アクシスコンサルティングは登録すべき?評判から強み・弱みまとめ

コンサルティングファームへの転職を考えている人の中には、アクシスコンサルティングに登録するべきか迷っている人もいるのではないでしょうか?

アクシスコンサルティングの公式サイトには一部の求人しか掲載されていないため、どのような求人が寄せられているのかは、実際に登録しないとわかりません。

この記事では、アクシスコンサルティングに登録するべきか迷っている人に対して、アクシスコンサルティングの評判や強み、弱みなどを解説します。

  1. ランスタッド ロゴ
  2. キャリアカーバー ロゴ
  3. クライス&カンパニー ロゴ
ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介

アクシスコンサルティングとは

アクシスコンサルティングはコンサルティング会社への転職に特化した転職エージェントで、登録するとコンサルティングファームへの転職をキャリアアドバイザーが支援してくれます。

現役コンサルタントの転職はもちろん、異業種からコンサルタントを目指す人も利用でき、業界に精通したキャリアアドバイザーの支援を受けて、コンサルタントを目指せます。

アクシスコンサルティングが保有する求人の約77%は非公開求人であり、登録するとキャリアアドバイザーが希望に合うコンサルティング会社を紹介してくれます。

アクシスコンサルティングはフリーランスのコンサルタント向けのキャリア支援や案件紹介サービスも行っており、フリーランスのコンサルタントも利用可能です。

会社概要

運営会社はアクシスコンサルティング株式会社で2002年に設立され、人材紹介事業を軸にフリーコンサル事業やグローバルアライアンス事業、研修事業を手掛けています。

東京都千代田区に本社があり、他に拠点はありません。従業員は61名(2019年11月現在)で社員の平均年齢は36歳です。

アクシスコンサルティングが掲げる強みとは?

アクシスコンサルティングは2002年の創業以来、5,000人の現役コンサルタントを支援してきた実績があり、在籍しているキャリアアドバイザーはコンサル業界を熟知しています。

コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーの支援を受けられる点がアクシスコンサルティングの強みです。

質の高いキャリアアドバイザーのサポートを受けることで、希望するコンサルティング会社に転職できる可能性が高まります。

大手外資系コンサルティングファームや国内系コンサルティングファームとの間に太いパイプを構築しており、アクシスコンサルティングの転職支援を受けることで、優良なコンサルティング会社に転職できるチャンスが広がります。

転職支援サービスだけでなく、独立支援やフリーランスのコンサルタントに案件紹介を行っていることもアクシスコンサルティングの強みです。

アクシスコンサルティングのコンサルタントの特徴は?

アクシスコンサルティングのキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)は、コンサル業界やIT業界の出身者が多く、コンサル業界に精通しており、コンサルタントの仕事内容なども熟知しています。

現役コンサルタントはキャリアアドバイザーとコンサル業界の専門用語でコミュニケーションができ、転職先の条件や希望などが確実に伝わります。

ただし、キャリアアドバイザーの質はまちまちで、優秀な人もいれば未熟な人も存在します。

転職成功数No.1の細川氏ってどんな人?

細川貴行氏はアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーで、アクシスコンサルティング歴代最高記録の年間転職成功者数の記録を保持している実力者です。

新卒で大手金融機関に就職後、トップセールスの実績を達成し、アクシスコンサルティングに入社しました。

アクシスコンサルティングに入社後、これまでに1,000名以上のコンサル転職を支援し、大勢の方の転職を成功へと導き、現役コンサルタントから厚く信頼されています。

アクシスコンサルティングはコラムが参考になる

アクシスコンサルティングの公式サイトには、コンサルの転職やキャリアップに関するコラムが掲載されており、どなたでも読むことができます。

掲載されているコラム記事には、「コンサルタントへ転職するための『志望動機』の作り方」「年収は上がるのか?ファームの年収・給与体系と未経験からの転職事例」など、コンサル転職に役立つ記事が満載です。

コラム記事だけでなく「企業インタビュー」も掲載されており、コンサルティングファームの経営者やマネージャーが求める人材像がわかります。

これらの記事はアクシスコンサルティングに登録しなくても自由に閲覧できます。記事を読むだけなら登録する必要はありません。

アクシスコンサルティングで転職した人の評判は?2ch・SNSの口コミを徹底調査

アクシスコンサルティングは利用者や関係者からの評判はどうなのでしょうか?

登録を検討する前にアクシスコンサルティングの評判を見ていきましょう。

アクシスコンサルティングの良い評判:働きながら転職活動ができる

アクシスコンサルティングに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが面接日程の調整などを行ってくれますので、働きながら転職活動ができます。

会社で働いていると、勤務時間中は応募先企業に連絡をすることが難しいですが、キャリアアドバイザーが本人に代わって応募先企業に連絡をしてくれます。

ただし、アクシスコンサルティングに限らず、他の転職エージェントでも同様の転職サポートが受けられますので、アクシスコンサルティングだけの強みではありません。

アクシスコンサルティングの悪い評判①キャリアアドバイザーが頼りない

アクシスコンサルティングの転職支援を受けてみたものの、担当のキャリアアドバイザーが頼りなくて使い物にならなかったようです。

アクシスコンサルティングには優秀なキャリアアドバイザーも在籍していますが、キャリアアドバイザーの指名はできず、どんな人が担当になるのかは運任せです。

コンサルティングファームへの転職を成功させるには、業界に精通しているキャリアアドバイザーによる高度な支援が不可欠です。

担当のキャリアアドバイザーが頼りない場合は、申し出ると他のキャリアアドバイザーに変えてもらえますが、優しい性格の人だと言いづらいでしょう。

頼りないキャリアアドバイザーが担当になると、転職活動もおぼつかなくなります。

転職活動をスムーズに進めるためには、アクシスコンサルティングだけでなく、複数の転職エージェントに登録しておくと、すぐに他のエージェントに乗り換えられます。

アクシスコンサルティングの悪い評判②営業のやり方が非常識

断りもせず、営業メールをガンガン送ってくるみたいで、大変迷惑されているみたいです。

アクシスコンサルティングに限ったことではありませんが、転職エージェントの営業社員の中には、非常識な方法を使ってでもノルマを達成しようとする人がいます。

アクシスコンサルティングがノルマ優先主義なのかは定かではありませんが、ノルマ優先主義の転職エージェントには注意が必要です。

同様の口コミは他にもありましたので、無許可の営業メールに迷惑している人は多いのでしょう。

アクシスコンサルティングの悪い評判③雇用のミスマッチが発生する恐れがある

キャリアアドバイザーから聞いていた内容と、求人の内容が違っていたため、面接がやり直しになりました。

キャリアアドバイザーに紹介された求人に応募したところ、キャリアアドバイザーから聞いていた内容と、企業側の求人内容に違いがあったようで、面接がやり直しになってしまったようです。

キャリアアドバイザーは求人の内容を求職者に正確に伝えることが必要であり、正確に伝えないと「聞いていた内容と違う」とトラブルに発展します。

この方は再度面接を受けることになったようですが、こういったトラブルを避けるためには、キャリアアドバイザーが求人票の内容を確実に頭に入れておかなければなりません。

求人票の表面的な内容を知っておくのは、キャリアアドバイザーの基本です。

優秀なキャリアアドバイザーはさらに、求人票には書かれていない会社の内情を熟知しており、離職率や社内の人間関係なども教えてもらえることがあります。

キャリアアドバイザーから正確な情報を伝えてもらえることで、雇用のミスマッチを防ぐことにつながります。

アクシスコンサルティングよりおすすめの転職支援サービス5選

アクシスコンサルティングは一部の求人しか公開されておらず、正確な求人数や求人の内容がよくわかりません。

ここでは、公開求人と非公開求人が多く、コンサル転職におすすめの転職支援サービス(転職エージェント)を4社紹介します。

①ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドでは、コンサルティングに関する求人を186件扱っています。

オランダに拠点を置き、ヨーロッパを中心に転職支援を行っているので、外資・グローバル企業への転職に強みを持っています。

ハイクラス求人以外にも、通常の正社員求人、派遣求人、そして短期などのバイト求人まで豊富に揃えています。

拠点数も非常に多いので、まずは登録して、キャリア面談を行ってみてください。

登録する(無料)

②キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバー(CAREER CARVER)はリクルートグループのヘッドハンティングサービスで、ヘッドハンターの支援を受けてハイクラス転職ができます。

キャリアカーバーは62,829件(2020年2月28日現在)の公開求人があり、コンサル転職の案件は5,384件もあります。

キャリアカーバーに登録後、ヘッドハンターにスカウトされると、より好条件の非公開求人も紹介してもらえ、ハイクラス転職の成功につながるでしょう。

アクシスコンサルティングの求人数は不明ですが、求人数が多いことが強みのヘッドハンティングサービスを利用してハイクラス転職を成功させたい方は、キャリアカーバーに登録しましょう。

③クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーはハイクラス転職に特化した転職エージェントで、キャリアコンサルタントの手厚い支援を受けることで、ハイクラス転職を成功へと導きます。

クライスアンドカンパニーのコンサルタントの多くは「キャリアコンサルタント」の国家資格を取得しており、国家資格保有者の圧倒的なコンサルタント力がクライスアンドカンパニーの強みです。

公開求人3,159件、非公開求人7,064件(2020年2月28日現在)を保有しており、保有している求人は高年収のハイクラス案件だけです。

アクシスコンサルティングのコンサルタントも優秀ですが、口コミで紹介したように、頼りないコンサルタントが担当になることがあります。

国家資格保有者が多いクライスアンドカンパニーは、キャリアコンサルタントの質が保証されているので、登録することをおすすめします。

④ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス転職サイトで、これまで12,600社の採用企業実績があり、登録すると一流のヘッドハンターの支援を受けて、ハイクラス転職を目指せます。

ビズリーチはハイクラス案件が非常に多く、公開求人は56,952件(2020年2月28日現在)あり、コンサルタントの求人は15,885件もあります。

アクシスコンサルティングの保有求人数は不明ですが、ビズリーチは15,000件以上のコンサルタントの求人を保有しています。

求人数が多い転職支援サービスを利用したい方は、ビズリーチに登録すると良いでしょう。

登録すると、登録者の経歴を見たコンサルタント会社から、ダイレクトにスカウトされることもあるので、登録して損をすることはありません。

⑤パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは16,000社以上の企業と取引実績があり、250,000名以上の方の転職を成功させた実績があるパソナグループの転職エージェントです。

求人数は40,712件(2020年2月28日現在)で、登録すると非公開求人を含めた求人の中から希望に合致する求人を紹介してもらえます。

年収800万円以上のハイクラス案件は11,329件もあるので、アクシスコンサルティングの求人数が不安な方は、大手の転職エージェントのパソナキャリアに登録してください。

パソナキャリアの転職後年収アップ率は67.1%と高く、パソナキャリアに登録すると、ハイクラス転職に成功して年収アップにつながる可能性が高まります。

ハイクラス・高年収転職を成功させる秘訣

ハイクラス・高年収転職を成功させる秘訣は、ハイクラス案件が多く、優秀なキャリアアドバイザーによる転職支援が受けられる転職支援サービス(転職エージェント)に登録することです。

求人数が多いほど希望に合致する求人が見つかりやすくなるので、転職支援サービスを選ぶ際には求人数の多さを基準の一つにしましょう。

この記事で紹介した転職支援サービスは求人数が多いものを厳選しています。この記事で紹介した転職支援サービスに複数登録すると、転職が成功する可能性がアップするでしょう。

アクシスコンサルティングの強み・弱みまとめ

アクシスコンサルティングの強みは、コンサル業界に精通しているキャリアアドバイザーの支援を受けられることです。

転職支援サービスだけでなく、独立支援やフリーランスのコンサルタントに案件紹介を行っていることもアクシスコンサルティングの強みでしょう。

アクシスコンサルティングの弱みは、公式サイトには一部の求人しか紹介されておらず、正確な求人数や求人の内容がはっきりわからないことです。

アクシスコンサルティングに限ったことではありませんが、キャリアアドバイザーの質はさまざまで、頼りないキャリアアドバイザーが担当になることがあります。

複数の転職支援サービスに登録することで、アクシスコンサルティングの弱みを克服でき、コンサル転職やハイクラス転職の成功につながるでしょう。