転職エージェント利用の流れは?希望企業への内定確率を高めるコツを公開

転職活動をする際、転職エージェントは心強い味方となります。

とはいえ、転職エージェントのサービス内容や利用の流れがわからず、利用をためらっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは転職エージェントを利用する際の一般的な流れを中心に、注意点なども解説していきます。

最後におすすめの転職エージェントも紹介します。転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

転職エージェント利用の流れは?持ち物や注意点を解説

転職エージェントに登録してから、企業の内定を得るまでの流れは、利用する転職エージェントよって多少の違いはあるものの、基本的には同じです。

ここでは複数のステップに区切って、一般的な流れについて解説します。

①転職エージェント登録後~面談までの流れ

登録は、転職エージェントの公式サイトやアプリにある登録フォームを使って行います。フォームに必要事項をすべて記入して送信しましょう。

記入項目は転職エージェントによって異なりますが、名前や電話番号などの個人情報、これまでの職務経歴(職種や転職回数など)、転職先に求める条件などが基本です。

職務経歴や希望条件は案件紹介の際の重要な情報になるため、なるべく丁寧に記入しましょう。

登録フォームを送信すると、数時間から数日以内に転職エージェントの担当者から電話やメールで連絡が来ます。ここで面談の日程を調整しましょう。

面談は最寄りの拠点に出向くことが一般的です。ただし、最近は新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン面談や電話面談が可能な転職エージェントが増えています。

転職エージェント面談の持ち物は?

面談当日に用意するものは転職エージェントによって異なります。多いのは以下の4点です。

  • 履歴書・職務経歴書
  • 写真・身分証明書
  • 印鑑
  • 筆記用具

ただし、履歴書や職務経歴書は事前にデータで送っておくケースもあり、その場合は当日の持ち物には含まれません。写真や身分証明書も事前にアップロードしておくところもあります。

面談の日程を決めるときに、「当日に必要な持ち物は何ですか」と確認しておくと良いでしょう。持ってくるよう指示されたものは忘れないことが社会人の基本です。

忘れてしまうといい加減な人だとの悪い印象を与えかねません。

面談で資料や求人票などを渡されることもあるため、A4サイズの書類が入る大きさのバッグで行くのがおすすめです。

転職エージェント面談の服装・注意点は?

面談は「面接」ではないため、特に指示がない限りはスーツを着る必要はなく、私服で構いません。

とはいえ、よれよれのシャツにワークパンツ、サンダルなどのラフすぎる服装は避けたほうが無難です。女性は露出度の高すぎる服装もやめましょう。

シャツとスラックスにジャケットを羽織るといったオフィスカジュアル程度にとどめ、身だしなみも整えて清潔感ある格好を心がけることが大切です。

私服に自信がなければ、スーツでも良いでしょう。

なお、面談に「とりあえず話を聞きに来ました」のような軽いスタンスで臨んでは、せっかくの時間を有効活用できません。

転職に関する希望や考え方などをある程度固めてから面談に臨むと、より有意義なアドバイスが受けられるでしょう。

②転職エージェント面談後~企業面接の流れ

面談ではこれまでの経歴や退職理由、希望条件などのヒアリングが行われ、最後に求人の提案があることが一般的です。

ただし、求人状況は日々変動するため、タイミングによっては面談後に紹介がないケースもあります。そのときは、後日良い求人が出たときに紹介してもらえるでしょう。

求人を出している企業に関しては、キャリアアドバイザーも企業動向や職場環境などをある程度把握しています。気になる点があれば尋ね、応募するかどうか慎重に判断しましょう。

紹介された求人に応募することが決まったら、アドバイザーが面接の日程調整を行います。その後、面接までに書類添削や面接練習などの対策を行う転職エージェントも多いです。

企業面接の持ち物は?

面接当日に持っていくものについては、応募先企業の指示に従いましょう。何も言われていない場合は、事前にキャリアアドバイザーに確認すると安心です。

以下の持ち物が必要になることが多いです。

持ち物用途
応募書類(履歴書・職務経歴書)の控え面接で記載内容について問われることがあるため、事前に書いたことを確認しておく
募集要項・志望企業の情報面接前に目を通し、企業の情報や求める人材像を改めて確認しておく
筆記用具書類の記入を求められたり、大切な話をメモしたいときなどに必要となる
印鑑交通費精算の際などに印鑑が求められることがある
身分証明書ビルに入るときに提示を求められるケースがある
会場周辺地図会場に迷わずたどり着くため、あると便利
ハンカチ・ティッシュ身だしなみを整えるため

企業面接の服装・注意点は?

アパレル・ファッション業界を除き、企業面接を受けるときはスーツを着用します。

男性は紺やグレーなどの落ち着いた色のスーツにし、白無地のワイシャツにするのが無難です。ネクタイも派手な色は避け、スーツと色味のあったものを選びましょう。

髪はすっきりとまとめ、寝ぐせは直しておきます。ヒゲも丁寧に剃ることが大切です。

女性も落ちついた色味のスーツに白か淡い色味のシャツかブラウスを合わせます。ボトムはスカートでもパンツでも構いません。

髪が長ければひとつにまとめ、メイクは派手にならないようにします。

アパレル企業を受ける場合は、型にはまったスーツ姿は逆効果になることがあります。志望企業のブランドイメージにあったコーディネイトをこころがけましょう。

面接では、もじもじしたりせず、面接官の話をよく聞き明るくハキハキと答えることが大切です。

③企業内定後の流れ

企業からはれて内定がでたら、応諾するか確認されます。内定は出たものの、何らかの理由で辞退したいこともあるでしょう。

内定辞退したいときは、少しでも早くキャリアアドバイザーに伝えることが大切です。企業に連絡してくれます。

内定を承諾したら、キャリアアドバイザーが入社日程や年収などの条件交渉をしてくれます。特に年収交渉は応募者からは言い出しにくいので、お任せすると良いでしょう。

現職の退職手続きや、退職後にやるべきことについても、キャリアアドバイザーに相談すれば、アドバイスやサポートをしてもらえます。

退職や入社に関してわからないことがあれば、遠慮せず相談しましょう。

転職エージェントを利用する前に知っておくべきこと

転職エージェントは、効率的に転職活動をするうえで欠かせない存在です。とはいえ、転職エージェントならどこでも良いわけではありません。

ここでは、良質な転職エージェントの選び方や利用前に準備しておくと良いこと、活用の仕方などを説明します。

そもそも転職エージェント利用のメリットとは?

転職エージェントに登録すると、以下のサポートが無料で受けられます。

  • キャリアに関する相談
  • 希望や適性に合った求人の紹介(非公開求人もあり)
  • 応募書類の添削や模擬面接などの選考対策
  • 応募代行、面接日程の調整
  • 内定後の入社日調整、給与等の条件交渉

転職エージェントは、それぞれ一般に公開していない求人を多数保有しています。大手転職エージェントでは、総保有求人数の大半が非公開求人のところも多いです。

非公開求人は魅力的な案件が多く、転職エージェントに登録しなければ出会えません。

プロのアドバイザーからさまざまな選考対策を受けられる点も大きなメリットです。効果的に対策を立てられ、内定獲得の確率が高まります

無料でこれだけの支援を受けられるため、登録して損になることはありません。

転職エージェントの選び方

転職エージェントは、2018年度の時点で全国に2万4000件も存在します。転職エージェントによって得意分野が異なり、当然質にも差があります

たとえば、キャリアの浅い第二新卒がハイクラス向けエージェントに登録しても、あまり役には立ちません。自分に合った良質なところを慎重に見極めて登録しましょう。

保有する求人数も重要なポイントです。数が多いほど、希望条件にあった求人に出会いやすくなります。

キャリアアドバイザーとの相性も大切です。親身に相談にのってくれ、志望業界や職種に関する知識がある人がいいでしょう。

相性は複数の転職エージェントに登録し、実際に面談して話すことで判断できます。5、6社程度に登録して面談し、信頼できるところ2、3社に絞って活用すると良いでしょう。

転職エージェント利用前に準備しておくこと

転職エージェントに登録後、最初に面談が行われます。面談では、キャリアビジョンや経歴、保有スキル、転職時期、転職先に求める条件などのヒアリングが行われます。

転職するか迷っている段階も相談できます。それでも、「なんとなく話を聞きにきました」では、キャリアアドバイザーも有意義なアドバイスはできません。

転職エージェントを利用する前に、以下の項目について準備しておきましょう。明確であるほど、適切なアドバイスや求人の提案を受けやすくなります。

  • 自分の経歴やスキルを振り返り整理しておく
  • 志望企業に求める条件を明確化しておく
  • キャリアビジョン(どのような仕事がしたいか、どうなりたいか)を固めておく

転職エージェントの使い方のコツ

転職成功のためには、転職エージェントをうまく使うことが大切です。そこで、以下のポイントを押さえて利用しましょう。

  • ウソはつかない
  • ゆずれない希望条件を明確に伝える
  • 合わない案件を断るときは理由をきちんと伝える
  • キャリアアドバイザーの言われるがままにならない

経歴に関してウソをつくと、適切な求人を紹介することができません。正直に話すことが鉄則です。

転職先に希望する条件が多い場合、すべてを満たす案件はなかなかありません。どうしてもゆずれない条件に絞り、それに合う求人を紹介してもらうようにしましょう。

希望に合わない案件の提案があったときは断ってかまいません。断る理由を伝えることで、次からもっと希望に合った求人を紹介してもらえるようになります。

なお、キャリアアドバイザーの言われるままに行動する必要はありません。望まない求人であれば、ごり押しされてもきっぱり断ることも大切です。

転職エージェントは必ず対面での面談が必要?地方在住者は?

転職エージェントの面談は基本的に、キャリアアドバイザーと対面で行います。

とはいえ、地方在住で住まいの近くに面談拠点がなかったり、忙しくて出向けなかったりする人もいるでしょう。

電話面談が可能な転職エージェントも多いです。電話面談を申し込んだ場合は、面談時間になったら先方から電話がかかってきます。

昨今は、コロナ対策の意味合いもあり、オンライン面談ができる転職エージェントが増えています

オンライン面談の場合は、事前にメールでオンライン会議ツールのURLが送られてくることが多いです。面談の時間になったらそのURLにアクセスしましょう。

電話でもオンラインでも、対面の面談と内容は変わりません。

おすすめの転職エージェント

数多くの転職エージェントのなかから、どこに登録すればいいか迷っている人も多いでしょう。ここではおすすめの転職エージェントを紹介します。

まずは登録してみて、面談を受けて合うかどうかを判断すると良いでしょう。キャリアカウンセリングを受けるだけでも得られるものがあります。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは最大手の1つで、オリコンによる顧客満足度調査で3年連続No.1を獲得した実績を誇ります。

公開・非公開合わせて5万件を超える求人数を保有し、全国各地だけでなく海外の案件もカバーしています。

求人が都市部に集中して地方の求人がほとんどない転職エージェントは少なくありませんが、パソナキャリアならそのような心配はありません。

企業情報やノウハウを豊富に保有する点が大きな強みです。キャリアアドバイザーは提案力に優れていると高い評価を得ています。

パソナキャリアを利用して転職した求職者の67%が年収アップに成功しているのも、その証でしょう。女性の転職サポートに力を入れているのも、パソナキャリアの特徴です。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは最大手の転職エージェントで、これまでに転職をサポートした求職者数は累計37万人を誇ります。

リクルートエージェント最大の強みは、圧倒的な実績と豊富な保有求人数です。求人は、公開で10万7264件、非公開で14万2437件を保有しています。(2021年2月26日)

各業界に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、適切なアドバイスを受けられる点も大きな魅力です。

応募書類の添削や模擬面接、面接力向上セミナーの開催など、サポートも充実しています。

求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート力とすべてにおいて高い水準にあり、転職を検討している人であれば、まずは押さえておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドはオランダに本社を置く外資系の人材紹介会社です。

日本での知名度はさほど高くありませんが、39の国と地域に拠点をもつ世界最大級の人材サービス業で、特に外資系企業や海外に拠点を持つ企業の求人に強みを持つのが特徴です。

ハイクラス求人も多く、たとえば年収800万円以上の求人で検索すると4656件ヒットします。年収アップやキャリアアップを目指して転職を検討している人に特におすすめです。

5年・10年の長いスパンのキャリアを見据え、最適な求人を提案してくれるため、キャリアビジョンについてじっくり考えたい人は相談してみると良いでしょう。

なお、ランスタッドは国内で人材派遣も行っています。登録の際は間違えないようにしましょう。

ランスタッドの公式サイト

転職エージェントは流れをしっかり確認してから利用しよう

転職エージェントは、キャリア相談にのってもらえ、求人の紹介から内定後のフォローまで手厚くサポートが受けられるサービスです。

無料で利用できるため、転職活動をする際はぜひ利用しましょう。

基本的な流れは以下のとおりです。

  1. 公式サイト上の登録フォームを使って登録
  2. 面談(キャリアカウンセリング)を受ける
  3. 求人の紹介を受けて応募する
  4. 応募書類の添削や模擬面接など選考対策を受ける
  5. 志望企業の面接を受ける

おおまかな流れは、どの転職エージェントも変わりません。面談の時間を有効に活用するためにも、キャリアビジョンや希望条件などは自分なりに明確にしておきましょう

適切なアドバイスがもらえ、より希望に合った求人の紹介を受けやすくなります。自分に合った転職エージェントを見つけて有効に活用し、ぜひ転職活動を成功させてください。