転職エージェント利用の流れ【7つのSTEP】

転職活動をする際、「転職のプロ」として手取り足取りサポートしてくれる転職エージェントは、心強い味方となります。

とはいえ、転職エージェントのサービス内容や利用の流れがわからず、利用をためらっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では転職エージェントを利用する際の一般的な流れを中心に、注意点なども解説していきます。転職を検討している人はぜひ参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

転職エージェント利用の流れ【7つのSTEP】

そもそも、転職エージェントにはどのように登録するのでしょうか?また登録してから、企業の内定を得るまでの流れは、どうなっているのでしょうか?

ここでは転職エージェントを利用する際のステップを解説していきます。転職エージェントは数多く存在するものの、利用の仕方は基本的には同じです。

転職エージェント利用の流れは、項目ごとに以下の通りです。

STEP.1
転職支援サービスに申し込む
氏名・年齢・住所などの基本情報を初め、案件紹介の際に参考にする職務経歴や希望条件を記入します。作業時間は5分〜10分程度で登録は無料です。
STEP.2
面談日程の調整
入力した情報を基に、キャリアアドバイザーが割り当てられます。2〜7日後に面談日程を調整する連絡がきます。
STEP.3
キャリアアドバイザーとの面談
申し込み内容を確認しながら、キャリアプランを深堀りしていきます。転職の大まかなタイムスケジュールや方向性を具体化していきます。
STEP.4
求人紹介
キャリアアドバイザーから求人案件の紹介を受けます。多くの求人サイトに掲載されている公開案件ではなく、求職者の適性を踏まえてマッチングする転職エージェント独自の非公開案件を紹介されるのが一般的です。
STEP.5
書類添削・面接対策
キャリアアドバイザーと共に履歴書・経歴書をブラッシュアップし、転職を希望する業界や企業に応じて面接対策を行います。
STEP.6
求人への応募・面接
キャリアアドバイザーが企業との面接日程を調整してくれます。転職エージェントによっては、応募時に推薦状を添えたり、面接に同行してくれます。面接後、企業の採用担当からキャリアアドバイザー経由でフィードバックと合否判定が言い渡されます。
STEP.7
内定・退職手続き・入社
採用が決まれば、入社日程や年収などの具体的な条件をキャリアアドバイザーと確定していきます。現職場の退職手続きへの助言もしてくれるので遠慮せずに相談しましょう。

ここでは複数のステップに区切って、一般的な流れについて解説します。

STEP① 申し込み、必要事項の記入

転職エージェントを利用するにはまず、サービス利用の申し込みをする必要があります。申し込み・登録はもちろん、無料です。

登録はネット経由がほとんどです。転職エージェントの公式サイトやアプリにある登録フォームを使います。

フォームに入力する必要事項は、おおむね以下の通りです。

  • 氏名、年齢、住所、連絡先などの個人情報
  • 現職の業種と職種
  • 職務経歴(転職回数など)
  • 保有する資格やスキル
  • 転職で希望する年収や働き方などの条件
  • 連絡可能な日時

必要事項をすべて記入して送信しましょう。特に職務経歴や希望条件は案件紹介の際の重要な情報になるため、丁寧に記入しましょう。

STEP② 面談日程の調整

登録フォームを送信すると、送信完了の知らせがメールで届き、記入した「連絡可能な日時」に転職エージェントの担当者か連絡が来ます。

担当者からは登録後、2~7日後にメールか電話で連絡が来ます。登録フォームに「希望する連絡手段」の項目がある場合、現職で忙しい方はメールを希望しましょう。

連絡の内容は「面談日程の調整」です。平日夜間、土日・祝日も対応している転職エージェントが多いので、無理のない日程をお願いしましょう。

面談は最寄りの拠点に出向くことが一般的です。ただし、最近は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインや電話で面談が可能な転職エージェントが増えています。

STEP③ キャリアアドバイザーとの面談

転職エージェントとの面談では、登録フォームに入力した内容の確認に加え、さらに掘り下げた質問をされます。

転職エージェントの担当者は、希望する業界・職種、年収、働き方、自らのキャリアプランなど、登録者が抱く「仕事像」「未来像」を聞いてきます。

登録者の考えや背景を詳細に知ることで、適切な求人を紹介できるからです。反対にヒアリングがいいかげんな転職エージェントは利用しない方がいいでしょう。

漠然と「転職したい」と考えている人は、「そんなに根掘り葉掘り聞かれても答えられない」という場合もあるのではないでしょうか。

キャリア面談は「就職面接」とは異なります。転職理由やキャリアプランが曖昧でも、担当者が一緒に親身に相談に乗ってくれるので、気軽に望みましょう。

転職エージェントの面談って何をするの?必要な準備や当日の服装まで!

STEP④ 求人紹介

キャリア面談では登録者の経歴や退職理由、希望条件などのヒアリングが行われ、最後に求人の提案があることが一般的です。

ただし、求人状況は日々変動するため、面談後に紹介がないケースもあります。そのときは、後日良い求人が出たときに紹介してもらえるでしょう。

転職エージェントは、ネット検索や求人情報誌では公開されていない独自の「非公開求人」を持っています。

非公開求人は条件の良い厳選された案件である場合が多く、「あなたにだけ紹介します」という形で提案されます。

複数の求人が紹介される場合もあるので、自分の価値観と照らし合わせて応募する求人を決めましょう。

STEP⑤ 書類添削・面接対策

応募する求人が決まったら、応募書類を作成しないといけません。また、その企業に合った面接対策もする必要があります。

書類作成も面接対策も、自分を客観的に見詰め、企業の視点に立って考えないと的外れなものになってしまいます。

転職エージェントなら、こうした一人では難しい作業も二人三脚で進めてくれます。

特に転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業動向や職場環境などをある程度把握しています。

「企業から見たら、この書き方はこう変えた方が良い」「面接ではこのように答える方が効果的」などのアドバイスをくれるでしょう。

キャリアアドバイザーが、登録者の強みを最大限に引き出してくれるのです。自信を持って求人に応募しましょう。

何回も模擬面接を繰り返してくれる転職エージェントもあります。貴重な機会なので十分に活用しましょう。

STEP⑥ 求人への応募

書類添削・面接対策と求人への応募はほぼ同時進行です。

紹介された求人に応募することが決まったら、キャリアアドバイザーが企業と面接日程の調整を行います。

キャリアアドバイザーが登録者の都合に応じて企業との面接日程を設定してくれます。当日までに対策を練りましょう。

企業面接の持ち物は?

面接当日に持っていくものについては、応募先企業の指示に従いましょう。何も言われていない場合は、事前にキャリアアドバイザーに確認すると安心です。

以下の持ち物が必要になることが多いです。

  • 応募書類の控え(面接で記載内容について問われることがある)
  • 募集要項・志望企業の情報(事前に目を通せば面接対策になる)
  • 筆記用具(当日、書類の記入を求められることがある)
  • 印鑑(交通費精算などの際に必要)
  • 身分証明書(ビルに入るときに提示を求められるケースがある)
  • 会場周辺地図(地図アプリでもOK)
  • ハンカチ・ティッシュ(身だしなみを整えるため)

企業面接の服装は?

アパレル・ファッション業界を除き、企業面接を受けるときはスーツを着用します。

男女ともに、紺やグレーなど落ち着いた色のスーツに、白か淡い色のシャツを合わせるのが無難です。

男性はネクタイも派手な色は避け、髪はすっきりまとめてヒゲも整えるか剃っておきましょう。

女性のボトムはスカートでもパンツでも構いません。髪が長ければひとつにまとめ、メイクは派手にならないようにします。

アパレル企業を受ける場合は、型にはまったスーツ姿は逆効果になることがあります。志望企業のブランドイメージにあったコーディネイトをこころがけましょう。

STEP⑦ 内定・退職手続き・入社

企業から内定がでたら、応諾するか確認されます。内定を承諾したら、雇用者に準じた立場として法的な効力が生まれます。

キャリアアドバイザーは、入社日程や年収などの条件交渉をしてくれます。特に年収交渉は応募者からは言い出しにくいので、お任せすると良いでしょう。

現職の退職手続きや、退職後にやるべきことについても、キャリアアドバイザーに相談すれば、アドバイスやサポートをしてもらえます。

退職や入社に関してわからないことがあれば、遠慮せず相談しましょう。

また、内定は出たものの、何らかの理由で辞退したいこともあるでしょう。

内定辞退したいときは、少しでも早くキャリアアドバイザーに伝えることが大切です。企業に連絡してくれます。

まとめ

転職エージェントは、キャリア相談にのってもらえ、求人の紹介から内定後のフォローまで手厚くサポートが受けられるサービスです。

無料で利用できるため、転職活動をする際はぜひ利用しましょう。

基本的な流れをもう一度、おさらいしましょう。

STEP.1
転職支援サービスに申し込む
氏名・年齢・住所などの基本情報を初め、案件紹介の際に参考にする職務経歴や希望条件を記入します。作業時間は5分〜10分程度で登録は無料です。
STEP.2
面談日程の調整
入力した情報を基に、キャリアアドバイザーが割り当てられます。2〜7日後に面談日程を調整する連絡がきます。
STEP.3
キャリアアドバイザーとの面談
申し込み内容を確認しながら、キャリアプランを深堀りしていきます。転職の大まかなタイムスケジュールや方向性を具体化していきます。
STEP.4
求人紹介
キャリアアドバイザーから求人案件の紹介を受けます。多くの求人サイトに掲載されている公開案件ではなく、求職者の適性を踏まえてマッチングする転職エージェント独自の非公開案件を紹介されるのが一般的です。
STEP.5
書類添削・面接対策
キャリアアドバイザーと共に履歴書・経歴書をブラッシュアップし、転職を希望する業界や企業に応じて面接対策を行います。
STEP.6
求人への応募・面接
キャリアアドバイザーが企業との面接日程を調整してくれます。転職エージェントによっては、応募時に推薦状を添えたり、面接に同行してくれます。面接後、企業の採用担当からキャリアアドバイザー経由でフィードバックと合否判定が言い渡されます。
STEP.7
内定・退職手続き・入社
採用が決まれば、入社日程や年収などの具体的な条件をキャリアアドバイザーと確定していきます。現職場の退職手続きへの助言もしてくれるので遠慮せずに相談しましょう。

おおまかな流れは、どの転職エージェントも変わりません。

面談の時間を有効に活用するためにも、キャリアビジョンや希望条件などは明確にしておきましょう。適切なアドバイスと、希望に合った求人紹介を受けやすくなります。

自分に合った転職エージェントを見つけて有効に活用し、ぜひ転職活動を成功させてください。