paizaの評判は?IT・Webエンジニア向け求人サイトを徹底比較!

paizaはIT・Web業界に特化した転職支援サービスです。プログラミング学習ができる動画コンテンツが豊富で、一般的な求人サイトとはずいぶん異なる仕様をしています。

そのため、本当に転職に役立つのか、いぶかしく思っている人もいるでしょう。そこで、ここでは、paizaの特徴や提供するサービスについて詳しく説明します。

実際に利用した人の口コミ、評判も紹介するので、登録するか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

  1. マイナビIT ロゴ
  2. GeekOut ロゴ
  3. レバテックキャリア ロゴ
IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
IT転職サイトおすすめ14選【2020年最新版】

paizaの特徴・サービス内容

paizaは一般的な求人サイトとは基本的なシステムが異なります。このため、利用するか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、paizaの主な特徴や提供しているサービスの内容について詳しく説明します。

paizaとは

paizaはITエンジニア、プログラマに特化した学習サイト兼求人サイトです。求人に応募する際はスキルチェック(コーディングテスト)を受ける必要があります。

結果は6段階で判定され、ランクに応じて書類選考なしで企業の面接に進める求人があるのが大きな特徴です。

求人への応募も面接日程の調整も自力で行う必要があり、面接対策や企業との条件交渉などのサポートは受けられません。

動画コンテンツが豊富で、業界未経験者でもプログラミングを学びながら転職活動できる点が強みです。

コンテンツはプロの声優を使っていたりゲーム仕様になっていたりと楽しく学べる工夫がされ、学習サイトとして優良との評判を得ています。

一方、求人サイトとしてのサービスは充実しているとは言えません。

paizaの運営会社

paizaを運営しているのはpaiza株式会社です。設立は2012年2月と比較的若く、もとはギノ株式会社でしたが2020年3月に社名変更しています。

オンライン学習コンテンツと求人情報の提供が事業の2本柱です。

本社は東京の青山にあり、キャリアアドバイザーが求職者にカウンセリングを行うなどのサービスはしていないため、支社はありません。

代表取締役は2020年4月24日現在、片山良平氏が務めています。

paizaのサービス①プログラミングスキルチェックから応募可能な求人を提案

paziaの大きな特徴は、プログラミングのスキルチェックを受け、その判定ランクによって応募できる求人が決まるシステムです。

スキルチェックではS~Eのランクで判定され、ランクに応じて応募できる求人がマイページに表示されます。

その中から興味ある求人を選んで応募すると企業から連絡がくるので、メールでやりとりして面接の日程を決めます。

企業からは自社でテストを実施しなくても求職者のスキルレベルがわかると評判で、求職者側は学歴や経歴だけで判断されて落とされることなく面接にたどりつけるため、両者にメリットがあります。

とはいえ、求職者にとってのメリットは書類選考がない点のみです。あとは自力で対策し、面接を突破する必要があります。

スキルチェックの対応言語は?

プログラミングのスキルチェックは、以下の言語に対応しています。この中から得意な言語を選んで受験します。

JavaPHPRubyPython2Python3
PerlCC++C#JavaScript
Objective-CScalaGoSwiftKotlin

問題によっては選択できる言語が限られるものもあります。基本的に間違えた問題は何度でも挑戦可能です。毎週問題が追加されるので、どんどん挑戦して実力を試せます。

未経験や新卒でもスキルチェックを受けて応募できる?

経験者だけでなく、新卒やIT業界未経験でも利用できます

ただ、まったくプログラミングの知識がない状態でスキルチェックを受けても下位ランクと判定され、応募できる企業がありません。

paiza内の動画コンテンツを利用して知識をつけてから、スキルチェックを受けるのがおすすめです。

なお、就活を成功させるポイント、ノウハウをまとめたコラムが掲載されているので、新卒者は目を通しておくと参考になるでしょう。

paizaのサービス②オンラインラーニング

paizaは無料会員と有料会員があり、有料会員になると学べる講座が大幅に増えます。以下にまとめました。

無料会員C言語入門編1、C#入門編1、JavaScript入門編1、Python3入門編1

PHP入門編1、Ruby入門編1、Java入門編1

Linux入門編1、Laravel入門編1、Django入門編1など52講座

有料会員C言語入門編、JavaScript入門編、PHP入門編、Ruby入門編、Java入門編、PHP基礎編

Linux入門編、Webデザイン入門編、AWS入門編など90講座

同じ講座名の場合、無料会員と有料会員で視聴できるレッスン数が異なります。

たとえば、「C言語入門」の場合、無料会員はレッスン1・2のみ視聴でき、有料会員は全レッスンを視聴できます。

有料プランは以下の3種類あります。

1カ月プラン6カ月プラン12カ月プラン
料金1,078円(税込)4,488円(税込)7,200円(税込)
特徴2カ月以上利用で

初月無料

1カ月当たり748円(税込)1カ月あたり600円(税込)

なお、有料会員になっても受けられる転職支援サービスは増えません

paizaのサービス③オンライン実行環境・クラウド開発環境の提供

プログラミングをするときは、単にパソコンさえあれば良いわけではありません。プログラミングできて動かせる環境を整える必要があります。

開発環境を整えるには、作ったプログラムを動かすための実行環境も必要です。環境を構築するのは非常に面倒で、途中で挫折した人もいるでしょう。

paizaはオンライン実行環境サービスpaiza.IOを提供していて、手間のかかる環境構築をする必要がありません。手軽にプログラミングができます。

日本語に完全に対応する初のクラウド開発環境である、PaizaCloudクラウドIDEも提供しています。

【要注意】paizaには転職サポートサービスはない

paizaは、プログラミングの学習環境が整っている点で評判は良く、評価できます。一方、転職支援サービスは充実しているとはいえません。

スキルチェックによってコーディングの技術・知識レベルを可視化し、応募企業に評価してもらう仕組みは確かに画期的です。

とはいえ、それ以外のサポートは一切なく、転職活動で必要な行動はすべて自分で行う必要があります。

転職エージェントであれば間に立ったキャリアコンサルタントが日程交渉から面接対策、給料の交渉までしますが、そういったことも行っていません。

初めての転職でどう活動したらよいか分からない場合も、手探り状態で進めなければならないので、注意しましょう。

paizaの評判は?エンジニアの口コミを徹底調査

paizaが役立つかどうかは、実際にpaizaを利用している人の評判や口コミを参考にするとわかります。ここではネットやSNSからpaizaの評判を集めました。

paizaの良い評判:プログラミング学習がしやすい

https://twitter.com/alotoforage/status/1252926279126405121

paizaの口コミで特に目立つのが、「楽しく学べる」「面白い」などです。ただし、これは転職サイトではなく学習サイトとしての評判です。

学びたい人には良いサイトといえますが、転職したい人にとってはどうでしょうか。

paizaの悪い評判①:求人数が少ない

自分に合った職場を探すなら、なるべく多くの求人情報があることが望ましいです。paizaは登録している企業が少なく、求人も多くありません。

2020年4月24日時点で中途採用の求人数は559件です。これでは、自分の希望に近い求人に出会える確率はあまり高くはないでしょう。

paizaの悪い評判②:実際の就職活動ではランクはあまり関係ない

  • スカウトをもらった面接にいき、スキルの話をするのだと思っていたら、採用担当者はプログラミングがわからない人だった。面接でもスキルの話もpaizaのランクの話もまったくでなくて、志望動機やコミュニケーション能力、熱意などを重視している感じだった。

paizaは「面接では自分が書いたコードで自己PRができる」としています。実際には面接は現場の人より人事などが担当することが多く、技術について聞かれなかったとする意見が多くありました。

paizaを通した面接に受かるためには、話し方やアピールの仕方なども自分で考え、対策する必要があります。

paizaの悪い評判③:サポートがない

  • paizaは企業との面接の日程を決めるときも、自分で調整しなければいけなくてそれが面倒だった。
  • paizaを通して面接を受けたけれど、緊張してうまく受け答えすることができず、結果的に落ちてしまった。ほかの転職エージェントに相談したらいろいろアドバイスしてくれて、そっちですんなり受かったので、最初からこっちにすれば良かった。

既に述べているとおり、paizaには転職サポートがなく、専任のキャリアアドバイザーが条件に合う求人の紹介や面接対策はしてくれません。

応募から面接、入社まですべて自分で行う必要があります。サポートやフォローがない、自分で日程調整しなければいけなくて面倒だとする口コミがみられました。

【結論】paizaは利用すべき?

スキルチェックを受けて実力を可視化することで、書類選考なしに企業と面接ができるのは、ほかの転職支援サービスにない画期的なポイントといえます。

とはいえ、評判や口コミからわかるとおり、肝心の求人数が少ないうえにアドバイザーによる支援を受けることもできません。

ITエンジニアに特化した転職エージェントであれば、扱う求人数が豊富なうえ、キャリアアドバイザーがついてさまざまなサポートを行います。

たとえば、「職場は気に入ったけれど提示された給与の額が希望と合わない」などのケースで、転職エージェントならアドバイザーが企業と直接交渉してくれます。

paizaは学習サイトとしては利点があるものの、本気で転職を考えるならあまり使えるものではありません。次に紹介する評判の高い転職エージェントの利用がおすすめです。

paizaよりエンジニア向け転職エージェントがおすすめ!

ここでは、IT・Web業界で仕事を探す際におすすめの転職エージェントを紹介します。いずれもIT・Web業界に特化していて扱う求人の質が高く、アドバイザーによる丁寧なサポートが受けられると高い評判を得ている転職エージェントです。

おすすめ転職エージェント①マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント×ITは、人材紹介大手のマイナビグループが運営するIT・Web特化の転職エージェントです。主な特徴を紹介しましょう。

  • IT・Web業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 求人の紹介から書類の作成、面接対策、給与交渉まで手厚く支援
  • 好条件の独占求人・非公開求人が多数

キャリアアドバイザーの多くはIT業界出身で知識や経験が豊富なため、的確なアドバイスやサポートが受けられると評判です。

応募書類の添削や模擬面接など手厚いサポートが受けられるのもマイナビITの魅力です。

paizaと比べ、圧倒的に豊富な求人があります。公開求人だけで15,723件、さらに非公開求人が18,534件にも及び、文字通り桁違いの数です。(2020.4.24時点)

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント②GeekOut

GeekOutは人材業界大手のパソナキャリアが運営する、IT・Webエンジニアに特化した転職支援サービスですGeekOut。主な特徴を紹介しましょう。

  • GeekOut FeedとGeekOut Agentの2本柱で転職を支援
  • 優良案件が豊富
  • パソナキャリアのノウハウを受け継ぎ、サポートの質が高いと評判

GeekOut Feedとは、登録した情報に基づいて希望に合った求人がフィードに登録されるサービスです。検索する手間が省け、より希望にマッチした求人を効率的に探せます。

扱う案件数は公開求人が8,324件(2020.4.24現在)です。このほかに多数の非公開求人や独占求人もあり、質の高い求人の紹介を受けられます。

業界を熟知したキャリアアドバイザーから各企業の特徴に合わせたアドバイスが受けられる点も、paizaにはない魅力です。

おすすめ転職エージェント③レバテックエキスパート

レバテックエキスパート

レバテックエキスパートはハイクラスのITエンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントです。主な特徴を見ていきましょう。

  • 年収1000万円を超えるハイクラスな求人が多い
  • 業界に精通したキャリアコンサルタントの提案力が高い

paizaと大きく異なるのは、専門性が高く実績のあるエンジニア、クリエイターを対象としたハイクラスな求人が多い点です。

企業の担当者は年間3,000回超も企業訪問をして内情を熟知しているため、社風や職場の雰囲気もふまえて求職者に合った求人が提案される高い評判を得ています。

時間をかけた入念なカウンセリングも魅力の1つで、ミスマッチが起こる可能性が極めて低いです。

キャリアがある人はぜひとも押さえておきたい転職支援サービスです。

おすすめ転職エージェント④レバテックキャリア

レバテックキャリア

ベンチャーから大手まで幅広い求人を扱うIT・Web特化の転職エージェントです。特徴を見ていきましょう。

  • 時間をかけた丁寧なヒアリングでニーズをくみ取り、ぴったりマッチする求人を紹介
  • 模擬面接まで行うなど選考対策が非常に充実している
  • 質の高い求人が多い

paizaと大きく異なり、カウンセリングから面接対策までとにかく充実していると評判です。

カウンセリングは時間をかけて丁寧に話を聞き、求職者のニーズを整理してぴったり合う求人を紹介します。

コンサルタントは業界経験者で知識が豊富なため、専門的な相談も可能です。

職務経歴書、ポートフォリオの添削から模擬面接まで、選考対策が充実している点も高い評価を得ています。

登録する(無料)

paizaに関するよくある質問

ここでは、スキルチェックの難易度やレーティング、求人、過去に炎上した噂など、paizaに関してよく寄せられる質問と回答をまとめました

paizaを利用しようか検討している人は、ぜひ参考にしてください。

スキルチェックのランクと難易度は?レーティングとは?

スキルチェックを受けると、結果によって自動的にスコアリングされます。評価はS~Eの6段階です。

ランクによって応募できる企業の範囲が異なり、マイページに表示されます。応募するまで企業側にランクは通知されないので、気にせず挑戦しましょう

ランク上位に占める割合スキルレベル面接可能な企業
S2%非常に高いスキルほぼすべての企業
A8%高いスキル非常に多くの企業
B30%一定基準以上のスキル多くの企業
C60%基本的なスキル一部の企業
D要努力ポテンシャル求人案件に応募可能
E要準備応募可能な求人はナシ

基本的にCランク以上で応募できます。一部の企業でDランクでも応募可能としてます。

スキルチェックは調べながらできる?

スキルチェックは、調べながら解いても問題ありません。とはいえ、ただ正解すれば良いわけではなく、各問題に設定されている制限時間内に解くことが求められます。

問題を解く速度も判定の要素に含まれ、調べるのに時間がかかってしまうと合格できません。

正確さと即答力が求められるので、充分な知識を身に付けておく必要があります。調べながら解けば良いとは考えず、調べなくても解けるレベルを目指しましょう。

iosのアプリ開発がしたい…paizaに求人はある?

paizaが扱う案件のなかにはiosエンジニアの求人もありますが、38件(2020.4.24時点)と非常に少なく、東京や大阪が中心です。

兵庫や長野など地方の求人もいくつかはあるものの、数は多くありません。

たまたま近くに住んでいるか引越しても構わない人でなければ、希望に合う求人が見つかる可能性は低いです。

どうしてもiosのアプリ開発がしたい場合、ほかの転職エージェントを利用することが望ましいです。

paizaのゲームが炎上したって本当?

2016年12月にpaizaが無料公開したゲーム「もし次の常駐先が女子エンジニアばっかりだったら」が、2017年4月になって批判を集め炎上しています。

ゲームの内容は、プログラミングの問題を解くと女子エンジニアのレベルがアップする育成シミュレーションです。気分転換にできるようなもので、さほど難易度は高くありません。

問題は、女子エンジニアのレベルをマックスにすると水着に着替えさせられる点です。これが女性蔑視にあたるとして批判を集めました。

転職を支援する会社として悪ノリが過ぎ、軽率な仕様だったと言わざるを得ません。

IT・Web系の求人を探すなら転職エージェントを活用しよう!

paizaはIT・Web業界に特化した求人・学習サイトです。

オンラインでプログラミングのスキルチェックを受けることで実力がわかり、書類選考を受けずに企業の面接に進める点を強みとしています。

一方、扱う求人数は非常に少なく、スキルランクに応じた求人情報を入手できても、応募以降はすべて自分で対策しなければなりません

その点、質の高い転職エージェントであれば、業界を熟知した専任キャリアアドバイザーが、求人紹介から選考対策、企業との給与などの条件交渉まで行ってくれます

この記事で紹介した転職エージェントを利用して、転職活動を成功させましょう。