リージョナルキャリアの評判は?U・Iターン転職に使えるか徹底検証

リージョナルキャリア

リージョナルキャリアの公式サイトには「Uターン・Iターン転職を支援する」と書かれていますが、リージョナルキャリアは本当にU・Iターン転職に使えるのでしょうか?

この記事では、リージョナルキャリアの特徴やサービス内容を紹介し、利用者の評判などを検証して、リージョナルキャリアはU・Iターン転職に使えるのかを明らかにします。

リージョナルキャリアの他に、Uターン・Iターン転職や地方の転職に強い転職エージェントも紹介するので、Uターン・Iターン転職を検討している方は参考にしてください。

※この記事に掲載している求人数は全て2020年2月19日時点のものです。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

リージョナルキャリアの特徴・サービス内容

リージョナルキャリアはどのような転職エージェントで、どういった強みがあるのでしょうか?また、他の転職エージェントとはどういった点に違いがあるのでしょうか?

はじめに、リージョナルキャリアの特徴やサービス内容を紹介します。

リージョナルキャリアとは

リージョナルキャリアは東京都港区に本社がある株式会社リージョナルスタイルが運営しており、北海道から沖縄まで日本全国に23ヶ所の拠点があります。

全国の拠点は株式会社リージョナルスタイルの直営ではなく、その地方を拠点にしているリージョナルキャリアの加盟企業が運営しています。

リージョナルキャリア長野は株式会社エンリージョン、リージョナルキャリア福岡は株式会社ライフサイズ、リージョナルキャリア長野は株式会社リンク・アンビションが運営しており、これらの加盟企業を株式会社リージョナルスタイルが統括しているわけです。

各拠点にはコンサルタントが在籍し、リージョナルキャリアに登録すると、コンサルタントによる転職支援サービスを無料で受けられます。

リージョナルキャリアの拠点一覧

リージョナルキャリアは日本全国に23拠点あり、リージョナルキャリアの拠点がある都道府県は以下のとおりです。

リージョナルキャリアの拠点がある都道府県
北海道地方北海道
東北地方宮城県
関東地方栃木県、群馬県、茨城県、東京都
中部地方新潟県、富山県、石川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
近畿地方大阪府
中国地方岡山県、広島県
四国地方徳島県、香川県、愛媛県
九州・沖縄地方福岡県、熊本県、沖縄県

リージョナルキャリアのサービス①地方求人案件の紹介

リージョナルキャリアの23ヶ所の拠点では、拠点が所在する地方の求人を保有しており、コンサルタントが条件に合致する求人を紹介してくれます。

リージョナルキャリア北海道の公開求人は647件あり、リージョナルキャリア栃木は321件、リージョナルキャリア沖縄は251件の公開求人を保有しています。

リージョナルキャリアの地方求人は、地元企業の経営者から直接オーダーされた独占案件が多いことが特徴で、他の転職サイトには掲載されていない求人が多いです。

リージョナルキャリア全体では12,315件の公開求人があり、リージョナルキャリアの公式サイトで北海道から沖縄までの日本全国の求人を検索できます。

リージョナルキャリアのサービス②転職支援

リージョナルキャリアに登録すると、専任のコンサルタントによる転職支援が受けられ、希望の転職先に入社できるまで徹底的にサポートしてくれます。

リージョナルキャリアのコンサルタントは有資格者が多く、キャリアコンサルタント(国家資格)は35名、2級キャリアコンサルティング技能士は13名、GCDF(米国CCE,Inc.認定)は23名が資格を取得しています。

コンサルタントとの面談は直接面談だけでなく、Skype・FaceTimeによるテレビ面談や電話相談もでき、都市部に在住しながらUターン・Iターンの転職活動をすることが可能です。

転職支援の内容は、求人の紹介や応募書類の添削、模擬面接、面接日程の調整、条件交渉などで、転職を成功に導いてもらえます。

履歴書・職務経歴書ダウンロードが便利!

リージョナルキャリアの公式サイトのトップページには、履歴書と職務経歴書を無料でダウンロードできるサービスがあります。

履歴書・職務経歴書のダウンロードはどなたでも無料で利用でき、ダウンロードしたファイルはMicrosoft Wordでそのまま使えます。

職務経歴書を作成する際に役立つサンプルも同時にダウンロードされるので、職務経歴書の作成の仕方がわからない方でも、サンプルを参考にして職務経歴書を作成できます。

リージョナルキャリアのサービス③転職相談会

リージョナルキャリアは全国の拠点で転職相談会を随時開催しており、どなたでも無料で参加できます。

転職相談会に参加すると、地域・企業に詳しいコンサルタントから地元の転職市場の動向などの話を直接聞くことができ、キャリア相談や転職の進め方のアドバイスなども受けられます。

転職相談会の開催地は東京や大阪の大都市が多く、U・Iターン転職をしたい方は転職相談会に参加すると良いでしょう。

転職相談会は完全予約制で、参加希望者はリージョナルキャリアの公式サイトから予約することが必要です。

履歴書や職務経歴書の持参が必要な場合もあります。詳細は公式サイトでご確認ください。

リージョナルキャリアの評判・口コミは?

リージョナルキャリアを実際に利用した人の評判は、どうなのでしょうか?

ここでは、ネットでのリージョナルキャリアの良い評判と悪い評判を紹介し、評判の内容を公開情報などに基づいて検証します。

リージョナルキャリアの良い評判①地方の求人が多い

リージョナルキャリアの良い評判として、地方の求人が多いことが挙げられます。地方の求人が多い点は、U・Iターン転職をする人にとって役立ちます。

地方の求人が多い理由は、リージョナルキャリアは地方の転職エージェントの連合体であり、地域に密着した転職エージェントが地元の求人を収集しているからです。

地元企業の経営者から直接オーダーされる独自求人が多く、リージョナルキャリアに登録すると、他の転職エージェントでは応募ができない求人にも応募できます。

地元の独自求人に応募できることがリージョナルキャリアのメリットであり、リージョナルキャリアに登録すると、U・Iターン転職に成功する可能性が高まるでしょう。

リージョナルキャリアの良い評判②U・Iターン転職をサポートしてくれる

リージョナルキャリアはコンサルタントの質が高いと評判で、専任のコンサルタントがU・Iターン転職を徹底的にサポートしてくれます。

リージョナルキャリアのコンサルタントは国家資格保有者が多いうえ、担当する地方の転職市場の事情に精通し、U・Iターン転職をする際に良いアドバイスを受けられます。

リージョナルキャリアは都市部に居住しながらU・Iターン転職のサポートが受けられる点も高く評価されており、リージョナルキャリアを利用すると都市部で働きながらU・Iターン転職を実現できます。

ただし、コンサルタントとの相性が合わないこともあるので、他の転職エージェントにも登録しておくことをおすすめします。

リージョナルキャリアの悪い評判①求人数が少ない

リージョナルキャリアは地方の求人が多い一方、大手の転職エージェントと比べると求人数は少なく、希望に合致する求人が見つからない場合があります。

リージョナルキャリア全体では12,315件の公開求人がありますが、大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは200,000件以上と16倍の求人数を保有しており、大手と比べると求人数の差は歴然です。

地方の求人も大手転職エージェントと比べると少なく、北海道の求人はリージョナルキャリアが657件、リクルートエージェントは3,919件で、リクルートエージェントの方が6倍近く多いです。

他の地方も同様で、福岡県の求人はリージョナルキャリアが699件に対して、リクルートエージェントは6,197件もあります。

転職エージェントは複数登録しても問題ありません。リージョナルキャリア1社だけに頼らず、大手の転職エージェントも併用して、より多くの求人の中から希望に合致する求人を探しましょう。

リージョナルキャリアの悪い評判②都市部の求人が少ない

リージョナルキャリアの悪い評判として、都市部の求人が少ないことが挙げられます。

リージョナルキャリアは都市部の居住者が地方にU・Iターン転職をするための転職エージェントであり、都市での転職を主な目的とする転職エージェントではありません。

東京や大阪、名古屋などの大都市にもリージョナルキャリアの拠点はありますが、東京都の求人数は283件、大阪府は771件、愛知県は1,347 件です。

大手の転職エージェントのパソナキャリアだと、東京都の求人数は19,736件、大阪府は3,735件、愛知県は3,270件で、都市部の求人はリージョナルキャリアよりも圧倒的に多いです。

リージョナルキャリアは東京の求人が非常に少なく、東京で転職する人には向いていないと言えるでしょう。

東京や大阪、名古屋などの大都市にある会社に転職したい場合は、リージョナルキャリアではなく、大手の転職エージェントに登録することをおすすめします。

リージョナルキャリアの悪い評判③第二新卒など20代の求人が少ない

リージョナルキャリアは30代以上の求人が中心で、第二新卒など20代の求人は少ないです。

リージョナルキャリア全体の求人数12,315件のうち、第二新卒の求人は75件しかなく、第二新卒の方はリージョナルキャリアはあまり向いていません。

そもそも、第二新卒の求人は都市部でも少なく、地方だと第二新卒の求人が都市部よりも少ないのは致し方ないでしょう。

第二新卒の求人は、大手転職エージェントのリクルートエージェントだと14,414件もあります。第二新卒の方は、リクルートエージェントのような大手の転職エージェントに登録することをおすすめします。

また、リージョナルキャリアは未経験歓迎の求人も少なく、未経験歓迎の求人は12,315件のうち698件しかありません。

リージョナルキャリアは30代以上で一定のキャリアがあり、これまでのキャリアやスキルを活かして地元にU・Iターン転職をしたい人には向いていますが、第二新卒や未経験者には向いていないと言えるでしょう。

リージョナルキャリアよりおすすめの転職エージェント3選

リージョナルキャリアはU・Iターン転職をするのに有効ですが、リージョナルキャリアよりもおすすめの転職エージェントはいくつか存在します。

U・Iターン転職をする際は、次に紹介する転職エージェントに登録することを強くおすすめします。

①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは先に少し触れましたが、日本を代表する大手の転職エージェントであり、求人数や転職支援の内容は抜群に優れています。

パソナキャリアの求人数は40,790件もあり、リージョナルキャリアの求人数12,315件よりも圧倒的に多いです。

公開求人40,790件の他に、転職サイトや求人情報誌には掲載されていない非公開求人が数多くあり、パソナキャリアに登録すると非公開求人にも応募できるようになります。

パソナキャリアは転職後の年収アップ率が高く、利用者の67.1%の方が年収アップを実現しています。

U・Iターン転職をして年収アップを実現させたい方は、パソナキャリアへの登録をおすすめします。

②リクルートエージェント

リクルートエージェントは先ほど紹介したように求人数が圧倒的に多く、172,456件の公開求人と、163,457件の非公開求人を保有しています。

リージョナルキャリアの求人数は12,315件ですので、リクルートエージェントの求人数がいかに多いのかがわかります。

非公開求人が特に多いことがリクルートエージェントの強みで、リクルートエージェントに登録すると172,456件の公開求人だけでなく、172,456件の公開求人にも応募できます。

数多くの求人の中からU・Iターン転職が可能な求人を検索でき、キャリアアドバイザーが勤務地や年収などの条件に合致する求人を紹介してくれます。

③クリエ転職ネット【中国・四国】

クリエ転職ネットは、中国・四国地方のU・Iターン転職に特化した転職エージェントで、中国・四国地方にU・Iターン転職をしたい方に最適です。

求人数は2,826件あり、香川県の求人数は644件、愛媛県は463件、徳島県は253件の求人が寄せられています。

リージョナルキャリアの求人数は、香川県は536件、愛媛県は322件、徳島県は151件ですので、クリエ転職ネットの方が求人数は多いです。

クリエ転職ネットは第二新卒の求人が多く、中国・四国地方の第二新卒の求人は703件もあり、リージョナルキャリアの第二新卒の求人数75件よりも圧倒的に多いです。

中国・四国地方にU・Iターン転職をしたいと考えている第二新卒の方は、クリエ転職ネットに登録すると良いでしょう。

リージョナルキャリアのまとめ

リージョナルキャリアは地方の独自求人が多く、コンサルタントの質も高いので、U・Iターン転職に十分使えます。

しかし、リージョナルキャリア1社だけに頼ってU・Iターン転職するのは禁物です。

リージョナルキャリアは求人数が少ない弱みがあり、弱みを補うためには求人数が豊富な転職エージェントに登録することが必要です。

この記事で紹介した転職エージェントは求人数が豊富で、U・Iターン転職を得意としています。

パソナキャリアとリクルートエージェントは地方の求人数が圧倒的に多く、クリエ転職ネットは中国・四国地方のU・Iターン転職に強いです。

リージョナルキャリアだけでなく、この記事で紹介した転職エージェントにも登録して、U・Iターン転職を成功させましょう!