マイナビドクターは非常勤求人にも強い?メリット・デメリットを口コミから徹底検証

マイナビドクターは医師の求人に特化した転職サイトですが、実際にどのような求人を紹介してもらえるのでしょうか?

当直のアルバイトや健康診断などの非常勤求人を探している医師は、マイナビドクターを利用するとお目当ての非常勤求人は見つかるのでしょうか?

この記事では、実際にマイナビドクターを利用した人の口コミを参考に、マイナビドクターの求人の特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. エムスリーキャリアエージェント ロゴ
  2. リクルートドクターズキャリア ロゴ
  3. マイナビDOCTOR ロゴ
医師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

医師転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
医師転職サイトを徹底比較!本当に使える7サイトをランキングで紹介

マイナビドクターはどんなサイト?基本情報をチェック!

ところで、マイナビドクターはどのような転職サイトなのでしょうか?

詳しい説明をする前に、まずマイナビドクターの基本情報をチェックして、マイナビドクターの強みと弱みを明らかにします。

特徴

マイナビドクターはマイナビが運営している転職サイトで、運営会社のマイナビは数多くの転職支援サービスを提供しており、豊富な実績があります。

マイナビは職業紹介優良事業者認定制度の78項目にも及ぶ審査基準を満たし、厚生労働省から「職業紹介優良事業者」として認定されています。

厚生労働大臣認可の転職支援サービスのマイナビドクターは費用が一切かからず、完全無料でキャリアパートナーからの手厚いサポートが受けられます。

求人数

マイナビドクターには10,000社以上の医療機関や企業から求人が寄せられ、このうち40%が公開求人で、60%が非公開求人です。

マイナビドクターは非公開求人が多いことが特徴で、会員登録すると一般に公開されていない非公開求人に応募できるようになります。

求人は全国から寄せられていますが、首都圏の医療機関からの求人が圧倒的に多く、求人全体の6割程度は首都圏の医療機関からの求人です。

会員数

マイナビドクターの運営主体のマイナビは、マイナビ転職やマイナビ保育士、マイナビ介護職などの数多くの転職サイトを運営しています。

マイナビドクターだけに限定した会員数は不明ですが、マイナビ全体の会員数は約559万人で、年間200万人以上がマイナビのサービスを利用しています。

マイナビドクターの利用者は医師に限定されるため、他の職種と比べると会員数はそれ程多くないと思われます。

強み

マイナビドクターを運営しているマイナビは45年以上の歴史があり、長い歴史を通じて医療業界との間に太いパイプを構築しています。

マイナビはマイナビドクターの他に、看護師や薬剤師の転職に特化したサービスも行っており、マイナビを通じて就職や転職をした医療関係者は数多く存在します。

10,000社以上の医療機関と太いパイプを構築していることは、他の転職サイトにはないマイナビドクターの圧倒的な強みです。

弱み

マイナビドクターは医師の転職に特化した転職サイトですが、マイナビドクター独自のサービスはなく、大きな目玉サービスがないのが弱みです。

公開求人が相対的に少ない点も弱みになりますが、登録すると公開求人を上回る非公開求人を閲覧できるので、是非登録して豊富な非公開求人を閲覧してください。

首都圏以外の求人が少ないこともマイナビドクターの弱みで、地方の転職に強い医師向け転職サイトを後で詳しく紹介します。

マイナビドクターのメリットは?口コミから分かったメリットまとめ

マイナビドクターのメリットは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、マイナビドクターを利用した人の口コミを参考に、マイナビドクターのメリットについてまとめます。

非常勤やスポットの求人数が豊富

マイナビドクターの利用者からは非常勤やスポットの求人が多いという声が多数寄せられており、非常勤スポットの求人数の豊富さは、マイナビドクターの大きなメリットです。

日給12万円、時給1.5万円など高給のアルバイト求人が多数あり、高収入のアルバイトをして年収を増やしたい医師にとって、マイナビドクターは最適な転職サイトです。

じっくり探すと日給15万円のアルバイトも見つかることがあり、マイナビドクターに登録すると高収入のアルバイトやスポットの仕事ができるようになります。

日給や時給を指定したい場合は、キャリアパートナーに希望を伝えると、希望に添ったアルバイトを紹介してもらえます。

年収が上がりやすい

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、医師の平均年収は12,326,900円で、若い医師の年収は1,000万円以下になることが多いです。

もちろん、若い医師も他の職業と比べると高年収ですが、ベテラン医師と比べると年収は2倍以上違ってくることがあります。

若い医師が年収を増やすにはアルバイトをするのが近道で、空き時間を利用してアルバイトをすることで確実に年収を増やせます。

マイナビドクターは高給なアルバイトの求人が多数あり、日給や時給が高いアルバイトを行うことで年収を上げられます。

正規職員として転職する際も、キャリアパートナーが医師に代わって交渉してくれるため、年収アップにつながりやすいです。

医療業界とのパイプが太い

マイナビドクターを運営しているマイナビは医療業界とのパイプが太く、10,000社以上の医療機関と密接につながっています。

医療機関の中には、マイナビドクターからの応募者を優先的に採用するケースもあり、マイナビドクターを利用すると転職やアルバイトが早く決まりやすいです。

マイナビドクターと連携する医療機関は多く、キャリアパートナーは連携先の医療機関について熟知し、応募の際に職場の雰囲気や仕事内容の細かい部分までわかります。

キャリアパートナーのサポートが充実している

医師の仕事は分刻みで多忙を極め、転職やアルバイトをしたくても、仕事を探す時間が足りずに断念してしまうことがよくあります。

マイナビドクターはキャリアパートナーのサポートが充実しており、会員登録すると経験豊富で交渉力があるキャリアパートナーの全面的な支援が受けられます。

忙しくて転職活動やアルバイト探しができない場合も、医師に代わってキャリアパートナーが仕事探しをサポートしてくれるため、忙しくても大丈夫です。

現在勤務している病院で普段と変わりなく働きながら、転職活動やアルバイト探しができることは、マイナビドクターの大きなメリットであると言えるでしょう。

マイナビドクターには意外なデメリットも!口コミから分かったデメリットまとめ

マイナビドクターの利用者はメリットだけではなく、デメリットも感じることがあります。

ここでは、利用者の口コミから見た意外とも言えるマイナビドクターのデメリットについて、具体例を挙げながら解説します。

首都圏以外の求人が少ない

マイナビドクターの求人は首都圏に集中しており、地方の求人はあまり多いとは言えません。

マイナビドクターに寄せられている求人の約60%は首都圏の医療機関からの求人です。

首都圏の中でも東京の医療機関の求人が圧倒的に多く、マイナビドクターの求人は東京に集中していると言えるでしょう。

首都圏から遠く離れた地方の病院などに転職しようと考えている医師は、マイナビドクターの求人の内容に物足りなさを感じるかもしれません。

非公開求人の割合が高く、サイトから閲覧できない

マイナビドクターの求人の約60%が非公開求人で、公開求人よりも非公開求人の割合が高く、サイトで十分な数の公開求人が閲覧できません。

非公開求人は一般には公開されていない点がメリットですが、逆に言うとサイトから気軽に仕事を探したい人にはメリットは少ないです。

非公開求人の紹介を受けて応募するには、マイナビドクターの会員登録が必要です。ただし、登録手続きはわずか60秒で完了します。

給与や就労条件は非公開求人の方が優れているので、全体の4割の公開求人だけに頼るのではなく、6割の非公開求人を活用することが、転職やアルバイト探しを成功させる近道です。

マイナビドクターがおすすめな人・おすすめできない人

ここまで、マイナビドクターの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。

ここでは、これまで説明してきたことを簡潔にまとめ、マイナビドクターがおすすめな人・おすすめできない人を明らかにします。

マイナビドクターがおすすめな人

首都圏の求人を探している人

マイナビドクターは首都圏の求人が非常に多いため、首都圏の医療機関の求人を探している方にとっては最適な転職サイトだと言えるでしょう。

特に東京の医療機関の求人は圧倒的に多いので、東京の医療機関で働きたい方には、マイナビドクターをおすすめします。

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人は常勤・非常勤ともに多く、正規職員として転職したい方や、首都圏の医療機関でアルバイトをしたい方の両方におすすめです。

バイトやスポットなどの非常勤の求人を探している人

マイナビドクターは常勤よりも非常勤の求人の方が多く、非常勤のアルバイトスポットで働きたい医師は条件の良い仕事が多数あります。

日給12万円の高給のアルバイトや勤務曜日相談可の当直バイト、短時間勤務などのアルバイトが豊富にあり、手軽に年収を増やせます。

キャリアパートナーに時給や勤務時間などの希望を伝えると、非公開求人と公開求人の中から希望を満たす求人を厳選したうえで紹介してもらえます。

産業医など企業の求人を探している人

どの転職サイトも産業医の求人は少ない一方、医療業界と太いパイプがあるマイナビドクターには産業医の求人も寄せられています。

産業医になりたい医師は多く、マイナビドクターは産業医になりたい医師をサポートし、転職を成功に導きます。

製薬企業からの求人もあり、製薬企業で働きたい医師にもマイナビドクターはおすすめです。

ただし、企業の求人は病院の求人と比べると圧倒的に少ないので、希望の求人が見つからない場合があります。

マイナビドクターをおすすめできない人

地方の求人を探している人

ここまで説明したように、マイナビドクターは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人が圧倒的に多く、首都圏以外の地域の求人は多くありません。

地方の求人が少ないので、故郷にUターンして地元の病院で働きたい人や、離島や無医村などでへき地医療を志す方などは、希望する求人が見つからないことがあります。

地方の求人を探している人は、マイナビドクターだけだと見つからないことがあるので、複数の転職サイトに登録をおすすめします。

マイナビドクターのよくある質問

ここでは、マイナビドクターの利用でよくある質問を紹介し、質問に対する回答を行います。

なお、マイナビドクターのよくある質問については、公式サイトにも掲載しています。

マイナビドクターは安心して利用できる?

マイナビドクターを運営しているのは業界最大手のひとつである「マイナビ」であり、マイナビが運営しているマイナビドクターは安心して利用できます。

マイナビは昭和48年創業で45年以上の実績があり、監督官庁の厚生労働省からは「職業紹介優良事業者」として認定されています。

マイナビはプライバシーマーク取得企業でもあり、大切な個人情報が漏洩することはなく、勤務先の病院に転職活動がバレる心配もありません。

マイナビドクターの拠点はどこにある?

マイナビドクターは全国14箇所に拠点があり、拠点がある地域は次の通りです。

東京、大阪、さいたま、横浜、千葉、柏、札幌、仙台、名古屋、京都、神戸、岡山、広島、福岡

どの拠点も営業時間は平日9:30~20:30(土・日曜日、祝日を除く)で、駅チカの便利な場所にあるので通いやすいです。

いずれの拠点も事前予約が必要で、フリーダイヤルで予約をしてから通ってください。

仕事が忙しくても転職できる?

医師専任のキャリアパートナーが忙しい医師に代わって、医療機関の採用担当者と交渉をしてくれます。

マイナビドクターのキャリアパートナーは、数多くの医師を転職成功に導いた実績があり、交渉力にも長けているので、医師に有利な条件で転職できる可能性が高まります。

もちろん、現在勤務している職場には転職活動中だと知られることはないので、現職の仕事をしながら転職活動が可能です。

連絡はしつこい?

進捗状況の報告や確認事項がある場合、マイナビドクターのキャリアパートナーは電話やメールで連絡を行います。

キャリアパートナーは一刻も早く転職を成功させるために、頻繁に連絡をすることがありますが、人によってはしつこいと感じることがあるかもしれません。

特に勤務中に頻繁に電話がかかってくることに対し迷惑だと感じている場合は、勤務中に電話をしないで欲しいと言うと、電話連絡を減らしてくれます。

マイナビドクターと合わせて利用したい転職サイト

マイナビドクターは質の高い医療系転職支援サイトですが、地方の求人が少ないなどのデメリットもあります。

ここでは、マイナビドクターと併用すべき転職サイトをいくつかご紹介します。

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは約27万人の医師が登録しており、常勤と非常勤の医師求人を探せます。

キャリアコンサルタントの質が高く、常勤の転職や内科の転職に強いことが特徴ですが、地方の求人や非常勤の求人は少ないです。

マイナビドクターは非常勤の求人が多いので、エムスリーキャリアエージェントとマイナビドクターを併用すると、常勤と非常勤の求人がどちらも探しやすくなります。

ただし、どちらも地方の求人は少ないので、地方の求人を探したい人は他の転職サイトにも登録することをおすすめします。

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、リクルートグループが運営する、医師の転職に特化した転職エージェントです。

業界最大級の求人数を有しており、17,247件扱っています。

リクルートグループという安心できる会社が運営していることもあり、80%以上の医師が利用したいと答え、優良求人も64%扱っています

常勤での転職だけでなく、非常勤アルバイトとしても働くことができるので、気になった方は、まずは話だけでも聞いてみてください。

民間医局

民間医局は約124,000人の医師が利用している転職サイトで、常勤と非常勤のどちらの仕事も探せます。

民間医局では、専任のエージェントが医師に代わって給与などの交渉をし、有利な条件で転職できる可能性が高まります。

民間医局とマイナビドクターのサービス内容はよく似ており、両方登録しておくと応募できる範囲が広がります。

広範囲の中から転職先やアルバイトを探したい人は、両サイトの会員登録をおすすめします。

民間医局は全国14カ所に拠点があり、最寄りの拠点で情報収集を行ったうえで、転職先やアルバイト探しのサポートが受けられます。

マイナビドクターを上手に活用して理想的な働き方を見つけよう

マイナビドクターは東京を中心とする首都圏の求人が多く、非公開求人と非常勤の求人が多いことが特徴です。

東京などの首都圏の病院で日給12万円以上のアルバイトを探したり、勤務時間を自由に選べるスポットの仕事を探している人にはマイナビドクターをおすすめします。

地方の求人が少ない点が弱みですが、地方の求人を探す場合はドクターキャストと併用すると良いでしょう。

業界最大手のひとつであるマイナビが運営するマイナビドクターを上手に活用することで、理想とする働き方が実現するでしょう。