38歳だと転職できない?38歳でも転職を成功させる方法

38歳で転職を考えている人はいませんか?

40代が目前に迫った38歳の場合、「30代後半になると、転職は難しいのではないか」と考えてしまう人も多くいることでしょう。

しかし、

  • 自己分析をしっかりと行う
  • 家族の理解を得る
  • 転職エージェントを利用する

というようなポイントを押さえることで、38歳での転職も成功させることができます。

この記事では、38歳の転職事情、転職方法、転職を成功させるポイントについて詳しく解説しています

記事の最後には、38歳の転職を成功させるための転職エージェントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

  1. ランスタッド ロゴ
  2. キャリアカーバー ロゴ
  3. クライス&カンパニー ロゴ
ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介

38歳は転職できないと言われる3つの理由

38歳での転職を成功に導くためには、まずは「なぜ38歳の転職が難しいのか」を知っておく必要があります。

理由はさまざまですが、代表的なものを、よくある失敗例を踏まえて紹介します。

クリックすると、詳細に飛ぶので、好きなところから読んでください。

キャリアコンサルタント

理由① 条件に合う求人が少ない

40歳前後での転職が珍しくなくなったとはいえ、企業が即戦力として求めるのは30代前半が多いです。

そのうえ、38歳には年齢相応の高いスキルが求められます

そのため、自分の条件に合う求人が少ないのです。

38歳での転職に失敗してしまう人の場合、これまでの給与や役職を基準に転職先を探した結果、希望の待遇と自分のスキルに合う転職先がなかなか見つからないこともあります。

条件に合う求人を見つけるのが難しいという現実は、転職を考える38歳は知っておくべきことだと言えます。

理由② 年収が大幅に下がる可能性がある

38歳の場合、現在の仕事である程度の年収を得ていることも多いでしょう。

しかし、転職先によっては、年収が大幅に下がる可能性もあります

特に、未経験者として転職する場合、大幅な年収ダウンは避けられません。

とはいえ、38歳は家族を養う人も多い年齢です。

家族の生活のために年収をキープしようと考えた結果、選択肢が少なくなって思うような転職ができなかったという例もあります。

38歳での転職の場合、年収がある程度下がることは覚悟する必要があると言えるでしょう。

理由③ 転職回数をこれ以上増やせない

転職回数が多い人は、企業からも敬遠されがちです。

そのうえ、40代になると、30代の今よりも転職先の選択肢が狭まる可能性が高いです。

38歳の転職はラストチャンスであり、失敗が許されません。

転職回数を増やしてしまうと、企業から「スキルのない人」「すぐに辞めてしまうかもしれない人」とみなされ、正社員の求人に応募できず、非正規や派遣といった働き方しかできなくなってしまうこともあります。

ラストチャンスで後悔のない転職をするためにも、転職先は慎重に選ぶ必要があります。

38歳で転職を成功させる3つのポイント

前述のとおり、38歳の転職では、給与や役職の水準を下げずに転職することが難しいと言えます。

しかし、ポイントをしっかりとおさえていれば、転職を成功させることは不可能ではありません

ここでは、38歳が転職を成功させるために留意しておきたいポイントを紹介します。

こちらもクリックすると、詳細に飛ぶので、好きなところから読んでください。

キャリアコンサルタント

ポイント① 自己分析をしっかりと行う

38歳での転職を成功させるには、自分のスキルを見極めたうえで、それに見合った求人を探すことが求められます

そのためには、自己分析をしっかりと行うことが欠かせません。

30代後半での転職は、ポテンシャルよりも持っている能力が重視されます。

自分の強みを分析し、自分のような人材を欲しがっている企業の求人に応募することで、マッチング率を高め、内定率を上げることができるのです。

新卒の就職活動や20代の転職のように、「数を打てば当たる」ものではありません。

自己分析を行ったうえで、応募する求人を選定することが必要です。

ポイント② 家族の理解を得る

38歳の場合、家庭を持っている人も多いでしょう。

一家の大黒柱もいれば、家事・子育てと仕事を両立している人もいますが、どちらの場合も転職には家族の理解が必要不可欠です。

転職には、年収の減少や勤務時間の変化だけでなく、転勤による転居も伴うことがあります。

家族が転職を不安に感じると、本人にもその影響が及んでしまいます。

対して、家族が理解し、応援してくれることは励みになります。

転職を考えた際には、家族と必ず話し合い、転職によるリスクも説明したうえで理解を得るようにしましょう。

ポイント③ 転職エージェントを利用する

38歳での転職は、求人が限られることもあり、一人で転職活動を進めるのは難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すれば、自分に合った求人を紹介してもらえますので、自分で求人を探す手間が省けます

また、書類添削や面接対策を行ってくれるため、選考の突破率も上げることができます

38歳の転職では、どのエージェントを選ぶかがとても重要です。

おすすめの転職エージェントは以下のとおりですので、自分に合ったものを選んでください。

記事の後半で詳しく紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

  • リクルートエージェント・・・全ての38歳におすすめ、求人数が豊富、忙しくても使えるツールが充実
  • doda・・・サポートを重視する38歳におすすめ、求人数が豊富、担当者の質が高い
  • JACリクルートメント・・・キャリアに自信のある38歳におすすめ、ハイクラス求人が充実、担当者の質が高い
  • パソナキャリア・・・キャリアに自信のない38歳におすすめ、サポートが丁寧、女性の転職に強い

【ケース別】38歳の具体的な6つの転職方法

ここまで、さまざまな38歳にあてはまるポイントを紹介してきましたが、転職の悩みは本来人それぞれです。

「キャリアに自信がないけど大丈夫かな?」「どうしても正社員がいいんだけど…」など悩んでいる人もいることでしょう。

ここでは、そのようなパターン別に、それぞれにおすすめの転職術を紹介します。

こちらもクリックすると、詳細に飛ぶので、好きなところから読んでください。

キャリアコンサルタント

①キャリアに自信のない38歳

38歳の転職では、スキルが何よりも重要です。

キャリアに自信がなく、自分にどのようなスキルがあるのか分からない人は、サポートが充実している転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの中には、市場価値がないと判断されると求人を紹介してもらえない場合もあります。

しかし、パソナキャリアはどのような利用者にも親身に対応してくれるので、キャリアに自信のない38歳にもおすすめです。

パソナキャリアについては、記事の後半で利用者の口コミとともに紹介していますので、ぜひそちらも確認してください。

②キャリアに自信のある38歳

キャリアに自信のある38歳は、自分の持っているスキルに見合った求人を探す必要があります。

そのためには、ハイランク求人の多い転職エージェントを利用し、求人を紹介してもらうのがおすすめです。

ハイランク求人を探す38歳におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

ハイランク求人の量は業界でもトップクラスなので、希望に合った求人が見つかるはずです。

記事の後半で詳しく紹介します。

③正社員になりたい38歳

前述のとおり、38歳が転職先を探すのは難しいものです。さらに、正社員の求人ともなればなおさらです。

そのため、正社員を目指すのであれば、広い視野を持って求人を探すことが必要です。

どうしても正社員の採用に受からない場合には、派遣やアルバイトから正社員を目指すのも手段の一つです。

いずれにせよ、自分で選択肢を狭めてしまっては、転職に成功する可能性はどんどん下がってしまいます。

正社員にこだわるのであれば、転職エージェントの利用が必須と言えます。

少ない求人を自力で探すのは大変ですし、仮に見つけ出すことができても、経験豊富なライバルを出し抜いて採用を勝ち取るのは難しいからです。

おすすめの転職エージェントは、求人数が豊富なリクルートエージェントや、サポートが親身なパソナキャリアです。

キャリアに自信があるなら、JACリクルートメントもおすすめです。

詳しくは次の章で紹介します。

④公務員になりたい38歳

38歳が公務員になるためには、新卒などが受験する公務員試験ではなく、社会人経験者枠という別の試験を受け、合格する必要があります。

この社会人経験枠は、採用を行う自治体も採用者数も少ないことから、競争率はとても高く、倍率が30倍以上になることもあります

高いスキルがないと、試験の突破は難しいと言えるでしょう。

社会人経験枠でも、筆記試験が課されます。

一般の公務員試験で出題されるような専門性の高い試験はあまりないものの、SPIと同程度の難易度である教養試験はほとんどの自治体で課されるため、筆記試験の対策は必須と言えます。

以上の状況をふまえ、公務員一本で転職活動を進めるのはリスクが高いため、38歳にはおすすめできません

民間企業も含めて、広い視野を持って転職先を探すことをおすすめします。

⑤未経験の業界に挑戦したい38歳

38歳で未経験の業界に挑戦することは、不可能ではないものの、かなりハードルが高いと言えます。

人手不足の業界などは未経験者でも採用されやすい傾向にありますが、それでも厳しいことに変わりはありません。

どうしても未経験の業界に転職したい場合には、これまでの仕事と関連のある職種を選んだり、業界のことを独学で勉強することをおすすめします。

社内での異動を考えるのも手段の一つです。

重要なのは、決意したらすぐに動き出すことです。

転職エージェントを活用し、求人探しとともに業界研究を始めることをおすすめします。

⑥38歳の女性

38歳の女性は、結婚や出産を控えている人もいれば、子育ての真っ最中という人や、両親の介護をしながら働く人もいるでしょう。

残念ながら、本人に働く意欲があっても、この年代の女性を敬遠する企業も存在します。

そのため、38歳の女性が転職をする際には、女性が働きやすい職場を選ぶことが重要です。

転職エージェントを活用すれば、女性が活躍できる求人を選んで紹介してもらえるのでおすすめです。

中でも、パソナキャリアは女性の転職に強いので、転職を考えている38歳の女性に特におすすめです。

詳しくは次の章で紹介します。

38歳の転職には欠かせないおすすめ転職エージェント3選

38歳の転職には、さまざまなパターンで転職エージェントが役に立つことをご理解いただけたのではないでしょうか。

ここでは、38歳におすすめの転職エージェントを、独自に収集した口コミとともに紹介します。

なお、転職エージェントは複数を併用してこそその真価を発揮します。

自分に合ったものを複数選んで登録することをおすすめします。

①ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界中に拠点を置く、外資系転職エージェントで、ハイクラス向けの転職を得意としています。

本社は、ヨーロッパを中心とした人材紹介に強みを持っており、その売上高は世界第2位にまで上ります

日本法人もその強みは残しつつ、全国60以上の拠点で転職サポートを行っています。

ハイクラス向けの転職を得意としているので、転職サポートの質が非常に高いのが特徴です。

ランスタッドを実際に利用した人は、

29歳 女性 マスコミ関係派遣社員

ランスタッドで扱っている求人は、質が高いものばかりでした。提案力が非常に高いというのは、求人を紹介してもらう上で大切だと思います。

29歳 女性 接客業

履歴書の添削が非常に助かりました。内容も充実していて、良い履歴書を作り上げることができました。

など、求人の質の高さ、サポート力の高さについて評価していました。

登録する(無料)

②キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートグループが運営する、ハイキャリア向け転職エージェントです。

年収600万円からの求人を扱っており、年収1,000万円や2,000万円にまで上る求人も扱っています

キャリアカーバーに登録後は、特に面談等もなく、経歴やキャリアなどをレジュメにまとめるだけです。

優秀なヘッドハンターからスカウトが来るので、それを待ちましょう。

登録する(無料)

③クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、ハイクラス転職をメインに扱った転職エージェントで、コンサルタントの質が高いという特徴があります。

クライスアンドカンパニーに所属するコンサルタントは、コンサルティング関係の国家資格を有しており、質の高い転職サポートを行うことができます

3年後・5年後を考えた転職サポートを行ってくれるので、これからのキャリアについてしっかり考えたい人におすすめです。

企業との関係も強く、良質な求人ばかりが揃っています。ぜひクライスアンドカンパニーも利用してみてください。

登録する(無料)

38歳で転職を成功させて悔いのない人生を

多くの場合、38歳は転職のラストチャンスです。38歳での転職をする際には、「これが最後の転職だ」という覚悟を持って望む必要があります。

とはいえ、社会人生活はこれからも20年ほど続きます。

悔いを残さず、笑顔と達成感を持って定年を迎えるためにも、転職先選びは妥協せず行ってください。

皆さんの転職が成功することを願っています。