岡山へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

岡山県で転職したいです。転職を成功させる方法や気をつけるべきことなど、教えてください!
岡山県を始めとした地方転職では、「転職エージェントの活用」が不可欠です。岡山県に特化した転職エージェントも含めて、最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました!
この記事では、そんな岡山県への転職方法について詳しくご紹介しています。転職する際の注意点についても触れているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

地方から東京や大阪に就職して、都会の喧騒やラッシュに疲れてしまった人はどのくらいいるでしょうか。できれば転職して実家に帰りたい、そう思っている人は多いのではありませんか。

最近ではUターンやIターンといった地方に転職する人も増えてきているようで、これを機にあなたも静かで穏やかな地方への転職を検討してみてはどうでしょうか。

今回は地方都市『岡山県』への転職に的を絞り、岡山の主要産業や転職市場、おすすめの転職エージェントなどを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職する前に知りたい!岡山県の転職市場・地域性は?

岡山県に転職を考えるのであれば、まずは岡山の転職市場や地域性について知っておく必要があります。以下にその特徴や産業などについて紹介していきます。

岡山県の平均年収

厚生労働省の平成28年度都道府県別賃金表を見てみると、全国平均額が304千円であったのに対して、279.5千円と、平均よりも20.9千円安いという結果となっていました。

これは47都道府県中21位と全国規模で考えると少しだけ高いくらいで、近隣の島根県が248.6千円、鳥取県が249.1千円に比べると高く、しかし広島県287千円に比べると低いという結果となります。

しかし岡山の最低賃金は807円と、全国平均額が874円に対して67円安く、全国23位という結果であることから考えても、全国的にそれほど低くはないと考えられます。

岡山の男女別平均給与

続いては岡山県の男女別の平均給与を見ていきましょう。平成28年度の岡山県の賃金・労働時間・雇用の動きによれば、男女別の平均給与は以下のようになっています。

男性女性
5人以上の事業所386.460円217.117円
そのうち30人以上の事業者426.695円251.810円

全体としてみると、事業所の規模を問わず、男性の方が平均給与が高い傾向にあります。

しかし実労働時間や勤務日数を見てみると、女性は男性に比べて平均で2日ほど勤務日数が少なく、労働時間も月で35時間ほど少ない傾向にありました。

産業別の平均月収

岡山県の毎月勤労統計調査月報によると、岡山県の産業別平均月収は以下のようになっています。

建設業351.199円製造業313.952円
電気・ガス業443.202円情報通信業337.795円
運輸業、郵便業258.79円卸売業、小売業173.817円
金融業,保険業421.875円学術研究等293.020円
飲食サービス業等114.784円生活関連サービス等164.064円
教育・学習支援業294.536円医療・福祉281.834円
複合サービス事業284.098円サービス業205.022円

岡山県は電気・ガス業がもっとも月収が高い443.202円、逆に卸売・小売業がもっとも低い173.817円という結果となりました。

このうち全国の平均月収304千円を上回る産業は、建設業・製造業・電気・ガス業・情報通信業・金融業・保険業のみとなっています。

岡山で給与の高い産業への転職を考えているのであれば、この7つの産業に狙いを定めて転職してみてはいかがでしょう。

産業別の平均労働時間

今度は産業別の平均労働時間についてみていきましょう。上記同様に岡山県の毎月勤労統計調査月報によれば、岡山県の常用労働者の平均労働時間・勤務日数は以下のようになっています。

産業別の勤務日数

建設業20.7日製造業19.6日情報通信業18.8日運輸業・郵便業19.7日
卸売業,小売業18.7日金融業,保険業19.0日学術研究等18.1日
飲食サービス業等16.1日生活関連サービス等18.0日教育・学習支援業15.8日
医療,福祉18.8日複合サービス事業18.5日サービス業18.3日

産業別の総実労働時間

建設業172.7時間製造業168.8時間情報通信業156.2時間運輸業・郵便業163.8時間
卸売業,小売業132.4時間金融業,保険業148.0時間学術研究等154.6時間
飲食サービス業等101.4時間生活関連サービス等133.0時間教育・学習支援業112.2時間
医療,福祉141.3時間複合サービス事業144.1時間サービス業143.7時間

岡山ではもっとも労働日数・時間が多い建設業でも、月の平均が20日強、1日の平均時間が8時間強という結果となりました。これは全国平均の7時間45分に比べると、30分ほど長い時間です。

しかしその他の産業を見てみると、平均的に7時間~7時間半程度と全国平均よりも少なめなところも多く、全体的にみても岡山は労働時間が多いというわけではないようです。

岡山県の求人倍率

続いては岡山の求人倍率についてみていきましょう。求人倍率は職を見つけやすいかどうかを示す数値ですので、コレが低いと転職は難しくなります。

独立行政法人労働政策研究・研修機構によれば、2018年9月時点での岡山県の求人倍率は1.99と全国平均の1.64よりはだいぶ高く、全国6位という結果となっていました。

これは隣の広島県が2.14であるのに比べると若干見劣りしますが、広島県は全国でも2位と東京に次いで倍率が高いことを考えると、仕方がないことでしょう。

岡山の有名企業・メーカー

岡山県は地方にあって非常に発展した都市であるためか、岡山に本店を置く有名なメーカーや上場企業などは数多く存在します。代表的なものとしては以下のような企業があります。

東証一部

  • 大黒天物産株式会社
  • 株式会社サンマルクホールディングス
  • 株式会社ベネッセホールディングス
  • 株式会社中国銀行
  • 倉敷紡績株式会社

JASDAQ

  • ミサワホーム中国株式会社
  • 株式会社大本組
  • 株式会社岡山製紙
  • 株式会社テイツー

他にもオハヨー乳業やカバヤ食品、山田養蜂場といった食品関係の大手や有名な企業も籍を置いており、地方都市の中では企業数が多い都市のようです。

岡山の主要産業

岡山県のホームページによれば、岡山県では金融・情報・行政などの第三次産業がもっとも多く、全体の60.4%にも及びます。また全国的にみると第二次産業が少し高めの32.4%となっています。

第三次産業でも特に比率が高いのがサービス業・不動産業・卸売り業で、その中でもサービス業は18.6%と最大でありました。

第二次産業で見てみると、製造業が最も多い26.8%、建設業は4.4%とそれほどでもないようでした。岡山の主要メーカーに製造業が多いことからも、岡山の主要産業は製造業といえるでしょう。

岡山の求人傾向

大手転職エージェントである『マイナビ』や『DODA』『リクルート』といった求人サイトを中心にみてみると、岡山での求人傾向は以下のようになっていました。

  • 建築業や電気整備、製造業の求人が全体として多い
  • 正社員の割合が多く、契約社員の10倍前後
  • 技術職の応募数が多い

岡山県は製造業が主要産業であるためか、全体として製造業や建築関係の企業からの求人が多くみられました。

また募集求人の中でも技術職の応募数が多く、その中でも『電気』『機械』『科学』『エンジニア』『工場』『プラント』などが特に目立っています。

逆に公的業務や事務・アシスト系の求人は少なく、また正社員応募の求人が契約社員に比べてかなりの件数見られたのが特徴的です。

岡山では技術職への転職や、工場・機械系の職は多いようでしたが、逆に事務職などのデスクワーク系は、エンジニアを除くとあまり見られませんでした。

岡山県で転職するメリットは?

岡山県で転職するメリットとして、以下のものが挙げられます。

物価が安い

総務省の小売物価統計調査の中には、地域間の物価水準差を示す『消費者物価地域差指数』というものがあります。これは平均値を100として、物価が平均より高いか安いかを表す指標のようなものです。

これによれば、2017年の消費者物価地域差指数で岡山県は98%強と平均よりも低く、全国で17番目に物価が安い地域であることが記載されていました。

食料や日用品の買い物は、生活をしていくうえで欠かすことのできないものです。物価が安ければ日々の生活費も安く済ませることができ、貯蓄などもしやすくなります。

家賃が安い

全国賃貸管理ビジネス協会の2015年調査によれば、岡山県の平均家賃相場は43.609円であり、これは東京都が71.352円であるのに比べると相当安いことが分かります。

同調査によると全国の平均家賃相場は48.999円で、岡山県は平均相場よりも5.000円以上安く、全国的に見てみると30位と言う結果となりました。

もちろん家賃は部屋の大きさや間取り、建築年数や設備によっても変わってくるので一概には言えないかもしれません。

しかし岡山は地方都市の中でも大手企業が多く発展している都市なので、その中にあって家賃を安く済ませられるというのは魅力的だといえます。

求人が多く転職がしやすい

岡山は中国地方の中心である都市で、上記したように多くの上場企業や大手企業の本社が存在します。また求人倍率も高く、転職がしやすいのも先ほど挙げたとおりです。

また求人数も非常に多く、例えばマイナビでの地域別求人数では600件以上と中国地方では広島に次いで多く、DODAの毎週更新する公開求人のなかでも1300件と、なかなかの数の求人が存在します。

地方は仕事が少ない、という話をよく耳にしますが、少なくとも岡山県に関しては求人数も多く、また求人倍率も高いため転職もしやすいといえるでしょう。

人口が多く都会的だがごみごみしていない

2018年の国勢調査によると、岡山県の人口は1.899.739人と、全国で20番目に多いという結果になりました。地方都市の中では人口は多いほうだといえる数字でしょう。

また2018年の都道府県別魅力度ランキングでは34位と決して高くはありませんが、前年度に比べると順位が上昇していて、将来性が期待できます。

実際に岡山に転職している人の口コミなどをみても、岡山はそこそこ都会なので生活に不便はなく、しかし東京や大阪のような大都市ほどごみごみしていないという声を多く目にしました。

大都市の喧騒に疲れてしまったが、いきなり田舎に転職するのは不安な人や、ある程度の便利さや都会の生活が欲しい人には『ちょうどいい』具合なのでしょう。

晴れが多い、通勤が楽、その他

その他岡山に転職した人の口コミなどをみると、岡山は『本当に晴れが多くて洗濯がしやすい』『電車が混まないので通勤が楽』『子供OKのお店が多いので子供連れに優しい』などの声が多く見つかりました。

岡山県は大企業が多く仕事もある、店も多く電車などの交通が便利という『都会の良さ』と、ごみごみしていない、子供が過ごしやすい、余裕があるという『田舎の良さ』の2つを併せ持つのが魅力です。

中国地方でこのような『ちょうどいい都会』に住みたいと考えているのであれば、岡山は最適な場所と言えるでしょう。

岡山で転職する際の注意点は?

続いては岡山県で転職をするさいの注意点について紹介していきます。岡山で転職を考えている人は、しっかり確認しておいてください。

年収が下がる可能性がある

岡山に転職するさいに最初に気を付けてほしい点は、年収が低くなる可能性があることです。上記したように、岡山の平均賃金は全国平均に比べると安く、特に東京と比べると10万円近く異なります。

もちろん勤める企業によっては年収が変わらない場合も、ことによっては年収がアップすることもあり得ますが、平均の賃金が低いということは、高くなる可能性もまた低いということです。

岡山は物価や家賃が安いため、総合的にみると手元に残る金額は変わらないかもしれませんが、勤める企業や場所によっては年収がガクっと下がる危険性もあることを留意しておきましょう。

待機児童の数が多い

これは特に子連れの人や岡山で家庭を持つことを考えている人に注意してほしいことなのですが、岡山は全国的にみても待機児童の数が多い地域なのです。

厚生労働省によれば、2018年度の岡山市の待機児童の数は明石市に次いでワースト2位という結果になっています。これは2016年度から変わっておらず、現在の待機児童の数は551人にも昇ります。

独身で過ごしている人にはあまりピンとこないかもしれませんが、これから岡山で結婚して家庭を持つことを考えている人は知っておくべき問題でしょう。

前年度に比べると、待機児童の数は減ってきているですが、やはりまだまだ多いのが実情です。小さな子供を持つ家庭や共働きを考えている家庭では、確実にネックとなる要素です。

都心の華やかさがない

岡山は中国地方では発展した都市ではありますが、やはり東京や大阪といった大都市に比べてしまうと見劣りしてしまうのは事実です。

東京から岡山に転職した人の口コミでは、やはり東京ほど刺激はなく、またコミュニティも少ないため、個性的な人が楽しめるような空間はないとのことでした。

もちろん大都会である東京や大阪に比べてしまうと、どこの地方都市も華やかさに欠けることや刺激が少ないのは仕方がないことでしょう。

岡山に転職を考えている人は、東京の刺激や華やかさに未練がないかどうか、もう一度ちゃんと考えてみてください。

情報量が少ない

東京は数多くの大企業や情報・流行の発信地であり、最新の情報からニッチな情報まで幅広い情報を入手することが可能です。

しかし岡山は地方都市であるがゆえに、東京に比べるとそういった情報が入ってくるのが遅いという声を口コミではよく見かけます。

ただしこういった情報の収集はインターネットやテレビ、雑誌といった情報媒体から入手することは十分可能なので、本人にやる気があればその限りではないでしょう。

東京は能動的に調べなくても、周囲から情報が入ってきやすいですが、普段から情報を収集する癖がなく、また情報の取入れを周囲の環境に依存している人は岡山では能動的に動く必要があるでしょう。

岡山での転職を成功させる方法3つ

岡山での転職を成功させるために、おすすめの方法を3つ紹介していきましょう。

岡山の転職市場を入念チェック

岡山へ転職したいのであれば、当然のことながら岡山の転職市場のチェックは欠かせません。例えば上記したような『技術職の応募が多い』『電気・ガス事業の年収が高い』といった具合です。

いくら岡山の求人倍率が高いといっても、ろくな下調べもせずに転職してしまったら、『入社した企業がブラックだった』なんてことになりかねません。

岡山では求められる人材やスキルは何か、自分の希望とのミスマッチはないか、希望する企業の下調べなど、出来る限りの情報収集と自己分析は行うようにしましょう。

岡山の就職制度や活動を知ろう

次に知っておいてほしいのが、岡山県で行われている制度についてです。例えば今の岡山では離職した若者向けの再雇用促進や、Uターン・Iターン促進などの活動を行っています。

こういった活動内容や、それに参加する企業の情報などを知っておけば、岡山での転職活動もより有利に進めることができるでしょう。

岡山県のホームページをみれば、そういった情報は手に入りますし、岡山に転職したい人向けの説明会なども開催される可能性も十分あり得ます。

岡山での転職を成功させたいのであれば、できるだけ広くアンテナを張っておくべきでしょう。

転職エージェントへの登録

最後におすすめするのが、この転職エージェントや転職フェアなどを利用する方法です。転職活動は新卒での就職活動とは求められるものも振る舞いも異なります。

転職エージェントは今までに数えきれないだけの転職活動に携わってきたプロ集団です。1人で奮闘するよりも、プロの手を借りたほうが良い結果を生むのは当然でしょう。

また岡山のような地方都市では、転職フェアなどが定期的に開催されることもあるので、そちらも利用してみると良いでしょう。

転職フェアは参加している企業の特色や求める人材などを知るには便利ですが、具体的な転職活動の方法や内定の狙い方などは、やはり転職エージェントの方が頼りになります。

岡山で転職を狙うのであれば、転職エージェントへの登録と活用が必須になると考えてまず間違いないでしょう。

岡山の求人に強い転職サイト・エージェント4選

岡山に転職を考えるならエージェントへの登録が必須なのは上で述べたとおりですが、実際にはどんなエージェントを選べばよいのでしょうか。

ここからは岡山の転職におすすめのエージェントを『総合型』『業界特化型』『地域密着型』のタイプ別に紹介していきます。

『総合型』はどんな人にもおすすめできる万能型のエージェント、『業界特化型』は特定の業種・年齢の求人の特化したタイプ、『地域密着型』では岡山の求人を中心に扱っているエージェントを意味します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

登録する(無料)

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

岡山の企業に転職したいならココ!オカジョブキャリア

名前の通り岡山の企業や人材紹介との関係が深く、岡山に精通している転職エージェントがオカジョブキャリアです。

創業より岡山に地域密着している転職エージェントであるため、なによりもまず岡山の求人はたくさん見つかるので、岡山の求人を探すのに非常に心強い存在です。

オカジョブは地域密着型であるがゆえに、使用した人や口コミが見つけにくかったですが、調べた結果以下のような口コミがみつかりました。

  • 岡山へのUターン・Iターンを叶えられた
  • 第二次産業への転職や職替えに強い

全体の口コミ数が少ないため、実際にサービスそのものの評価までは分かりにくかったですが、少なくとも悪い評判や口コミはあまり見かけないのが特徴でした。

登録する(無料)

最後に

岡山への転職におすすめのエージェントの紹介は以上になりますが、どのエージェントにもそれぞれ特徴があり、一長一短なところがあります。

ただ岡山に転職できればどこでもいい、という人ならばまだしも、岡山で『自分の希望する職に就きたい』と思っている人は、できるだけ多くのエージェントに登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるので、わざわざひとつに絞る必要はなく、もしも登録したエージェントが悪質な場合であっても複数登録しておけばすぐに見分けることができます。

複数のエージェントを活用することは、より良い求人や指導を受けられる可能性を増やすだけでなく、そういった危険から身を守ることにもつながるのです。