働くのが怖い・・・。その原因と対策をケース別に徹底解説

世の中には「働くのが怖い」と感じている人がたくさんいます。

働くことへの恐怖心は、大きな問題へと発展しがちです。本人にとっては深刻な悩みでも、周囲に理解されにくく、怠け者扱いされることさえあります。

さらには、自分自身でも原因が分からず、自己嫌悪や自信喪失につながることも多いのです。

この記事では、働くのが怖くなった人に向けて、恐怖心の原因や克服方法を解説しています。様々なケースがあるので、ゆっくりと読んで原因を考えてみましょう。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

【年代・ケース別】働くのが怖い・・・。どうすれば良い?

「働くのが怖い」と感じる場合、まずは原因を把握することが解決への糸口です。

そのヒントとなる、年代やケース別によくある原因を紹介します。多くの人がどんなことに恐怖を感じるのか知り、自分の悩みと照らし合わせてみましょう。

新卒で働くのが怖いケース

人生の転機を迎える新卒のタイミングでは、ほとんどの人が不安や恐怖を感じます。その原因は一時的で漠然としたものが多いため、「慣れるまで頑張ろう」との割り切りも重要です。

働く直前には「職場に馴染めるだろうか」「仕事で通用するだろうか」との不安があります。働き始めると、慣れない仕事に四苦八苦し、失敗して自信を失うこともあります。

こうした不安は仕事への不慣れが原因で、時間が解決してくれます。明確な問題点が見つからなければ、深く悩む必要はないでしょう。

20代で働くのが怖いケース

新卒の時期が過ぎても「働くのが怖い」人は、仕事内容や職場環境に問題を抱えがちです。

仕事には適性があります。苦手な職種に就くと、毎日の仕事が大きな負担となり、生活全体に悪影響を及ぼします。

人間関係や職場の雰囲気も重要です。意地悪な上司や同僚は大きなストレスになります。職場がいつも嫌な雰囲気で、居心地の悪さを感じて悩む人もいます。

どんな仕事や職場にも欠点はつきものですが、耐えがたい場合は転職も視野に入れるとよいでしょう。

30代で働くのが怖いケース

30代ともなると、責任の重い仕事を任されたり、大黒柱として家族を支えていたりします。

仕事のプレッシャーが大きくなると、気付かないうちに無理をしていることがあります。内心では仕事が辛くても、責任があり仕事から逃れられないのです。

順調に働いていた人が「働くのが怖い」と感じ始めたら要注意です。既に心労が溜まっていて、後に心身の不調をきたす可能性があります。

今の仕事が自分に適したものか、よく考えてみるとよいでしょう。

40代で働くのが怖いケース

40代では、将来への不安から「このまま同じ職場で働くのが怖い」との気持ちが募ることも少なくありません。若い頃とは異なる悩みや心配事が増えるためです。

老後の心配が現実味を帯び、次第に体力は落ちる一方で、子どもはお金がかかる時期で親の介護も必要となるなど、多くの悩みが40代で生じます。

毎日同じ仕事を続ける一方、不安要素は増え続け、無力感を感じてしまうのです。

実際に、多くの40代が転職を考えています。キャリア終盤にさしかかっており、仕事とライフスタイルを見直す最後のチャンスでもあります。

無職・ニートで働くのが怖いケース

無職やニートの人は「働くのが怖い」と強く感じます。働いていないことが後ろめたく、自分に対する自信も失っているためです。

社会との接点が薄くなった無職・ニートの人が「働くのが怖い」と感じるのは、「社会が自分を受け入れてくれるか」「自分が再び社会に適合できるか」と思い悩むためです。

無職やニートになったのは、本人にとって致命的となった失敗が背景にあることが多いです。長らく無職・ニートを続けてきた人にとって、社会に出ることはトラウマでもあります。

仕事を始めるまでの「仕事探し」「採用面接」「通勤」などの過程も、自信を失った状態では大きなハードルです。

ただし、ひとたび仕事に慣れればこの恐怖は消えるでしょう。無職やニートの人にとって、恐怖心を抑え行動に移るまでが勝負どころです。

主婦で働くのが怖いケース

結婚後に離職して主婦になると、再び就職する際に「働くのが怖い」と感じがちです。家庭に入っていた期間が長いほど、その気持ちは強くなります。

特に、出産と子育てを経た場合、何年ものブランクがあるうえ、子育てとの両立も必要です。大きな負担となるのは想像に難くなく、不安が恐怖につながることもあります。

一方、共働きが当たり前となった現代では、女性の立場に理解のある職場が増えてきました。転職のプロに職場選びを相談すれば、働く不安を減らせるでしょう。

大学生・就活生で働くのが怖いケース

就活を行う学生にとって、就職先選びは今後の人生を左右します。「就活は失敗できない」とのプレッシャーが、働くことへの恐怖にもつながります。

ブラック企業やパワハラが社会問題化したことも、就活生のさらなる不安を煽っていることでしょう。就活生にとって、明日は我が身とも感じられる問題です。

ただし、世の中には良い環境の会社がたくさんあります。もし悪い会社に入っても、人生が台無しにはなりません。転職が盛んになった現代では、一生同じ職場で働く必要はないのです。

働くのが怖いのは病気?知恵袋や2chでも話題にあがる5つの原因

「働くのが怖い」と感じる場合、様々な原因が考えられます。

なかには、病気が原因となっているケースもあります。恐怖の原因をよく考えて対処するべきです。

働くのが怖くなる5つの原因を紹介するので参考にしてください。

働くのが怖い原因①自信がない

自分に自信がないと、働くのが怖くなります。自信を持てなければ、仕事をこなせるだろうかと弱気になり、働くことへの恐怖心が生まれるのです。

特に、主婦や無職の期間が長いと、再び仕事をする自信がなくなります。働いている人でも、自分に向かない仕事をしていると、失敗が多く自信を失うでしょう。

自信を取り戻すには、成功体験を重ねることが重要です。このことから、自分に合った仕事を上手く探せていないのも、自信が持てない要因の一つだといえます。

働くのが怖い原因②トラウマがある

トラウマ体験は、働くことへの強い恐怖心を生み出します。

いじめやハラスメント(嫌がらせ)を受けたり、大きな失敗や挫折を経験したりすると、トラウマになることがあります。トラウマとは、心的外傷とも呼ばれる心の傷のことです。

人間にはトラウマになった事柄を恐れて避けようとする心理が働きます。再度の被害を避ける本能的学習という側面もありますが、仕事を続けるうえでは大きな問題となってしまうのです。

トラウマはPTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こすこともあり、慎重な対応を要します。自身の症状が深刻な場合、精神科やカウンセラーに相談するのも一つの手です。

働くのが怖い原因③人間関係が苦手

人間関係への苦手意識は、働くことへの恐怖につながります。過去に人間関係で失敗した人にとって、人付き合いがトラウマとなっているケースもあります。

ほとんどの仕事は、他の人たちと協力・連携して進めます。働くうえで、人と関わることは避けられない課題です。ここでストレスを抱えると、仕事自体が怖くなってしまうのです。

ただし、業種や職種により、職場の雰囲気やコミュニケーション量は大きく異なります。例えば、IT業界は自由な雰囲気の職場が多く、人間関係が苦手でも働きやすい傾向があります。

人間関係で悩んでいる人は、自分に合った職場へ転職すると働きやすくなるでしょう。

働くのが怖い原因④うつ病や適応障害などの病気

うつ病や適応障害になると、出勤するのが怖くなることがあります。これは、本人のやる気や真面目さが欠けているのではありません。病気の症状であり、治療が必要な状態です。

うつ病と適応障害に共通する大きな原因として、ストレスが挙げられます。昨今では、多くの人が仕事上のストレスで心の病になっています。

うつ病や適応障害のまま無理して勤務を続けると、症状が悪化して仕事のパフォーマンスはさらに落ち、自信を失うという悪循環に陥ります。仕事を休み、早急に対処する必要があります。

気分が不安定な場合は、医療機関が公開しているセルフチェックリストで確かめたり、必要に応じて専門医の診察を受けたりしましょう。

働くのが怖い原因⑤発達障害

発達障害は、脳機能の偏りが原因とされています。うつ病や適応障害と異なり、心の病気ではなく、性格や家庭環境が原因ともなりません。

個性が強かったり、変わっていると思われていただけで、大人になるまで発達障害だと診断されなかった人も大勢います。もし不安であれば、専門家に相談してみるとよいでしょう。

発達障害の人は苦手なことがある一方、大きな長所を持っていることも多く、適した仕事に就くと大いに能力を発揮できます。

反対に、発達障害の人が不得手な仕事に就くと、失敗やコミュニケーションミスを重ねて「働くのが怖い」と感じる要因になります。

働くのが怖い・・・。仕事への不安を克服する4つの方法

働くのが怖いと感じている場合、気持ちを無視して働き続けると、恐怖心がどんどん大きくなってしまうこともあります。

ここでは「働くのが怖い」という気持ちの克服に効果的な4つの方法を紹介します。どれも実用的な方法のため、悩んでいる人は行動のヒントにしてください。

対策①無職なら働いて自信をつける

現在無職の人は、ひとまず働いて自信をつけるのが最善の選択です。

就職活動をして働き始めることは、大きな壁に感じて怖くなるでしょう。しかし、恐怖心の原因は働いていない現状にあり、抵抗感は時間と共に深まります

最初は怖く感じても、就職を果たして仕事や職場に慣れれば、今後の人生がずっと豊かなものに変わります。

人が生き生き暮らすには「食」「健康」「社会参加」が重要と言われます。仕事を始めるのは社会参加への大きな一歩です。

いきなりフルタイムでなくても、アルバイトから始めてもいいですし、支援団体があっせんする「中間的就労」という仕組みもあります。自身にあったステップから始めましょう。

恐怖を克服するには、働きやすい仕事について転職のプロに相談しましょう。無職の人の登録も歓迎している、おすすめの転職エージェントは後の章で紹介します。

対策②職業訓練を受ける

自信のなさから「働くのが怖い」と感じるなら、職業訓練の受講もよい選択です。職業訓練とは、仕事に役立つスキルや技術を無料で習得できる、求職者向けの公的制度です(一部有料の講座あり)。

事務職向けのスキルをはじめ、IT、建築、加工、医療・介護福祉など、様々な仕事に役立つ能力を身に付けられます。要する期間は3~6ヶ月程度が主流です。

身に付けたスキルが新たな職場で重宝されれば、自信を持って仕事に取り組め、安定した将来につながるでしょう。

対策③カウンセリングに行く

「働くのが怖い」という感情には、心理的問題や心の病気が潜んでいることが多々あります。カウンセリングは、こうした問題を乗り越えるうえで効果的です。

気持ちや悩みを否定せずに聞いてもらえ、適切な心理療法を受けたり、行動や考え方のアドバイスをもらえます。

カウンセリングは、カウンセラー在籍の病院や公的機関で受けられ、近年ではオンラインサービスも登場しています。

すぐに働くことが難しそうな場合、カウンセリングで心のケアをしてみましょう。

対策④転職を考える

現在働いている人が「働くのが怖い」と感じるのは、職場環境や仕事内容の影響が大きいでしょう。職場や職種が不安の原因なら、転職がベストな選択です。

悪い環境の職場や苦手な仕事で無理に働くと、心身の調子を崩す可能性もあります。それを防ぐための転職は、前向きな行動であり、後ろめたく感じることはありません。

もっとも、ストレスを抱えて働きつつ、自分で求人情報も集めるのは大変な作業です。転職のプロに相談すれば、あなたの負担を大きく減らせます。

次の章では、ぴったりの求人情報を厳選してもらえる、評判の高い転職エージェントを紹介します。ぜひチェックして、転職への最初の一歩を踏み出しましょう。

「働くのが怖い」を克服したい人におすすめの転職エージェント3選

働くのが怖い人は、プロに相談してストレスの少ない職場に転職しましょう。悩みや希望条件を伝えることで、プロの目線からピッタリの求人を紹介してもらえます。

親身に相談に乗ってもらえる3つの転職エージェントを紹介するので、ぜひ活用して働きやすい職場を探してください。

働くのが怖い人におすすめ①パソナキャリア

パソナキャリア

働くのが怖い状態だと、転職エージェントの利用にも抵抗を感じる人が多いでしょう。そんな時には、サポート体制充実の「パソナキャリア」がおすすめです。

利用者の評価が高く、オリコン顧客満足度調査でも2年連続1位を獲得している転職エージェントです。

パソナキャリアなら「少し話しにくいなあ」と思っている悩みでも、丁寧に相談に乗ってもらえます。一人ひとりの事情を理解したうえでの求人紹介を受けられるでしょう。

実際のパソナキャリア利用者からも、

37歳 女性 生命保険企画

合格後、既存社員の方に話ききたいという要望をだしたところ、一旦は断られたが、根気強く調整してくれた。電話で悩んでいることはないか丁寧にヒアリングされました。

というように、親切なサポート体制を評価されています。

転職での疑問点や心配事もフォローしてもらえるので、転職に不慣れな人や、不安を感じている女性にも向いています。

パソナキャリアは、「働くのが怖い」などの悩みを抱えた人にもうってつけの転職エージェントです。

働くのが怖い人におすすめ②リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は、転職支援実績ナンバー1を掲げており、求人の多さに定評のある転職エージェントです。

働くのが怖い時には、自分に合う仕事があるか不安なものです。幅広い業種や職種の求人が揃うリクルートエージェントなら、マッチする仕事が見つかりやすいでしょう。

実際のリクルートエージェント利用者からも、

45歳 男性 営業

転職サービスが良かったと思います。求人数も豊富だったし、できそうな仕事もあったので、そういうのには積極的に応募ができたと思います。

というように、できそうな仕事が見つかったとの口コミが寄せられています。

リクルートエージェントは、履歴書添削や面接対策にも定評があります。初めての転職でも安心して活動可能です。

今までの仕事が合わずに自信を失った人は、リクルートエージェントに登録して、自分に合った仕事を探してはいかがでしょう。

働くのが怖い人におすすめ③ランスタッド

ランスタッドは、オランダに本社を構える外資系の転職エージェントです。外資系企業への転職に強く、スキルを要するハイレベルな求人を多数扱っています。

英語を必要とする仕事や、IT系、医療系、製薬系、金融系などの求人が豊富で、自分の能力を生かしたい人に適した転職エージェントです。

実際のランスタッド利用者からは、

41歳 男性 食品製造販売業

自分では巡り合えない求人応募の案件を紹介してくれます。主に転職となれば、まずハローワークを利用することが多いと思いますが、そのハローワークにすら掲載されていない案件が多く驚きました。

との感想が寄せられており、求人の質の高さがうかがえます。

日本には、人間関係のしがらみが多い職場もあります。そうした原因で「働くのが怖い」とのストレスを抱える人は、ランスタッドでスキル重視の職場を探すとよいでしょう。

ヨーロッパ企業であるランスタッドは、障がいを持った方の転職支援にも積極的です。自分に合う仕事が見つからず悩んでいた人には、心強い存在といえます。

人には適職がある!働くのが怖いなら仕事を変えてみよう

この記事では「働くのが怖い」と感じている人に向けて、原因や対処法を紹介しました。

仕事への恐怖心は、過去の経験によるトラウマや心の病によるものも多く、慎重な対処が必要です。無理に頑張ってしまうと、逆効果になることもあります。

一方、必ずしも本人に原因があるとは限らず、仕事や職場とのミスマッチが原因のケースも多々あります。

合わない仕事を続けている間は、なかなか問題を解決できません。思い切って転職をして、身を置く環境を変えると効果的です。

働くのが怖い気持ちを払拭するために転職を決断したら、ここで紹介した転職エージェントの利用がおすすめです。