転職する時に求められる英語力とは?資格別に目指すべきスコアも調査

転職する時に求められる英語力は、どのくらいなんですか?
転職に、必ずしも英語が必要というわけではありません。転職したい先の業界や企業によって様々です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
それぞれの企業ごとに求めている英語力は違いますが、この記事では「転職全般で有利になる英語力」について詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

英語を活かした転職を考えている方は特に、参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

最近は転職時に英語が必要であると感じていている人が増えてきました。確かに色々な企業で英語ができる人は優遇される傾向になりつつあります。

ただ、英語とは言っても具体的には分かりにくい部分もあることでしょう。そんな人に向けて、今回は転職前に知っておきたい「英語力」と英語を活かした転職をご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職では英語力がどのぐらい必要?有利になるスコアを具体的に解説

転職ではなぜ英語力が問われているのでしょうか。またどの程度の英語力が問われているのでしょうか。転職で英語力が求められる意図や、具体的に必要なスコアについて調べました。

英語力が転職に有利になる理由3つ

転職で英語力が問われていることには理由があります。企業ごとに詳細は異なりますが、転職するにあたり何が求められているかを知っておきましょう。

理由1:企業のグローバル進出で人材が不足

日本の企業では英語力の高い人材がそもそも不足しています。それに加え、企業のグローバル進出でさらに人材の不足が加速してきています。

昔は海外支社を持つような企業だけで英語が必要とされていました。しかし今では、インターネットを活用してどんな企業でもグローバル進出できるようになっています。

その結果、グローバル進出を目指す企業が増え大企業ではなく中小企業でも英語が必要とされています。今まで英語とは無縁の企業でも必要とされていることがあります。

グローバル進出が加速すると、企業は急速に人材を育てる必要があります。英語力の高い人材も可能であれば育てなければならないのです。

しかし、語学力は一長一短に身に付くものではありません。時間を掛けて身に付けることが一般的です。ただ、時間を掛けているとグローバル進出の足かせとなってしまいます。

自社で人材を用意できないのであれば、転職で人材を集めるしかありません。時代の変化に素早く対応するために、転職では英語力が求められるようになってきています。

理由2:海外の情報もタイムリーに入手できるようになった

インターネットが発達したことで海外の情報はタイムリーに日本に届くようになりました。そのため企業は海外のトレンドなどに素早く対応することが求められています。

海外の情報を元に素早く対応するためには英語力の高い人材が必要です。英語を読み解くことができなければトレンドに乗ることができません。

今では企業も消費者も海外の情報を素早く手に入れられるようになっています。そして、トレンドに乗っていないと「時代遅れ」だと判断されることも少なくはありません。

特に消費者を相手としている企業は時代遅れと評価されては業績に関わりかねません。そのようなことが無いように、企業は海外からの情報に対応できる英語力を求めています。

理由3:働き手の多国籍化

働き手が多国籍化してきたことで、英語などのコミュニケーションに対応できる日本人人材が転職では求められるようになっています。

現在、日本で働いている人は日本人だけではありません。海外の方も多く働いている日系企業があります。つまり日本語以外でコミュニケーションを取る必要もあります。

業界・業種によっては海外の方が発達していることも少なくありません。そのため転職で海外でスキルを身に付けた人を受け入れている企業もあります。

ただ、働き手が多国籍化するとコミュニケーションを取るのが難しくなります。特に社内公用語が日本語の場合、海外の方は上手く日本語が話せない可能性もあります。

転職で海外の高いスキルを受け入れても、コミュニケーションを取ることができなければ活用できません。スキルの持ち腐れ状態になってしまいます。

せっかく得たスキルを社内にスムーズに展開させるために、日本語も英語もできる人材を転職で確保する流れが出てきています。

求められる英語力は職種によって異なる

転職で英語力の高い人を求める企業は増えています。ただ、どのように英語力を活用してもらいたいかは企業によって異なっています。

また、同じ企業内でも求められる英語力は職種によって異なっています。ただ単に英語力が高ければ転職に有利であると考えるわけにはいきません。

同じ企業で英語力の高い人材を求めている場合でも以下のように複数のパターンが考えられます。

  • 英語を活用して専門的な事業に取り組んでもらいたい
  • 人事などコミュニケーションを取って社内業務が円滑に進むようにしてもらいたい
  • 海外企業や海外支店とのやりとりをする窓口になってもらいたい

どれも英語を活用する仕事には違いありません。しかし、どの人材へ転職するかで転職してからの業務に大きな差が出ることは言うまでもありません。

英語が使える企業に転職したからといって、自分がやりたい英語の仕事ができるとは限りません。募集職種の内容をよく確かめておく必要があります。

特になんとなく「英語の仕事がしたい」とだけ考えている人は注意が必要です。英語の仕事は幅広く、転職者を募集する求人も山のように公開されています。

転職する場合には、自分の英語力をしっかりと活かせる求人へ応募することを意識しなければなりません。

転職時にはどの程度の英語力が必要になるか?

転職時には具体的にどの程度の英語力を持っていると良いのかは、気になっている人も多い疑問でしょう。自分が転職できるかどうかの判断基準となるものです。

結論は転職時にこれぐらいの英語力があればよいと言い切ることはできません。これは企業が転職でどのような人材を確保したいかが異なっているからです。

ただ、英語力を評価するにあたり基準が全く無いわけではありません。まずは、有名な資格のスコアから解説していきます。

TOEIC

英語系の資格で特に有名なものはTOEICです。転職前、あるいは転職のタイミングで受験される人も多い資格でしょう。英語力を示す分かりやすい基準です。

TOEICの場合にはリスニングとリーディングのみがスコア化されます。そのため、英語を話す必要のある仕事では思うように評価されないこともあります。

簡単な英語でも対応できる人材が求められている場合には600点以上を持っていると良いでしょう。海外の文献を読んだり、英語でのメール対応が最低限できる水準です。

海外企業との取引など英語での業務が中心となる場合には700点以上が必要です。メールの返信に必要な単語がすぐに思い浮かべられる水準が求められます。

商社や貿易会社などではさらに高く800点以上が必要です。特に読み書きだけではなく、様々な地域の取引相手から上手く聞き取る力が求められています。

外資系の場合にはTOEICのスコアはあまり重要視されていません。この場合は英語が使えることはもはや当たり前だからです。面接などの応対で評価されていることが多いです。

実用英語技能検定(英検)

英検はTOEICとは異なり・リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングと総合的な英語力を示す資格です。そのため幅広く英語力の評価を受けられます。

英語でメールの読み書きをする、海外とのやり取りの受付をする程度であれば英検2級は最低限取得しましょう。基本的な英語力は備わっていることの証明となります。

海外支店とのやり取りで英語を話す機会がある場合には、英検準1級以上の取得を目指しましょう。準1級以上にはスピーキングテストがあり話せることの証明にもなります。

英検をどの級まで取得するかは会話の多い企業に転職するかどうかで決まります。どのような業種でも、英会話力が求められている場合には準1級以上の取得がおすすめです。

BULATS

BULATSは英検のビジネス版だと考えてもらうと分かりやすいです。ビジネス的なドキュメント作成やビジネスレター作成などが試験の題材に選ばれて100点満点で評価されます。

メールの読み書きやドキュメント作成が中心の転職の場合、70点以上あれば十分です。そのまま転職後も活躍することが期待されます。

ドキュメント作成の中でも、契約書や設計書など複雑な文章を作成する場合には80点以上が必要です。80点が日本語でも高難易度な文章を英語で作成できる水準です。

海外勤務などを目指す場合には90点以上あると良いです。海外での勤務は日本で働く以上に、素早く文章などを作成する力が求められます。現地の人に負けない水準が90点です。

対応できる英語の難易度

どの程度の難易度まで英語で対応できるかによって転職できる幅が異なります。英語を活かした転職では、ビジネスレベルの難易度まで最低限対応できることが望ましいです。

ビジネスレベルの英語とは、まずビジネスで利用する英単語、文法などを理解しておくことです。特に業界によっては専門用語などもあります。そういったものを持っておく必要があります。

続いて、ビジネスにおいて必要なものが英語でも作成できるかが問われます。例えば以下のものが考えられます。

  • ビジネスメール
  • 提案書・契約書・設計書などのビジネス文書
  • プレゼンテーション資料

ビジネスメールはそれなりに書ける人も多いことでしょう。ただ、ビジネス文書は書いたことが無い人も居るはずです。転職前に英語の仕事に関わっていなければ触れる機会も少ないからです。

英語で仕事をするのであれば、ビジネス文書やプレゼンテーションまで作れることが望ましいです。これらを多少のサポートは必要でも一人で作れることで、ビジネスレベルの難易度まで対応できると言えます。

企業によっては文書作成などは転職後に身に付ければよいと考えていることもあります。逆に事前に身に付けておけば転職時に強みとなり、転職できる幅が広がります。

英語力の細かいスキル

英語が使えるとも言えども会話や読解、文章力などいくつかのスキルに分かれます。これらのスキルはどの程度まで対応できると良いのでしょうか。

細かいスキルは転職する先によって求められる内容・レベルが異なります。特に気にするべきことは、話す・聞くの英会話のスキルがあるかどうかです。

日常的に英語を利用する会社では、英会話のスキルが高くなければ仕事に支障が出てしまいます。密にコミュニケーションが取れなければ仕事にならない可能性があります。

それに対して、会議のときだけ海外と英語で会話ができれば良いこともあります。この場合、簡単な英語でも最低限の英会話ができれば転職はできるでしょう。また、転職後に英語の力を伸ばせばよいとも考えられます。

また、翻訳などの仕事であれば会話力は問われないことも考えられます。英語・日本語共に高い語彙力は求められますが、会話ができなくとも仕事はできる可能性があります。

読み書きも英会話もできることが望ましいのは間違いありません。しかし、転職先によっては必ずしも全てのスキルが必要とは限りません。

まずは求人でどのようなスキルが求められているかを確認しましょう。そうすることで、自分が強みとしているスキルを活かして転職することが可能です。

英語ができると転職に有利!英語に自信がある人におすすめな転職先4選

具体的に英語が活かせる転職先にはどのようなものがあるのでしょうか。転職先の候補は多岐に渡りますが、私なりにおすすめしたい4つを理由と共にご紹介します。

①外資系企業

まずは英語を活かすのであればおすすめは外資系企業です。外資系企業はグローバル化が進んでいますので、社内公用語が英語であることが多いです。

公用語が英語であるということは、仕事のほぼ全てに英語が絡んでくるということです。そのため英語を利用するために転職したいのであれば特におすすめです。

外資系企業では転職するといきなり上司が海外の方なんてこともありえます。そもそも英語が使えないと社内でのコミュニケーションが取れないのです。

また、転職してすぐのお客様が海外の方ということも十分に考えられます。この場合も英語でのコミュニケーションが必須です。

外資系企業への転職はレベルの高い英語を求められることが多いです。いくら仕事ができても、英語が使えないと転職前のスキルを活かすことができないからです。

逆にしっかりと英語が使える人であれば、転職後に日系企業よりも評価が高まることも考えられます。転職後すぐでも結果を出せば評価へと繋がるのです。

外資系企業では英語力があればよいということではありません。その企業の事業に合わせたスキルももちろん必要とされています。しかも専門性が高いことも多いです。

転職のハードルは高い企業も多いですが、入社できれば転職して良かったと思えるはずですのでおすすめです。

外資系企業への転職では文化の違いに順応が求められる

外資系企業へ転職する場合には、日系企業との文化の違いを理解しておくことが大切です。具体的に理解しておきたいことは以下の通りです。

  • 年功序列ではなく実力主義で給与や役職が決まる
  • それぞれが持つ専門性単位で転職が受け入れられている
  • 決められた時間の中で結果を出すことが評価される

それぞれについて簡単にご説明していきます。

年功序列ではなく実力主義で給与や役職が決まる

日系企業では一つの企業にどの程度貢献したかが評価の基準になることも多いです。そのため年功序列で長く勤めていると自然と給与や役職が上がっていきます。

しかし外資系企業ではそのようなことはほぼありません。自分の実力や仕事の結果がその都度給与や役職に反映されることが多いです。つまり日系企業よりも変動が激しいです。

それぞれがもつ専門性単位で転職が受け入れられている

転職時は即戦力が求められています。これが外資系になるとさらに分かりやすい傾向があります。

外資系企業では専門性単位で転職が受け入れられています。例えば総務部といった大雑把な単位ではなく、経理・法務・財務など専門性単位で求められています。

そのため転職したくともなかなかお目当ての求人に出会えないこともあります。また転職してからも、転職時のポジションでキャリアパスがある程度決まってしまいます。

決められた時間の中で結果を出すことが評価される

これは労働の基本ではありますが、日本では残業してでも結果を出したほうが良いと考えられていることがあります。

それに対して外資系では定時内で素早く結果を出すことが求められています。残業は極力少なくするほうが評価が高いこと多いです。

日系企業では残業をすることが美徳とされていることもあります。外資系ではそのような文化はほぼありませんのでギャップを感じることもあるかもしれません

②IT系企業

IT系企業でも英語力は問われるようになっています。意外かもしれませんが転職先の候補におすすめしたい企業の一つです。

IT系企業にも色々な人が働いています。皆さんがイメージするのはプログラマーやSEかもしれませんが、実際にはそれ以外の人も多数居ます。

それ以外の人には海外企業との交渉や契約を担当する人も居ます。海外の法律に詳しいことが求められている人も居ます。つまり、英語力が求められている人が居ます。

日本もIT産業は栄えていますが、海外ではさらに大きな市場があります。もはやIT業界は日系企業だけでは仕事ができない状況にもなりつつあるのです。

それ以外にも、ITの分野は海外が進んでいる部分もあります。そのような情報を正しく集めるためには、英語の資料などを読み取って社内に展開しなければならないこともあります。

そのような状況が生まれていることで、IT企業では急速に英語力のある人材を転職で確保しています。ここ2-3年で急激に増えてきた印象があります。

「自分はITは分からないため転職には関係ない」と考えているかもしれません。しかし、実際にはITの知識が無くとも英語力で転職できて、なおかつ活躍できる可能性もあります。

IT企業への転職時には会社規模も意識する

最近はベンチャー企業などIT企業には小規模なところから大規模なところまで非常に多くの種類があります。そのため転職時には会社規模も意識しておきましょう。

一概には言えませんが、小規模な会社へ転職すると英語の仕事が全て自分に降りかかる可能性もあります。増員ではなく押し付けになってしまうのです。

そうなるとせっかく英語の仕事ができても働く環境は転職前より悪化してしまう可能性があります。総合的にはマイナスになりかねません。

そのようなことを避けるためにも、転職時には会社の規模を確認しておきましょう。また可能であれば英語ができる人材の有無も確認してみましょう。

③商社や貿易会社

日系企業でも英語を活用したいのであれば商社や貿易会社への転職をおすすめしています。

商社や貿易会社は皆さんのイメージ通り海外と取引をする仕事が中心です。つまり英語を利用して仕事をすることが日常業務であると考えられます。

もちろん日系企業であれば社内では日本語で話すことが多いです。そのため仕事の全てを英語で進めるのではなく、転職しても英語は海外とのやり取りだけになる可能性もあります。

商社や貿易会社では海外への派遣や出張も考えられます。こうなると逆に英語だけで仕事を進めることが求められます。日本語を使うのは本社への報告のみということもありえます。

商社も貿易会社も会社の規模は様々です。有名な大手企業から、中小企業から幅広いです。つまり転職先の選択肢が幅広いです。

また、それぞれの企業で取り扱っているものも異なります。総合商社から専門的なものだけを取り扱っている企業まであります。

自分が興味あることと、自分のスキルにあった企業を選択しやすいという観点から商社や貿易会社への転職もおすすめです。

④通訳・翻訳会社

総合的な英語力に自信がある場合には、通訳や翻訳会社への転職がおすすめです。どちらも基本的には高い英語力が求められています。

これらの企業は高い英語力は求められますが社内は日本語で会話することが多いです。あくまでも、お客様から依頼があった部分に対して英語力を発揮します。

そのため、日ごろから英語を使うことにはなりますが、常時英語を使いながら勤務することは少ないです。

翻訳会社であれば依頼があったものを黙々と翻訳していることもあります。複数人でやることもありますが、個人で英語に触れ合いながら仕事ができることもあります。

通訳も翻訳も企業によって扱っているものが異なります。契約書など法的なものを扱っていることもあれば、セミナーなど比較的カジュアルなものを扱っていることもあります。

通訳や翻訳の場合には、英語力のほかに専門的な知識求められていることも多いです。日本語も英語も単語を知らなければ仕事をすることができないからです。

逆に言えば自分の専門性の高い部分かつ英語力も高ければ活躍できるチャンスが広がります。高い語彙力など求められる英語力は4つの中でも特に高いですが、最も英語を活用する仕事でもあります。

英語は入社後に伸ばせばよいとの考え方もある

上記で紹介した企業はある程度の英語力を持って転職することを想定しています。今、英語が使えるため仕事に活用したい人が想定です。

しかし企業の中には少しずつ英語に対応していくことを考えているところもあります。そのため英語に関しては即戦力ではなくても良いとの考え方もあります。

この場合には英語以外のスキルがまず転職の条件を満たしているかが判断されます。日本語であれば即戦力になれるかどうかです。

その後、業務の一環や業務外で英語力を高めてもらえたらよいと考えられていることもあるのです。この場合、転職時は英語力が高くなくとも転職が成功することがあります。

英語を活用できる転職先の見つけ方

転職後に英語を使いたいのであれば、英語が使えるような求人を探さなければなりません。ただ、意外と英語を使う求人はスムーズに見つかりません。

それではどのようにして転職先を見つけるのが良いのでしょうか。おすすめ順にご説明していきます。

転職エージェントに紹介してもらう

英語を活用したいのであれば転職エージェントに求人を紹介してもらうのが一番です。これが最も失敗の少ない方法です。

転職エージェントとは転職のサポートをしてくれるサービスです。条件やスキルなどを伝えることで、自分にあった求人を探して紹介してもらうことができます。

転職で自分の条件やスキルにあう求人を見つけるのは時間のかかる作業です。現職を続けながら転職活動をする人には大きな負担がかかります。

しかし、転職エージェントを利用していればこの手間から解放されます。また、求められている英語力のミスマッチも減らすことができます。

英語に関連する求人ではどのような英語力が求められているかが分かりにくいこともあります。転職エージェントを利用すれば、その点のすり合わせまでしてくれるので転職がスムーズに進みます。

転職サイトで検索する

自分で求人を探したい場合には転職サイトで検索をしてみましょう。転職サイトでは英語を活かせる求人を特集していることもあります。

転職サイトで自分で検索すると、自分で求人の詳細を知れるメリットがあります。エージェントに依頼すると限られた求人しか紹介されませんので比較したりできません。

自分で求人を比較すると、どのような英語力が求められているか、どの程度の年収などかを自分で知ることができます。そもそも自分が考えるような転職ができるかも知れます。

自分で検索しますので、エージェントに依頼するよりも時間は必要です。ただ、その分思いもよらぬ求人と出会える可能性もあります。

目当ての企業で英語の求人が出るのを待つ

企業によっては転職サイトではなく自社で求人を出していることがあります。ここに英語に関連する求人が出るのを待つ方法もあります。

この方法は転職したい企業が決まっている場合にのみおすすめします。求人が出るまでに時間が掛かることもあるからです。

また、企業によっては英語に関連する求人が出ないこともあります。強いこだわりがある場合には、転職エージェントを利用して一旦は違う職種で転職してみるのも一つの手段です。

英語力を活かして年収アップ!おすすめ転職エージェント3選

英語を利用した転職をする場合には転職エージェントを利用するのが一番です。ただ、転職エージェントによって英語の利用を得意としている場合とそうではない場合があります。

具体的にはどの転職エージェントを利用すると良いのでしょうか。英語の転職で利用したい転職エージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

英語が使えることはこれから転職でさらなる強みになっていきます。今まで以上に転職で英語力が問われるようになるはずです。

また、今現在英語ができなくとも、英語への向上心があれば転職できることも増えると思われます。それだけ英語力は大きな力となりえるのです。

英語力を身に付けることで自分が活躍できる幅も広がります。転職を見据えて高い英語力を持てるように意識してみましょう。