みを相談して視野を広げるためにも利用する価値はあります

マイナビ看護師の公式サイト

理学療法士・作業療法士におすすめ①マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリ職に特化した転職支援サービスで、マイナビが運営しています。

マイナビグループなので医療機関からの信頼があり、全国の優良求人を揃え、非公開求人も多数あります。

令和2年4月時点で公開している鹿児島県内の求人は、理学療法士16件、作業療法士13件で、他に非公開求人を多数用意しています。

病院だけでなく、鹿児島県内の介護施設や児童福祉施設にも応募可能です。

マイナビコメディカルでは、職員の定着率を重要視しています。定着率が低い病院や施設の求人は紹介しないので、ブラック職場に転職する恐れはありません

長く同じ職場で働き、キャリアを積みたいと考えてる人におすすめです。

理学療法士・作業療法士におすすめ②PTOT人材バンク

PTOT人材バンク

PTOT人材バンクは、株式会社エス・エム・エスキャリアが運営する理学療法士・作業療法士に特化した転職支援サイトです。言語聴覚士の求人もありますが、数は少ないです。

令和2年4月時点で公開している鹿児島県内の求人は、理学療法士111件、作業療法士123件です。

PTOT人材バンクでは最初に、利用の流れを「登録後」「はじめての連絡後」「面接終了から入職まで」の3つのステップに分けて、丁寧に説明されます。

転職活動の流れがイメージしやすく、今後のことを想定しながら転職活動を進められます。リハビリ職専門のアドバイザーがサポートしてくれるので、専門的な相談もしやすいです。

鹿児島市立病院・求人についてよくある質問

鹿児島市立病院への就職を考えるにあたって、よくある質問に回答します。

  • 鹿児島市立病院の求人はハローワークにも掲載されているのか
  • 病院長はいつ交代したのか

こちらでは、多くの人が気になっているこの2点についてお答えします。

鹿児島市立病院の求人はハローワークで応募できる?

鹿児島市立病院の求人は、ハローワークに掲載されることがあります。令和2年4月時点では、会計年度任用職員の求人が掲載されています。

募集職種は、看護補助者、薬剤部の技術補助員、医療ソーシャルワーカー、診療情報管理士、歯科衛生士の5つです。

会計年度任用職員の雇用期間は令和2年度末までです。この条件で勤務を希望するなら、ハローワークからの応募も可能です。

鹿児島市立病院の院長は最近交代した?

鹿児島市立病院の令和2年度現在の病院長は、坪内博仁氏です。平成17年7月~平成25年7月まで就任した上津原甲一氏に代わって、平成25年8月に就任しています。

鹿児島大学医学部卒業で消化器内科を専門とし、中でも肝臓病に特化しています。日本内科学会や日本消化器病学会、日本肝臓学会の理事を歴任したこともある人物です。

鹿児島市立病院の病院長として、地域住民が鹿児島県外に行かなくても鹿児島市立病院でハイレベルな医療を提供し続けたいと考えています。

鹿児島市立病院の求人と市内の病院をよく比較して検討を!

鹿児島市立病院の求人について、令和3年4月の採用情報を中心にご紹介しました。申込期限が迫っているので、希望する方は早めに検討してください。

ただし、鹿児島県内には鹿児島市立病院以外にも多くの病院があります。また、病院でなくても、介護施設や一般企業など、医療従事者が活躍できる場はたくさんあります。

より自分に合った就職先を探すのであれば、鹿児島市立病院にこだわらず、様々な求人と比較して就職先を決めることをおすすめします

転職を本気で考えるなら、今回紹介した医療従事者向けの転職エージェントに3社以上登録することをおすすめします。

転職エージェントを上手に活用すれば、給料面や職場環境など、より自分に合った就職先を提示してくれて、あなたが活躍できる場所が見つかるでしょう。