転職エージェントは無職でもOK!ニートやブランクがある人必見の活用法

転職エージェントを利用したいけれど、「無職に求人を紹介してくれるのかな?」と不安に感じている人も多いでしょう。無職だったり、働いた経験がなかったりすると仕事を探すのも気が引けてしまいます。

しかし、無職だからこそ転職エージェントをうまく活用しましょう。

この記事では、無職でも安心して仕事を見つけられるように、転職エージェントの具体的な活用法や面接の対処法、おすすめの転職エージェントを紹介します。無職だからといって不安になることはありません。

是非参考にしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職エージェントは無職でも怖くない!ケース別・おすすめの活用法

転職エージェントは、未経験者や無職でも転職が成功するようなサポート体制を敷いています。仕事を探すのが初めての人でも、心配しなくても大丈夫です。

ここでは、ケース別に転職エージェントの活用法を4つ紹介します。

転職エージェントの活用法①ニートの場合

ニートから転職を成功させるポイントは、自分にあった求人を紹介してもらうことです。そのため、転職エージェントを利用する前に自己分析を行い、自分の強みを伝えられるようにしておきましょう。

転職エージェントは、たくさんの求人の中から応募者にあった求人を選んでいます。担当者にあなたのことを理解してもらわないと、求める条件の求人を提案してもらえない可能性があります

エージェントには、希望する職種だけではなく、あなたの性格や特技など、あなたのことを理解してもらうためになるべく多くの情報を伝えましょう。

担当者からしても、あなたに関する情報が多いほど企業にもアピールしやすくなるので、自分では強みとは思っていない些細なことも担当者に伝えましょう。

転職エージェントの活用法②ブランクが長い人の場合

転職でブランク(離職期間)の長さはマイナスポイントになります。離職期間が長いと、その背景や理由に疑念を持たれ、スムーズに社会復帰できるか心配になるためです。

ブランクの長い人が転職を成功させるためには、転職エージェントの担当者に自分が過去に経験した仕事内容を細かく伝えることが重要です。

採用する企業も、求職者のキャリアや実績、資格が十分であればブランクを重く見ることはなくなります。

転職エージェントは、あなたの職歴に合った求人を探すだけではなく、企業の採用担当者にもあなたのことをアピールします。

あなたに十分なキャリアや資格などがあれば、転職エージェントもアピールしやすく、書類審査も有利になるでしょう。

転職エージェントの活用法③30代・40代無職の場合

無職からの転職は、年齢が上がるにつれて不利になることを自覚しましょう。30代、40代で無職の場合、なるべく短期間で転職活動を行うのが成功に近づくポイントです。

そのためには、複数の転職エージェントを利用し、担当者とマメに連絡をとるのが有効です。転職エージェントは自社から転職をさせたい思いがあるので、ライバルの存在がいると優先して対応してくれることがあります。

マメに連絡をとることで、転職意欲の高さもアピールでき、早い段階で企業との面接まで奨める可能性が高まります。

無職の30代や40代は転職に不利なことも多いですが、転職エージェントを利用することで、テンポよく転職活動が進みます

転職エージェントの活用法④主婦の場合

「結婚をきっかけに退職したけれど、また正社員としてバリバリ働きたい」「まだ子供が小さいから子育てと両立できる仕事を希望している」という主婦の方は、転職エージェントが保有する非公開求人をうまく利用しましょう。

子供が小さいうちは転職に困難も多く、自分の生活スタイルに合った条件の企業を探すのは大変です。転職エージェントには、ハローワークに載っていない非公開求人があるので、自分に合った企業を見つけやすくなるでしょう

勤務時間などの条件交渉も担当のアドバイザーが代行してくれるので、自分で要望を伝えるのが苦手な方も、自分に合った条件の仕事を厳選できます。子供が小さくて交渉の時間がとれない場合にも有効です。

転職エージェントに面接で「無職期間」を聞かれるのが怖い人の対処法

無職期間があると、ほぼ間違いなく「働いていなかった理由」を面接で聞かれます。ここできちんと答えられないと、企業の印象も悪くなるので注意してください。

ここでは、面接の成功率を上げるための具体的な対処法を紹介します。

無職期間があっても答え方で乗り切れる!

無職期間に対する質問は、答え方のコツがあります。コツを身につければ、面接の成功率がアップするので覚えておきましょう。

無職期間があるだけで企業は「仕事が嫌になったら辞めるのではないか」と不安を感じます。企業は中長期的に活躍してくれる人材を求めています。働く意欲がないと判断されないように発言には注意しましょう。

無職期間が長いとマイナスポイントにはなりますが、それを補う熱意や、明確な理由があれば問題ありません。資格取得など、無職期間に取り組んでいたことがあれば武器にもなります

病気やケガで働けなかった場合も、完治したらすぐに転職できるように実践したことがあれば印象もいいでしょう。大切なのは、無職期間のマイナスイメージをプラスに変えることです。

ニートが面接で「無職期間」を説明する場合

ニートの場合は、まず無職でいた理由を正直に話してください。たとえ理由が「働きたくなかった」であってもウソをついてはいけません

面接官は多くの人を見てきた「人を見るプロ」なので、噓は見破るでしょう。企業側はあなたが働いていない期間があるのを知ったうえで面接をするので、下手なウソよりも働く意欲を見せることが何よりも大切です。

面接では「ニートでいた過去を反省しています」や「これからは自分に自信を持てるように働きたい」と、意欲と前向きさをアピールしましょう。

ニートの期間を悲観せず、自信を持って面接に挑みましょう。ハキハキとした話し方、自信のある態度で接し、「働いていない過去」を感じさせない印象を与え、面接官の不安を払拭しましょう。

新しい目標に向けて働くんだという熱意を示し、明るい未来をみせることで「この人は自分を変えたいんだ」と面接官に気持ちも伝わるでしょう。

ブランクが長い人が面接で「無職期間」を説明する場合

働いていない期間が長い場合は、面接官に理由を伝えましょう。仕事が出来なかった理由、しなかった理由をしっかり説明できれば、評価がマイナスなることはありません

例えば「アルバイトで十分に稼いでいた」や「資格をとるために勉強していた」などの理由があるなら、離職期間が長くてもそこまで評価が下がることはないでしょう。働く意欲があったことを証明する具体的な資格や、アルバイトでの業務内容次第では高評価にも繋がります。

他にも怪我や病気なども理由として十分ですが、今は問題なく働けることを説明しなくてはいけません。長い間働けなかった病気や怪我なので「また働けなくなる可能性がある」と判断される恐れもあります

面接官を不安に思わせないよう心がけましょう。

30代・40代無職の人が面接で「無職期間」を説明する場合

30代、40代の無職は、明確な理由がない限り印象が悪いです。面接官も「働き盛りの年代なのに、なぜ無職なんだ」と疑問をもって接してくるでしょう。

仕事を辞めた理由がキャリアアップのためと答えるのがベストですが、具体的なキャリアプランを説明しなければなりません。中途半端な理由では信憑性に欠け、信用してもらえません。

「介護離職」は近年、社会問題になるほど離職期間が長引く理由で、企業側も家庭のことは深く追及してきません。ただし、入社後の家族構成の申告などで矛盾が出る懸念もあるので、嘘はつかないようにしましょう。

「前の仕事が嫌になって辞めた」という理由でも「自分の経験を活かせる職場を探すために転職活動をしていた」など、仕事に対する前向きな態度を見せるようにしてください

面接官が「採用したい」と思うような魅力をアピールしていきましょう。

主婦が面接で「無職期間」を説明する場合

主婦に無職期間があるのは一般的なことなので、聞かれた質問に着実に答えれば問題ありません。曖昧な表現や、仕事に対する意欲が感じられない発言は避けて、印象が悪くならないようにしましょう

働く理由は「子供の教育費のため」や「家計を支えるため」など、経済的な理由を正直に申告して構いません。さらに、自信のキャリアプランや生かせる資格などを説明できれば、「働く意欲が高い」と判断されるでしょう。

小学生以下の子供がいる場合は、子供が熱を出したときに「親に預ける」などの対処法を考えておくのが望ましいです。

あるいは、子育て支援制度が充実している企業を重点的に選び、「御社なら仕事と家庭を両立できる」と面接で伝えると、企業研究をよくしている人だと思われ、好印象です。

無職の恐怖から脱却!おすすめ転職エージェント6選

様々な転職エージェントがありますが、扱っている求人数や得意な職種も違います。

ここでは、無職でも登録しやすいおすすめの転職エージェントを集めました。

自分に合ったものを見つけて転職を成功させてください。

おすすめ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは、国内の転職エージェントの中でも「サポート力」に定評がある、転職エージェントです。

徹底的な対面カウンセリングから、書類添削・面接対策まで、丁寧に行ってくれます

無職から転職する際には、まず利用しておきたい転職エージェントです。

オリコンが行った顧客満足度調査でも、パソナキャリアはNo.1に選ばれており、サポートの質も高いことが分かります

ぜひ利用してみてください。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。保有する求人が30万件以上もあり、全国に16ヶ所の面談可能オフィスを構えています

求人数が多いので登録しておいて損はありません。企業からの信頼も厚く、内定をもらいやすいのがメリットです。

36万件以上の転職支援実績を積んできたアドバイザーは、豊富な経験を持っています。無職での転職活動を安心して任せられる心強い存在です

求人数が多ければ、無職でも転職可能な企業が見つかる可能性も高くなります。他の転職エージェントでは見つからない求人も多いので、登録しておくことで、転職の成功率も上がるでしょう。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント③DYM就職

DYM就職

DYM就職は、無職やニート、職歴のない方の転職にも定評のある転職エージェントです。転職成功率が96%と高く、入社後のサポートもしてくれるため、社会人経験のない人も安心して利用できます

5000人以上の人が転職に成功している、実績のある転職エージェントです。求人を掲載している企業の採用担当者や社長との交渉を直接できるので、書類選考なしで面接まで行うことが可能なのがDYM転職の強みです

20代~30代前半の求人が多く、一部上場企業やベンチャー企業などから厳選した2,000社の中から、あなたに合ったものを選んでくれます。

東京本社以外にも東京セミナールームや、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡に営業所があるので、地方の転職にも最適です。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント④ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、未経験でも利用しやすい20代に特化した転職エージェントです。カウンセリング実績60,000件以上、内定率は80%を超えています

カウンセリング場所が全国10ヶ所あるので、地方在住でも利用しやすくなっています。具体的には東京に4店舗、神奈川県、千葉、埼玉、大阪、愛知、福岡です。

20代向けの求人を多く扱っていますが、30代の転職サポート実績もあります。未経験OKの求人を2,300件保有し、フリーターや無職、中卒など幅広い層に対応している点も強みです。

専任のアドバイザーがマンツーマンで親身に対応してくれるので、困ったときに相談しやすい体制を整えています。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント⑤マイナビキャリレーション(女性)

マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは、マイナビが運営する女性におすすめのサービスです

他の転職エージェントとは仕組みが異なり、「無期限の雇用契約を結ぶ、新しい形の派遣社員」です。

派遣社員は派遣会社に「登録」して、一定期間派遣先で雇用されるのが一般的です。これに対し、マイナビキャリレーションは派遣会社に就職する形式を採ります

働き方は、他の派遣社員と同様に企業に派遣されます。登録型との大きな違いは、1つの企業との契約期間が終了して、次の企業に派遣される待機中にも給与が支払われる点です。

登録型では、1つの企業に長く勤めると「派遣切り」や「雇い止め」に遭うリスクがありますが、マイナビキャリレーションはマイナビの社員なのでそのリスクはありません。また、昇給や賞与もあります。

登録型派遣のように様々な企業で働く経験ができるうえ、アルバイトや派遣社員よりも収入が安定している「いいとこ取り」の形態です。派遣先に魅力を感じたら、そこで正社員雇用を目指すこともできます。

対象エリアは東京、神奈川、愛知、滋賀、大阪、兵庫、京都です。

おすすめ転職エージェント⑥未経験歓迎多数!かいご畑

かいご畑は一般的な転職エージェントとは違い、厚生労働大臣認可の介護職に特化した就職支援サイトです。対応地域は全国ですが、タイミングによっては居住地域の求人が出てない場合もあるのでご注意ください。

未経験や無資格の人でも転職できるサポートを行ってくれます。

専任のコーディネーターがあなたが希望する求人を紹介、勤務条件の交渉まで行ってくれるので、わからないことがあった場合の対応も安心です。

取得までに総額20万円以上もする資格を、働きながら無料で取得できるので、無職からのスタート・キャリアアップも無理なく始められる魅力があります。

介護職はこれから需要も増えていき、無職からの転職も成功しやすいので、おすすめです。

転職エージェントは無職こそ使うべき!怖いと避けるのはもったいない

無職からの転職活動は、少しハードルが高くなります。無職の状態から脱して正社員として働きたいのであれば、転職エージェントを利用するほうが転職活動を有利に進められます

就業経験のない状態から仕事を見つけるのは、困難が多く不安になることもあります。希望する条件の会社が見つからないだけでなく、そもそも自分の希望条件すら分からない場合もあります。

1人で転職活動すると、自己分析や求人の検索に時間を要し、転職活動を諦めたくなります。そんなとき、二人三脚で転職を成功に導いてくれる転職エージェントなら、必要な手助けが得られます。

相談、サポート、転職成功まで無料で利用できるので、転職をテンポ良く進めるためにも積極的に使っていきましょう