主婦の再就職は難しい?子持ちでブランクがあっても失敗しない方法とは

妊娠・出産のために退職したのですが、子育てが一段落ついたので、また再就職を検討しています。

主婦でも採用してくれるところはあるのでしょうか?
求人数が増加していることや、主婦の方の再就職を歓迎してくれる企業が増加していることを考えると、再就職はしやすいと言えます。

キャリアコンサルタント

再就職を成功させるポイントや準備などがありますから、ぜひこの記事で確認してみてください。

キャリアコンサルタント

妊娠・出産のために退職した女性の中には、子育てが一段落ついて再就職を検討する人も多いのではないでしょうか。

しかし、ブランクが長かったり、子どもがいるなどの理由から、再就職は難しいのではないかと二の足を踏んでしまう人もいるかと思います。

ですが、再就職を難しいと考えて諦めてしまうことは、とてももったいないことです。

実は、主婦の再就職は社会の変化もあり、年々簡単になっているんです。

とはいえ、再就職は勇気がいるものです。

そこで、この記事では、主婦の皆さんにおすすめしたい再就職支援から、さまざまなパターンに応じた再就職テクニックまで幅広く紹介します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

主婦の再就職が年々簡単になっている3つの理由

そもそも、なぜ主婦の再就職は年々簡単になっていると言えるのでしょうか。

それには、大きく分けて3つの理由があります。

理由① 求人数が増加しているから

理由の一つに挙げられるのは、求人数の増加です。

ハローワークの一般職業紹介状況を見ると、求人数は平成21年度から増え続け、平成29年度には2倍以上になっています。

求職者一人あたりに何件の求人があるかを示す有効求人倍率も上昇傾向にあり、平成30年9月の時点で1.64倍です。

求職者2人に対し、3件以上の求人があることになります。

つまり、労働者を探している企業が増えているものの、仕事を探す人が減っているため、求職者に有利な状況が続いているのです。

これはもちろん、再就職を考えている主婦の皆さんにとっても有利な状況と言えます。

理由② 主婦の再就職を歓迎する企業が増えているから

求職者が有利な状況の中、主婦を歓迎する企業も増えてきました。

ブランクがあるとはいえ、かつての勤務経験を生かした即戦力として期待できるからです。

また、子育てや近所付き合い、PTAなどで培われたコミュニケーション能力を高く評価する企業も増えています。

労働者の確保が難しい今日、主婦を貴重な戦力として迎え入れたい企業が増えていることは、主婦の再就職を後押しする強力な追い風になっています。

理由③ 短時間勤務が可能な働き方が増えているから

主婦を歓迎する企業では、主婦が働きやすいよう短時間勤務が可能なシステムを整えているところも多くあります。

たとえば、週3日や10時~16時など勤務時間を限定した求人もありますし、中には「1時間のみ」という超短時間の仕事もあります。

主婦の再就職でネックになるのは、家事をする時間との兼ね合いでしょう。

しかし、これらの短時間勤務を上手に使えばその心配もありません。

主婦が再就職を成功させるためにしておきたい準備3つ

年々難易度が下がっている主婦の再就職ですが、そこには当然気をつけなければならないポイントが存在します。

さらに、その中には主婦だからこそ注意したいポイントもあります。

いくら再就職が簡単になっているとはいえ、これらのポイントを守らずに就職活動をしてしまっては、なかなか内定をもらえなかったり、就職して後悔したりするおそれもあります。

ここでは、主婦だからこそ気をつけたい、再就職を成功させるためのポイントを紹介します。

①家族と話し合う

主婦であるあなたが働きに出ると、夫や子どもなどの同居している家族にも少なからず影響が及びます。

あなたが担当していた家事を誰かに任せることもあるので、再就職を考えはじめたら、まず家族と話し合い、理想的な働き方がどのようなものか考えましょう。

あなたが再就職をする究極の目的は、家族が幸せになることではないでしょうか。

その目標のために、どのような働き方がふさわしいのかを家族で話し合いましょう。

この話し合いによって、自分がパートと正社員どちらとして働くべきか、どのような仕事に就くべきかが分かってくるはずです。

家族の幸せのために、まずは家族の意見を聞き、どのような働き方をしていくのがベストなのかを話し合うことをおすすめします。

②自己分析をする

いくら主婦の再就職が簡単になっているとはいえ、「夫のボーナスがカットされたから仕方なく」、「お小遣いを稼ぎたい」などの理由では、企業も雇ってくれません。

主婦の再就職には、自分がどのような人間で、どんなスキルがあり、どのように働きたいのかという自己分析が欠かせません。

このように言われると、「パートの仕事を探すだけなのに大げさだな」と感じる人もいるでしょう。

しかし、主婦は時間の制約などが独身女性より厳しいため、優先順位をつけるのが必須です。

その優先順位をつけるためにも、自分のことを見つめ直す自己分析をする必要があるのです。

自己分析といっても、難しいものではありません。自分がなぜ働きたいのかを考え、それに沿った希望の条件を挙げ、優先順位をつけるだけでも立派な自己分析です。

それに加えて、自分の得意なことや負担を感じずにできることは何かを考えれば、自分に向いているのはどんな仕事かが分かってきます。

正社員を目指す人は、ここからさらにスキルの棚卸しなどをする必要があります。

一人では不安という人は、前述の再就職支援や転職エージェントを利用してプロに相談するといいでしょう。

③前向きな理由を伝える

主婦の再就職には制約がつきものです。「子どもが帰ってくるから残業はできない」、「通勤が大変だから近所で働きたい」など、さまざまな制約があります。

しかし、それらの都合を履歴書や面接などでそのまま伝えてしまっては、採用する側も納得できず、雇ってもらえる可能性が低くなってしまいます。

そのため、さまざまな制約があっても、そのまま伝えるのではなく、前向きなものに言い換えて伝えるようにしましょう。

たとえば、「残業ができない」なら、「事前に分かっていれば、1時間程度なら可能です」と譲歩するだけで、ぐっと印象が変わります。

「家から近いから」という理由も、「徒歩で通勤可能なので、長く働き続けられると思い応募しました」と相手側のメリットを付け加えれば、アピールポイントにもなります。

制約や都合があるのは当然のことですが、それを全面に出してしまうと「協調性のない人」と判断され、雇ってもらえない可能性が高くなってしまいます。

伝えにくい要望や理由は、前向きなものに言い換えて伝えることようにしましょう。

主婦が再就職するときに利用すべき支援

社会復帰に向けて、新たに資格を取得しようと考えている主婦の皆さんも多いのではないでしょうか。

しかし、いざ資格を取ると言っても、金銭的にも時間的にも難しいものです。

そこでおすすめなのが、主婦を対象とした再就職支援です。再就職のために資格を取るよりも、時間もお金も節約できます。

ここでは、主婦の皆さんが利用できる再就職支援を紹介します。

中小企業新戦力発掘プロジェクト

女性の活躍を後押しするために、国では「中小企業新戦力発掘プロジェクト」を立ち上げ、民間企業に業務を委託しました。

このプロジェクトの根幹は、ブランクがある人や就職に不安のある人に対し、中小企業へのインターンシップを通して職場復帰を促すものです。

スタッフが利用者の話を聞いたうえで実習先を選んでくれるうえに、実習中もフォローしてもらえるので、安心して参加できます。

さらに、インターンシップ期間中は助成金を受け取ることができ、子どもが幼い場合は保育所申し込みの書類も用意してもらえるなど、主婦の皆さんにはうれしいサポートもあります。

残念ながら、現在ではこのプロジェクトを行う民間企業が減ってしまいましたが、ウェルカムインターンママインターンプロジェクトは現在も実施されています。

対象の地域は限られますが、自分の住んでいる地域が対象の場合、利用してみるのも一つの手です。

公的な再就職支援

国だけでなく、地方自治体もさまざまな再就職支援を行っています。

自分の住んでいる自治体の支援を調べ、利用してみるのもおすすめです。

たとえば、東京都の場合は、「女性しごと応援テラス」という、女性の再就職支援に特化した支援窓口を設けています。

アドバイザーが利用者の話をじっくり聞き、スキルの棚卸を行ってくれるだけでなく、勤務条件の交渉まで行ってくれます。

兵庫県神戸市では、「女性就業相談室」を設け、無料相談のほか、各種講座やセミナーなどを開催しています。

大阪市の「OSAKAしごとフィールド」では、履歴書の添削や面接対策だけでなく、保活の相談も可能です。

これらの再就職支援は、あくまで一例です。

皆さんのお住まいの地域でどのような支援が行われているか、調べて損はありません。ぜひ確認してみてください。

大学の再就職支援

公的な支援だけでなく、民間でも主婦向けの再就職支援が行われています。

特におすすめなのが、大学の再就職支援です。

金銭的な負担はかかりますが、体系立ててビジネススキルを学ぶことができ、就職支援もしっかりと行ってくれるので、本気でスキルを身につけて再就職したい人におすすめです。

たとえば、明治大学では「女性のためのスマートキャリアプログラム」、日本女子大学では「リカレント教育課程」がそれぞれ開講されています。

ちなみに、大学の再就職支援を利用すると教育訓練給付金を受け取れることもあるので、利用する際にはこちらの制度の対象かどうかも確認することをおすすめします。

専業主婦、子持ち、40代以上…。状況別・主婦の再就職テクニック

ここまで、主婦の再就職が簡単な理由や再就職のポイントなどを紹介してきましたが、そうは言ってもやはり再就職が不安な人も多いでしょう。

「今から正社員になれるのかな?」、「この年齢だと再就職は難しいんじゃないかしら」、「子どももいるしブランクもあるけど…」など、それぞれの悩みを抱えているのではないでしょうか。

ここでは、そんなお悩みを解消するため、再就職を考える主婦の皆さんに多いパターンごとの再就職テクニックを紹介します。

パターン① 正社員になりたい

主婦が正社員としての再就職を目指す環境では、他にも男性や独身女性といったキャリアを積んだ人たちが転職先を探しています。

希望する仕事によっては、彼らと競い合うことも考えられます。

新卒からずっと働いてきたキャリアのある人に対して、育児のために仕事を離れていた主婦は一見太刀打ちできないように思われます。

しかし、かつての仕事で身につけた能力があれば「即戦力」とアピールもできますし、主婦をすることで身につく能力もあるので、必ずしも主婦であることが不利であるとは言えません。

主婦が再就職で正社員になるには、自分がどんなスキルを持っているのか整理する「スキルの棚卸し」を行い、キャリアのある人に対抗できる武器を用意することが必要不可欠です。

とはいえ、自分にどんなスキルがあるのかわからない人も多いでしょう。

そこでおすすめするのが、スキルの棚卸しをプロと一緒にできる転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すると、スキルの棚卸しだけでなく、自分に合った求人の紹介、面接対策、企業との交渉など、再就職のためのさまざまなフォローをしてくれます。

もちろん、主婦が利用できる転職エージェントも多くあります。

おすすめのものを後で紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

パターン② パートで働きたい

パートの場合、正社員と比べて勤務時間が短いなどのメリットがある一方で、給料が安いというデメリットがあります。

したがって、パートで働く場合、勤務場所や時間に加えて、給料や待遇が良い求人を選ぶ必要があります。

パートの仕事を探す手段の一つとして、ハローワークがあります。

近年ではマザーズハローワークも設置されており、子持ちでも働きやすい職場を探すことができます。

ハローワークは日本各地にあり、担当者に相談もできるので便利ですが、質があまり良くない求人が紛れ込んでいるというデメリットが存在するのも事実です。

より質の高い求人を探すためには、ハローワークだけでなく、主婦向けの求人が充実している求人サイトなど、さまざまな媒体から情報収集をする必要があります。

求人を出している企業や店舗のことをあまり調べずに面接に行くのは控え、本当に自分のライフスタイルや希望に沿っているかを見極めるようにしましょう。

パターン③ 派遣で働きたい

派遣の仕事は、時間の融通がききやすいため、社会復帰に選ぶ主婦も多くいます。

正社員と比較して仕事が決まりやすいことも、メリットの一つです。

しかし、派遣社員は年齢が上がるほど仕事が少なくなる傾向にあり、夫の定年と同じ年まで働ける可能性は、正社員やパートと比較しても低くなります。

また、数年で勤務先が変わることも多く、何も考えずに働き続けているとスキルが身につかず、キャリアが形成されていかないというデメリットもあります。

とはいえ、これらの注意点を承知し、対策を講じたうえでで働くのであれば、派遣は主婦の再就職に適した働き方だと言えます。

派遣の仕事を探す場合、大手派遣サービスの利用がおすすめです。

大手の場合、上記の問題点を解消してくれることもあるからです。

たとえば、マイナビキャリレーションなら、無期雇用派遣で雇用期間を気にせず働くことができ、さまざまな研修やサポートでキャリアアップを目指せます。

派遣の場合、どの派遣会社を利用するのかが重要です。

大手のサービスを中心に、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

パターン④ 30代以下

30代以下の場合、まだまだ若いので、正社員として再就職できる可能性が高いです。

特に、35歳以下の場合、正社員になれる確率はさらに高まります。

パートや派遣などの働き方も可能ですので、選択肢は幅広いと言えます。

したがって、どのような職種であっても、待遇の良い優良求人を探し出すことが重要です。

パートや派遣の場合、一つの媒体のみを見て仕事を決めるのではなく、複数の媒体を比較し、多角的に検討することをおすすめします。

正社員を目指す人は、優良求人を探し出すのはもちろんのこと、同年代の男女に負けないスキルや「強み」を武器に就職活動を進める必要があります。

30代は転職をする人も多いので、おのずとライバルが増えます。

正社員になるためのこれらの要素を両方満たすには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントなら、質の高い非公開求人を紹介してくれますし、スキルの棚卸しをしてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策もしてくれます。

若さは武器になりますが、同時に同年代のライバルも多くなります。

優良求人を探し出すのはもちろんのこと、内定を勝ち取ることのできる能力も必要です。

パターン⑤ 40代以上

晩婚化が進み、初産年齢が上がっている現在の日本では、40代以上での主婦の再就職も珍しくありません。

年齢を理由に再就職を諦めてしまってはもったいないと言えます。

パートや派遣では、40代以上の女性を歓迎する企業も増えています。

そのような企業の求人が多く掲載されている求人サイトを利用しましょう。地域のフリーペーパーを使うのも手です。

もちろん、40代以上で正社員になることも可能です。

しかしながら、40代以上の女性が正社員として働ける優良求人は、一人で探してもなかなか見つかりません。

そこで、40代以上の女性向けの求人が充実している転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントなら、条件に合う求人を紹介してもらえるだけでなく、一般に公開されていない非公開求人も紹介してもらえるので、再就職にとても有利です。

さらに、面接対策や履歴書の添削をしてもらえるだけでなく、企業に売り込んでもらえるなど、内定獲得を後押しするさまざまなサポートも受けることができます。

年齢を理由にして諦めてしまうのではなく、ぜひ転職エージェントを有効活用して再就職を成功させてください。

パターン⑥ 小学生以下の子どもがいる

子どもが幼いと、突然熱を出した子どもの看病をしなければならなかったり、学校行事に出席しなければならなかったりと、仕事を休まなければならないことが多くあります。

また、小学校に通う子どもは帰ってくる時間が早く、あまり遅い時間まで働くことができないのもネックです。

このような場合、勤務時間の融通が利く職場を選ぶ必要があります。子持ちの女性がどれだけ働いているかも働きやすさの基準になるので、チェックするといいでしょう。

子どもが幼い場合、パートや派遣などの働き方しか選べないと思っている人もいるかもしれませんが、上記の条件を満たしている職場なら、正社員でも十分に働くことができます。

とはいえ、求人票を見ても子持ち女性がどれだけいるかは書かれていないし、急に帰らなければならなくなったときに帰りやすい職場かどうかは分かりません。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントなら、求人票に書かれていない情報を教えてくれます。

さらに、実際の職場の雰囲気まで教えてもらえるので、子持ち女性に優しい職場かどうかも就職前に確認できます。

子どもがいても働きやすい環境かどうかは、求人票だけでは分かりません。

転職エージェントを利用してしっかりと情報収集することをおすすめします。

パターン⑦ 10年以上のブランクがある

結婚を機に退職した場合や、子どもがある程度大きくなってから再就職をする場合など、主婦の再就職では10年以上の長いブランクが空いてしまうことも少なくありません。

長いブランクがある人がいきなりフルタイムの仕事を始めると、体力面だけでなく、精神的な負担も大きくなります。

したがって、短時間勤務の仕事から始めるのがおすすめです。

ゆくゆくは正社員になりたい人にも、まずはパートや派遣で短時間勤務をすることをおすすめします。

スキルを身に着けることで、正社員にステップアップできる可能性があるからです。

残念ながら、10年以上の長いブランクがあると、企業にも敬遠されがちになってしまいます。

もし就職先が見つからなかったら、転職エージェントを利用してみるのも一つの手でしょう。

転職エージェントに登録すれば、プロの担当者があなたのスキルの棚卸しをしてくれるので、主婦としての何気ない経験が、実は大きな武器であることに気付かされるかもしれません。

長いブランクのある人は、まず仕事に慣れるのが第一です。

フルタイムで働きたい人も、まずは短時間勤務の仕事から始めることをおすすめします。

主婦の再就職におすすめの転職エージェント3選

前述のとおり、正社員を目指す主婦の皆さんのさまざまな悩みを解消し、再就職の手助けをしてくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントとは、求人の紹介から面接対策、企業との交渉といった就職に必要なサポートを無料で受けられるサービスです。

主婦の皆さんも利用しない手はありません。

ここでは、主婦の皆さんにおすすめのエージェントを、独自に収集した口コミと合わせて紹介します。

転職エージェントは、複数に登録してこそ真価を発揮します。

ぜひ複数に登録して、エージェントのサービスを存分に活用してください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは、29歳以下の人が利用することができる転職サイトです。

従業員数9000人を超える大企業マイナビが運営しているので、安心して利用することができます。

また、研修制度が整っており、ビジネスマナーやOAスキルを身につけることができるのが特徴的です。

転職先を探す際には、カウンセリングに加え、適性検査と研修を行うので、ミスマッチがほとんどありません。

登録する(無料)

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、その名の通り、女性の転職に特化した転職サイトです。

キャリアアドバイザーのほとんどが女性なので、女性にしかわからない問題も、安心して相談することができます。

女性が活躍できる求人を豊富に扱っており、2500件以上もの求人を扱っています。

主婦自身も家族も幸せになれる再就職を目指そう

主婦の再就職は、主婦自身にはもちろん、夫や子どもなどの家族にも影響を与えます。せっかくあなたが働きに出ても、家族の誰かやあなた自身がつらい思いをするのでは意味がありません。

この記事で紹介したポイントなどを参考に、ぜひ家族全員が幸せになれる再就職を目指してください。